寺院のタグまとめ

寺院」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには寺院に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「寺院」タグの記事(49)

  1. 茅の輪(弥彦神社) - くろちゃんの写真

    茅の輪(弥彦神社)

    撮影日 平成30年6月26日X-T20 XF16-55mmF2.8 R LM WRFacebook

  2. 長野そぞろ歩き:善光寺・仁王門 - 日本庭園的生活

    長野そぞろ歩き:善光寺・仁王門

    所用があり、善光寺門前へ。蕎麦打ち。外国のお客さんも、珍しいのでしょう。仁王門へ。ここで、衝撃な一枚。明治25年頃。何ですか、この形は!竜宮城?さらに、衝撃な一枚。明治40年代。顔はデカいし、腹も出てる…。しかも、屋外にそのまま!キューピー仁王様?今の仁王様。その後、豪雨。にわか雨、1時間ほど降り続いていました。探訪日:2018.07.10

  3. 京都徘徊2018 宇治平等院 - 祭りバカとは俺の事(仮)

    京都徘徊2018 宇治平等院

    京都徘徊2018 宇治平等院 お久しぶりに宇治平等院へ。蓮の花が見たくて、今の時期境内に鉢植えの蓮が並んでます。琵琶湖の烏丸半島の蓮の群生が消えて二年、まだ復活の兆しはありません。梅雨の晴れ間塗り替えられ映えます。ひと株づつ境内に鉢植えがあります。色々な種類が品種も明記され、境内を巡ります。極楽浄土をイメージして建立された平等院、ふらっと訪れてしまいます。展示スペースも充実して、魅了されます...

  4. 北摂・久安寺の看板犬 - たんぶーらんの戯言

    北摂・久安寺の看板犬

    久安寺の本坊にいる番犬?  愛想がいいので、番犬向きではないかもね。

  5. 智積院のアオサギ - たんぶーらんの戯言

    智積院のアオサギ

    金堂と明王殿の間に蓮池があり、初夏から夏にかけては白やピンクの蓮の花が咲き誇るのですが、私が訪問させていただいた際には、未だ蕾もでていない状態でした。 でも、その代わりと言ってはなんですが、アオサギくんがいました。 蓮にアオサギなんて写真としては最高なんですが(笑)。

  6. 建仁寺・潮音庭 - たんぶーらんの戯言

    建仁寺・潮音庭

    建仁寺本坊の中庭にある潮音庭は四方向から眺めれる枯山水の庭です。 今の時期でも十二分に美しいですが、紅葉彩られる晩秋のこのお庭は絶景そのものです。 向こう側に大書院の風神雷神図が見えています。

  7. 建仁寺・法堂・双龍図 - たんぶーらんの戯言

    建仁寺・法堂・双龍図

    龍は仏教を守護する八部衆でもあり「龍神」ともいわれます。そのため禅寺の本山の多くでは法堂(はっとう)の天井に龍が描かれています。 狩野探幽が描いた妙心寺や大徳寺のものなども素晴らしいですが、その壮大さという意味では、建仁寺法堂の天井画「双龍図」も負けていません。ちょっと漫画っぽいところもあるけど、その分親しみやすいですし、2頭も龍がいるので、2倍有難い(笑)。 108畳にも及ぶこの壮大な天井...

  8. 建仁寺・鳥羽美花筆襖絵「凪」「舟出」 - たんぶーらんの戯言

    建仁寺・鳥羽美花筆襖絵「凪」「舟出」

    今回、建仁寺本坊を拝観した第一の目的は、染色作家として活躍されておられる鳥羽美花さんが手がけられた襖絵「凪」「舟出」を拝見するため。 以前、訪問した際には、寺内行事と重なったために拝観できず、今回はいわばリベンジです(笑)。 16面に及ぶ小書院の襖絵は、穏やかな水面の風景が女性ならではの、繊細なタッチで描かれています。この襖絵は栄西禅師八百年大遠諱事業の一貫として、染色作家として活躍する鳥羽...

  9. 建仁寺・大雄苑 - たんぶーらんの戯言

    建仁寺・大雄苑

    大雄苑と名付けられた建仁寺・本坊の方丈の前庭。 こちらは方丈の南側。庭の向こうは法堂です。 緑苔と岩がいくつか配された枯山水の庭園ですが、大雄苑の名のとおり広々として雄大。 白砂が美しい。 こちらは方丈の西側庭園。落ち着いた雰囲気で落着けます。 ところで、方丈は、安国寺恵瓊が安芸の安国寺から移築したもので、重要文化財に指定されています。戦国時代末期に活躍し、関ケ原の戦いでは、石田光成、小西...

  10. 建仁寺方丈障壁画 雲龍図 - たんぶーらんの戯言

    建仁寺方丈障壁画 雲龍図

    安土桃山時代から江戸時代初期にかけての絵師にして、桃山時代最後の巨匠である海北友松の代表作である建仁寺障壁画群。その中でも最も良く知られているのが「雲竜図」でしょう。 本物は京都国立博物館にあり、これはレプリカなんですが。 流し目の龍ですが、心の奥まで見透かされているような(笑)。

  11. ~風は無い?~建仁寺・○□△の庭 - たんぶーらんの戯言

    ~風は無い?~建仁寺・○□△の庭

     江戸時代の臨済宗古月派の禅僧にして、画家であった仙厓義梵の「○△ロ」の掛軸が元になっていて、禅の四大思想(地・水・火・風)のを表しいるお庭だとか。 「地・火・水のみで、どうして風が抜けているのかな」と思いつつ、このお庭を眺めていたら、爽やかな風が吹いてきました。 「そうか、そこに、吹いているから、風は表現する必要がないんだ。」

  12. 建仁寺風神雷神図屏風 レプリカですけどね - たんぶーらんの戯言

    建仁寺風神雷神図屏風 レプリカですけどね

    日本美術史の中でも大きくとり上げられる「風神雷神図屏風」。美術や日本史の教科書でもお馴染みの俵屋宗達が描いたこの絵は、あっさりと、受付を過ぎた真っ先に出迎えてくれます。 残念ながら、本物は、京都国立博物館に寄託されていて、これはレプリカ。それでも、近くで鑑賞できるのでしっかりと見ておきたいところです。

  13. 建仁寺両足院・初夏の特別公開の呈茶 - たんぶーらんの戯言

    建仁寺両足院・初夏の特別公開の呈茶

    半夏生の庭園特別公開期間には、2つある茶室の一つである臨池亭でお呈茶が行われています。 担当は日ごとに入れ替わるようで、私が参加させていただいた折には、中国茶を中心に自然茶研究をされている堀口一子さんからお茶をいただきました。 建仁寺開山・栄西禅師が、中国から茶種を持ち帰って日本において栽培を奨励し、喫茶 の法を普及された事はあまりにも有名ですが、日本のお茶室で中国茶の呈茶を行うなんて、か...

  14. 建仁寺両足院の庭・大書院前庭(半夏生の庭) - たんぶーらんの戯言

    建仁寺両足院の庭・大書院前庭(半夏生の庭)

    両足院の大書院の前に広がる池泉回遊式庭園は、京都府指定の名勝庭園で、10世・雲外東竺の元に参禅した茶道の薮内流5代・竹心紹智(1678-1745)の作庭。 特に、このお庭が一際美しくなるのが、半夏生が美しい梅雨時。 方丈方面からの眺めです。2軒の茶室が奥に見えます。左が水月亭、右が臨池亭。 次に大書院からお庭を眺めてみます。回遊式庭園ですが、私個人的には、大書院からの眺めが好みかな。 これは...

  15. 建仁寺両足院 墓参道 - たんぶーらんの戯言

    建仁寺両足院 墓参道

    唐門前庭から分岐して草の様式の延べ段が方丈前を横切るように続いていきます。 まさに静謐そのもの。

  16. 心もよう - 写真の絵日記

    心もよう

    ”寂しさの徒然に手紙をしたためています”から始まる高校時代に流行った井上陽水さんのヒット曲”心もよう”の一小節です梅雨の合間ですが津山盆地でテレビアンテナの鉄塔がある黒澤山のお寺に初めて行ってみました宇治黄檗山萬福寺と同じ萬福寺まで車で行ってきましたご住職の奥様にご挨拶してライトアップで撮影しています1枚目はNikonD3200の撮影を曇り空の感じを出すためにPhotoshopElement...

  17. 建仁寺両足院の庭・閼伽井庭    - たんぶーらんの戯言

    建仁寺両足院の庭・閼伽井庭  

    方丈と庫裡に囲まれた小さな中庭「閼伽井庭」。閼伽(仏膳に供える水)を汲む井戸とその水を受ける水鉢がこの庭の象徴。三尊石が中心にあり、その手前に礼拝石と水鉢と燈籠を配しています。

  18. 建仁寺両足院の庭・唐門前庭 - たんぶーらんの戯言

    建仁寺両足院の庭・唐門前庭

    現在は、年2回の特別公開などでは、毘沙門天堂がある北側から境内に入るようになっていて、その入口には土産物っぽいものもあって少々がっかりするのですが、以前は、今より南側の高麗門(大門)から入っていました。 そこでおめにかかることができたのが、きりりと引き締まる、唐門前庭でした。 いかにも禅寺らしい美しさの中にも厳しさが感じられるお庭。凜とした気持ちにしてくれます。 立砂もあります。 両足院とい...

  19. 建仁寺両足院・毘沙門天堂の狛虎 - たんぶーらんの戯言

    建仁寺両足院・毘沙門天堂の狛虎

    もとは知足院といい、その寮舎であった也足軒と合併し両足院となったそうですね。 戦国武将、黒田長政に所縁の塔頭で、元は鞍馬にあった毘沙門天像を兜の中に入れ、関ヶ原の戦いで活躍したとの言われがあり、その縁もあり、現在の入口右手の毘沙門天堂に祀られています。 毘沙門天堂の前には香炉と、阿吽の狛犬ならぬ狛虎。 狛虎はなかなか愛嬌があります。 香炉にも虎の意匠と毘沙門天のお使いである百足が刻まれています。

  20. 智積院の紫陽花 - ぶらり休暇

    智積院の紫陽花

    今日は雨の土曜日。午前中はまだ小雨でしたがお昼過ぎからは本格的に降ってきました。紫陽花は雨が似合うと思うけどこの雨の中、出かける気にはならずで。雨の紫陽花、見たいけど、撮りたいけど・・・もうちょっと止むまで待とうかな。この日は紫陽花日和ではなく太陽がまぶしすぎるほどの晴天。お天気の日の紫陽花もきれいなんですけどね。京都市東山区にある智積院のあじさい苑です。パステルな色合いの紫陽花がたくさん咲...

1 - 20 / 総件数:49 件

似ているタグ