寺社・建築物のタグまとめ

寺社・建築物」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには寺社・建築物に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「寺社・建築物」タグの記事(68)

  1. 三月下旬は熱海で過ごす④起雲閣 - 一景一話

    三月下旬は熱海で過ごす④起雲閣

    翌日は朝一番で起雲閣を見学。説明はしないが、熱海の三大別荘の一つ。とにかく広い。同じ人間に生まれてこんなにも生活が違うものか、と思いつつも、幸せはカネや建物で計れるものではないと、負け惜しみ(^^;)いや~、それでも一度はこんな別荘で過ごしてみたいなぁとは正直な感想。邸内にはカフェもある。庭も散策して次の目的地に向かいます。(つづく)

  2. 三月下旬は熱海で過ごす① - 一景一話

    三月下旬は熱海で過ごす①

    三月下旬はすでに完全に春の到来を告げた熱海で過ごした。昨夏の西伊豆に始まり、冬の修善寺、早春の下田と熱海。これで伊豆を制覇した。まず訪れたのは、来宮神社。熱海でもっとも観光客に人気のある神社。境内には落葉で描いた❤今時の女の子達が群がっていた。どこへ行ってもスイーツには目がない(*^_^*)(つづく)

  3. 秩父宮記念公園 - 一景一話

    秩父宮記念公園

    修善寺の帰路に立ち寄ったのは御殿場の秩父宮記念公園。ほぼ貸し切り。防空壕があったり資料館があったり・・・散策にはいいね。中にはちゃんとレストランもあります。観光客がいなくてかわいそうだ。(完)

  4. 修善寺温泉郷 - 一景一話

    修善寺温泉郷

    このところ外国には行けず、国内も遠くに出かけるのは自粛しているので、お隣の静岡県への旅行が続いた。誰にも会わずに車で修善寺温泉郷へ。ときどき人とすれ違う程度の町歩き寺社見学も楽しいし、町中散策も風情がある。ホテルの大浴場もほぼ貸し切りだったし、プレオープンホテルの七湯巡りも貸し切りの半露天風呂。一切の人混みを避けての旅行。対応をしっかりしているところには行ってやらないと、日本中の飲食・旅行関...

  5. 大山寺へ - 一景一話

    大山寺へ

    道了尊を参詣した後は、伊勢原の大山寺へここで湯豆腐をいただき、ケーブルカーで途中の大山寺へ。その上にある阿夫利神社は今回省略。大山寺で調べることがあったため。特別に撮影許可をいただき、所用を済ませた。庭の拝観以外の寺社での楽しみは、やはり「意匠」です。書家・画家・彫刻家・彫金家・・・そのデザインと技術の高尚さは他国の追随を許さない。なぜ、多くの参拝客はこうした芸術の極みを観ずして下山してしま...

  6. 年末は道了尊へ - 一景一話

    年末は道了尊へ

    年末は煩悩を断ちきるために道了尊に詣でた。天狗のパワーで邪鬼を一掃するのだ。境内は広く、塔頭が至る所に建ち、土地のエネルギーがはっきりと体感できるスポットが続く。次回は下から長い参道を歩いてみよう。(つづく)

  7. もみじ餅 - 一景一話

    もみじ餅

    朝食が済んだら目指すは神護寺。下りて登って・・・疲れる寺だ。山腹で盆地より気温が低いため、すでに散り紅葉・・・残念!長い石段を登ると左手に硯石亭がある。ここの名物が「もみじ餅」。しかし、たいして美味しくない(*^o^*)いつから寺の門前でも餅菓子を出すようになったのだろう。わずかに残る紅葉を追いかけて境内を歩く。上より下を見ている時間の方が長い笑葉っぱでピエロ土器を投げたが遠くまで飛ばんねぇ...

  8. 常照寺 - 一景一話

    常照寺

    続いて鷹ヶ峰檀林旧跡洛北常照寺へ名妓吉野太夫が寄進した赤門を潜るとそこは正しく錦秋の世界住職と共に境内で茶菓子をいただき、しばし歓談心地よい風に誘われて境内をそぞろ歩き茶席遺芳庵には吉野窓が眩しい名妓なる才色兼備の吉野太夫散りゆく紅葉の美しきかな(つづく)

  9. 光悦寺 - 一景一話

    光悦寺

    朝から鷹ヶ峰へ。残念ながら源光庵は改修中で拝観できず、参道だけ歩いた。次は、光悦寺。前回来たときのイメージはよくなかったが、今回は入口で怒声を浴びせ続けているオヤジを除けば、静かで穏やかな散策が楽しめた。お目当ては光悦垣。紅葉の時期にここへ来たのは初めて。好天の朝、清々しい気分で境内を廻った。(つづく)

  10. 2020秋京都東寺 - 一景一話

    2020秋京都東寺

    まず最初に訪れたのは東寺。毎月21日は弘法市が開催されるのだが、コロナ禍でしばらく中止していた。ちょうどこの日は再開日で、すごい賑わいだった。しかし、残念なことに掘り出し物は何もなかった。ようするにガラクタ市だ。そして、この期間は五重塔の一層部分が公開されるというので、勇んで見学に行った。しかし、なんと、中には入れず、外を一周して扉から中を覗くという、あり得ない「公開」に唖然!そして、この期...

  11. 寺社の彫刻 - 一景一話

    寺社の彫刻

    寺社を参拝するときに、必ず見るのが彫刻群。必ずそこには物語がある。彫刻と言えば京都の西本願寺唐門や東京柴又帝釈天の社殿に施されたものが、群を抜いて圧巻ではあるが、地方の寺社に見る名も知れぬ彫刻家が刻んだ作品もまた趣があっていい。こちらの久能山東照宮の彫刻もまた綺麗だ。桜に瑠璃鳥が舞う。芸術の秋、芸術は美術館や博物館に行かなくても、身近にいくらだってある。(完)

  12. 三保の松原 - 一景一話

    三保の松原

    身近にありながら、一度も訪れたことがなかった三保の松原。世界遺産にもなっているのに、身近なことはいつも後回し・・・ということで、翌朝は三保の松原を歩きました。まずは御穂神社に参拝して、その参道である「神の道」を歩き、羽衣の松まで歩く。ここを歩くだけで、心が洗われた気持ちになります。霊峰富士も首飾りをして神々しいです。しばらく海岸を散策しました。(つづく)

  13. 日本平 - 一景一話

    日本平

    夏に続き、静岡県へ観光。まずは日本平へ。大人になってからは来たことがなかった。新たな展望台もお目見えして、随分楽しめる(^o^)景色を堪能した後は、ロープウェイで久能山東照宮へ。ここは初めて来た。まだまだ近くにありながら行ったことのない場所はたくさんある。グルメも各地にいろいろあって、最高!そして何よりホテルが安いのがいい。さあ、秋もいろいろな所へ行くぞ!!!(つづく)

  14. レイコックその② - 一景一話

    レイコックその②

    ハリー・ポッターのことなどまったく無知な私は、ひたすらレイコックの街歩きを楽しむ。こんな家がムービーの中のどのような場面で登場しようが、この家に誰が住んでいたかも知らない私にとっては、ただの一軒の家でしかない。それよりも英国感に満ちたこの街を散策できるだけで満足なのだ。人が気にも留めないような風景に心を躍らせる・・・そんな旅もあっていいじゃないか。(つづく)

  15. レイコックその1 - 一景一話

    レイコックその1

    バースを後にして、バスはレイコックへと向かう。レイコックは知る人ぞ知るあの「ハリー・ポッター」のロケ地なのである。しかし、私はそれを読んでも観てもいない(/_;)なんてこった!しかし、古い街並みはそんな物語を知らなくても十分に楽しめる(言い訳)^^;9と4分の3っていったい何だ???このヒキガエルはいったい何だ???疑問に満ちあふれた村です・・・(つづく)

  16. バースその③ - 一景一話

    バースその③

    バースの見納めは、アボン川に架かる橋を眺める人気フォトスポットへ。橋ももちろんバース・ストーンで造られている。マーケットもあり賑やかである。このプルテニー橋は、橋の上が商店街になっている。なかなか赴きに満ちた橋である。店の窓越しに川をみることができる。もう少し滞在したいが、もう帰る時間だ。(つづく)

  17. バースその2 - 一景一話

    バースその2

    ロイヤル・クレセントを見学し、町中に戻ってくる。歴史のある町なので、散策そのものが楽しくて仕方ない。このバース・ストーンという黄色の石を使った18世紀ジョージ王朝様式の建造物が数多く残っている。石ではあるが、その色から暖かみを感じることができる。この町ではローストビーフを食べようと心勇んでレストランを探し、その看板を発見!ところがその肝心の店がない・・・仕方がないのでイタリアンで落ち着く。し...

  18. バース - 一景一話

    バース

    ストーンヘンジの次は、温泉で有名なバース観光へ。街歩きは楽しい。この町、ローマ時代はen:Aquae Sulisと呼ばれていたが、アングロ・サクソン人はこの町を温泉にちなんで Baðum などと呼んだ。これが現在の町の名前の由来である。18世紀のジョージ王朝様式の建造物が数多く残っており、ユネスコの世界遺産にも登録されている。この巨大な三日月型の建物はロイヤル・クレセントとという。町の外れに...

  19. イギリス④ケンジントン宮殿 - 一景一話

    イギリス④ケンジントン宮殿

    ラウンド池からそのままケンジントン宮殿に向かう。この宮殿は、1981年に第8、9アパートメントが合体され、新婚のチャールズとダイアナの居室とされた。離婚後もダイアナの公の居住地はこの場所にあった。ウィリアム王子は宮殿からケンジントン付近の保育所、そしてノッティング・ヒルの幼稚園へと通っていた。2011年に結婚したケンブリッジ公爵ウィリアム王子と夫人のキャサリン妃はケンジントン宮殿に居住し、ジ...

  20. R1晩秋の洛陽最終回 - 一景一話

    R1晩秋の洛陽最終回

    久しぶりの紅葉見学の京都も最後の寺院となった。建仁寺の境内に足を運んだものの、これといった特別拝観もなかったので、外へ出る。するとこれまで一度も入ったことのなかった正伝永源院が特別拝観をしている。まあ、予測通り、それほど感動する庭ではなかったが、人が少ないのがよかった。穴場はまだまだある。(晩秋の洛陽完)

総件数:68 件

似ているタグ