小林慎二のタグまとめ

小林慎二」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには小林慎二に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「小林慎二」タグの記事(16)

  1. 「新しいスタンダード」小林慎二~漆器~ - ギャラリーmilu ~見る・感じる・愛でる~

    「新しいスタンダード」小林慎二~漆器~

    小林慎二~漆器~茨城県鹿嶋市に工房を構える小林慎二さん。漆器が出来上がるまでの作業は、気が遠くなるほど手間がかかります。丁寧に均一に漆を煮っては乾かす、塗っては乾かすの作業を何度も繰り返し、ようやく出来上がります。小林さんとんお出会いは、かれこれ10年近く前、高知でたまたま入ったギャラリーで個展をされていて、その時に八寸を購入したのがきっかけでした。それまで、漆器と言えば、特別な日用で、扱い...

  2. 子ども茶碗と子ども汁椀 - うつわ楓店主たより

    子ども茶碗と子ども汁椀

    とても久しぶりに砂田政美さんに子ども茶碗をお願いしました。今回はちょっと男の子っぽい模様の怪獣と鯉のぼり全てひとつずつです。小林慎二さんの漆姫椀と並べてみます。漆姫椀の色は赤・黒・溜の3種類あります。漆のお碗は高台のところに写真のように、お名前を入れることも出来ます。小さくても、漆のお碗は一生ものです。大人になってもアイスクリームやヨーグルト用にも、小鉢にも使えるので記念のうつわになります毎...

  3. 小林慎二漆展二日目 - うつわ楓店主たより

    小林慎二漆展二日目

    小林慎二漆展 二日目です定番のお椀四種類を並べました。色はこちらの朱の他に黒と赤溜の3種類あります左から価格は全て税込表記です汁椀大口径125xh70ミリ13200円汁椀小口径115xh60ミリ11000円飯碗大口径125xh75ミリ13200円飯碗小口径115xh68ミリ11000円汁椀・飯碗は決まりがあるわけではありません。手に持って使う器ですので、ご自宅のうつわたちと合わせやすかったり...

  4. 小林慎二漆展 - うつわ楓店主たより

    小林慎二漆展

    小林慎二漆展明日30日から小林慎二さんの6回目の漆展が始まります定番で作られているお椀・どんぶり・折敷なども、常設の時には全てをご紹介することができません個展会期中は色も形も揃っていますお重、お弁当箱、お盆、蓋つきのお椀類も充実しています新作の乾漆片口もどうぞお楽しみにご来店くださいませ会期:10月30日(水)~11月4日(月)時間:12:00~19:00 (最終日の11/4は17:00まで...

  5. 漆の折敷【小林慎二】 - ギャラリーmilu ~見る・感じる・愛でる~

    漆の折敷【小林慎二】

    『折敷~小林慎二~』今日は、午前中から降り始めた雪が真っ白な世界を作っていますね。ちょうど4年前、大阪からつくばに引っ越す時が、こんな風に雪が降っていて、北関東は雪が多いのかしら…と思っていたら、そんなことはほとんどなくて、雪が降るのは珍しいことなんだと知りました。つくばから引っ越すのも間もなくなこの時にまたもや雪が降るとは・・・。なんだか感慨深いです。さて、久しぶりのブログになってしまいま...

  6. 小林慎二漆展5日目10/22 - うつわ楓店主たより

    小林慎二漆展5日目10/22

    台風が気になる日曜日になってしまいました。小林慎二漆展5日目です。定番で制作している長皿のご紹介です縁のある長皿縁がないタイプの長皿どちらのお皿も裏側は布が貼ってあり、多少のキズも目立たないようになっています。縁のある長方皿395x122xh10ミリ14040円縁のない長方皿395x122x8ミリ 12960円

  7. 小林慎二漆展2日目10/19 - うつわ楓店主たより

    小林慎二漆展2日目10/19

    小林慎二漆展2日目です時折強くなる雨思わず暖房を入れてしまいました。保温性の高いのが漆器の漆器の特徴です熱いものは熱いまま、冷たいものは冷たいままに保つ特製がある漆のうつわはこれからの季節にお薦めです。no110 七寸鉢赤・黒・赤溜の三種類口径210x高さ60ミリ18360円煮物、サラダ、はもちろんですがお野菜ゴロゴロのポトフを入れたり、あんかけ焼きそばやおでんも似合いそうです。黒の七寸鉢...

  8. 小林慎二漆展 - うつわ楓店主たより

    小林慎二漆展

    小林慎二漆展会期:10月18日(水)~23日(月)時間:12:00~19:00(最終日の23日は17:00まで)作家在廊日:18日・20日(金)・21日(土)プロフィール 1974年東京生まれ 2001年東北芸術工科大学芸術学部卒業 輪島漆芸技術研修所入所 赤木明登氏に弟子入り ...

  9. 10月のご案内 - うつわ楓店主たより

    10月のご案内

    10月のご案内朝の窓辺では、夏とちがう影が揺れています。10月の個展ご案内上野剛児展10月11日(水)~16日(月)12:00~19:00(最終日16日は17:00まで)上野剛児さん在廊日11日(水) 写真:栗原かほり小林慎二漆展(独立して10年、節目の個展です)...

  10. 漆器【小林慎二】 - ギャラリーmilu ~見る・感じる・愛でる~

    漆器【小林慎二】

    『漆器~小林慎二~』鹿島市在住の塗師「小林慎二さん」のひめ椀です。これは子供用のお椀なのですが、以前お越し下さったお客さまは「デザート用に使うのもいいですね」とおっしゃっていらっしゃいました。今発売中の「クロワッサン」に小林さんのひめ椀が紹介されています。もう、私が何か説明するよりも、この記事をご覧いただくと、小林さんの漆器の良さがおわかりいただけると思います。私が小林さんを知ったのはかれこ...

  11. 8月のご案内 - うつわ楓店主たより

    8月のご案内

    8月のご案内8月のお休み1日(火)・4日(金)・8日(火)・11日(金)・15日(火)・22日(火)・28(月)・29日(火)毎週火曜日のお休みに加えて、4日(金)と11日(金)と28日(月)がお休みです。いつもの月よりちょっと多めのお休みを致します。8月のお知らせ22日(火)に「ツギの市」というフリーマーケットをします@場所:姉妹店のshizenです@時間:10:00~18:00新たな持ち...

  12. 漆器【小林慎二】 - ギャラリーmilu ~見る・感じる・愛でる~

    漆器【小林慎二】

    『漆器~小林慎二~』鹿嶋市在住の塗師小林慎二さんの汁椀(大)です。こちらは赤溜になります。シンプルな汁椀ですが、とても使いやすく、高台があることで、片手でも持ちやすく、口に当たる部分も優しい。何度も漆を塗り重ねたことで、優しい光沢になっています。こちらはまゆ椀(中)です。こちらは落ち着いた赤になります。汁椀としても、飯椀としても使いやすいサイズ。混ぜご飯なども似合いそう。色んなお料理に使って...

  13. 漆器【小林慎二】 - ギャラリーmilu ~見る・感じる・愛でる~

    漆器【小林慎二】

    『漆器~小林慎二~』右から「ひめ椀」「汁椀(大)」「まゆ椀(中)」。これらは、茨城県鹿嶋市在住の塗師「小林慎二さん」の漆器です。最近お越しいただくお客様にも手に取っていただけるようになりました。口当たりの優しさや、手に取った時の温もり、そして、熱い物を入れた時の持ちやすさなど、漆器を身近に感じていただけるようです。この一つの形になるまでに、何度も何度も塗りを重ね、埃一つ、塵一つつかないよう、...

  14. 漆の姫椀【小林慎二】 - ギャラリーmilu ~見る・感じる・愛でる~

    漆の姫椀【小林慎二】

    『漆の姫椀~小林慎二~』直径100mm×高さ60mmのちっちゃなお椀。こちらはお子様用に塗師の小林慎二さんが作られたモノです。なんとも愛らしい作品です。ずいぶん前のことになりますが、天久保の「ろばの家」さんでバザーをした時に、小林さんの作品ではありませんが、同じタイプのお椀のセットを販売したことがあります。その時に、「小さい時から器の大切さを知ってほしい」とお子様用に買って下さったお客様がい...

  15. 漆の汁椀【小林慎二】 - ギャラリーmilu ~見る・感じる・愛でる~

    漆の汁椀【小林慎二】

    『漆の汁椀~小林慎二~』最近本屋さんに行くと「丁寧な暮らし」や「生活工芸」などを特集した雑誌が目につきます。「生活工芸」の細かな定義はよくわかりませんが、使い続けることで良さが増し、愛着がわくモノ…という意味合いなのかなと勝手に解釈。間違っていたらごめんなさい。小林さんの漆器は、私の考えが間違っていなければ、「生活工芸」だと言えるでしょう。決してきらびやかではないけれど、使っていくうちに独特...

  16. 漆器生活のすすめ【小林慎二】 - ギャラリーmilu ~見る・感じる・愛でる~

    漆器生活のすすめ【小林慎二】

    『漆汁椀~小林慎二~』今朝はキーンとした空気が感じられましたね。お天気は良いのですが、冬らしい寒さ。外に出るのも勇気がいります。さて、そんな冬にこそ家での時間を楽しんでしまいましょう。豚汁やうどんなど、冬になると暖かい食べ物が欲しくなりますね。ということで、今日は小林慎二さんの汁椀をご紹介していきます。漆器の良さは、手に持った時に温もりを感じること。それは、人の手で丁寧に作られたからこその温...

総件数:16 件

似ているタグ