小説のタグまとめ

小説」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには小説に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「小説」タグの記事(563)

  1. 山本周五郎作「さぶ」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    山本周五郎作「さぶ」を読みました。

    山本周五郎作「さぶ」を読みました。表具屋芳古堂に勤めていた愚鈍なさぶは、事あるごとに苛められ、今度も耐えきれずに泣きながら故郷の葛西に帰ろうと逃げ出します。それを追ってくるのが朋輩の栄二でした。栄二は、さぶをなだめて、自分も銭箱から小銭を盗んだ事を咎められたけれども、どこにも帰るところが無かった為に恥をこらえて居残った、と告白します。なだめられたさぶは栄二と店に帰ろうとしますが、雨が激しく降...

  2. 小説(本)関連のお知らせ。yoco先生作品集『永遠と一秒』 - fermata on line! イタリア留学&欧州旅行記とか、もろもろもろ

    小説(本)関連のお知らせ。yoco先生作品集『永遠と一秒』

    いつも海外のお話の他、小説更新のお知らせをしていますが……今回も小説関連です。個人的に待っていました!という喜びも兼ねて(笑)。画像のとおり……先日、yoco先生初作品集『永遠と一秒』(6/19発売)の献本をいただきました!拙著『ラ・エティカの手紙』(大洋図書)の挿画に携わってくださいましたイラストレーターさまで、作品集には拙著の装画(カバーイラスト)と挿絵が収録されております。今更の話です...

  3. 高木徳一の小説の執筆状況と『親子』の歌謡詞(無料・有料の作品紹介、同音異義語の和歌、巨人戦) - 自著の小説・詩の紹介

    高木徳一の小説の執筆状況と『親子』の歌謡詞(無料・有料...

    今日は。 小説の執筆状況と『親子』の歌謡詞(無料・有料の作品紹介、同音異義語の和歌、巨人戦)をブロググーに書き込みましたので、下記のアドレスをクリックして下さいね。アドレス:​http://blog.goo.ne.jp/tokuichit/ ​

  4. 瀬尾まいこ作「幸福な食卓」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    瀬尾まいこ作「幸福な食卓」を読みました。

    瀬尾まいこ作「幸福な食卓」を読みました。第一章、幸福な朝食。父さんは今日で父さんを辞めようと思う、と朝食の席で父さんが言いました。佐和子の家にはお母さんがいません。出て行ってしまったのでした。妹の佐和子と兄の直ちゃんは理由を聞くと、今の状況では無理がある、父さんのままでは支障を来す気がする、と言います。中学教師の仕事も辞める、と言いました。直ちゃんは肯定的です。佐和子は母さんの家に行きます。...

  5. 白い巨塔 - てんてまり@Up.town

    白い巨塔

    5月22日から五夜連続で放映された、岡田准一さん主演のドラマ「白い巨塔」を見ました。1978年には田宮二郎さん主演のテレビドラマ31話が放映されていて、当時それを見た気がしていたのですが、今回のドラマの予告を見て「里見先生は山本学やったよな」とか「島根の病院に飛ばされたんやったんちゃうか」とか言うひとの話にまるで思いあたるところがありません。看護婦役で山本陽子さんが出てた気がするけど・・・(...

  6. 以下、童話、イラスト、数学よかったら見てください - tic 徳産業センター

    以下、童話、イラスト、数学よかったら見てください

    以下、童話、イラスト、シクラメン追加、数学、不思議qa動画追加など、よかったら見てくださいカメ動画更新http://tictokushiro.blogspot.com/p/blog-page_90.htmlカーネーションとシクラメンなどのイラストです。よかったらダウンロードしてください無料ですhttps://www.ac-illust.com/main/search_result.php?p...

  7. 葉真中顕作「絶叫」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    葉真中顕作「絶叫」を読みました。

    葉真中顕作「絶叫」を読みました。プロローグ、江戸川区鹿骨でNPO法人カインド・ネットの代表理事、神代が殺され、同居する女が失踪していました。神代は、梶原、山井、渡辺、八木、そして謎の女と同居していたのでした。カインド・ネットはいわゆる囲い屋でした。ホームレスに生活保護をつけ、大半の保護費を奪い取るのが仕事でした。次にウィルパレス国分寺で死体が発見されます。刑事奥貫綾乃が現場に向かいます。死体...

  8. 肉球 - 斑入り通信

    肉球

    いくら揉みしだいても肉球は柔らかくならなかった。揉むのはむしろ逆効果です。一度固くなった肉球は戻らないのです。自分に猫のようなそれがあることを知らないまま、悪魔は今日まで獣のように、荒野を歩く生活をしていた。よくぞ来られました、同士よ。招集の知らせを聞いて以来、初めて会った他の悪魔が彼を出迎える。そこは野営の最中かと思われた。しかし脇見をした先、テントの手前で小枝を弄びながら談笑する男女が白...

  9. 感謝してもしきれない - 絵本のおかあさん

    感謝してもしきれない

    押してくれると、うれしいな(^^V)絵本ランキングにほんブログ村にほんブログ村日曜日に退院して、間もなく一週間。食事を作る以外は、「動くな!動くな!」と言うパパに甘え、一切の家事をお任せ状態である。リハビリがてらの朝の散歩は、火曜日には、たった1.5キロに一時間も掛った。少しずつ速く歩けるようにはなったが、信号が変わりそうな時、ダッシュ出来るわけもなく・・・コルセットをして歩く姿は、すれ違う...

  10. 「最果てアーケード」 - Kyoto Corgi Cafe

    「最果てアーケード」

    小川洋子の「最果てアーケード」を読みました。小川洋子って現代作家の中で「文学」を感じさせる貴重な小説家だと思うけど、読んでて不協和音のような居心地悪さを感じてどうも苦手。元テレビディレクターOさんから届いた「琥珀のまたたき」もnatsunoさんのレビューを拝見して、ちょっと尻込み。先月Oさんが送って下さったこちらを先に読んでみました。これはとっても好き、初めて読んで良かったと思える小川作品で...

  11. 【モダン・タイムス・ファントム】 - SAKURA千年紀

    【モダン・タイムス・ファントム】

    2017年にヤンデレラがコミカライズしてすぐくらいに、ほんとに何も書けなくなった。一生の思い出ができて気が抜けてしまったのか、趣味の域を超えてお金とってるのにレベルの低い話作りで自信がなくなったからなのかはわからないけど、本気で趣味ひとつ失うところだった。コミカライズ自体はいいことだったけど自分の中に縛りを作ってしまう魔法もあって、ホラーミステリーで成功したから自分の方向性はこれだ、みたいな...

  12. 瀬尾まいこ作「図書館の神様」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    瀬尾まいこ作「図書館の神様」を読みました。

    瀬尾まいこ作「図書館の神様」を読みました。表題の図書館の神様と雲行きの二編仕立ての小説です。「図書館の神様」主人公、清は18歳まで清く正しく美しく生きていました。小学生の低学年からバレーボールに打ち込み、必死に練習します。中学校では県大会に、高校では国体に出場し、将来は体育大学でずっとバレーを続けるつもりでした。それが破綻したのは高校三年生の時でした。つまらない練習試合に臨み、補欠の山本さん...

  13. 終わりなき夜に生まれつく - 小鳥たちの巣

    終わりなき夜に生まれつく

    「終わりなく夜に生まれつく」早川の紹介文はこちら「誰が言い出したのか、その土地は呪われた〈ジプシーが丘〉と呼ばれていた。だが、僕は魅了された。なんとしてでもここに住みたい。そしてその場所で、僕はひとりの女性と出会った。彼女と僕は恋に落ち、やがて……伝説の地で幕が開く、残酷な愛のドラマ。クリスティーが自らのベストにも選出した自信作。サスペンスとロマンスに満ちた傑作を最新訳で贈る。」アガサ・クリ...

  14. 『くまのプーさん展』感想 - いつでも、ひなたぼっこ

    『くまのプーさん展』感想

    『くまのプーさん展』感想(2019年6月4日あべのハルカス美術館にて)【クマのプーさんの紹介】1926年から発表され、世界中で愛されている『くまのプーさん』シリーズ。アニメ化されたディズニー作品が有名だが、オリジナルはアラン・アレクサンダー・ミルンの児童小説で、挿絵はアーネスト・ハワード・シェパードが手掛けている。英国に住むミルンは、息子のクリストファー・ロビンが持っていたテディーベアから、...

  15. 藤岡陽子作「手のひらの音符」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    藤岡陽子作「手のひらの音符」を読みました。

    藤岡陽子作「手のひらの音符」を読みました。入職16年目の服飾デザイナー瀬尾水樹は、勤めている会社が服飾業から撤退する羽目になりました。国産にこだわっていた服飾メーカーだったのですが、それが災いしてしまったのでした。もともとは大手の服飾メーカーに勤めていたのですが、まるでハンバーガーを作るようなその業態に嫌気がさしたのでした。水樹は大手メーカーの同期、昌美に連絡します。元の彼氏に連絡は取れたの...

  16. 高木徳一の小説の執筆状況と『夫婦(その2)』の歌謡詞(同音異義語の和歌、巨人戦) - 自著の小説・詩の紹介

    高木徳一の小説の執筆状況と『夫婦(その2)』の歌謡詞(...

    今日は。小説の執筆状況と『夫婦(その2)』の歌謡詞(同音異義語の和歌、巨人戦)をブロググーに書き込みましたので、下記のアドレスをクリックして下さいね。アドレス:http://blog.goo.ne.jp/tokuichit/

  17. フレンチなタロット - * L'Amour et la Lumière *

    フレンチなタロット

    私がリーディングに使っているタロット・デッキをご紹介しました。日本ではあまり使われていない「マルセイユ版」ですが、「マルセイユ」という名がつく通り、このタロット・デッキは、地中海に面したフランスの港町、マルセイユで製作されてきたものです。18世紀から、マルセイユではタロットや遊戯用のカード製作が盛んに行われ、この地から世界中に向けてタロットが輸出されたため、この地方で生産されるタロットは、「...

  18. 「幕が上がる」 - Kyoto Corgi Cafe

    「幕が上がる」

    平田オリザの「幕が上がる」を読みました。地方都市の高校演劇部の日々を描いていて、地区大会、県大会、北関東ブロック大会と勝ち進んでようやく全国大会に出場できる高校演劇の最初の地区大会敗退から物語が始まります。伝統芸能の至芸を極めようとする「仏果を得ず」と違って、平凡な高校の部活の話だけど、面白くてどんどん引き込まれました。演劇制作の過程が興味深いし、平田さんの若い演劇人へのエールもあるんだろう...

  19. きたえていくと #763 - 「 K 」 Diary

    きたえていくと #763

    うっす!みんなげんき?俺も元気だぜ今ほしいモノがあるそれは何かと言うとビカビカビカ!こぉーぴぃーいローボットぉおー!つーか上の↑図のやつは普通にしゃべってしまっているがもうちょいドラ〇えもんらしく紹介しろよ!と一応ツッコんでおこう(おいおい↑伏字になってないぞ!)じつは昨日また短編小説を書き終えて応募したのだが短編は40文字×40行くらいで30枚くらいの規定だが努力と訓練の結果最近文章を書く...

  20. 書店主フィクリーのものがたり - 見知らぬ世界に想いを馳せ

    書店主フィクリーのものがたり

    本屋で平積みになっていて、たまたま気になった本。この本も本屋大賞翻訳小説部門(2016年)を受賞した作品だそうです。書店主フィクリーのものがたりガブリエル・セヴィン:著、小尾芙佐:訳/早川書房、ハヤカワepi文庫/2017アリス島という小さな島に、1軒だけ書店がある。アイランド・ブックス。偏屈で気難しい書店主のA・J・フィクリーは、一緒にアイランド・ブックスを営んでいた妻を事故で亡くし、失意...

総件数:563 件

似ているタグ