小説のタグまとめ

小説」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには小説に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「小説」タグの記事(481)

  1. 五十嵐貴久作「贖い」上巻を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    五十嵐貴久作「贖い」上巻を読みました。

    五十嵐貴久作「贖い」上巻を読みました。7月1日、東京都杉並区の小学校の校門に、男児の切断された頭部が置かれていました。少年は吉田隆一と言い、コンビニで漫画を立ち読みしているところを目撃されて以来、行方不明でした。父は慎二、母は友江でした。刑事係長島崎と女刑事里奈が捜査に当たります。捜査班には、元凄腕の交渉人、星野警部も参加します。星野は捜査班にとって異質の人物です。煙たがられて里奈と共に周辺...

  2. 「あの家に住む四人の女」 - Kyoto Corgi Cafe

    「あの家に住む四人の女」

    natsunoさんのブログを拝見してから、ずっと読みたかった三浦しをんの「あの家に暮らす四人の女」を読みました。谷崎潤一郎の没後50年を記念した企画で「細雪」が下敷きになってるとか。都内の古びた洋館に住む母娘と娘の友人たちの早春から盛夏を描いた物語。家は阿佐ヶ谷が最寄駅という設定ですが、杉並だったり善福寺川だったりと学生時代を過ごした場所が出てくるし、下北沢のマンションの近くにも当時は古い洋...

  3. イラスト、ホタル、 数学など、よかったら見てください - tic 徳産業センター

    イラスト、ホタル、 数学など、よかったら見てください

    イラスト、ホタル、 数学など、よかったら見てください イラスト、tシャツ、缶バッチ、ポストカード、パスカード、パーカー販売、よかったらどうぞhttps://hiroboab.booth.pm/ イラスト、ホタル追加https://tictokushiro.blogspot.com/p/t-pixivbooth-url-facebook-url-twitter.html sf小説未来人旅行記、...

  4. 「ビブリア古書堂の事件手帖」 - Kyoto Corgi Cafe

    「ビブリア古書堂の事件手帖」

    知らない街で本屋を見つけると,記念に一冊買うことにしているというtweetがありました。素敵な習慣ですね。本を開くとその街の風景が蘇りそうです。さて、三上延の「ビブリア古書堂の事件手帖~栞子さんと奇妙な客人たち」を読みました。このシリーズ、書店でよく見かけるなあと思っていたので、古本市の3冊で1冊交換に選んでみました。「人の手を渡った古い本には、中身だけでなく本そのものにも物語がある」と大輔...

  5. イラスト、テントウムシ - tic 徳産業センター

    イラスト、テントウムシ

    イラスト、テントウムシ追加https://tictokushiro.blogspot.com/p/t-pixivbooth-url-facebook-url-twitter.htmlsf小説未来人旅行記、よかったら見てくださいhttps://tictokushiro.blogspot.com/p/blog-page_294.html健康維持、がんと森下学説no5https://tictoku...

  6. 乃南アサ作「地のはてから」下巻を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    乃南アサ作「地のはてから」下巻を読みました。

    乃南アサ作「地のはてから」下巻を読みました。とわの勤める越前洋品店の次男、真が帰国します。しかし真の様子は変わっています。ろくろく物も食べず、奇声を発します。なんでも神経衰弱にかかっている模様です。その頃、アメリカでは大恐慌が起こりました。次第に景気が悪化し、企業の倒産が増加します。越前洋品店も経営危機を迎えます。そんな中、小康を得た真は、とわを映画に連れ出します。とわにとっては初めての経験...

  7. 著書『ラ・エティカの手紙』電子書籍キャンペーンのお知らせ - fermata on line! イタリア留学・欧州旅行と、もろもろもろ

    著書『ラ・エティカの手紙』電子書籍キャンペーンのお知らせ

    ご閲覧と反響いつもありがとうございます。このたびは小説書籍のお知らせです。現在、書籍キャンペーン「傷心受」特集ページ内にて、拙著『ラ・エティカの手紙』が紹介されております。実施書店は、Renta!/コミックシーモア/eBookJapan/honto等。対象電子書籍は30%OFFのお得なキャンペーンとなっております!(書店リンクはおよそ下記となります。)◇Renta!の特集ページは【コチラへ】...

  8. 乃南アサ作「地のはてから」上巻を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    乃南アサ作「地のはてから」上巻を読みました。

    乃南アサ作「地のはてから」上巻を読みました。北海道開拓史に題を取った作品です。ネタバレしますのでお嫌な方は半分以降は読みとばしてください。冒頭は当時配られた北海道移民の手引きです。政府が公然と人民を欺いた証拠のような良いことばかりを記した手引きであります。なにせ当地はこの現代にして、地元民がホワイトアウトに遭遇して、自宅からほんの5分の場所で亡くなるような場所であったわけです。福島県神俣に生...

  9. 君の膵臓をたべたい - リラクゼーション マッサージ まんてん

    君の膵臓をたべたい

    こんにちは!有楽ビル店三上 です(^^)前回に引き続きオススメの小説です 「君の膵臓をたべたい」この本は映画化されていて有名ですよね ミーハーなので有名なものはすぐ読みたくなります (笑)タイトルを見て最初はミステリーなのかと思いましたが全く違い、病気で余命宣告されているヒロインと関わって心が大きく変化していく主人公の少年のお話でした。主人公とヒロインの会話が面白く、お話のテンポもよくスラ...

  10. 「人魚の眠る家」 東野圭吾 - オシャレとイクメンと時々、おか~ちゃん -愚衷百折記-

    「人魚の眠る家」 東野圭吾

    「人魚の眠る家」 東野圭吾東野作品、連発です。幼児の脳死と臓器移植を巡る物語。「脳死は、人の死か?」については、随分と議論されてきた難しい問題です。私見ですが、医学的に不可逆的な状態で「死んでいる」と宣告されても、心臓が動いていて、身体も成長していく様を見ていると、なかなか受け入れ難いなというのが、実際のところではないでしょうか。ましてや、かわいい我が子となれば尚更のこと。臓器移植を待つ側の...

  11. 高木徳一の 小説の執筆状況と『住む・住まい(その3)』の歌謡詞(同音異義語の和歌、巨人戦) - 自著の小説・詩の紹介

    高木徳一の 小説の執筆状況と『住む・住まい(その3)』...

    今日は。 小説の執筆状況と『住む・住まい(その3)』の歌謡詞(同音異義語の和歌、巨人戦)をブロググーに書き込みましたので、下記のアドレスをクリックして下さいね。 アドレス:http://blog.goo.ne.jp/tokuichit/

  12. Amazon読み放題はおかずになる話 - 競馬場のかえざ

    Amazon読み放題はおかずになる話

    月にAmazonに980円払っている。電子書籍読み放題サービスAmazonKindleUnlimitedアマゾンキンドル読み放題普通に雑誌や、漫画も揃っているので、時間つぶし以上に役に立っている。FODなどの試した上で結局はAmazonになってしまう。理由は量。電子書籍はどこも一緒で、モザイクやジャニタレ画像切り抜き、広告ページカットなど萎える。仕方ない。でも便利。雑誌メインでは萎えるけど便...

  13. 「ある男」 - ひとりあそび

    「ある男」

    今年に入って読んだ2冊目の本が、この平野啓一郎著「ある男」である。昨秋出版されて以来、本屋で手にしつつも読まず、やっと今年になって読むことに。一つには、読みたい本が何故かなく、なのに本が読みたいというジレンマの結果である。今年に入って暖かではあるが乾燥が酷く、空気はカラカラ状態だった。そのせいか、とうとう風邪を引いてしまい、気分もイマイチ。乾燥は空気ばかりか人の心身をにも及ぶようである。そん...

  14. 東野圭吾作「沈黙のパレード」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    東野圭吾作「沈黙のパレード」を読みました。

    東野圭吾作「沈黙のパレード」を読みました。ガリレオシリーズ最新作です。ガリレオシリーズではありますが、今回湯川先生はいつもの物理実験をしません。単なる謎解きミステリになっています。静岡県菊野にある食堂なみきやの長女が行方不明になってからもう三年間が経過しています。並木夫婦と次女の夏美はじっと長女の帰りを待っています。長女の並木佐織は大変歌のうまい子でした。近所に住む資産家の新倉夫妻は、そんな...

  15. 『生きるぼくら』原田 マハ - Traveling Library      巡回図書室

    『生きるぼくら』原田 マハ

    序盤の陰鬱で重苦しい空気に耐え、読み終えて本当に良かった。 あることがきっかけで、数年間ひきこもりだった青年が、懐かしい田舎を目指す。祖母や周囲の人たちとの絆、農作業などを通して、生きるとは何かを体感する。本を読みながら何度も泣いてしまい、すっかり涙腺が緩んでしまった。感謝の涙は、本当に気持ちがいい。心のよどみを洗い流してくれる。素晴らしく美しい自然描写に感嘆するばかりで、何度も深呼吸...

  16. 「人間の檻~獄医立花登手控え(四)」 - Kyoto Corgi Cafe

    「人間の檻~獄医立花登手控え(四)」

    統計不正を巡る調査、首相が第三者委員会の設置を拒否したと思ったら、根元厚労相はトカゲの尻尾切りした厚労幹部の国会招致を拒否。よっぽど真相解明されたらマズイんでしょうね。不正のせいで過少給付になってる人がちゃんと取り返したら400万円になる人が結構いるという指摘。そりゃ国民に知られたくないでしょう。さて、藤沢周平の「人間の檻」を読みました。「獄医立花登手控え」シリーズ4、最終巻です。小伝馬町の...

  17. 『魔法学校の落ちこぼれ2』感想 - いつでも、ひなたぼっこ

    『魔法学校の落ちこぼれ2』感想

    『魔法学校の落ちこぼれ2』感想(梨香:著アルファポリス2016年)※画像はイメージです『魔法学校の落ちこぼれ1』のあらすじについてはこちら【あらすじ紹介】 魔法学校へ通う少年フィンは、晴れて上級魔法使い・ルーベンスの弟子になった。しかし、ルーベンスはなかなか魔法を教えてくれない。そんな師匠から託されたのは、伝説の魔法使い・アシュレイが遺した竜の卵だった。一方、魔法学校にはシラス王国の王孫・ア...

  18. イラスト、ハリネズミの赤ちゃんの居眠り追加 - tic 徳産業センター

    イラスト、ハリネズミの赤ちゃんの居眠り追加

    イラスト、ハリネズミの赤ちゃんの居眠り追加https://tictokushiro.blogspot.com/p/t-pixivbooth-url-facebook-url-twitter.htmlsf小説未来人旅行記、よかったら見てくださいhttps://tictokushiro.blogspot.com/p/blog-page_294.html健康維持、がんと森下学説no5https:/...

  19. 「ラプラスの魔女」 東野圭吾 - オシャレとイクメンと時々、おか~ちゃん -愚衷百折記-

    「ラプラスの魔女」 東野圭吾

    「ラプラスの魔女」 東野圭吾またまた、東野圭吾作品です。東野作品は、図書館でも常に貸出人気作品の上位を占めていますね。こちらも、次の方の貸出予約が入っており、早く読まないとと焦りました。500ページ近い書き下ろし大作です。物理法則に基づく未来予測が出来る男女(甘粕謙人、羽原円華)が主人公の空想科学的なサスペンスミステリーです。登場人物が多い割には、スッキリとストーリーが入って来ました。ストー...

  20. 馳星周作「ゴールデン街コーリング」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    馳星周作「ゴールデン街コーリング」を読みました。

    私はかつて馳先生の熱心なファンだったのですが、最近は読むのを止めています。それは小説神奈備を読んでからの事でした。以後何冊か刊行されていましたが、一冊も買いませんでした。しかし、この小説は読まねばならない。なにせリンクした書評で、まさにこのような小説を出すよう要求していたのです。まさか馳先生がこのブログを読んだはずもないと思いますが、最近の馳先生の仕事ぶりを見ていれば、まあ編集者なら誰でもこ...

総件数:481 件

似ているタグ