宮沢賢治のタグまとめ

宮沢賢治」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには宮沢賢治に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「宮沢賢治」タグの記事(36)

  1. 《【アーカイブス】『ヤマセミの渓から――― ある谷の記憶と追想》 - 画室『游』 croquis・drawing・dessin・sketch 

    《【アーカイブス】『ヤマセミの渓から――― ある谷の記...

    アーカイブス2012/6/14《『詩人の六月・・・宮澤賢治』》―――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――『ところが六月もはじめになって、まだ黄いろなオリザの苗や、芽を出さない木を見ますと、ブドリはもういても立ってもいられませんでした。このままで過ぎるなら、森...

  2. 【花の図誌】宮沢賢治 - 野の花のお気楽日記

    【花の図誌】宮沢賢治

    名作求む!心に残った本・映画・音楽教えて!・・・心に残った本・・・久しぶりに本棚を整理していて、ふと懐かしくなって手に取った。宮沢賢治花の図誌平凡社著:松田司郎/笹川弘三(写真) 1991年5月29日発行イーハトーヴの花の世界を写真と文で再現した本。 宮沢賢治の詩や童話には、様々な花や樹木が描かれていて、その植物にスポットライトをあて、美しい写真とともにわかりやすい解説をしている。 植物学的...

  3. 緑鮮やか阿原山牧場 - 三友写真部

    緑鮮やか阿原山牧場

    そろそろレンゲツツジはどうかと、阿原山高原へ登ってみました。林道を抜けると、緑眩しいほどの牧草地が広がります。牛の放牧が始まりました。宮沢賢治の詩碑のある頂上は、360度の眺望を楽しめ種山ケ原も見えます。この日は、26日の山開きの準備が進められていました。さてツツジの見ごろはこれからのようで撮影は次の機会としました。詩碑「剣舞の赤ひゝたれはきらめきてうす月しめる地にひるがへる」

  4. 動画だけでなく現実世界も実は点滅している - 人類の叡智と知の最先端を探求するブログです!

    動画だけでなく現実世界も実は点滅している

    最近はテレビも4Kとか8Kが出てきて、どんどんと画像がリアルに成ってきています。ほんの10年前ぐらいには、昔のテレビからハイビジョンになっただけでも、あまりの鮮明さに目が覚める思いがしたものです。パソコンで動画を加工したりすると良く分かりますが、画像の鮮明さは画素数の多さに比例しますし、動きの滑らかさはフレームレート(fps)つまり一秒間に何コマの静止画を表示するかによって変わります。ハイビ...

  5. 20日より「石と賢治のミュージアム」にて戸田さちえさんのイラスト展 - きつねこぱん

    20日より「石と賢治のミュージアム」にて戸田さちえさん...

    毎年カレンダーを送っていただいている岩手県一関市の戸田さちえさんよりイラスト展の案内が届きました。今月20日から5月19日まで「石と賢治のミュージアム」にて東山和紙に描いたイラストを多数展示、24日には東山和紙を使ったワークショップもあるそうです!どうぞお出かけくださいませ~戸田さちえさんのブログhttp://sachipu1833.blog.fc2.com/インスタグラムsachie_5石...

  6. 下町ロケット - スズキヨシカズ幻燈画室

    下町ロケット

    『下町ロケット』https://www.tbs.co.jp/shitamachi_rocket/が大好きなのです。昨日のスペシャルエピソードはたまらなかったです。観ているあいだ中、佃社長や財前部長の顔に賢治先生(宮沢賢治)が、あるいは『グスコーブドリの伝記』作中の「ブドリ」や「クーボー博士」や「ペンネンナーム」のイメージとがオーバーラップしてしまい、涙腺を心配してしまうほどに涙しながらの観覧...

  7. 《【アーカイブス】130929『ヤマセミの渓から――― ある谷の記憶と追想》 - 『Gallery tanasita 1735』croquis・drawing・dessin・ sketch

    《【アーカイブス】130929『ヤマセミの渓から―――...

    アーカイブス130929『吾輩ハ豚ダァ!文句アッカァーッ!』――――――――――――――――――『世界ハニンゲン以前ニ始マリニンゲン以後ニ終ルダロウラシイソウダゼヨ!』『ナンカ文句アッカァ!』 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・「それはほんの小さなことだ。ここに斯こう云う紙がある、この紙に斯う書いてある。死亡承諾書、私儀ぎ永々御恩顧ごおんこの次第しだいに有之候...

  8. 会議室利用者の紹介 - 大佛次郎記念館NEWS

    会議室利用者の紹介

    大佛次郎記念館には、約30㎡の会議室があります。先日(12/2)こちらの会議室で、お馴染みの「風の道」前田道子さんによる朗読会が開かれました。「風の道」の朗読会は、6月と10月にも開催されています。今回は新趣向で、宮沢賢治「水仙月の四日」の朗読の後にテラスを舞台に見立て、同じ作品を題材とした舞踏がありました。朗読が終わり、前田さんの鳴らす鈴の音に耳を澄ましていると・・・後方から、赤い毛布の子...

  9.  和みの風の朗読会2018秋無事に終演しました。 - 和みの風の~おはなし道しるべ~

    和みの風の朗読会2018秋無事に終演しました。

    和みの風の朗読会~ピアノと聴く言葉への旅「宮沢賢治」~は、11月23日無事終演いたしました。ご来場の皆さま、応援のメッセージをくださった皆さまに心より感謝申し上げます。どうもありがとうございました。終演後にピアニスト湯田美津子さんとご一緒に。図書室カフェITOHにて宮沢賢治の作品は短歌、詩、童話の作品が数多く残され、多くの人に親しまれていますね。今回はその中から、あまりにも有名な、短い作品ば...

  10. 胡四王山・176mを歩く - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    胡四王山・176mを歩く

    花巻市の宮沢賢治記念館のある、胡四王山~を歩く。胡四王山・176m宮沢賢治記念館、ここに駐車した。オトコエシ。アキノキリンソウ。山頂標識。二等三角点。胡四王神社。坂上田村麻呂時代の創建とか。その時代は、当地は蝦夷地として征伐の対象だった・・・北上川とJR釜石線。北上川、悠久たる自然の風景である。

  11. 言葉はいらない - rin時日報3

    言葉はいらない

    真赤な紅葉と青空本当はもっと美しいこの景色も癒されるここは賢治の童話村たくさんの小学生と父兄が郊外学習と言うのかな?兎に角来てた。お弁当、美味しいだろうな。仲間に入りたい気持ち。仕事だけどいい日でした。

  12. 誰かいますか?(つづき) - スズキヨシカズ幻燈画室

    誰かいますか?(つづき)

    目をまんまろにして下地を見ていると下地の中でナニかが(ダレかが)返事をします。コノ下地の中に最初に現われたのは、、まだ青さの残る「山梨(やまなし)の実」でした。そして山梨の実に筆が入りその実が熟れてくるとその匂いに誘われたのか?「クラムボン」がカプカプ言いながらあらわれたのでした。(^〜^)この4枚の下地の中には、、ちょっと不思議に色とりどりな4匹の魚たちが泳いでいました。魚たちを削り出す(...

  13. 遠野へ - rin時日報3

    遠野へ

    色々忙しい日だった。友人のお母様が亡くなり遠野まで行って来た。遠野って遠い野原って書くけど、ほんとに遠かったな。初めて一人で出かけましたよ。皆さん稲刈りで忙しいからとお悔やみを頼まれて、高速にも乗りました。まだ無料の区間がありましたけど、ほとんど2車線なので追い越しができない。私はしないけど後ろから迫って来られるととても困って怖い。だから波に乗らないとね。帰りは一般道を帰って来ました。眼鏡橋...

  14. ご案内【和みの風の朗読会 2018秋】 - 和みの風の~おはなし道しるべ~

    ご案内【和みの風の朗読会 2018秋】

    九月も半月が過ぎゆき、2回目の連休がやってきますね。厳しい夏の暑さを乗り越えたら、急に秋の涼しさが訪れました!さて、久しぶりに、朗読会のご案内(in 北九州)です。今年の和みの風の朗読会。春には女性朗読者二人による会を行いました。秋は本来のスタイルで朗読と音楽とのセッションを、晩秋に開催します。チラシも出来上がりました。和みの風の朗読会~ピアノと聴く言葉への旅「宮沢賢治」~2018.11.2...

  15. グラスガーデン/草原の庭 - 花の写真手帳

    グラスガーデン/草原の庭

    けれども、わたくしは、これらのちひさなものがたりの幾きれかが、おしまひ、あなたのすきとほったほんたうのたべものとなったことを、どんなにねがふかわかりません。宮沢賢治『注文の多い料理店(序)』

  16. グラスガーデン/硝子庭園 - 花の写真手帳

    グラスガーデン/硝子庭園

    わたしたちは、氷砂糖をほしいくらいもたないでも、きれいにすきとほった風をたべ、桃色のうつくしい朝の日光をのむことができます。宮沢賢治『注文の多い料理店(序)』

  17. 「近代文学研究叢書」 - 彩生堂備忘録

    「近代文学研究叢書」

    いつもの弘南堂書店で見つけた「日本近代文学研究叢書」という本が素晴らしい。35巻目の巌谷小波、宮沢賢治、新渡戸稲造ら5人の人物を取り上げている。それぞれの人物の来歴、業績、その他が現地調査などをもとに詳細にまとめられている。資料年表が詳細で、それを一覧すると、それぞれどういった研究者や作家、関係者が雑誌その他の媒体に文章・論文を寄せているかもわかり、研究者、好事家には必携のような作りでも...

  18. 銀河鉄道の夜 - ひびののひび

    銀河鉄道の夜

    6月27日(水)にほんごであそぼで宮沢賢治の銀河鉄道の夜を取り上げる。何度かいろんな切り口で収録したのに私はきちんと銀河鉄道の夜を読んでいなかったのか。あらためて読み直し始めて色んなことが合点が行った。様々な美しい風景を思い浮かべ不思議な登場人物に興味津々になりそして悲しい友達との別れに涙し。こんなにも美しく悲しいお話だったことをようやく理解した。今回の収録では色んな場面をフューチャーするた...

  19. 秩父と宮沢賢治、そして、ブラタモリ・・ - あの町 この道

    秩父と宮沢賢治、そして、ブラタモリ・・

    <山峡の町の土蔵のうすうすと夕もやに暮れわれらもだせり>宮沢賢治歌碑を小鹿野で見た時は何時であったのか失念しましたが、20才の賢治は盛岡高等農学校の地質調査旅行で秩父地方を訪れていたという事だけが私の記憶の奥にぼんやりとありました。それが、<ブラタモリ>のテレビを観て私が、度々訪れ、親しんでいた秩父で<古秩父湾堆積層の露頭>が見られるという事を知りました。そして、今回、横瀬の新田橋の所で、俳...

  20. 風の生まれる場所に立つ - スズキヨシカズ幻燈画室

    風の生まれる場所に立つ

    東の空が白み始める、、と言っても昨晩から雨が降り続いているのでぼんやりとした灰色の夜明け前の時刻まで、、サインを入れては消し、また入れてはまた消して、を繰り返しておりました。午前6時、、サインを入れるコトを、あきらめました。サインを入れるコトは、出来ていませんが『風の生まれる場所に立つ』と言う名前の作品が生まれました。午前8時には運送屋さんが開店するので、作品を梱包して発送して仕舞おうかと、...

総件数:36 件

似ているタグ