小説のタグまとめ

小説」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには小説に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「小説」タグの記事(611)

  1. 藤岡洋子作「ホイッスル」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    藤岡洋子作「ホイッスル」を読みました。

    藤岡洋子作「ホイッスル」を読みました。2008年6月。突然母の聡子が香織に電話してきます。父親の章が預貯金通帳とともにいなくなったと言います。しかも勝手に自宅を売却してしまい、追い立てを食らっていると言います。他の女と暮らす事にしたから香織に面倒を見てもらえ、と言ったそうでした。あわてて母の住居の確保をします。2008年7月。弁護士の芳川は聡子の相談を受けました。芳川は良心的な弁護士です。2...

  2. 【夫の墓には入りません】垣谷美雨 - お散歩アルバム・・夏空の下で

    【夫の墓には入りません】垣谷美雨

    何か面白そうな小説はないかと手に取った垣谷さんの人気作です。夫のお墓あるいは夫の家のお墓には入りたくない問題は随分前から耳にしましたので、今更感もありましたが、この作品は姻族関係終了届を話題にしているのが21世紀風かなと思いました。古いところですと昭和のNHKの「となりの芝生」というテレビドラマの続編で、こき使われた未亡人のお嫁さんは山本陽子で憎らしいお姑さんは沢村貞子だったわね、と、たいし...

  3. 高木徳一の小説の執筆状況と『親子(その5)』の歌謡詞(同音異義語の和歌、巨人戦) - 自著の小説・詩の紹介

    高木徳一の小説の執筆状況と『親子(その5)』の歌謡詞(...

    今日は。 小説の執筆状況と『親子(その5)』の歌謡詞(同音異義語の和歌、巨人戦)をブロググーに書き込みましたので、下記のアドレスをクリックして下さいね。 アドレス: http://blog.goo.ne.jp/tokuichit/

  4. 夏コミのお礼 - 怪談 意味深なうたた寝

    夏コミのお礼

    ひぇぇぇ。ブログ書いてない。書かねば・・・。まずは夏コミに来てくださった方ありがとうございました。面白い出会いもありました。次回は秋に出せたら良いなぁと思っています。次は怪談かな。

  5. 五十嵐貴久作「炎の塔」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    五十嵐貴久作「炎の塔」を読みました。

    五十嵐貴久作「炎の塔」を読みました。後書きにある如く、かの名作「タワーリングインフェルノ」へのオマージュ作品となっています。入所六年目の消防士、神谷夏美は、上司の柳雅代に辞表を提出します。三度目の現場事故で嫌気がさしたのでした。柳は夏美を慰留します。鷹岡光二は実業家です。父親の事業を受け継ぎ、新たな銀座のランドマーク、100階建ての巨大なファルコンタワーの完成は間近に迫っていました。個人の会...

  6. 以下、童話、イラスト、数学よかったら見てください - tic 徳産業センター

    以下、童話、イラスト、数学よかったら見てください

    以下、童話、イラスト追加、カメの動画追加、数学、不思議qa動画追加など、よかったら見てくださいtシャツ短納期、花猫、景色、恐竜などの販売宜しくお願い致します。https://tictokushiro.blogspot.com/p/t.htmlカメ動画更新http://tictokushiro.blogspot.com/p/blog-page_90.htmlイラスト、tシャツ、缶バッチ、ポスト...

  7. 脇巫女Ⅱ5六ケ岳のシリウスの出 - ひもろぎ逍遥

    脇巫女Ⅱ5六ケ岳のシリウスの出

    脇巫女Ⅱ5六ケ岳のシリウスの出星読は町の危険地域のチェックに乗り出した。それは実際に三年後に大雨警報が出た時に役に立った。大雨の中、チェックした現地に入ると、民家に大水が流れ込もうとしていた。星読は水の進路を土のうで塞いで流れを変えて浸水を食い止めた。さて、話を戻すが、タツが計算して見つけ出した「六嶽神社から見えるシリウスの出」を星読は実際に確認しにいった。そして、メールで実況中継のように刻...

  8. 中島らも作「今夜すべてのバーで」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    中島らも作「今夜すべてのバーで」を読みました。

    らも先生は私の4つ上です。関西出身で、中高は灘でした。その頃、全共闘運動が盛んで、東大入試が中止され、トコロテン方式で有名私立高校から有名大学に上がるのが悪いことみたいな風潮が、確かにありました。ある意味、その時代の救世主とも言え、被害者とも言えるのがこのらも先生なんだと思いました。劇団リリパットアーミーで一世を風靡されましたが、心の中は満たされないもので一杯だったんだと思います。親の期待を...

  9. 以下、童話、イラスト、数学よかったら見てください - tic 徳産業センター

    以下、童話、イラスト、数学よかったら見てください

    以下、童話、イラスト追加、カメの動画追加、数学、不思議qa動画追加など、よかったら見てくださいtシャツ短納期、花猫、景色、恐竜などの販売宜しくお願い致します。https://tictokushiro.blogspot.com/p/t.htmlカメ動画更新http://tictokushiro.blogspot.com/p/blog-page_90.htmlイラスト、tシャツ、缶バッチ、ポスト...

  10. 中山七里作「総理にされた男」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    中山七里作「総理にされた男」を読みました。

    中山七里作「総理にされた男」を読みました。今回の中山作品のテーマは政治でした。加納慎策は売れない舞台俳優です。最近人気の内閣総理大臣真垣統一郎にそっくりな所を生かして舞台の前説で彼の物真似をするのが最近の仕事でした。しかし芸人扱いにうんざりしています。真垣は政権担当能力の無かった元野党の民生党に代わって政権に返り咲いた国民党の党首でした。貧乏な加納は彼女の珠緒に養われていました。二人はテレビ...

  11. 『あひる』今村夏子著 - 芸術鑑賞ざんまい

    『あひる』今村夏子著

    あひる (角川文庫)今村 夏子/KADOKAWAundefined「あひる」は、家族が飼うことになったあひると、それによって変わっていく状況と、全く変わることのない人たちの物語。語り手の「わたし」の透明性が怖い。役割を押し付けられ、記号化されてしまったような「あひる」が気の毒。語り手の弟も相当変だが、語り手の年老いた両親の方がもっと得体が知れないかもしれない。同時収録の2編、「おばあちゃんの...

  12. 『こちらあみ子』今村夏子著 - 芸術鑑賞ざんまい

    『こちらあみ子』今村夏子著

    こちらあみ子 (ちくま文庫)今村夏子/筑摩書房undefined今村夏子氏は天才。太宰治賞と三島由紀夫賞を受賞したデビュー作である表題作「こちらあみ子」(「あたらしい娘」から改題)は、胸が苦しくなり、でも最後は胸が温かくなり、それでもやっぱり息苦しい。家でも学校でも疎まれてしまうあみ子に、周囲の人がイライラしてつらく当たってしまう理由も少し分かってしまう。読者として罪悪感を覚える。あみ子は知...

  13. 新堂冬樹作「枕女王」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    新堂冬樹作「枕女王」を読みました。

    新堂冬樹作「枕女王」を読みました。未瑠は、売れない地下アイドルグループをやっています。そのグループ、ショコラは、ダンスも歌もヴィジュアルもいまいちなグループでした。支えられ系として辛うじて生き残っていた彼女らは、物販だけが生命線です。その中で唯一未瑠だけが見られるタレントでした。売れるべくブログを更新する未瑠でしたが、そのブログに執拗に中傷コメントを寄せるのが樹里亜でした。妙に内情に詳しい樹...

  14. 【悪魔事件】 - SAKURA千年紀

    【悪魔事件】

    前回は「明るいわかりやすい話」をスローガンに【モダン・タイムス・ファントム】を書いた。連載が可能で、長く愛せそうないい話ができたなと自分では気に入っていて、続きを書くとしたらどういう風にするかというプランもすぐにできたけど、熱が冷めやらぬまま書き始めるとえらいことになる。えらいことってなんぞやって感じだが、えらいことになるのだ。というわけで、次は「安近短」をスローガンに【悪魔事件】を作ってみ...

  15. 創作「セミの抜け殻」 - 物書きkumaさんの創作日和

    創作「セミの抜け殻」

    昨晩、頭上を強襲してきたセミだろうか。玄関を出た先に静かに転がっている。昨日鳴いていたセミが亡くなって、今日鳴いていたセミが明日死ぬ。何日も猛暑が続いていて、同じ時間が繰り返されているような夏休みの寿命も残り少ない。「たく兄、どこに行くの」「そうだな、赤坂公園の方でも見てみるか」「そこにはたくさんあるかな」期待のまなざしが向けられるなか、確かな自信はなかったが、記憶をたどればその可能性は大い...

  16. 以下、童話、イラスト、数学よかったら見てください - tic 徳産業センター

    以下、童話、イラスト、数学よかったら見てください

    以下、童話、イラスト、アジサイ追加、カメの動画追加、数学、不思議qa動画追加など、よかったら見てくださいtシャツ短納期、花猫、景色、恐竜などの販売宜しくお願い致します。https://tictokushiro.blogspot.com/p/t.htmlカメ動画更新http://tictokushiro.blogspot.com/p/blog-page_90.htmlカーネーションとシクラメン...

  17. 安藤祐介作「不惑のスクラム」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    安藤祐介作「不惑のスクラム」を読みました。

    第一章、奇跡のフルバック。丸川良平は死に場所を探していました。ポケットの薬を飲めばいつでも死ねます。その丸川の前にラグビーのボールが飛んできました。思わずそれを掴み、ワンバウンドさせてグラウンドに蹴り込みます。それを見たラガーマンたちからどよめきが起こりました。ナイスキックでした。すると丸川は、老ラガーマン宇多津に呼び止められます。ポジションを聞かれて、フルバック、と答えると、練習に誘われま...

  18. 読書「小説版天気の子」 - 物書きkumaさんの創作日和

    読書「小説版天気の子」

    新海誠監督の「天気の子」気になっていたけれど、筆者は普段から映画館に足を運ぶタイプではないので、そのうち地上波で・・・とか思っていながら、なんだかんだ気になって文庫本を購入。映画で見るよりも安価だし、何より空いた時間に好きなタイミングで読める。とっかかりとしてはそんな感じ。では本題に戻るとして、なるべくネタバレにならない様に留意しているが、念のため前置きとしてネタバレしたくない方はお戻りくだ...

  19. 心理学 #779 - 「 K 」 Diary

    心理学 #779

    うっす!みんなげんき?俺も元気だぜ心理学系の小説を書いているので心理学の知識を補強しようかと久しぶりに心理学の本を読んだそれが↓こちら『面白いほどよくわかる!心理学の本』 詳細300ページくらいあるがこの本を1冊読めば心理学とはどんな学問なのかおおよそ判る内容になっているざっと心理学を知りたい人にはわりとおすすめただし204ページのモノアミン仮説に関しては間違いが書かれていたこれは脳内のセロ...

  20. まさきとしか作「ある女の証明」を読みました。 - rodolfoの決戦=血栓な日々

    まさきとしか作「ある女の証明」を読みました。

    まさきとしか作「ある女の証明」を読みました。当初は「きわこのこと」という名前で出版されたものを改題されています。第一章、2015年2月、衝突事故男性の死因「窒息死」と判明。苫小牧で大龍が衝突事故を起こして亡くなりました。運転中に寿司をのどに詰まらせて死亡したのでした。大龍は行きつけの飲み屋である女に出会います。大龍はおごりますが、女は礼を言って立ち去りました。女の前で大龍は自分の終活について...

総件数:611 件

似ているタグ