寄生のタグまとめ

寄生」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには寄生に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「寄生」タグの記事(12)

  1. 日本に寄生している外人をなんとかしたいね - 見たこと聞いたこと 予備3

    日本に寄生している外人をなんとかしたいね

    Yahoo:「2020年の訪日外国人 9割減少411万人」観光庁によると、2020年の訪日外国人の数は411.6万人で、前の年より87.1%減少したという。1月下旬以降の新型コロナウイルスの感染拡大や、2月以降は水際対策が強化されたことなどで、激減した。訪日外国人の数は、2013年から2019年まで、7年連続で過去最高を更新していて、政府は2020年、4,000万人の突破を目指していた。こう...

  2. ルリタテハの幼虫から出てきた白いものから出てきた黒いもの - 水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

    ルリタテハの幼虫から出てきた白いものから出てきた黒いもの

    皆様こんにちは。水元かわせみの里の野間です。皆様は前回の記事を覚えていますでしょうか?ルリタテハの幼虫から白いものが出てきたキャー!ってお話を……。そうなんです、実は、また出たんです……。私がいつものように出勤して、ふと机の上に目をやると、出ていたんです!ルリタテハの幼虫から出てきた白いものから、たくさんの黒いものが!キャーー!!はい、というわけで、こちらがルリタテハに寄生していたコマユバチ...

  3. ルリタテハの幼虫から出てきた白いもの - 水元かわせみの里水辺のふれあいルーム

    ルリタテハの幼虫から出てきた白いもの

    皆様こんにちは。水元かわせみの里の野間です。水元かわせみの里では、9月末まで「超!チョウ展」を開催しております。こちらの展示ではチョウの幼虫の生体展示もあり、これまでカラスアゲハやジャコウアゲハなどを飼育し、無事に成虫にすることができました。現在も、水辺のふれあいルーム裏手の野草園で見つかったルリタテハの幼虫を飼育中です。トゲトゲが可愛らしいですね。ところで、皆さんはチョウの幼虫にまつわるこ...

  4. ヒメダテハゼ・スミゾメキヌハダウミウシ - Diving Photo web図鑑

    ヒメダテハゼ・スミゾメキヌハダウミウシ

    沖縄県沖縄本島2017.5.4

  5. 【悲報】「日本の女性が世界で一番男に寄生している」という事実が調査報告書で判明してしまう - フェミ速

    【悲報】「日本の女性が世界で一番男に寄生している」とい...

  6. 身づくろいする カマバチの一種 - 裏庭観察記 外伝

    身づくろいする カマバチの一種

    身づくろいする カマバチの一種。撮影:2020年6月上旬神奈川県川崎市

  7. コマユバチの繭&モンシロチョウの幼虫~あおむしの子守唄~ - むいむいのお時間

    コマユバチの繭&モンシロチョウの幼虫~あおむし...

    裏山の崖の下、何故か菜の花が毎年満開になる。崖のガードレールに何かくっついてる。本日のむいむいコマユバチの繭モンシロチョウの幼虫寄生されているのがアオムシなのでアオムシコマユバチじゃないかなと思います。どうも下の菜の花畑からやってきたモンシロチョウの幼虫が、寄生され全てを奪ったコマユバチの繭に覆いかぶさっているのです。しかも、あおむし生きてる!!寄生していた連中が出ると死んでしまうと思ってた...

  8. 藤田八束博士のコロナ対策①微生物は何故この世に居るのか、新型コロナはなぜ人間に感染しようとするのか - 藤田八束の日記

    藤田八束博士のコロナ対策①微生物は何故この世に居るのか...

    藤田八束博士のコロナ対策①微生物は何故この世に居るのか、新型コロナはなぜ人間に感染しようとするのか人生は楽しく生きるものです。病気なんかしている時間がもったいないです。コロナとも上手にお付き合いしましょうよ。絶滅しようとしたら相手だって無気になります。貴方がコロナだったらどうしてほしいですか?そこに答えが有りませんか。微生物と共にこれまで一緒に暮らしてきた、そしてそれを専門職としてきた老人の...

  9. クモの巣にかかったセミヤドリガに寄生されているヒグラシ - 秩父の蝶

    クモの巣にかかったセミヤドリガに寄生されているヒグラシ

    いつもの散歩道、クモの巣にかかったセミヤドリガに寄生されているヒグラシを見つけた。クモにとっては一石二鳥?・・セミヤドリガの幼虫は羽化できるの?

  10. アサギマダラ幼生期観察(11月下旬) - 探蝶逍遥記

    アサギマダラ幼生期観察(11月下旬)

    これまで本種産卵シーン撮影に訪問した、東京都下のポイントを再訪。流石に♀はもういないだろうと思いながら、林道を歩いてみました。この日の気温もこの時期としては異常に高く、手元の温度ロガー表示は何と最高23℃!しかし予想通り、母蝶の姿は全くありません。キジョランポイントに到着し、葉裏捲りをしてみます。驚いたことに前回11月中旬に確認した幼虫がほぼ姿を消していました。当時確認した卵数から予測しても...

  11. 共生ではなく、日本に寄生しているんでしょ? - 見たこと聞いたこと 予備3

    共生ではなく、日本に寄生しているんでしょ?

    yahoo:「共生の響き奏で朝鮮半島の踊り楽しむ催し川崎」実りの秋を喜ぶ朝鮮半島の民族芸能「プンムルノリ」が18日、川崎市川崎区の桜本商店街で開かれたイベント「日本のまつり」で披露された。地域の多文化交流施設・市ふれあい館で韓国・朝鮮の文化を習う子どもから大人までが民族楽器を打ち鳴らしてパレード。「共生のまち」の祭りを彩った。在日コリアンをはじめさまざまなルーツを持つ人々が多く暮らす桜本で3...

  12. 産卵する キスジセアカカギバラバチ - 裏庭観察記 外伝

    産卵する キスジセアカカギバラバチ

    キスジセアカカギバラバチ ( Poecilogonalos fasciata ) 多数の卵を次々と産み付ける。撮影:2018年6月上旬神奈川県横浜市

総件数:12 件

似ているタグ