小ネタのタグまとめ

小ネタ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには小ネタに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「小ネタ」タグの記事(671)

  1. 2020/2/24-28twitterまとめ:連休終了、寒気で全員体調不良、石舞台で葬式ごっこ、SW最後の祭り、ブログに全力投球(エキブロつぶれないでね)他の記事よろしく - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    2020/2/24-28twitterまとめ:連休終了...

    2/24あー、今の感覚だとずれてるということで、その今の感覚が正しいことを証明したのが今回の接待疑惑というわけか。こういう人間は籠絡しやすいと思われてたのかな。>「飲み会絶対断らない」山田真貴子内閣広報官が動画で発言 | 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20210224/k00/00m/010/091000c…posted at 12:26:56立ち回りが...

  2. 2010/2/12【新旧ヌリヌリ比較】ちょっと上野歩いたら東照宮が消えてた!【当時流行の「そっくり本殿」】 - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    2010/2/12【新旧ヌリヌリ比較】ちょっと上野歩い...

    上野から河童橋あたりは一時期しょっちゅう歩いてました。東京に学生が来る意味はおおいにあります。展覧会が頻繁に開かれ図書館が山ほどあり、井の中の蛙になることなく当代一流のものに直接触れ話を聞き刺激を受けることができます・・・それを求めれば。地方とは情報の濃さや生きた経験の多彩さが段違いなことがあげられます。わたしは地方の学校に行っていたから間違いない。若い頃東京にいる意味は明治時代から実証され...

  3. 【東京ウォーキング・オン】ラーメン食べたら目黒川を河口まで歩く【2020/9】 - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    【東京ウォーキング・オン】ラーメン食べたら目黒川を河口...

    目黒でラーメン食べたらカロリー過剰感なので河口まで歩く。目黒川を行人坂下太鼓橋を超えて進んでいくとさほどかからずに五反田近く。ハチ公的な犬があらぬ方を向いてる。大崎のあたりはビルが多く会社かマンション。ごみごみしたかんじはもうない。橋は凝った形のものがみられるが、御成橋は将軍の鷹狩りに使われたという古い伝統のもの。目黒川下流ではこういうのは珍しいですね。 大崎から小橋が連続するあたり、工場や...

  4. 1999/1/1【元旦デジカメ歩き】荏原七福神と品川神社 - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    1999/1/1【元旦デジカメ歩き】荏原七福神と品川神社

    荏原七福神は毎年のように行っていたマイナーかつ新しい七福神です。最近アニメ絵でリニューアルしブレイクしました。コロナ下、七福神もあまり盛り上がらない地域もあるようですが、20年まえはこんなかんじでした。品川宿(旧東海道)から家光沢庵の問答河岸跡沢庵和尚は近所の東海寺開山品海公園品川一里塚跡(江戸から二里)その目の前が法禅寺お台場築造時に御殿山土取り場から出土した中世板碑や石塔がまとめられてい...

  5. 1996/5/4【ぶらり山あそび】山上の湖~玄岳から函南へちょっと歩き断層あり【伊豆アルプス】 - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    1996/5/4【ぶらり山あそび】山上の湖~玄岳から函...

    日帰りの思い付きで、ガイドブックだと「山上の湖」を手軽に見られるというので行ったところが車道が通ってなんとも・・・でも尾根から草原ごしにふもとの海まで見渡せて、2000メートル級の山気分はありました。熱海駅からハイクコース入口までバスで入ります。天気がいまいちでした。一時間あまりで玄岳頂上。写真紛失ここから一時間余り、気分の良いコースを行くと池。氷ヶ池があります。昔はここの氷を取ったりしてい...

  6. 【辻の魔除け】川崎の石敢當、本土と沖縄の石敢當 - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    【辻の魔除け】川崎の石敢當、本土と沖縄の石敢當

    神奈川県川崎駅東口に謎の「石敢當」がある。川崎には昔から沖縄から来て住んでいる人も多く、その関係と思いきや、由来は下の写真の通り新しい。「せきがんとう」というよみがなが聞き慣れない。昔は半円形の石積みに埋め込まれていたが、今や広場にぽつんと立った柱である。石敢當は沖縄と九州南部に多い。もともと中国のおまじないともいわれ、辻やT字路の突き当りに埋め込み直進してくる魔物を祓うとされる。気軽に置か...

  7. 1998/12/18【年末デジカメ歩き】深大寺の紅葉とはじめてのデジカメ - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    1998/12/18【年末デジカメ歩き】深大寺の紅葉と...

    1998年に初めてのデジカメを買いましたが、フィルムカメラとは違う正確な色調に感動したものの内蔵メディア容量の小ささと画素数の少なさでなかなか実用できませんでした。今は後悔してますがこの年末にあちこち行った写真は実験的にデジカメでとっており、画質はすごくいまいちです。まあ、記録として・・・調布深沙大王堂この縁の下から白鳳仏が見つかった弁財天門前そば四脚門は桃山様式だったかな深大寺本堂そば屋う...

  8. 2008/3【東京特有の文化財収集】世田谷観音は骨董遺物の宝庫(かなり自由に見れるらしい)【戦後創建】 - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    2008/3【東京特有の文化財収集】世田谷観音は骨董遺...

    東京や横浜にも廃仏毀釈あとに海外流出寸前の文化財を集めたり廃棄されそうな建物を移築した施設が結構あります。有名なところは椿山荘(三重塔は有名ですが他にも石造物があり、伏見の若冲羅漢も少しあると聞きました)、大倉集古館(ここはすごい蒐集ですがまず入口の室町期の仁王像に圧倒)、五島美術館(どちらかと言えば紙ものや仏像が中心ですが景色として広い庭園にかなり石仏があります)、広大な敷地に広島から鎌倉...

  9. 無残考:宮武外骨しるす関東大震災を踏襲する太平洋戦争惨禍 - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    無残考:宮武外骨しるす関東大震災を踏襲する太平洋戦争惨禍

    Twitterが死んだ。今後しばらく日記はブログに細分化して書くことにする。宮武外骨著作集(全)を取り寄せた。腰の引ける値段だったが終巻が全巻組でしか中古販売されておらず、このさいまとめて買った。半分以上遊郭あるいは下品なものであり、期待した明治戦前の風物については知っているもの以上のことはあまりなく、それでも江戸時代の情報は多いから良いのだが、今がコロナ下でなければ必要部分だけ図書館で複写...

  10. 2005/2/20川崎沖縄街と真冬の長者崎海水浴場【思い出】 - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    2005/2/20川崎沖縄街と真冬の長者崎海水浴場【思い出】

    半日のドライブでした。最近は川崎は認知度高いですね。古くから沖縄から働きにきたひとや住んでる人が多くて、なにしろ労働の街でもあったので、各国の外国人の集まるところや、単純に関西から来た人が住みやすいと住んだり、治安は気にしないので家が欲しい人が買ったりしていた。車じゃないと行きづらいか。逗子まで行った長者が崎夏は海水浴、冬は寒い沖縄に行っていた仲間というのが(沖縄に帰った方々含め)当時いて、...

  11. 【江戸時代】相合傘の研究(というほどではなく今まで散発的にメモしたものをまとめました)【番傘か蝙蝠か】 - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    【江戸時代】相合傘の研究(というほどではなく今まで散発...

    東京大学が取り組んでいる幕末高精細写真復元について、ときどきニュースになる。その中で相合傘が撮影されたものがあり、既に書籍でもNHKの特集番組でも取り上げられている。それなのになぜか同じ話が定期的にニュースにあがってきているので、これ、江戸研究者からみてどうなんだろう、とも思って情報をみつけたらネットにあげていたのだが、とりあえずまとめておきます。twitter→エキブロ→gooブログと掲載...

  12. 【消えゆく神域】南の神は死なずただ立ち去るのみ【失われた神】 - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    【消えゆく神域】南の神は死なずただ立ち去るのみ【失われた神】

    mixiサルベージ※※※ものすごく久しぶりなのでちょっと書きます。沖縄に行くと多くの拝所を目にしますが、壊滅した拝所も又多くあります。渡名喜島で「ほかの島から来た神が休む木々」があると役場の資料※で知ったものの、地元の方に聞いてもよくわからず、結果、おそらく台風で博物館とともにほとんど失われたとわかったのはショックでした。雰囲気が厳かで良い、と聞いていたのに二本だけ古木が残り香炉もなく、脇の...

  13. 2020/2/19-23twitterまとめ:天皇誕生日連休高気温・目黒自然教育園行ったら枯れまくりで大杉倒れてた - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    2020/2/19-23twitterまとめ:天皇誕生...

    めまいきついもうだめスマホで姿勢が固定うんたらいうけどPCも置き方で首が固定されめまいになるらしい膝上PC気を付けなはれや!posted at 00:38:33陰謀論の文体ってあるので、ほんとのことを書きたいなら気を付けなはれや!posted at 00:39:38フランス妖怪生きフォアグラの夢でもおやすみ https://pic.twitter.com/1xFnMSJ489フォアグラ見たこ...

  14. 【二子玉川】瀬田隧道について【立入禁止のトンネル】 - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    【二子玉川】瀬田隧道について【立入禁止のトンネル】

    二子玉川もほど近いいわゆる国分寺崖線の、瀬田の高台を突っ切るようにこのトンネルはある。こちらのサイトに詳しい。http://setagayazoku.fc2web.com/000019.html※リンク切れ??付け加えることがない。。ははは上野毛側の入口からは地下水道への階段が垣間見え、ウルトラマンシリーズで怪人がしょっちゅう出入りしていたのもわかる。崖上への階段もミイラ怪人の通路だったよう...

  15. 【古写真】なぞの場所なぞの建物なぞの橋なぞの衣装・・・【ゆる探し中】 - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    【古写真】なぞの場所なぞの建物なぞの橋なぞの衣装・・・...

    なんのクレジットもないと不明な写真というのはいくつもでてきます。以下羅列していきます。◆たぶん国内南国、南九州か伊豆静岡房総だと思う。しかしこの大きさのソテツは中途半端。この程度ならけっこうどこでもあると思われ、石垣と大きくない本堂の切妻屋根の形しか手がかりがなく。うーん。。根方の様子から日本寺の可能性あるけど本堂前なんだよね。 https://pic.twitter.com/DNmEOuB...

  16. 【怪異の物証】詫び証文ゆる集め【疫病神】 - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    【怪異の物証】詫び証文ゆる集め【疫病神】

    人に憑りついた河童が僧正に祓われたときのもの。もうしません。河童のものは多く、中には静岡の記号の羅列のような不可思議なものもある。そこまでいくと読まれたくない、もしくは宗教上秘匿する内容を暗号化したのではないかと思ってしまう。疫病神の詫び証文。江戸時代はこういうものを魔除けのお札として写して配る家があった。Wikipedia引用:江戸時代に書かれた小林渓舎『竹抓子』などには文政3年(1820...

  17. 【秋色櫻異聞】死神の桜に宿る忍岡〜自殺の名所だった上野の山 - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    【秋色櫻異聞】死神の桜に宿る忍岡〜自殺の名所だった上野の山

    死神話は江戸の都市伝説の代表的なもので、神経に由来するものか実際きっかけのあるものなのかわからない。幕末百話の篠田鉱造さんが【銀座百話】に書いているものは、けだし江戸の残り香というべきもので、開化後は電灯の灯りに消し去られた小さな悪魔の話。上野戦争で焼け野原となった寛永寺、彰義隊の無残のイメージもあるだろうが上野の山は明治には木々が茂り首縊りの名所でもあったし、打ち付けられた藁人形が発見され...

  18. 2020/2/15-18twitterまとめ:天候不順気温急変化・clubhouseあっというまに消費され落ち着く・たまにおばけ - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    2020/2/15-18twitterまとめ:天候不順...

    2/15常磐線 https://pic.twitter.com/VzzeHYyPJc今回の地震時のデマ、「ネタ」として見抜けない方が悪いみたいな言い訳があったらしい。素人のネタは事実と区別がつかない。おのれの冗談センスのなさに気づけよ>地震でまたも飛び交ったデマや差別発言桁違いの拡散、どう対処? - 毎日新聞 https://mainichi.jp/articles/20210214/k00...

  19. 【謎の地番】日本橋元浜町十三番地はいつからいつまであったのか【消えた下町】 - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    【謎の地番】日本橋元浜町十三番地はいつからいつまであっ...

    <日本橋元浜町十三番地道標の謎>道標だけが残り、近辺でも知る人がいないという。建物建設時に掘り起こされたので角度もわからないらしい。商業大地圖. 東京市日本橋区(T2)には元浜町は12番地までしかないので、関東大震災で焼失埋没となるまでの十年余りに13番地が発生していたことになり、そこへの道標だと思われる。このへんなので調べられてはいるでしょ。こんど暗渠の商店街が消失するのね。東亰市全圖 :...

  20. 【巨木伝説】「代々木」江戸の銘木、明治神宮にとりこまれ消滅【ロマン】 - 揺りかごから酒場まで☆少額微動隊

    【巨木伝説】「代々木」江戸の銘木、明治神宮にとりこまれ...

    明治神宮の名木代々木。「代々木村の代々木」で知られた。代々樅の木が植えられることから村名の元となった。井伊家下屋敷をへて御料地内の大樹として人目を集めたが、江戸後期には50mもの高さ・幅で登れば江戸を見晴らせると評判となり、幕末はこの上で黒船を見張ったともいわれる。明治半ば枯死し、こんな↓になった。太平洋戦争の山手空襲で焼失。戦後植え直されている。代々木の植え直し(江戸時代にも植え直している...

総件数:671 件

似ているタグ