小菅村のタグまとめ

小菅村」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには小菅村に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「小菅村」タグの記事(20)

  1. 鶴峠を越えておうちまで 2018年11月10日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    鶴峠を越えておうちまで 2018年11月10日

    松姫峠大月側立ち去りがたし、それにしてもどんどん落ち葉が溜まっていくことだなぁ。廃道と呼ぶにふさわしくなってしまうのか・・・ここまでは楽に来れるとしても景色のいいところで写真を撮って引き返すのがおりこうさん多少の未練を残しつつ・・・。落ち枝が多くてはもう降りれまい(吹き溜まりが問題かと)。上の道を峠に戻る峠から小菅側に降りる道すがら。初夏だとハルゼミしぐれに驚嘆するあたりもう少し降りて小菅側...

  2. 松姫峠へ、今年3回目 2018年11月10日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    松姫峠へ、今年3回目 2018年11月10日

    おなじみ松姫峠。今年はこれで3回目。GWに通行止になっている大月側を降りることができたのだが、今回はどうか。さしあたりゲートをくぐって、最後のヘアピンまで行ってみる。今年の台風、大量の枝葉を落としていった。最後のヘアピンまで大した距離はないのだが、スポークを傷めたくないので押し歩きを何度か。こんなことは今までになかったことだ深山橋渡ったところの蕎麦屋。入ってみたいと思いつつ・・・県境にて。東...

  3. お盆ライドは近場自走で 2018年8月14日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    お盆ライドは近場自走で 2018年8月14日

    7月15日に茅野からあずさで帰ってきたとき(十石峠〜麦草峠ライド)のこと、えらい混雑のなか、輪行袋を抱えて自由席の通路に押し込まれたままだった・・・。お盆もUターンが始まるタイミングで、輪行は避けたいと。自走は気が楽といえば気が楽です。標高があって、木陰が多そうなところを選んでみたつもりでした今回は心拍計をつけている。記録は図のようなカタチ。午前4時過ぎに開始、午後3時40分くらいに終了。青...

  4. [小菅村 小旅その1]小菅村へ行ってきた - 俺の居場所2

    [小菅村 小旅その1]小菅村へ行ってきた

    ふと、山梨県小菅村に行ってみようかと思い、翌日旅程決行。行ってきました。本当に思い付きです。青春18きっぷシーズンですが、JR線の行程的に元が取れそうになかったので18きっぷは使っていません。参考に時刻と運賃を掲載しますが、接続等保証はしませんのであしからず。中央線八王子駅(7:24)[673T中央特快(各駅停車区間)高尾行き]高尾駅(7:31)こんな朝早い時間に八王子駅に来るのは初めて。ま...

  5. 奥多摩第二弾・のんびり小菅、そして松姫富士 2018年5月4日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    奥多摩第二弾・のんびり小菅、そして松姫富士 2018年...

    奥多摩周遊道路、三頭橋を越えて左折。R139は隣の深山橋から始まったばかり。これまで何度もそうであったように、このR139の長い長い旅路をたどらせていただく。小菅の谷を渡る鯉のぼり、やはり見ておきたい。多摩源流祭りとのこと、人出も多かった。角々にガードマンが立って交通整理・誘導。華やいでいる小菅村。道の駅こすげで休憩。山菜の握り飯とチャーちゃんまんじゅう3つ(あんこ、ネギ味噌、酒まん)。まん...

  6. 帰路は鶴峠~甲武トンネル経由で・奥多摩ガッツリコース 2017年11月12日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    帰路は鶴峠~甲武トンネル経由で・奥多摩ガッツリコース ...

    今年の紅葉は平年よりも早いのかも。落葉松はすでに散り始めている。広葉樹林もかなり葉が落ちているかと。モミジはどうなのか、帰路、鶴川沿いにちらほらあるものもかなり色づいている@松姫峠。ちょっと時間が遅くなってしまった。鶴峠〜甲武トンネル経由で家路につく途中、三頭山がよく見える。右の道はこれから下るR139旧道R139旧道小菅側第2ヘアピン、温度表示8℃。日陰はもっと冷えている印象毎回(北面も南...

  7. 今年5回目、松姫峠・奥多摩ガッツリコース 2017年11月12日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    今年5回目、松姫峠・奥多摩ガッツリコース 2017年1...

    今年は4月30日、5月21日、6月23日、10月9日、11月12日の5回、松姫峠を訪れた。いずれも小菅村・小永田からR139旧道のピストン。峠の大月側にはゲートがあってその先は通行不可なのだが、ちょっとゲートをくぐって眺めのいい最上部のヘアピンまでお邪魔するのを楽しみにしている。今回は富士山は見えなかったものの、呑気な雲がぽっかりと立ち上がり、風の音・鳥の声もない無音の世界。冬支度をしていく...

  8. 鶴・松 終了、小菅から帰る 2017年6月24日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    鶴・松 終了、小菅から帰る 2017年6月24日

    お気に入りの場所はやはり立ち去り難し。ま、腹も減ってきたので道の駅こすげに降りるか。次は少し涼しくなってから・・・11:33@松姫峠大月側最終ヘアピン手前11:40@松姫峠大月側最終ヘアピンワッフル、また来ます11:42@松姫峠大月側最終ヘアピンから小金沢連嶺(メリハリなく同定しづらい)11:50@松姫峠の同定盤、ご参考まで。この絵もわかりにくいかと12:00、小菅側へ下る。第2ヘアピン手前...

  9. そしておなじみの鶴・松へ 2017年6月24日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    そしておなじみの鶴・松へ 2017年6月24日

    西原で自販機休憩後、あとはただただ登りと向き合うばかりで、淡々と漕いで行く。いつ来ても鶴峠はしごかれますね。アリバイ撮影後、惜しげもなく稼いだ高度を降りていく。タイヤ痕がすごいな。で、松姫峠。旧道に入る小永田からハルゼミの合唱のシャワー。R139旧道小菅側はいつもタイムを取っているのだが、好調と思うわりにそれほどのタイムでもなかった。サドルの座り心地が良かったのであまり立ち漕ぎを入れなかった...

  10. 飽きずに奥多摩ライド-4 2017年5月21日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    飽きずに奥多摩ライド-4 2017年5月21日

    R139旧道、小菅側の起点・小永田へ来た道を戻る。お猿さんがたくさん。往路、林の中でなんとなくガサガサ音がしていたのは彼らだったようだ。松姫トンネルは楽チン。勾配があってほとんど漕がずに深城湖へ。逆コースは苦しかろう。新しいトンネルのわりに路側は狭い。センターラインは音の出るやつが埋めてある(ランブルストリップス)タイプ@小永田@小永田、新道から。鶴峠へはこの谷を100m下って、そこから20...

  11. 飽きずに奥多摩ライド-3 2017年5月21日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    飽きずに奥多摩ライド-3 2017年5月21日

    GW(4月30日)にも訪れている松姫峠。オートバイの爆音に苛まれ続けた奥多摩周遊道路からやってくると、このR139旧道の静けさがとても有り難く感じる。いつも旧道入口からタイムを取っている。今回は少し時間がかかってしまった。不調の左足先をかばったせいか、フォームのバランスが悪かったのかも。右前腿が少し吊りそうな雰囲気。峠に到着、この日は富士山は見えなかった。人の眼もないので、ゲートをくぐって、...

  12. 山笑う・奥多摩ライド-3 2017年4月30日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    山笑う・奥多摩ライド-3 2017年4月30日

    松姫峠、貸切だった。富士急バスが止まっていたが、運ちゃんは昼寝中?ハルゼミの大合唱そして、ミソサザイが爆鳴きするのはまだまだ先、今はひたすら無音。雲ひとつなく富士がちらり。何度も来ている割にこの奥ゆかしい富士山が見えることはあまりないようなこの桜の色が出ない。葉桜だけどお昼前に松姫峠着。よもぎ大福で至福タイム見晴らし台付近の雑木が多くて見えなかったような気もする。刈ってくださったのかも峠のゲ...

  13. 山笑う・奥多摩ライド-2 2017年4月30日 - 暗 箱 夜 話 【弐 號】

    山笑う・奥多摩ライド-2 2017年4月30日

    ソメイヨシノの頃の奥多摩はまだ冬枯れ、ちょっと遅れた今頃に来てこそ、「山笑う」状態を見ることができるのかもしれない。広葉樹林の中にまばらに咲いている桜の色は、見えているほどにはうまく撮れないのが口惜しい。まず、緑がやっぱり違うなぁとつくづく思う。嘘くさくベタッと写ってしまうのだ。渋いモスグリーンの中から細かく立ち上ってくるような真新しい緑でなければ。フォトショで鮮度のスライダを単純にあげても...

  14. 氷の世界 - デジカメ写真集

    氷の世界

    今日は朝から曇ってとても暗い一日でした。あまり体調が良くなったので外出は控えて自宅で暇を持て余してました。というわけで、今日も撮影には出かけませんでした。在庫写真ですが、奥多摩の奥の小菅村。ここはもう山梨県。そこに流れる小菅川には「白糸の滝」と「雄滝」という二つの滝がある。冬の今頃の時期は普通の年は一番冷え込む時期です。この時期のそこを訪れると氷の世界が広がってます。そんな氷の世界の写真を今...

  15. 雄滝@小菅川源流 - デジカメ写真集

    雄滝@小菅川源流

    昨日撮りに出かけた雄滝。場所は奥多摩の奥、小菅村から小菅川沿いに5kmくらい未舗装の林道を登ってゆくとある。道はところどころ雪が薄く残っていた。現地には午後1時ころ到着。沢へ降りてゆくと、人の足跡があった。先客が1人あったようだ。沢で岩にできた氷のオブジェを撮りながらすこしずつ滝に近づく。沢は雪で白く薄化粧された状態で来た甲斐があった。雄滝はかなり凍り始めていたがまだ全体が凍るまでにはなって...

  16. 小菅川源流 - デジカメ写真集

    小菅川源流

    今日は朝から新しいPCの組み立てで一日が終わってしまった。PCの新調は全く考えてなかったのだが、何と娘のプレゼント。無理するなと何度も言ったのだが、押し切られてPCを部品で購入。CPUはCorei7でSSDが512GByte、メインメモリが16GByte。今まで使ってたPCの3倍くらい速いマシンだ。OSはWin8.1。夕方にインストールを終えてから写真用のソフトやらメールソフトなどのインスト...

  17. 雄滝@小菅村 - デジカメ写真集

    雄滝@小菅村

    今日、久しぶりに山梨県の小菅村まで出かけてきた。小菅村を流れる小菅川の上流にある滝、雄滝を見たくなって出かけてきました。自宅から車で奥多摩を抜けてゆけば2時間弱で着くと計算して出かけたのだが、奥多摩の軍畑で青梅街道に出ようとしたら、何と交通規制。何と「奥多摩渓谷駅伝競走大会」で青梅街道が通れない。仕方なく大回り・。五日市まで出て、桧原村、奥多摩周回道路、奥多摩湖と随分余計に走らされてしまった...

  18. 冬の渓流@小菅川 - デジカメ写真集

    冬の渓流@小菅川

    今日から年末年始の長期休暇に入りました。今日は朝から部屋の片づけをはじめました。普段、整理整頓をしっかりやらないので、不要になった書類や本、雑誌を久しぶりに片付けます。1年分のたまったごみ、思い切って捨てるんですが、これが時間がかかります。結局、今日1日では終わらず明日も整理を続けることになってしまいました。そういうわけで、今日は写真どころではない1日でしたので、在庫写真をアップいたします。...

  19. 凍てつく渓流と滝、小菅村にて - デジカメ写真集

    凍てつく渓流と滝、小菅村にて

    昨日の写真の続きです。まだ氷は十分成長してませんでしたが、もう厳寒に向かう雰囲気が十分漂い始めてました。このまま寒波が続けば年明けにでももう一度様子を見に出かけるつもりです。今日の写真は渓流の様子と雄滝とその脇にあった滝(結構落差の大きな滝でしたが名前が不明)です。渓流撮影データ>※RAWより現像(SILKYPIX Developer Studio Professional使用) レタッチ...

  20. 氷のオブジェ - デジカメ写真集

    氷のオブジェ

    今日午後から奥多摩の小菅村へ出かけた。昨日から寒波が来ているので渓流や滝が凍り始めたかもしれないと思い、急に思い立って出かけて見ました。小菅村の奥、ちょうど大菩薩峠の東側の沢にあたる。大菩薩峠までは直線で4kmくらいの奥深い谷に雄滝があります。そこまで自宅から車で約2時間。現地に着いたのはもう午後の3時を回っていた。早速沢へ降りて、氷の状況を確認しましたが、まだようやく凍り始めた段階で期待し...

総件数:20 件

似ているタグ