小泉八雲のタグまとめ

小泉八雲」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには小泉八雲に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「小泉八雲」タグの記事(13)

  1. 忠五郎の話小泉八雲 - ゆっくり生きる

    忠五郎の話小泉八雲

    忠五郎が魅せられた美しい女性の正体とは。お聞き下さい。(*^▽^*)オネガイシマスコロナばかりではなく、嫌なニュースが飛び込んできます。北陸の大雪や、関東でも3年ぶりの氷点下気温とか。厳しい寒さが続いています。どうぞ、ご注意下さい。あったかくしていて下さいね。振り向くと、そらが椅子に正座していました。^^

  2. 【怪談】小泉八雲『雪女YUKI-ONNA』田部隆次訳 - 小出朋加{こいでともか}の朗読ブログ

    【怪談】小泉八雲『雪女YUKI-ONNA』田部隆次訳

    『怪談』小泉八雲【雪女】の朗読です。「お雪」の白く美しく儚いものがたり。テキスト/青空文庫(青空文庫、耕作員の皆様に心より感謝し使用させていただきます)人物について/Wikipediaより一部引用添付効果音/商用利用無料、クレジット表記リンク無用、音楽と合わせてのみ使用許可の外部サイトから、心より感謝し使用させて頂きます。声/動画作成/サムネ作成/こいでともかグッドボタン&良かったらチャンネ...

  3. 風情あふれる松江の城下町散策。──「塩見縄手」 - Welcome to Koro's Garden!

    風情あふれる松江の城下町散策。──「塩見縄手」

    松江ステイ3日目。ホテルをチェックアウトして国宝・松江城方面をめざす。国内に現存する12天守のひとつで、慶長16年(1611年)、関ヶ原の戦いの功績により出雲・隠岐の太守となった堀尾吉晴が築城した「松江城」は2015年に国宝指定となった。天守に千鳥が羽根を広げたようなかたちの破風が使われていることから、別名「千鳥城」とも呼ばれる。4重5階地下1階付の造りで、最上階からは松江の街並みや宍道湖が...

  4. 神戸から、「怪談」「嵐が丘」「Stormy Housu ・嵐の家」Tokyo での上演に向けて⛩️ - 光を孕む書道  ~Misuzu-ism~

    神戸から、「怪談」「嵐が丘」「Stormy Housu...

    今日は春の嵐とか、神戸では恐ろしい程の、風の音(-_-#)エミリーブロンテの小説「嵐が丘」の全体にを覆うグレイの世界・・・凄まじく吹き荒れる強風の荒野・窓を叩くのは、風か、幽霊か~~~~~~光を孕む書新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です⭐2018年の夏、イギリスのヨークシャーで小泉八雲、エミリーブロンテの研究家により制作された日英ウォークインの建築、ビデオ、サウンドのインスタレーション(空間表...

  5. アイリッシュ・ウイーク - Harp by KIKI

    アイリッシュ・ウイーク

    2013年にアイルランドのドニゴールへ行った時に現地で大変お世話になったご夫婦(エンリーさんと純子さん)がいました。そのお二人がプロデュースをして、小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)の民話集をゲール語に訳した本がアイルランドで出版されたということで、東京にて、アイルランド駐日大使主催の出版記念パーティーが開かれました。私はほんの少しですが、音楽でアイルランド文化に関わらせて頂いているといことで...

  6. 国宝天守となった松江城を歩く。その5「内堀~塩見縄手~三ノ丸」 - 坂の上のサインボード

    国宝天守となった松江城を歩く。その5「内堀~塩見縄手~...

    「その4」の続きです。シリーズ最後は、松江城内堀に沿って歩きます。まずは、二の丸下段の芝生公園北東の内堀に架かる北惣門橋です。 この橋は、江戸時代には内堀東側にあった家老屋敷と城内を結ぶ重要な通路だったそうです。明治時代の中頃に石造りのアーチ橋に変わったそうですが、平成になって再び絵図や文献史料を参考に復元したそうです。 長さ18.54m(九間四尺五寸)、幅3.82m(二間)あります。 この...

  7. 個性的なイギリスのスパークリングワイン6選 - イギリスの食、イギリスの料理&菓子

    個性的なイギリスのスパークリングワイン6選

    ちょっと前になりますが、イギリス産ワインに特化したウェブサイト、Great British Wineの2018年5月23日(水)づけで投稿されたのはこんな記事。個性的なイギリスのスパークリングワイン6選The Unusual Suspects: 6 Unique Sparkling Wines From Englandhttp://www.greatbritishwine.com/artic...

  8. 神戸から、Uk.ハワース「エミリーブロンテ博物館」へ書アート活動で行きます - 光を孕む書道  ~Misuzu-ism~

    神戸から、Uk.ハワース「エミリーブロンテ博物館」へ書...

    今日は強烈な雨でした。皆様、大丈夫でしょうか?新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です。不朽の名作「嵐が丘・Wuthering Heights」エミリーブロンテ生誕200年記念イベントが7月1日ハワースの「エミリーブロンテ博物館」で開催されます。エミリーブロンテは、この名作を残して翌年に亡くなりました。30才でした。たった一作の不朽の名作を残して。エミリーの父はケンブリッジ大学を卒業した牧師でした...

  9. 蒙光山(むこうさん)月照寺 - 清治の花便り

    蒙光山(むこうさん)月照寺

    4月5日松江城から月照寺へ松江藩主を務めた松平家の廟が納められている古刹家康の孫初代松江藩主直政が生母月照院の霊牌を安置して改称復興したのが始まりだげな以来九代にわたり藩主の菩提寺になった寺松江藩でとりわけ著名なのは七台の治郷(不眛)松江藩の財政が破綻しかけとったころに藩政の改革もしたんだろうけどどっちかというと道楽もしたんでしょう茶人としての方が有名雷電は不眛のお抱え力士初代直政の廟所七代...

  10. 神戸から、松江へ取材旅行 - 光を孕む書道  ~Misuzu-ism~

    神戸から、松江へ取材旅行

    神戸発信女流書家小阪美鈴です💖6月23日から7月3日までイギリスハワースで開催されるエミリー ブロンテ生誕200年記念イベントに書家として招いて頂いており、取材旅行に松江の小泉八雲記念館、旧居を訪問いたしました。晩年、文字の世界を心象の表現に昇華された大好きな副島種臣の書が旧居にかかげられており、ドキドキして見入りました。空海、良寛、副島種臣、私の書の精神の糧です。明...

  11. 神戸から、新年に思うこと - 光を孕む書道  ~Misuzu-ism~

    神戸から、新年に思うこと

    2018年になりましたね~🎍健康で暮し、夢と希望が叶う年になりますように💖新書道神戸発信女流書家小阪美鈴です。私の座右の銘は「人生賛歌愛の日々」なんですよ✨座右の銘は、その時々の心情で変化しているのですが~窮極、「人生賛歌愛の日々」が心模様にピッタリだと、思うに至っています💫「座右の銘」と言うと、堅いイメージだけど、「日...

  12. 小泉八雲の旧居 - 音楽・スィーツ・そしてBoston

    小泉八雲の旧居

    小泉八雲は島根から英語の教師として熊本に移り三年程住んでいたそうです旧居はビルが立ち並ぶ繁華街の中にひっそりと立っていましたそれ程大きな家ではありませんが庭が綺麗で落ち着いた品の良い佇まいを感じ2015年島根に旅行した事を思い出しました今でも手入れが行き届いているようですね居間にはテーブルが置いてあり座布団の上に座り休むことも出来ゆったりと空間を楽しめた事がなによりでしたさらに無料公開されて...

  13. 隠岐島への旅  最終日 - 5月の風

    隠岐島への旅 最終日

    西ノ島から中ノ島へ……海士町に上陸。海士町の港は綺麗だ。ここはIターンが多く、全国的に注目されている。特に隠岐島前高校は島外の生徒も多い。隠岐神社まで3キロちょっと歩いてみた。小泉八雲も隠岐島へ旅をしているが、海士町が一番気に入ったようだ。歩き疲れたところだった。運良くタクシーが……助かった!この暑いなかまた港まで歩くか、はたまた1時間以上バスを待つのか相談中だった。運転手さん「さっき歩いて...

総件数:13 件

似ているタグ