小説のタグまとめ

小説」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには小説に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「小説」タグの記事(1312)

  1. 2部構成1部漫画ひろぼう2部カメちゃんと熱帯魚ちゃんの観察 - tic 徳産業センター

    2部構成1部漫画ひろぼう2部カメちゃんと熱帯魚ちゃんの観察

    2部構成1部漫画ひろぼう342話ヤマトエビちゃんこんにちは343話グッピーちゃん👶誕生344話ミナミヌマエビちゃん100匹買う2部カメちゃんのおふろと散歩よかったらご覧ください、宜しくお願い致します。https://www.youtube.com/watch?v=SvKo9FMaKFo

  2. 馳星周作「少年と犬」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    馳星周作「少年と犬」を読みました。

    第163回直木賞受賞作、馳星周作「少年と犬」を読みました。買わない積りでしたが、同調圧力に敗北しました。第一章、男と犬。仙台に住む中垣和正は、とある迷い犬に目を止めました。賢そうでしたがやつれていました。東北大震災の被災者の犬かと和正は思いました。しかし飼い主はいませんでした。首輪には多聞という名前が書いてありました。和正は犬を家に連れて帰りました。和正は半グレに雇われて盗品の配達の仕事をし...

  3. 「嘘」 - ぶらぶらデジカメ写真 by はる

    「嘘」

    「嘘」北國浩二親子の断絶。認知症と介護。子どもの虐待。水難により最愛の息子を失った苦しみを克服できない女性と家族の虐待により瀕死の目に遭い精神的に死んだ子ども。二つの傷ついた魂が、親子として惹かれあう。ヒリヒリするストーリー。惹きつけられた。5歳の息子を水難で亡くした女性が、自責の念に苦しみ続け、うつ病にかかり、夫を詰り続けて、結婚生活も破綻。母親が亡くなったあと、疎遠にしていた父親が認知症...

  4. 宮部みゆき作「あやかし草紙・三島屋変調百物語五之続」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    宮部みゆき作「あやかし草紙・三島屋変調百物語五之続」を...

    宮部みゆき作「あやかし草紙・三島屋変調百物語五之続」を読みました。語って語り捨て、聞いて聞き捨て。三島屋おちかの待つ黒白の間に、今日も新しい客が訪れます。第一話、開けずの間。前回から三島屋の次男で、修行先の店で頭に怪我をさせられて、実家に出戻っている従兄弟の富次郎が、変わり百物語の守り役、お勝と共に隣の間で聞き役に参加しています。この日のた語り手は、どんぶり屋の亭主平吉でした。ただの丼飯屋だ...

  5. 川上未映子作「きみは赤ちゃん」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    川上未映子作「きみは赤ちゃん」を読みました。

    川上未映子作「きみは赤ちゃん」を読みました。川上先生の出産にまつわるエッセイです。出産編できたらこうなった。陽性反応。川上先生はついに妊娠しました。3ヵ月の妊活の結果でした。思わず涙を流し、夫のあべちゃんと大興奮しました。しかしネガティブ・リアリストな先生は気を引き締めます。ありとあらゆる最悪な出来事を事細かに想定してあべちゃんに聞かせます。あべちゃんは閉口しますが、先生は止まりません。後に...

  6. 夢野久作作「瓶詰の地獄」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    夢野久作作「瓶詰の地獄」を読みました。

    夢野久作作「瓶詰の地獄」を読みました。瓶詰の地獄。とある島の村役場から、海洋研究所に、先に通達のあった封蝋付きビール瓶三本を発見したので送ったという知らせがありました。中身は雑記帳でした。第一の瓶の内容。島に流れ着いていた私達は今、船で父母が自分たちを助けに来てくれたのを間近で見ている、とありました。実は。。。第二の瓶の内容。もうこの離れ島にたどりついてから何年にもなる。幸い食べ物にも飲み物...

  7. 葉室麟作「おもかげ橋」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    葉室麟作「おもかげ橋」を読みました。

    葉室麟作「おもかげ橋」を読みました。第一章、遠い別離。草波弥市は江戸に出て、剣術道場を開きましたが、道場は流行らず、辛うじて旗元、笠井兵庫助の屋敷への出稽古で露命をつないでいました。そんな弥市の元に、幼なじみの小池喜平次が現れました。藩内でも秀才で知られていた彼は、侍を捨てて江戸に出て、飛脚問屋丹波屋の婿養子に入って裕福に暮らしていました。喜平次は用心棒の話を持って来たのでした。守る相手は、...

  8. ゆりかごの手:詩語篇 - 小澤昭彦の小沢聖児的ココロ

    ゆりかごの手:詩語篇

    散文詩をアップしました。ゆりかごの手:詩語篇http://ozzy3635.hateblo.jp/entry/2020/10/16/150457#散文詩#小説#散文体#シュルレアリスム#超現実主義------------------------ゆりかごの手。私が目を覚ましたのはそんな母の手の中だった。ベトナムで生まれた17歳の私が…-----------------------

  9. 高橋源一郎、内田樹選「嘘みたいな本当の話みどり」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    高橋源一郎、内田樹選「嘘みたいな本当の話みどり」を読み...

    選者・内田樹、高橋源一郎の琴線に触れた実話145編に、田原総一朗、横尾忠則、立川談春、三浦大輔、小泉武夫、近藤聡乃、山崎ナオコーラ、横塚眞己人達がエッセーを寄せて編集された企画本の2冊目です。連れが読書友達に勧められてこういうアンソロジー集を買うのですが、私はこのアンソロジーというのが基本的に嫌いです。まあでもそれは単なる好き嫌いです。時代小説に限って言えば、私はアンソロジーを楽しみにしてい...

  10. 小説から料理を知る - 虫のひとりごと

    小説から料理を知る

    鴨川食堂(柏井壽)思い出の味をそっくりに再現してくれる料理人がいればいいと思う。私にもいくつか忘れられない味があるが、ほとんどが子供の頃に味わったものである。(鰻の蒲焼)これは未就学の頃かもしれないが、近くの川で叔父が捕らえたものを裁いて七輪で焼いたものを一切れ食べさせてくれた。たれというものもなく、普通の醤油をつけていたと思うのだが、どちらかといえば、穴子に近いようなさっぱりした味わいだっ...

  11. 待つ太宰治絵画Tome館長 - ゆっくり生きる

    待つ太宰治絵画Tome館長

    2013/08/19に公開この女性は、何を待っていたのでしょう。お聞き下さい。(*^▽^*)オネガイシマスこの頃は、初雪がいつなのかが気になります。平年並みだとは10月28日だそうです。タイヤへの交換は10月17日(土)~10月25日(日)が賢いとか。毎年のことですが、面倒ですよね。しっかり根雪になると、諦めもつくのですが、今は少しでも雪が遅いといいなぁ~!なんて思います。(笑)夜の帳が下...

  12. 唯川恵作「天に堕ちる」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    唯川恵作「天に堕ちる」を読みました。

    唯川恵作「天に堕ちる」を読みました。1)りつ子ゆるやかな断崖。りつ子はクリーニング店に勤めています。いつも客の預けた豪華な衣類を身に着けて、出張ホストのユタカと一回五万円で寝る生活を半年も続けていました。りつ子は平凡な勤めを終えて結婚して主婦になりましたが、夫は他所に女を作って出て行きました。ユタカはアクセサリーショップを出すから金を出してくれと言い、りつ子は言われるままに金を出しました。ホ...

  13. 2部構成1部漫画ひろぼうグラミーちゃん、ハエ落として食べる❔、2部カメちゃんの散歩、グラミーちゃん登場、モーリーちゃんお☆さま - tic 徳産業センター

    2部構成1部漫画ひろぼうグラミーちゃん、ハエ落として食...

    2部構成1部漫画ひろぼうグラミーちゃん、ハエ落として食べる❔、2部カメちゃんの散歩、グラミーちゃん登場、モーリーちゃんお☆さまhttps://www.youtube.com/watch?v=6S85zReS4Lw

  14. 2部構成1部漫画ひろぼうグラミーちゃん、ハエ落として食べる❔、2部カメちゃんの散歩、グラミーちゃん登場、モーリーちゃんお☆さま - tic 徳産業センター

    2部構成1部漫画ひろぼうグラミーちゃん、ハエ落として食...

    2部構成1部漫画ひろぼうグラミーちゃん、ハエ落として食べる❔、2部カメちゃんの散歩、グラミーちゃん登場、モーリーちゃんお☆さまhttps://www.youtube.com/watch?v=6S85zReS4Lw

  15. 創作「クリーム丸」朗読を行った分 - 魚亭ペン太(旧 物書きkumaさんの創作日和)

    創作「クリーム丸」朗読を行った分

    タイトル「クリーム丸」2020/10/09加筆 校舎内に授業の終わりとお昼休みの始まりを告げるチャイムが響き渡る。パブロフの犬よろしく条件反射で空腹を覚える。実のところ、もっと前から、時計がチャイムの十分前を指し示す頃からお腹が空いていて仕方がなかった。お預けから解放された犬みたいな心持ちで足早に購買へと向かう。英語教師の田中から「廊下を走るなよ」という言葉を背中に、下り階段の一段目と足を踏...

  16. 宮口幸治作「ケーキの切れない非行少年たち」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    宮口幸治作「ケーキの切れない非行少年たち」を読みました。

    宮口幸治作「ケーキの切れない非行少年たち」を読みました。精神科医である筆者は、かつて少年院で法務技官を務めていました。そこに通所してきていた一人の発達障害を持つ少年院在院者が本書のきっかけとなったのでした。多くの非行少年達が、発達障害を抱えており、それが彼らに非行を続けさせる大きな要因でした。第一章、反省以前の子どもたち。筆者は少年院で最も手のかかる少年を担当しました。ちょっとした事でキレて...

  17. 視点警察 - SAKURA千年紀

    視点警察

    私のことです。視点のブレにめちゃくちゃうるさいかつ、他人の作品に対しても見過ごせずに「これ今誰の目線?」って質問してしまう輩のことを指す。よく悪口は自分が一番言われたくないことって言うじゃないですか。それみたいなもので、自分が一番失敗したくない、関心のあることなんでしょうね。迷惑。◆一人称◆二人称◆三人称→神視点→一元視点大体この3種類を使って書いていくことが多いと思う。私がよく使うのは三人...

  18. 狼とモンブラン - SAKURA千年紀

    狼とモンブラン

    いつも自作の話ばっかりのナルシストが、今日は珍しくエブリスタの他クリエ様の作品の話します。雪でも降るかもしれませんぞ。皆さんは人狼ゲームって知ってますかね。私は名前だけ聞いたことがあって、深夜帯に一度剛力彩芽ちゃんが番組でやってるのをチラ見したことがある程度でした。具体的な遊び方も知らなかったし、今だから言うけど興味はなかった。去年あたりからエブリスタのご縁で人狼ゲームを題材にした小説を読み...

  19. 小説更新のお知らせ+トルチェッロ島 - fermata on line! イタリア留学&欧州旅行記とか、もろもろもろ

    小説更新のお知らせ+トルチェッロ島

    先日GOTOのトラベルを利用したのですが(と言っても場所は東京)、地域共通クーポンの難易度が高くて大変でした……紙クーポン・電子クーポンと二種類あって、電子クーポン利用可の店がとっても少ないです。コンビニですら電子クーポンが使えない場合があるので、利用される方は事前確認をおすすめいたします。地域共通クーポン取り扱い店舗がわかりやすく載っているのは、下記リンクです。ご利用させる方は参考までに。...

  20. 白石一文作「光のない海」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    白石一文作「光のない海」を読みました。

    白石一文作「光のない海」を読みました。徳本産業の社長、高梨修一郎は、そろそろ引退を思い描いていました。身の回りの整理をしながら、水瓶販売員だった花江にもらった名刺を見つけました。その水瓶には修一郎の鬱を払う不思議な効果があったのでした。その水瓶は割れてしまい、新しいものを求めようと電話すると、花江は修一郎の事を良く覚えていました。しかしあの水瓶はもう売っていないと言いました。諦める修一郎でし...

総件数:1312 件

似ているタグ