小川記一のタグまとめ

小川記一」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには小川記一に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「小川記一」タグの記事(19)

  1. 美登英利さん、初のデザイン書マニュアル本出版 - g's style day by day ー京都嵐山から、季節を楽しむ日々をお届けしますー

    美登英利さん、初のデザイン書マニュアル本出版

    真っ白な椿、やっぱりきれいですよね。あいにくの雨の週末。大好きな白い椿を数日前に取り込んでおきました。本当に。。うっとりするほどしみひとつないべっぴんさんです。こんな椿は、やっぱり特別感があります。長い間お世話になっていますグラフィックデザイナーの美登英利さんの本が出版されました。今回は、初めての一般書でデザイン書の世界のマニュアル本です。様々な美登さんのテクニックを知る事ができ、とても興味...

  2. 福豆を頂く - g's style day by day ー京都嵐山から、季節を楽しむ日々をお届けしますー

    福豆を頂く

    年の数だけ頂く福豆、一度では、食べきれない数になってしまいました💦お茶の時間にボチボチ、ボチボチ。桜材の素地の銘々皿。径のサイズもオーダーさせて頂けます。こちらは、径13.5cm。ほんの少し、廻りに立ち上がりを作って頂きました。素朴なお菓子がよう合います。お茶托も、年季が入ってきました。小川記一さんの粉引お湯呑み。柔らかく、飽きのこない何でもないデザインが一番使い易い...

  3. 秋の色 - g's style day by day ー京都嵐山から、季節を楽しむ日々をお届けしますー

    秋の色

    小川記一さんにお願いしていましたマグカップが届きました。今の時季にピッタリの色合いですね。お好みでしょうが、カップ類は、やっぱり飲み物のお色が見える方が、私は美味しく感じます。取手は、微妙に持ち易く、より軽さを感じます。栗の木で作られた、栗の形の愛らしい豆皿。高山植物のイワシャジン。最近は、随分品種改良されてむし暑い下界でも育てられるようになったようです。今秋は、ホームセンターなどでもよく見...

  4. 蓋物の器が楽しい季節 - g's style day by day ー京都嵐山から、季節を楽しむ日々をお届けしますー

    蓋物の器が楽しい季節

    急に寒うなりました。蒸し物が恋しくなる季節ですね。昔から、蓋物のお碗が好きです。温かいものを温かくしてくれるだけではなく、蒸し物以外のちょっとした煮物等でも、蓋を開ける瞬間に、ふわっと広がるわくわくとした期待感が楽しく、普段のお料理でも一層、旨味も増す気がします。小川さんの信楽焼らしい温かな雰囲気が好きでオーダーさせて頂きました蓋物碗。今夜は、茶碗蒸し、ひろうすの炊いたん、汲み上げ湯葉にべっ...

  5. 白い桔梗の美しさ - g's style day by day ー京都嵐山から、季節を楽しむ日々をお届けしますー

    白い桔梗の美しさ

    今朝の一輪。白い桔梗。まるでよく切れるハサミで切ったようなシャープなエッジ。美しいですね。。きれいなコバルトブルーは、信楽の小川記一さんの盃。冷酒で一献、いかがでしょう。夏の早起きのご褒美のような朝顔さん。今夏初めて買ってみたルビーのようにきれいな赤。でもどことなく「日本の赤」っていう雰囲気でいいものですね。そろそろ終いの朝顔。暑い楽しみに少ない夏を楽しませてくれました。ありがとう。。

  6. リキュウバイが咲く頃 - g's style day by day ー京都嵐山から、季節を楽しむ日々をお届けしますー

    リキュウバイが咲く頃

    庭のリキュウバイが咲き始めました。白いお花もさることながら、蕾もコロンとまん丸で可愛らしいんです。古くから、お茶花としても親しまれたリキュウバイ。青銅にもよく似合います。傍らの色紙は、昔、天龍寺塔頭、等観院さんのご住職に描いて頂いた作品。「佛心」、そして托鉢する雲水さんの姿が描かれていて、今、騒つく心が落ち着くようで、飾らせて頂いています。今日も、良いお天気のおうち時間。滋賀のお山へ筍堀りへ...

  7. 椿の季節 - g's style day by day ー京都嵐山から、季節を楽しむ日々をお届けしますー

    椿の季節

    大好きな椿の季節になりました。椿という花がなければ、茶花は始まらないと思うくらい、凛とした魅力ある花姿ですね。創り出せる表情も様々です。まずは、気品ある真っ赤な椿は、梅の枝を添えて、格調高く胡銅の鶴首に。葉も落とした枝ぶりだけの芽吹きの遠い梅は、根締の椿を一層引き立てます。お砂糖菓子のような可愛いピンクの愛らしい椿も、表情豊かな添えの枝で、より生き生きとします。この椿は、ねぇねぇ可愛いでしょ...

  8. すっかり秋めいて来ました - g's style day by day ー京都嵐山から、季節を楽しむ日々をお届けしますー

    すっかり秋めいて来ました

    季節は、急に秋へと移行しましたね。気持ちの良い秋空の下、昨日は、信楽へ久しぶりに、足を伸ばしました。陶芸の森で開催中の魯山人展を見てきました。数々の代表作も間近でゆっくり見られ、見応えある展示でした。若い頃、陶器や書を好きになるきっかけになった魯山人さん。やっぱり、彼の美意識は、大好きで共感します。見立てやプロデュースだけでなく、自らの手で作りたいものを作れる能力にまで高めるのは、大変な事。...

  9. 春はもうすぐ、沈丁花が花盛り - g's style day by day ー京都嵐山から、季節を楽しむ日々をお届けしますー

    春はもうすぐ、沈丁花が花盛り

    玄関の沈丁花が咲き始めました。今日は、風の強い京都、扉を開けると、ふわっとやさしい香りに包まれ、気持良い空気を思わず深呼吸してみたくなります。花粉のおかげで、この時期マスクをしている方も多いですが、春を感じることの出来る、こんな自然の甘い香りは、心和みますね。有馬さんのマットな白磁に入れると、何てことはない庭の花も、結構小洒落て見えます。沈丁花は、三大香木の1つとされ、春の香木の代表格。なん...

  10. 早春のテーブル - g's style day by day ー京都嵐山から、季節を楽しむ日々をお届けしますー

    早春のテーブル

    オーダーしていた白銀彩のお皿が届いたので、こんな感じで使ってみました。お料理の一品を盛るお皿として、またお茶菓子の銘々皿としても使い易いサイズ、径15cmのお皿です。土物の白は、柔らかい印象で、爽やかな春の風を運んでくれそうです。こちらも小川記一さんの長角皿。お茶のお菓子皿は、丸いものに決まっていますが、日常なら、この形で和菓子をのせてお出ししたら素敵だなと思っていました。思惑通り、梅の生菓...

  11. 心弾む色、菜の花 - g's style day by day ー京都嵐山から、季節を楽しむ日々をお届けしますー

    心弾む色、菜の花

    心弾む色、黄色の菜の花が、お花屋さんにたくさん並んでいますね。お値段も可愛い菜の花。春はもうすぐ。春を告げるお花、菜の花を見るとホッとします。菜の花には、やさしい日射しとマットな白磁がとても似合うと思います。前回もご紹介した岩崎さんの環流しは、1つ1つ仕上がりの色目や流れ方が違い、面白いです。こちらはやさしい感じに仕上がっていますね。上は、小川記一さんの中皿。意外と合わせやすいのがこのお色。...

  12. 紅葉本番へ - g's style day by day ー京都嵐山から、季節を楽しむ日々をお届けしますー

    紅葉本番へ

    真っ赤な紅葉もきれいですが、緑と深い赤が混ざり合った今頃のもみじも、とても風情があって好きです。とても重宝する、小川記一さんの角皿と鉢が出来上がってきました。庭の石蕗もそろそろ終わりの頃。明るい色のお花が少ない今の時期、ハッと目を引く可愛らしいお花です。そろそろ赤い実物も恋しい季節ですね。緑を差すと、何となくクリスマス。ライトアップも始まり、賑わう嵐山です。今秋一番の紅葉見頃は、やはり来週連...

  13. VERDE cafe & boutique - 風路のこぶちさわ日記

    VERDE cafe & boutique

    久しぶりの登山で、きょうは朝から筋肉痛。特に階段を下りるときや、座っていて立ち上がる時・・・イテテと言いつつ洗濯や道具の片付けなどを済ませ、夕方、近くにできたギャラリーへ。毎日のように通る道沿いなので、建てているときから、別荘かな?お店かな?と気になっていました。「VERDE cafe & boutique」というコーヒースタンドを併設したギャラリーショップだそうです。8月11日から...

  14. 涼しげな器達 - g's style day by day ー京都嵐山から、季節を楽しむ日々をお届けしますー

    涼しげな器達

    毎日毎日、本当に暑い日が続いていますが、皆様お変わりありませんか?暑い中、出来るだけお出かけも控えている日々ですが、素敵な器が届くと、テンション上がります^ ^小川さんにお願いしていた銀彩を施されたリム皿。夏の冷たいお菓子、デザート、お料理まで、幅広く使い易い器です。リム皿は、少し立ち上がりがありますので、少し汁があるものでも大丈夫。総じてお料理も美しく映えます。白地に銀彩なので、尚更です。...

  15. それぞれの花入れ - g's style day by day ー京都嵐山から、季節を楽しむ日々をお届けしますー

    それぞれの花入れ

    祇園祭り中の京都に因み、祇園祭の本を一冊ご紹介させて頂きます。こちらは、祇園祭りの各鉾に使われています美しい屏風等の会所飾りや様々な懸装品の数々が一同に集められていて、見応えのある本です。なかなか1つ1つをその場でゆっくり見る事も難しいので、勉強になりました。姫扇水仙、今を盛りに元気に庭に咲いてくれていますので花入れを替えて再登場^ ^同じお花でも、うつわを替えると自ずと生け方も変わるので面...

  16. 可愛い木瓜 - g's style day by day ー京都嵐山から、季節を楽しむ日々をお届けしますー

    可愛い木瓜

    ぼけ、本当に愛らしいお花です。何とも言えない品のあるピンク色と丸い花びらがぴったりで、一輪でも魅力的で大切にしたくなるというか、花数が少ない方がまた風情を感じるのかも知れません。この枝物は、何と年末に年始用に花市さん(烏丸六角)で買ったもの。まだ蕾もこれから咲きそうな元気さ! 枝物をたくさん購入する時は、花市さんと決めています。枝物の種類も豊富で生ものなので、当たり外れもあるでしょうが、基本...

  17. 冬至 - g's style day by day ー京都嵐山から、季節を楽しむ日々をお届けしますー

    冬至

    今日は、冬至。冬至と言えば、柚湯ですが、元々は運を運び込む前に厄払いするための禊として始められたとのこと。もちろん、柚湯は、香りを楽しみながら血行を促進して風邪を予防したり、果皮には、クエン酸やビタミンCによる美肌効果もあって寒い冬の夜にはぴったりですよね。何より、私はあの芳香が大好きです。柚たっぷりの柚子茶も美味しいですよね。銀彩のこのお湯呑みだと、一層美味しくなりそうです。

  18. 陶の魅力 - g's style day by day ー京都嵐山から、季節を楽しむ日々をお届けしますー

    陶の魅力

    小川さんの魅力的な鉄銀彩シリーズで、こんな小鉢を作って欲しいとお願いして出来上がった小鉢。うちの人気のうつわの1つです。京都は鱧の美味しい季節。鱧にも似合いそうですね。一件、濃い色目でお料理を選びそうですが、以外と何でも似合ってしまいます。陶とは思えない薄さと軽さです。こちらはフリーカップですが、一応、焼酎カップとのことで作られています。陶は、焼酎がまろやかに美味しくなるそうですが、こちらも...

  19. 手付き籠にお皿 - g's style day by day ー京都嵐山から、季節を楽しむ日々をお届けしますー

    手付き籠にお皿

    手付きのこんな籠に、中皿をセットし、小皿と出すと、普段の何でもない夕飯も、一層美味しそうに感じる気がします。平面になりがちな食卓を、こんな手付きの小物が加わるだけで、高さが出てバランスがとれますね。揚げたての季節のお野菜の天ぷらや、煮物。。いかがでしょう。明日は母の日。日頃、家族のお料理を作り続けてくださっているお母様には、上げ膳据え膳でこの日ばかりは、素敵な演出で、手料理をプレゼントするの...

総件数:19 件

似ているタグ