小児のタグまとめ

小児」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには小児に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「小児」タグの記事(32)

  1. 小児における局所麻酔薬中毒:最近の症例報告と最新の文献のレビュー - 麻酔科医の日々

    小児における局所麻酔薬中毒:最近の症例報告と最新の文献...

    ・小児の局所麻酔薬中毒(LAST)は、およそ100,000ブロックに対して8件(95% CI 0.3〜1.6)の割合でおきる。この医原性合併症は致死性が高いのでリスクファクター・臨床的症状・予後をより明確にしておくことは同時進行的な治療や予防に役立つだろう。・広範囲にわたる文献検索と詳細な解析を18歳未満の患者でのLASTで2014年4月から2019年8月に発表された症例報告を対象におこなっ...

  2. 小児患者のSARS-CoV-2と関連する麻酔合併症 - 麻酔科医の日々

    小児患者のSARS-CoV-2と関連する麻酔合併症

    ・コロナウィルス感染症19(COVID-19)は成人では周術期の高い合併症罹患や死亡と関連する。重症急性呼吸器症候群コロナウィルス2(SARS-CoV-2)の小児と関連する麻酔合併症の頻度や重症度は不明である。我々の仮説として、SARS-CoV-2感染症の小児は検査陰性の小児とくらべて、術中と術後の合併症頻度が増加する、とした。・後向きコホート研究をおこなって、18歳未満で2020年4月28...

  3. 小児の臍下手術における仙骨デクスメデトミジンの有効性と安全性:無作為化比較試験のメタ分析と逐次解析 - 麻酔科医の日々

    小児の臍下手術における仙骨デクスメデトミジンの有効性と...

    ・デクスメデトミジンは小児の臍下手術で鎮痛を延長させるのに仙骨ブロックの局所麻酔薬補助薬として使用される。・目的として、我々は小児の臍下手術において(局所麻酔薬のみとくらべた)、局所麻酔薬への仙骨デクスメデトミジン添加による鎮痛の有効性と安全性を評価しようとした。・我々が検索したのは、臍下手術をうけた小児患者の無作為化比較試験(RCTs)による10のデータベースで、仙骨ブロックを局所麻酔薬補...

  4. 小児のアデノイド扁桃摘出術に対するオピオイドフリー麻酔 - 麻酔科医の日々

    小児のアデノイド扁桃摘出術に対するオピオイドフリー麻酔

    ・オピオイドは小児のアデノイド扁桃摘出術や扁桃摘出術の術中や術後の期間に投与される。非オピオイド系鎮痛薬も小児のアデノイド扁桃摘出術や扁桃摘出術での鎮痛薬として使用されることが多い。この研究をおこなう仮説として、アデノイド扁桃摘出術や扁桃摘出術に対するオピオイド単独の鎮痛による安全性と有効性を評価しようとした。・この単施設後向き診療録レビューでは、2〜13歳の患者が待機的なアデノイド扁桃摘出...

  5. 遠方の眼科を紹介された理由は・・ - 河野眼科Q&Aブログ

    遠方の眼科を紹介された理由は・・

    Q 6歳になる年長の子供が近視が強いと、○○の病院から●●市の△△△病院を紹介されて診察しに行ったのですが、小児専門の先生の出勤日が限られていることに加え、家からかなり遠方ということもあり、定期的に通いやすい眼科をさがしております。こちらの病院では小児の近視も調べて治療していただけるのでしょうか?A 普通はどこの眼科でも「小児の近視も調べて治療」できますよ。特殊な病気が無ければ。仮性近視であ...

  6. 小児患者におけるメラトニンの麻酔適応:系統的レビュー - 麻酔科医の日々

    小児患者におけるメラトニンの麻酔適応:系統的レビュー

    ・メラトニンの安全性が有望で、どこにでも存在する性質から、成人と小児における様々な臨床現場で使用されることが増えている。我々は、小児患者におけるメラトニンの麻酔適応使用に関する発表された研究の系統的レビューをおこなった。関連論文を同定し、PubMed・EMBASE・CINAHL・Web of Science・Scopusデータベースを検索した。研究タイトル・要約スクリーニング・全文レビューを...

  7. 小児患者の大腿骨頚部骨折に対してオピオイド節約による修復術での持続関節包周囲神経群(PENG)ブロックの利用 - 麻酔科医の日々

    小児患者の大腿骨頚部骨折に対してオピオイド節約による修...

    ・小児集団において、大腿骨頚部骨折は高エネルギー外傷とたいてい関連しており、しばしば鼠径部の疼痛を訴える。区域麻酔は急性疼痛管理として補助的な治療を提供できる。さまざまな方法を駆使して、股関節骨折やそれにともなう股関節手術と関連した疼痛を回避するようにしている。脊髄幹麻酔・腰神経叢ブロック・硬膜外ブロック・腸骨筋膜下ブロック・大腿神経ブロックの持続神経ブロック法が股関節の疼痛を緩和するのに有...

  8. 小児の術後嘔吐予防に対する静注ブドウ糖とオンダンセトロンの比較:無作為化非劣性試験 - 麻酔科医の日々

    小児の術後嘔吐予防に対する静注ブドウ糖とオンダンセトロ...

    ・小児の術後嘔吐(POV)はよくおこる。周術期にブドウ糖加輸液を投与することで成人のPOV改善が示されている。同様の研究は小児ではおこなわれていない。・主要な目的として、外来手術をうける小児の制吐予防として術中の静注ブドウ糖投与の有効性を検証しようとした。・非劣性無作為化臨床試験として、健康な小児(3〜9歳)で外来歯科手術をうけるものを対象とした。対照群はデキサメタゾン(0.15mg/kg ...

  9. 米国の小児と青少年における多系統炎症症候群 - 麻酔科医の日々

    米国の小児と青少年における多系統炎症症候群

    ・小児における多系統炎症症候群(MIS-C)の疫学と臨床経過や、コロナウィルス感染症2019(Covid-19)との一時的な関連性を理解することが、この症候群が臨床的にも公衆衛生的にも影響がでてきているなかで、重要である。・MIS-Cに対象を定めて2020年3月15日から5月20日まで、米国中の小児医療センターで調査をおこなった。この症例の定義には6つの基準を含めた:入院となる重症疾患・21...

  10. 小児患者におけるSARS-CoV-2糞便排出の長期化−量的エビデンス統合 - 麻酔科医の日々

    小児患者におけるSARS-CoV-2糞便排出の長期化−...

    ・目的として、COVID-19となった小児の呼吸器系と糞便のサンプルにおけるウィルス排出の差を検証しようとした。・検索したのは、PubMed・SCOPUS・Embase・Web of Scienceのデータベースで、そこで小児の研究でSARS-CoV-2 RNAの糞便と呼吸器系の排出パターンを比較したものを同定した。要約推定値の計算はランダム効果モデルを使っておこなった。・36人の小児からの...

  11. コロナウィルス感染症2019(COVID-19)の小児:2,597人の小児患者における患者背景・臨床症状・検査値・画像所見の特徴のレビュー - 麻酔科医の日々

    コロナウィルス感染症2019(COVID-19)の小児...

    ・コロナウィルス感染症2019(COVID-19)のエピデミックが世界中へ広がっている。感染者数が急速に増加することで、COVID-19の小児が増えてきている。大半の研究所見は成人症例に関するもので必ずしも小児へ転用することはできない。エビデンスに基づいた研究で小児患者の臨床的な決断に寄与できることが期待されている。このレビューでは、最近報告されたCOVID-19小児患者2,597人の患者背...

  12. 小児の腹腔鏡下ヘルニア修復術に対するラリンジアルマスクエアウェイと気管挿管の比較:呼吸器系合併症の分析 - 麻酔科医の日々

    小児の腹腔鏡下ヘルニア修復術に対するラリンジアルマスク...

    ・この研究の目的として、鼠径ヘルニアに対して経皮的内鼠径輪縫合(PIRS)をおこなう小児で、周術期と術後の呼吸器系合併症の比較をラリンジアルマスク(LM)エアウェイと気管挿管(TI)でおこなった。・2015年10月から2019年2月の間で、135人の小児患者(97人の男児と38人の女児)は年齢の中央値が4歳で、鼠径ヘルニアに対してPIRSをうけて、この研究の対象となった。患者は2群に分けられ...

  13. 迅速導入:国際調査 - 麻酔科医の日々

    迅速導入:国際調査

    ・迅速導入(RSI)は標準的な手技で、麻酔導入中に誤嚥/逆流リスクのある患者全員に実施される。・主要な目的として、RSIでの臨床行為を成人と小児の集団両方で評価しようとした。・研究デザインは、オンライン調査であった。・対象は、合計56の国々であった。・参加者は、欧州麻酔科学会会員とした。・この目的として、全身麻酔に関連したRSIでの実際の臨床行為を同定して詳述しようとした。・1921人の返答...

  14. 小児の術後嘔気嘔吐予防におけるPC6鍼の有効性-系統的レビューとメタ分析 - 麻酔科医の日々

    小児の術後嘔気嘔吐予防におけるPC6鍼の有効性-系統的...

    ・ますます多くの研究により、術後嘔気嘔吐の予防と治療における鍼の有効性が示されてきた。そこで我々はメタ分析を使って、小児におけるこれらの有益性を確認し、この治療をおこなう最適なタイミングを検証しようとした。・4つのデータベース(MEDLINE・EMBASE・CENTRAL・Chinese Database of Biology and Medicine)を創刊から2019年1月16日まで検索...

  15. コロナ小児2020/3/18 NEJM - 南地内科

    コロナ小児2020/3/18 NEJM

    新型コロナウイルスは、小児では高齢者に比べ症状が軽いと言われていますがどうなのでしょうか。NEJM 2020年3月18日からです。中国疾病管理予防センターによる72,314症例の最近のレビューでは、症例の1%未満が10歳未満の小児であることが示されました。武漢の小児病院SARS-CoV-2(新型コロナ)と確定診断された171人の小児2020年1月28日から2月26日中央値は6.7歳発熱41....

  16. 伏臥位で換気された小児患者における術中無気肺におよぼす通常肺胞リクルーメントの影響:無作為化比較試験 - 麻酔科医の日々

    伏臥位で換気された小児患者における術中無気肺におよぼす...

    ・酸素飽和度低下が新生時において伏臥位での全身麻酔後によくおこる。我々の目的として、伏臥位での全身麻酔後の新生児や小児における無気肺を予防するのに通常肺胞リクルーメントの影響を評価しようとした。・伏臥位での全身麻酔(2時間)をうける小児(3歳)を、通常肺胞リクルーメントかリクルーメントなし標準ケアに無作為化した。超音波ガイド下肺胞リクルーメントを両群でおこない、人工呼吸器設定を一回換気量6m...

  17. 小児集団の大きな腹部手術における周術期輸血の評価:後向き観察コホート研究 - 麻酔科医の日々

    小児集団の大きな腹部手術における周術期輸血の評価:後向...

    ・この研究の目的として、大きな腹部手術の小児患者に対する周術期輸血の修正可能因子や影響を検証しようとした。・この後向きレビューでは、1,506人の患者が大きな腹部手術を三次医療センターで2008年1月から2018年6月にうけた。輸血投与の誘因を含めた臨床データと、術中や術後の輸血目標データを収集して分析した。不適切輸血(ヘモグロビン[Hb]誘因値が8.0g/dLを超える輸血)や、輸血過多基準...

  18. 小児患者の術後嘔気嘔吐予防における静注リドカインの有効性:系統的レビューとメタ分析 - 麻酔科医の日々

    小児患者の術後嘔気嘔吐予防における静注リドカインの有効...

    ・全身麻酔をうける成人での静注リドカインは術後嘔気嘔吐(PONV)の頻度を下げることが示されてきた。しかしながら、小児患者におけるリドカインの術後嘔吐(POV)抑制作用は不明のままである。我々は系統的レビューと逐次解析によるメタ分析をおこなって、POV/PONV予防におよぼす静注リドカインの効果を評価しようとした。・試験登録サイトを含めた6つのデータベースを検索した。無作為化臨床試験で対照と...

  19. 小児における神経筋ブロック拮抗に対するスガマデクスとネオスチグミンの安全性と有効性の比較の後向き分析 - 麻酔科医の日々

    小児における神経筋ブロック拮抗に対するスガマデクスとネ...

    ・スガマデクスは、アミノステロイド神経筋ブロック薬(ロクロニウムとベクロニウム)のカプセル化と非競合性結合という新しい作用機序のため、残存神経筋ブロックにあまり耐えられない小児患者に独特な有益性をもたらす可能性がある。小児集団でのスガマデクス使用に関するデータは限られており、全年齢を通じて有害事象の頻度を評価するのに利用できる大規模研究はない。我々は、有害事象の頻度を検証し、その有害事象の重...

  20. 小児における周術期アナフィラキシー:病因・時間経過・臨床反応性パターン - 麻酔科医の日々

    小児における周術期アナフィラキシー:病因・時間経過・臨...

    ・小児における周術期アナフィラキシー(PA)はまれではあるが、麻酔と関連して生命を脅かす可能性のある合併症である。PAを早期に同定し管理することが臨床転帰を最適化するのに必須である。・我々は麻酔診療録から後向き研究ををおこない、PAをおこした小児患者で英国・フランス・米国の医療センターで10年に渡って対象とした。PAをおこしている最中の臨床症状や生理学的変数の時間経過を収集し、アレルギー検査...

総件数:32 件

似ているタグ