寺社のタグまとめ

寺社」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには寺社に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「寺社」タグの記事(82)

  1. 松島の五大堂 - レトロな建物を訪ねて

    松島の五大堂

    お礼6月18日に発生した震度6弱の大阪北部地震は我が家の近所が震源地でした。非常に強い揺れを感じましたが、幸い短い間だったことから、食器が割れたり、棚の物が落ちたりしただけで、怪我はなく家族全員は無事でした。ライフラインも問題ありません。複数の知人や親戚の方々から電話やメールを頂きました。この場を借りてお礼を申し上げます。家の中の片付けも終わりましたので、ブログを再開します。五大堂は日本三景...

  2. 松島の天麟院 - レトロな建物を訪ねて

    松島の天麟院

    天麟院は瑞巌寺から西へ歩くと円通院の次にある寺院。瑞巌寺の塔頭のひとつで、山号は瑞雲峰です。伊達政宗の正室・愛姫(めごひめ)との間に生まれた娘、五郎八姫(いろはひめ)の菩提寺で、 陽徳院、円通院と並んで松島の三霊廟に数えられているそうです。瑞雲峰 天麟院詳細不明宮城県宮城郡松島町松島町内51撮影 : 2017.10.1新しそうな本堂です。本堂の前に不思議な乗り物が止まっていました。「松島さか...

  3. 松島の円通院 - レトロな建物を訪ねて

    松島の円通院

    円通院(えんつういん。旧字体:圓通院)は瑞巌寺の西隣にある臨済宗妙心寺派の寺院で、伊達政宗の孫にあたるる伊達光宗の菩提寺として、1647(正保4)年に瑞巌寺第100世洞水和尚により三慧殿(さんけいでん)が建立され開山されました。円通院は三慧殿や大悲亭(本堂)という歴史的な建造物以外にも、変化に富んだ庭園が見所でした。白華山 圓通院宮城県宮城郡松島町松島町内67撮影 : 2017.10.1山門...

  4. シュエジーゴン・パゴダに行ってみる - イ課長ブログ

    シュエジーゴン・パゴダに行ってみる

    プールで泳いだあとの話。キチンと時系列に書いてるじゃないか。殊勝な心掛けだ、自分。少し日が傾いてから歩いてシュエジーゴン・パゴダに行ってみることにした。ここもバガン観光オプショナルツアーに必ず入る有名な寺院なんだけど、ホテルから近いから一人でぶらっと行ってみたかったかったんだよね。とはいえ、歩くと15分くらいかかったかなぁ。歩くのが苦手な人にはつらいかも。暑いし。道の途中にも小さな仏塔がポコ...

  5. 松島の青龍山 瑞巌寺 - レトロな建物を訪ねて

    松島の青龍山 瑞巌寺

    ツアー3日目は中尊寺を出て、午前中に日本三景のひとつ宮城県の松島へ到着しました。2011(平成23)年の東日本大震災の津波で、東北の太平洋岸は甚大な被害を被りましたが、ここ松島町は奥まった湾で手前に多くの小島がるため、被害が少なかった地域です。このツアーでは唯一、昼食がない日で、自由時間も長めだったので、お昼を済ませて、周辺の見所を回りました。まずは民謡「斎太郎節(さいたらぶし)」で歌われる...

  6. 幕末京都逍遥 その73 「常林寺(勝海舟宿坊跡)」 - 坂の上のサインボード

    幕末京都逍遥 その73 「常林寺(勝海舟宿坊跡)」

    京都御苑の北西角から300mほど東へ進んで鴨川に架かる賀茂大橋を渡ってすぐのところに、常林寺というお寺があります。ここは幕末、勝海舟の宿坊だったと伝わるお寺です。 常林寺山門前に立つ駒札の説明書きによると、創建は天正元年(1573年)、念仏専修僧魯道上人によって開創された寺院だそうです。往時は知恩院末の有力寺院として活躍したそうですが、寛文11年(1671年)の大火で焼失し、現在の地に移って...

  7. 中尊寺の伽藍(その2) - レトロな建物を訪ねて

    中尊寺の伽藍(その2)

    中尊寺の最後です。月見坂と呼ばれる参道を登った丘の上に諸堂が点在しています。開山 中尊寺岩手県西磐井郡平泉町平泉字衣関202地内撮影 : 2017.10.1鐘楼中尊寺の鐘楼には、1343(康永2)年に、金色堂別当頼栄の発願によって鋳造された盤渉調(ばんしきちょう)の梵鐘が納められているそうですが、建物の建立年代はわかりませんでした。鐘の損傷があり、今は鐘を撞くことはありません。 鐘楼詳細不明...

  8. 中尊寺の伽藍(その1) - レトロな建物を訪ねて

    中尊寺の伽藍(その1)

    中尊寺には月見坂と呼ばれる参道を登った丘の上に諸堂が点在しています。それらを2回に分けて紹介します。開山 中尊寺岩手県西磐井郡平泉町平泉字衣関202地内撮影 : 2017.10.1弁財天堂弁財天堂は金色堂の階段を下った向い側に位置しています。水の女神といわれる弁財天を祀っている社にふさわしく、池で囲まれた小島の上に建ち、湿気を防ぐ高床式です。江戸時代中期の再建の寄棟、茅葺き。外壁は真壁造り板...

  9. シュエグージー寺院⇒ブーパヤー・パゴダ - イ課長ブログ

    シュエグージー寺院⇒ブーパヤー・パゴダ

    さて、四国ネタからまたミャンマーネタに戻るぞ。去年8月に行ったミャンマーネタ、まだまだ残ってるから恐ろしい。本日はバガン仏教遺跡見学シリーズの最後。最後といっても「午前の部の最後」で、ほかに「朝日の部」もあるんだが、それはまたいずれ(笑)。【10.シュエグージー寺院】ここ、寺院の中の写真は撮ってない。ここは寺院の上に登れるようになってて、屋上から見る周囲の景観がステキで、その写真ばかり撮った...

  10. 大長寿院 西谷坊 - レトロな建物を訪ねて

    大長寿院 西谷坊

    大長寿院は中尊寺の塔頭(たっちゅう)の一つで、西谷坊とも呼ばれています。平安時代の850(嘉祥3)年に円仁の孫弟子釈円教が創建したとも、藤原清衡が1107(嘉承2)年に創建した阿弥陀堂が始まりとかの記事があり、どちらが正解かは分かりませんでした。現在の本堂は、1863年(文久3年)の再建だそうです。なお、この西谷坊はなんと「はりきゅう治療室」を営業しているらしいです。木造平屋建て。大長寿院 ...

  11. 中尊寺 経蔵 - レトロな建物を訪ねて

    中尊寺 経蔵

    金色堂の近くにある経蔵。中尊寺経(国宝)を納めるために建立された堂で鎌倉時代末期の建物ですが、一部には平安時代の古材が使用されているそうです。国の重要文化財の木造平屋建て。経蔵1122(保安3)年重要文化財設計・施工 : 不明岩手県西磐井郡平泉町平泉衣関202撮影 : 2017.10.1黄金の「獅子に乗った文殊菩薩像」が見えます。レプリカでしょう。本物は讃衡蔵に移されたようです。

  12. 中尊寺 白山神社能舞台 - レトロな建物を訪ねて

    中尊寺 白山神社能舞台

    中尊寺境内の北側にある白山神社は中尊寺の鎮守の一つです。神社の拝殿の手前にある白山神社能舞台は,江戸時代末期の嘉永年代に焼失したため、伊達藩主、伊達慶邦公によって寄進、再建したもの。東西に長い入母屋造りで茅葺き。西側は舞台,東半分は楽屋になっています。正統かつ本格的な規模と形式の舞台とだけではなく、様々な舞台付属の要素を完備していて、近世能舞台遺構としては東日本唯一だとか。日本の芸能史上貴重...

  13. 中尊寺金色堂 - レトロな建物を訪ねて

    中尊寺金色堂

    中尊寺といえば最も有名なのが金色堂(こんじきどう)でしょう。平安時代後期建立の仏堂いわゆる阿弥陀堂です。宇治の平等院鳳凰堂と共に藤原氏ゆかりの浄土教建築の代表例であり、当時の技術を集約した名建築として国宝に指定されています。岩手県西磐井郡平泉町平泉衣関202撮影 : 2017.10.1中尊寺金色堂新覆堂見えてきたのは金色堂を保護するための囲んでいる覆堂です。昭和39年に建てられた鉄筋コンクリ...

  14. 開山 中尊寺 - レトロな建物を訪ねて

    開山 中尊寺

    ツアー3日目の午前中に中尊寺へ到着。中尊寺は950(嘉祥3)年に、比叡山延暦寺の高僧慈覚大師円仁(じかくだいしえんにん)によって開かれた天台宗の寺院。 その後、12世紀の初めに奥州藤原氏の初代清衡公によって大規模な堂塔の造営が行われました。 奥州藤原氏三代ゆかりの寺として有名で、3000点以上の国宝や重要文化財など平安時代の美術、工芸、建築の文化財があります。境内は「中尊寺境内」として国の特...

  15. 幕末京都逍遥 その66 「梨木神社」 - 坂の上のサインボード

    幕末京都逍遥 その66 「梨木神社」

    京都御苑東の清和院門を出てすぐの場所にある梨木神社を訪れました。ここは、幕末維新に活躍した公家・三条実万、三条実美を祭神として明治18年(1885年)に創建された神社で、入口の鳥居の横には、「別格官幣社」と刻まれた石碑があります。 「別格官幣社」とは、国家のために功労のあった人臣を祭神とする神社のことで、明治5年(1872年) に神戸の湊川神社が定められたのに始まり、昭和21年(1946年)...

  16. あじさい賛歌 #2 - Photo Diary

    あじさい賛歌 #2

  17. あじさい賛歌 - Photo Diary

    あじさい賛歌

  18. 狛犬 - Ryu Aida's Photo

    狛犬

    いかにも神社を守っている 

  19. 稲荷 - Ryu Aida's Photo

    稲荷

    ちょっと怖さを感じさせる表情願い事をすれば効験あらたかな気がする 

  20. 三千院の落ち椿 - 雲母(KIRA)の舟に乗って

    三千院の落ち椿

    トランプ大統領はパンドラの箱を開けてしまった。憎しみの連鎖の火種に油が注がれた。それが本当に最善の方法なのか?!平和を祈っても、椿は落ち続ける。人類はあと何百、何千、何万年経てば、賢くなれるのだろうか?今は祈ろう。自分も含めて人類みなきょうだいが賢くなれますように。♪エイミー・マン 「Wise up」♪(撮影4月8日 京都大原三千院)

1 - 20 / 総件数:82 件

似ているタグ