小説のタグまとめ

小説」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには小説に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「小説」タグの記事(645)

  1. 垣根涼介作「信長の原理」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    垣根涼介作「信長の原理」を読みました。

    垣根涼介作「信長の原理」を読みました。垣根先生二作目の時代小説です。ちなみに第一作は本作の前編、光秀の定理です。第一章、骨肉。幼少時の信長は癇気の強い子供でした。何かと言えば泣き叫び、実母からも疎まれました。信長の弟は信長とは違い、母親や周囲から愛されます。信長の中には鬱屈した憤懣が常に溜まっていました。弟は母と共に暮らし、信長は家老の平手を守役として育ちます。平手は信長に常識を教えますが、...

  2. 大門剛明作「両刃の斧」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    大門剛明作「両刃の斧」を読みました。

    大門剛明作「両刃の斧」を読みました。序章。刑事柴崎と最上は出張に来ていました。すると課長の室田から電話が入ります。女性の刺殺体が見つかったが、柴崎は病院へ直接向えと言います。殺されたのはなんと娘の曜子でした。妻三輪子と妹の和可菜は既に病院でした。刑事梶野が出迎えます。柴崎は犯人に怒りを滾らせました。第一章、迷宮。当直中の刑事川澄は仕事中、娘でやはり警官の日葵から電話を受けます。明日の日葵の結...

  3. 数学と小説とある人 - LHuniverse1's Blog

    数学と小説とある人

    part1 『僕とさくら。』※恋愛小説さくらには問題があった。それは見た瞬間に分かることだった。なんと、顔が心臓の位置についているのだ。僕は初めて見た時、なるほど。と漏らしたし、多くの人達は、変な目で見た。ところで心臓はどこにあるのだろうか。それは僕も知らない。そんな僕はさくらと付き合うことになった。ごめんね。こんな私で。そんなこと無いよ。君が大好きなんだ。さくらは僕がそう言うと、しゅんとし...

  4.  高木徳一の小説の執筆状況と『兄弟姉妹』の歌謡詞(同音異義語の和歌、巨人戦) - 自著の小説・詩の紹介

    高木徳一の小説の執筆状況と『兄弟姉妹』の歌謡詞(同音...

    今日は。 小説の執筆状況と『兄弟姉妹』の歌謡詞(同音異義語の和歌、巨人戦)をブロググーに書き込みましたので、下記のアドレスをクリックして下さいね。 アドレス: http://blog.goo.ne.jp/tokuichit/

  5. 小説と気づき、番外編的な調べ - LHuniverse1's Blog

    小説と気づき、番外編的な調べ

    part1 『論理的思考を欠いた者』論理とは何か。感情の作用なく導かれたものはすべて論理なのではないか。論理は絶対的にしか存在しない。人はよく、論理を見誤る。君は気持ち悪い。なぜなら〜。といった具合に。論理とは孤高なものであるような気がする。多くありふれている物は感情だ。それでいいのかもしれない。人は感情的な生き物だ。論理とはなんの気づきもなく、淡々と述べるものである。僕はたまに、論理的な思...

  6. 桜木紫乃作「裸の華」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    桜木紫乃作「裸の華」を読みました。

    桜木紫乃作「裸の華」を読みました。名ストリッパー・ノリカが引退を決めたのは、舞台で左脚を骨折したからでした。もう40歳になったノリカはこれ以上舞台に立てませんでした。再起するために札幌に戻りました。かつて20歳ですすきのゼロ番地でデビューしていたのでした。ノリカはサツホロ不動産で営業の竜崎に物件を紹介されました。竜崎は女の子やスタッフの手配も引き受けると言います。ノリカはダンサー二人とバーテ...

  7. 小説の野菊の墓に涙する篤人 - 渡部あつし

    小説の野菊の墓に涙する篤人

    小説の野菊の墓に涙する篤人

  8. 中山七里作「ワルツを踊ろう」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    中山七里作「ワルツを踊ろう」を読みました。

    中山七里作「ワルツを踊ろう」を読みました。39歳の溝端了衛は、リーマンショックの後証券会社をリストラされ、折からの父親の死後、相続した実家に戻って暮らす事にしました。実家は東京都、西多摩郡、依田村竜川地区です。隣の地区長、大黒と妻の多喜にあいさつに出向くと、手土産が無い事に嫌みを言われます。しかも給料などの個人情報を根掘り葉掘り聞かれ、仕事を辞めた事も聞き出され、収入もわからないなら付き合い...

  9. ブラジリアンカラス。それと、怠慢 - LHuniverse1's Blog

    ブラジリアンカラス。それと、怠慢

    こんにちは。ところで、素性を明かしていませんでしたね。只今仕事が無くて、ニートをしています。早く何か仕事したいよ!と思う一方で、この暮らしがいいなとも思わなくもないです。でも、なんの刺激もない暮らしって退屈ですよね。part1 『踝、対、夢』完全に感覚で文字を連ねております。通常は何らかの論理に従って文字を連ねるものだと思います。どうでしょうか。☆世界は説明があるだけだ☆説明の仕方は多様です...

  10. 流転の海 - くろやぎと花子

    流転の海

    宮本輝の長編小説「流転の海」をやっと読み終えました。文芸誌の連載は知らなくて新刊の作品を読み始めて20年くらい経ったでしょうか。最終巻「野の春」の巻末に述べられている作者の言葉が全てのような気がします。松坂熊吾とその家族が中心になった物語ですが作者曰く「ひとりひとりの無名の人間のなかの壮大な生老病死の劇」34歳から書き始めて71歳で完結の物語に少しでもお付き合いできた達成の喜びを感じます。

  11. 「あきない世傳 金と銀(6) 本流編」「(7)碧流編」 - これから見る景色

    「あきない世傳 金と銀(6) 本流編」「(7)碧流編」

    2019年2月高田郁(かおる)「あきない世傳 金と銀 本流編」★★★★★2019年8月高田郁(かおる)「あきない世傳 金と銀 碧流編」★★★★★小説はよく読んでいるのですが、読書感想文を書くのは難しい。今年になってから醸造の班の友達と貸し借りして、時代小説をいっぱい読みました。しかし彼女は順序だった本を貸してくれなかったのです。シリーズ物なのに途中からだったり、(2)(3)と続いているのに(...

  12. 劉慈欣作「三体」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    劉慈欣作「三体」を読みました。

    何でもアジア語で書かれた小説で初めてヒューゴー・ネビュラ賞を受賞したとか。大評判の中国SF作品です。第一部、沈黙の春。文化大革命のさ中、知識人たちはつるし上げられて次々に自殺し、最後に生き残ったのは物理学者葉哲泰でした。哲泰は自己批判を拒否し、女子紅衛兵に撲殺されました。娘の葉文潔は、それを眺めている事しか出来ませんでした。しばらくの後、文潔は大興安嶺で開墾作業をしていました。取材にやってき...

  13. 短歌と小説、最小単位 - LHuniverse1's Blog

    短歌と小説、最小単位

    こんにちは。久しぶりに、ぐっすり寝られました。風邪薬の作用かな。まだ眠気の残る中起きましたがなんとか大丈夫です。part1 『かきつばた春に泣くなそこのうぐいす』タイトルは適当に付けました。うぐいすのさえずり、美しいですよね。かきつばたは、逆に、あまり見かけませんね。かきつばたの咲き頃は、5,6月だそうで、一方うぐいすは、10月頃まで泣いているようです。反抗心、怒り、やるせなさ。を詩に込めま...

  14. 『漫画 君たちはどう生きるか』&原作『君たちはどういきるか』 - てんてまり@Up.town

    『漫画 君たちはどう生きるか』&原作『君たちは...

    遅ればせながら読んでみました。大ブームになった漫画版と1937年に発行された原作の復刻版。始めに漫画版から読みました。原文で挿入されていた「叔父さんのノート」が大雑把になりがちな読みにブレーキをかけてくれた気がします。主人公の本田潤一君は、学校の友人たちからコペル君と呼ばれている旧制中学校の2年生で15歳。ある日、デパートの屋上から地上を行き交う人々を見ていたコペル君が、「人間は分子のようだ...

  15. 以下、童話、イラスト、数学よかったら見てください - tic 徳産業センター

    以下、童話、イラスト、数学よかったら見てください

    以下、童話、イラスト追加、カメの動画追加、数学、不思議qa動画追加など、よかったら見てください漫画ひろぼうカメちゃん相撲見る追加、よかったらどうぞhttps://youtu.be/9fjlz5ePNDUtシャツ短納期、花猫、景色、恐竜などの販売宜しくお願い致します。https://tictokushiro.blogspot.com/p/t.htmlカメ動画更新http://tictokush...

  16. 愚者のエンドロール [原作小説 +アニメも少し] - 見知らぬ世界に想いを馳せ

    愚者のエンドロール [原作小説 +アニメも少し]

    米澤穂信さんの「古典部」シリーズ第2弾です。ちょうどGYAO!でアニメも配信中。ちょうどこの「愚者のエンドロール」の回を見終わったのでその感想も。愚者のエンドロール米澤穂信/角川書店、角川文庫/2002夏休み。古典部は文化祭で出す文集「氷菓」の編集に追われていた。そんな中、千反田えるは知人に誘われたので2年F組が制作したビデオ映画の試写会に行こうと言い出した。試写会に向かった古典部の4人。そ...

  17. 吉田修一作「泣きたくなるような青空」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    吉田修一作「泣きたくなるような青空」を読みました。

    吉田修一作「泣きたくなるような青空」を読みました。ANAの機内誌に連載されたエッセイ集です。博多っておっきいなー。吉田先生は大学三年生の夏休みを博多で過ごしました。たくさんいた博多の友人の所に遊びに行き、夏休みのバイトを紹介されてそのままバイトする事にしました。先生は当時会いたい人が博多に出来たのでした。結局振られ、後に東京で一度だけ会います。思い出話しかできませんでした。清潔であること。先...

  18. チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ作「何かが首のまわりに」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ作「何かが首のまわり...

    チママンダ・ンゴズィ・アディーチェ作「何かが首のまわりに」を読みました。アフリカはナイジェリアの事を描いた短編集です。1967年に、軍事政権に反発したイボ族が独立を宣言し、ビアフラ共和国を設立します。しかしビアフラを承認したのはわずか四カ国に止まりました。ナイジェリアはビアフラを攻撃し、ビアフラは追い詰められ、消滅しました。内陸部に閉じ込められたイボ族200万人が餓死したのは有名です。チママ...

  19. 心に残った本 - Motionsickness's Blog

    心に残った本

    名作求む!心に残った本・映画・音楽教えて!ブログ開設した時にこのテーマがあるのは嬉しい。それなりに読んできたとは思うので、あれもこれも!となってしまうけど、ちょっと絞って紹介したいです。シリーズとかで複数巻が出ているものでもお気に入りがたくさんあるんですけど、今回は一冊完結のもので。まずはこれ。『ワンダフル・ワールドかけがえなき愚行』中学二年生のとき、夏休みの読書感想文で買った本。文章が柔ら...

  20. 小説更新のお知らせ+blog9周年!(たぶん) - fermata on line! イタリア留学&欧州旅行記とか、もろもろもろ

    小説更新のお知らせ+blog9周年!(たぶん)

    よくよく考えたら今月で当blogは10年目に突入らしいです。そんなに長くやるとは思わなかったよ!!!!!(笑)もうダメかもしれないもう無理かも……と思うときが何度もあったblog更新ですが、なんとかマイペースに続けられております。ご閲覧いただいている皆様、拍手など反響をくださるやさしい方々に厚くお礼申し上げます。またへこたれそうになるときもあるにちがいないのですが、細く長く頑張りたい所存です...

総件数:645 件

似ているタグ