小菅村のタグまとめ

小菅村」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには小菅村に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「小菅村」タグの記事(34)

  1. 巨樹を見にいく-3 2020年10月31日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    巨樹を見にいく-3 2020年10月31日

    トチノキの巨木を見るという本懐を遂げたので、来た道を戻る。気のせいか力ももらえたような気もする。少し下って巨樹にたどり着いたので、帰路は登り返しが面倒と思っていたが気にならなかった。復路は鶴寝山山頂を北に巻いていくルートをとってみたというか、楽をしようと水平道を選んでいたらおのずとそのルートに入っていた。広葉樹林ではなくて造林地をいくルートとなり、たくさんの落葉もなく変化に乏しくなった。落ち...

  2. 巨樹を見にいく-2 2020年10月31日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    巨樹を見にいく-2 2020年10月31日

    靴を履き替えたり、錠前をかけたり、なんだかんだで、ハイク出発11:36。歩き始めて鶴寝山が近づくともう昼時。ハイカーのかたたちも富士山の見える頂上でランチタイム。鶴寝山を過ぎると誰とも行き交うことがなくなってしまった。尾根通しに歩こうとするが、落ち葉が大量すぎてトレースがわからなくなってしまう。もとより穏やかな稜線というか小広い尾根なのでどこを歩いてもいいような雰囲気。まだ好天で時間もあるの...

  3. 巨樹を見にいく 2020年10月31日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    巨樹を見にいく 2020年10月31日

    この週末も好天ということで、さて、どこにでかけるか。大弛峠から金峰山ピークハントも考えたが、寒いし日照時間も短いので、これはもう来シーズンかと(というか、柳平の山小屋民宿に前日泊すれば余裕を持ってサイクリングできそうでその線で大事にとっておく)。この週末は、近場でちょっと自転車をデポして、少し歩いてよい景観や眺望を得ることはできないかと検討。小菅村にあるトチの巨木のことが前から気になっており...

  4. 奥多摩から(飽きずに)松姫峠いろいろ 2020年9月 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    奥多摩から(飽きずに)松姫峠いろいろ 2020年9月

    いっときから比べるとかなりしのぎ易くなってきた。土曜は終日ぐずついた天気。土曜の夜も日付を越えるあたりまで、しとしとと小雨が降っていた。予報では未明には回復するというので、NHK・FMの大友良英さんのジャズ・トゥナイトも半分くらいで切り上げて(後日聞き逃し配信で聴く)床に就く。4時前に起き出して、ベランダから空を望むととても美しい星空、オリオン座と火星が顕著。午後から崩れるというのであまりゆ...

  5. 山梨旅 道の駅こすげ * 食べて・遊んで・浸かって・買って、一日過ごせる道の駅♪ - ぴきょログ~軽井沢でぐーたら生活~

    山梨旅 道の駅こすげ * 食べて・遊んで・浸かって・買...

    NIPPONIA 小菅 源流の村で一日村民になった日、最後は道の駅へお土産を見に来ました多摩川源流の山あいの村なーーーんにもない長閑な村に突然開けた場所!あらぁ、ひっろーーい!!道の駅こすげどこからともなく車がどんどんやって来て朝から多くの人で賑わっている!!駐車場の端は、そのまま森遊びができるフォレストアドベンチャーの入口へ♪ドキドキワクワク樹の上を歩いたり畑の上を滑空するジップスライドな...

  6. いつの間にか開通していた松姫峠に行っておく 2020年6月27日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    いつの間にか開通していた松姫峠に行っておく 2020年...

    奥多摩・松姫峠R139旧道がいつのまにか通れる(小菅側のみ)ようになっていて、峠までの富士急バスも通っていた。てっきりコロナ禍でまだまだ解除延長だろうと思っていたがそうでもなかったみたいで。梅雨半ばだが、まだハルゼミの合唱も聞けそうだからサクッと行っておく。輪行でない、自走で行く一番遠くて高いところへどう行くか。帰路も自走を目指したい。上野原から鶴峠経由はこのあいだ行ったところなので、その時...

  7. 今季初・奥多摩をぐるっと-1 2020年6月6日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    今季初・奥多摩をぐるっと-1 2020年6月6日

    長距離に慣れておきたいと思って、大垂水峠から上野原を経て鶴峠を漕ぐ。ぼちぼち奥多摩もサクッとならいいでしょう。うちから鶴峠まで75km、上野原からはずっと登り、雛鶴峠よりも距離と勾配が一段階多め。棡原(ゆずりはら)までは2週間前(甲武トンネル〜藤原峠)に来ている。棡原〜西原(さいばら)間の田和峠を、少し楽な腰掛林道経由で回避してもいいのだが、この迂回路の最後に猟犬を飼っているお家があって、盛...

  8. オフトン峠を越えて松姫峠へ 2019年12月14日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    オフトン峠を越えて松姫峠へ 2019年12月14日

    先週日曜日の朝はぬくい布団から出ることができず、好天のライド機会をふいにした。“オフトン峠”攻略のために、枕元に冬装備をしっかり準備して眠る。あとは布団から出るだけ──まずこれが辛い。ガバっと布団を跳ね上げても誘惑に負けそう。どうにか家を出て、からだが温まるまでがまた辛い。昼には気温が上がるというからガチの真冬対応にもできない。実は、11月の軽い肉離れで調子を崩して、かばっているうちに違う部...

  9. 柳沢峠〜竹森線最高点の続き 2019年5月5日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    柳沢峠〜竹森線最高点の続き 2019年5月5日

    今日は9日、連休があけて納品ラッシュ。そのフォローもあったりでしばらくきびしかった。実は肩こりがひどく、連休のうちになんとか沈静化できればと思っていたが、そうもいかず。左腕が肩から肘にかけて芯から脱力するような違和感があり、加えて指が痺れて気色が悪い。頚椎に不具合があるような診断を受けたこともあり、首筋に湿布が欠かせない。自転車漕ぎでもでダウンヒルで前傾する際、この違和感が顕著になる。楽しい...

  10. 平成最後の松姫峠 2019年4月21日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    平成最後の松姫峠 2019年4月21日

    日曜日は奥多摩へ。やはり桜が山肌を彩っている間に一度は行っておきたい。オフ会なのか、ハコスカ、ケンメリ、ヨタハチ……私でも知っているクラシックカーが小河内ダムへ連なって駆け上がっていく。楽しそうだな。とりあえず松姫峠まで上がって、調子が良ければ、足の向くままと考えていたが、どうも脈の具合が不安定で。小菅村に入ってから進捗がはかばかしくない@小河内ダム@小河内ダム@峰谷橋@原始村@松姫峠。ゲー...

  11. 鶴峠を越えておうちまで 2018年11月10日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    鶴峠を越えておうちまで 2018年11月10日

    松姫峠大月側立ち去りがたし、それにしてもどんどん落ち葉が溜まっていくことだなぁ。廃道と呼ぶにふさわしくなってしまうのか・・・ここまでは楽に来れるとしても景色のいいところで写真を撮って引き返すのがおりこうさん多少の未練を残しつつ・・・。落ち枝が多くてはもう降りれまい(吹き溜まりが問題かと)。上の道を峠に戻る峠から小菅側に降りる道すがら。初夏だとハルゼミしぐれに驚嘆するあたりもう少し降りて小菅側...

  12. 松姫峠へ、今年3回目 2018年11月10日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    松姫峠へ、今年3回目 2018年11月10日

    おなじみ松姫峠。今年はこれで3回目。GWに通行止になっている大月側を降りることができたのだが、今回はどうか。さしあたりゲートをくぐって、最後のヘアピンまで行ってみる。今年の台風、大量の枝葉を落としていった。最後のヘアピンまで大した距離はないのだが、スポークを傷めたくないので押し歩きを何度か。こんなことは今までになかったことだ深山橋渡ったところの蕎麦屋。入ってみたいと思いつつ・・・県境にて。東...

  13. お盆ライドは近場自走で 2018年8月14日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    お盆ライドは近場自走で 2018年8月14日

    7月15日に茅野からあずさで帰ってきたとき(十石峠〜麦草峠ライド)のこと、えらい混雑のなか、輪行袋を抱えて自由席の通路に押し込まれたままだった・・・。お盆もUターンが始まるタイミングで、輪行は避けたいと。自走は気が楽といえば気が楽です。標高があって、木陰が多そうなところを選んでみたつもりでした今回は心拍計をつけている。記録は図のようなカタチ。午前4時過ぎに開始、午後3時40分くらいに終了。青...

  14. [小菅村 小旅その1]小菅村へ行ってきた - 俺の居場所2(旧)

    [小菅村 小旅その1]小菅村へ行ってきた

    ふと、山梨県小菅村に行ってみようかと思い、翌日旅程決行。行ってきました。本当に思い付きです。青春18きっぷシーズンですが、JR線の行程的に元が取れそうになかったので18きっぷは使っていません。参考に時刻と運賃を掲載しますが、接続等保証はしませんのであしからず。中央線八王子駅(7:24)[673T中央特快(各駅停車区間)高尾行き]高尾駅(7:31)こんな朝早い時間に八王子駅に来るのは初めて。ま...

  15. 奥多摩第二弾・のんびり小菅、そして松姫富士 2018年5月4日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    奥多摩第二弾・のんびり小菅、そして松姫富士 2018年...

    奥多摩周遊道路、三頭橋を越えて左折。R139は隣の深山橋から始まったばかり。これまで何度もそうであったように、このR139の長い長い旅路をたどらせていただく。小菅の谷を渡る鯉のぼり、やはり見ておきたい。多摩源流祭りとのこと、人出も多かった。角々にガードマンが立って交通整理・誘導。華やいでいる小菅村。道の駅こすげで休憩。山菜の握り飯とチャーちゃんまんじゅう3つ(あんこ、ネギ味噌、酒まん)。まん...

  16. 奥多摩第二弾・いわゆる民森から周遊 2018年5月4日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    奥多摩第二弾・いわゆる民森から周遊 2018年5月4日

    五日市街道から檜原街道、シンプルに西進。肌寒い。アームウォーマ・ウインブレで正解。途中、路側でコウガイビルを轢いてしまった。ゲロゲロ、リアブレーキ周辺にバラバラになってそれぞれが蠢いている。簡単に掃除して礫々を除去する。それぞれが再生して生きていくのかも???それにしても、しばらくは生キクラゲ炒めが食えそうにない。都民の森の三頭団子、休日なので早くから焼いていて、ありつくことができた。有難...

  17. 帰路は鶴峠~甲武トンネル経由で・奥多摩ガッツリコース 2017年11月12日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    帰路は鶴峠~甲武トンネル経由で・奥多摩ガッツリコース ...

    今年の紅葉は平年よりも早いのかも。落葉松はすでに散り始めている。広葉樹林もかなり葉が落ちているかと。モミジはどうなのか、帰路、鶴川沿いにちらほらあるものもかなり色づいている@松姫峠。ちょっと時間が遅くなってしまった。鶴峠〜甲武トンネル経由で家路につく途中、三頭山がよく見える。右の道はこれから下るR139旧道R139旧道小菅側第2ヘアピン、温度表示8℃。日陰はもっと冷えている印象毎回(北面も南...

  18. 今年5回目、松姫峠・奥多摩ガッツリコース 2017年11月12日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    今年5回目、松姫峠・奥多摩ガッツリコース 2017年1...

    今年は4月30日、5月21日、6月23日、10月9日、11月12日の5回、松姫峠を訪れた。いずれも小菅村・小永田からR139旧道のピストン。峠の大月側にはゲートがあってその先は通行不可なのだが、ちょっとゲートをくぐって眺めのいい最上部のヘアピンまでお邪魔するのを楽しみにしている。今回は富士山は見えなかったものの、呑気な雲がぽっかりと立ち上がり、風の音・鳥の声もない無音の世界。冬支度をしていく...

  19. 丹波山か小菅か・奥多摩ガッツリコース 2017年11月12日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    丹波山か小菅か・奥多摩ガッツリコース 2017年11月12日

    少しは気温が上がってきたみたいで、調子づいて降りていくうち、いつもの藤尾橋をスルーしてしまった。気づけばもう花魁淵。引き返すにはそれなりに登り返しが必要。で、そのまま降りていく気がつけば花魁淵。すっ飛んで降りてきたが、帰ってきてログを確認すると思ったほどスピードは出ていなかったもうすぐ紅葉も花魁淵に落ちきってしまうだろう「かたなばトンネル」は完成間近な状態でほったらかしなのだろうか@丹波バス...

  20. ポジション変えてあちこちいたむ・鶴〜松 2017年10月9日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    ポジション変えてあちこちいたむ・鶴〜松 2017年10月9日

    5年ぶりに自転車を新調することにしたので、先週採寸を済ませた。股下が83cm(身長比が48.9%)と、意外とあって、自分でも驚いた。納車は来年早々とのことで、気長に待つとして、秋は旧車を心ゆくまで漕いでおこうかと。採寸した数値を参考に、ハンドルやサドルの位置をいじってみた。早起きしてガッツリ目のコースへ。薄暗い五日市街道をひたすら西へ、檜原村から甲武トンネルで鶴峠へ。立ち漕ぎ多いめで鶴峠手前...

総件数:34 件

似ているタグ