小野小町のタグまとめ

小野小町」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには小野小町に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「小野小町」タグの記事(18)

  1. 北斎「六歌仙の小町」もう一枚! - 憂き世忘れ

    北斎「六歌仙の小町」もう一枚!

    その前に、前記事の答えです。アグラかいています。アグラは漢字で「胡座」「胡」=古月=五クニ=い国=いこく=い谷=いせ=伊勢「座」=さ=下こ=もと語=因語=イム語=仏語=物語「胡座かく」=伊勢物語書く「六歌仙」は縦長のもある。上の空白をカットしてますが。段々と脳が疲れて来たんで、ザックリいきまーす。「中身は業平」なので、扇はおかしい。笏を持たせないと。「扇捨、笏だろう!」→選者、バカだろう!*...

  2. 北斎「六歌仙の小野小町」変だぞ(ーー゛)?? - 憂き世忘れ

    北斎「六歌仙の小野小町」変だぞ(ーー゛)??

    「黄金のバンタム」を読んでも解らないので、先に北斎の解読。北斎「六歌仙」の小野小町なんだけど。これにも、業平くんが入っている。つうか、変なところ解る?六歌仙の他の人はこんな感じ。(実態は四歌仙!)で、他の人が描いた小野小町はこんな感じ。ねっ。変でしょ。答えは、あ・と・で。

  3. 北斎「紫陽花に燕」これも小野小町か! - 憂き世忘れ

    北斎「紫陽花に燕」これも小野小町か!

    「黄金のバンタム」を破った男。解読中。「幻庵」ほどではないけど、かなり難しい。北斎も忍者か。それとも芭蕉や其角の俳句から知ったのか。「紫陽花に燕」です。アジサイでピンときた。小野小町「花の色は」の花は紫陽花!!https://tamegoro.exblog.jp/29929764/これもまた、どっかにイケメン業平君がいるはず。ツバメ→春来たり→東くだり燕=さかもり=逆盛り=逆成皿り「逆成」=...

  4. 北斎「酔余美人」これも小野小町! - 憂き世忘れ

    北斎「酔余美人」これも小野小町!

    〈「黄金のバンタム」を破った男〉を解読中。「黄金のバンタム」=小野小町ってヨミ。「ふなまんじゅう」は小町と解いていた。ボックスには箱の他に「ボクシングをする」意味があるとか出てきて、この絵ですよ。ボックス=箱前に解釈しています。北斎「酔余美人」師匠に会いたーい♥https://tamegoro.exblog.jp/29244327/盃と箱の大きさのトリック。箱小に盃大=宗匠に会いたいこれを小...

  5. 小野小町「花の色は」の花は紫陽花!! - 憂き世忘れ

    小野小町「花の色は」の花は紫陽花!!

    目からウロコです。ポロッ。花の色はうつりにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに「花」といえば「桜」この「知ったかぶり」の常識。囚われてしまって、ワナにズボッ。あーあ。今頃気づいた。エッチラオッチラ……。穴から這い上がったゾ。気にはなっていた。桜って、色は変わらない。散るだけ。でもまあ、容貌にたとえているからこうゆう表現なんだろう。とスルー。北斎や其角や百田さんなど、芸術家は「納得でき...

  6. 小野小町→男待ち? - 憂き世忘れ

    小野小町→男待ち?

    小野小町のことを考えていたら、ちょっと待てよ!行平兄ちゃんが、フザケて創作したキャラクターだとしたら、「男(おのこ)待ち」って読めるんだよね。で、北斎のこの絵を思い出した。ほら、男を待ってる。北斎「舟まんじゅう」は小野小町https://tamegoro.exblog.jp/29272202/

  7.  小野小町「花の色は〜」女の歌じゃなーい! - 憂き世忘れ

    小野小町「花の色は〜」女の歌じゃなーい!

    前記事の続きです。小野小町の有名な歌花の色は うつりにけりな いたづらにわが身世にふる ながめせしまに解釈は以下。花の色はうつりにけりな〜何に?https://tamegoro.exblog.jp/26772255/女性の皆さま、これの作者は女性ではない!って思いません?女とゆうのは、鏡を見て、こんな風に思うんだろうなあ。と、男が詠んだ歌。女はこんなこと、歌に詠まないと思う。いかがでしょう?...

  8. 誰もが知っているのに、誰も知らない。 - 憂き世忘れ

    誰もが知っているのに、誰も知らない。

    名前だけは超有名な、芭蕉とかね、日本人なら知らない人はいないってゆう人。でも、代表句「古池や」のどこがいいのか、誰も言えない。変じゃない?もう一人が小野小町。この人も、伝説はいっぱいなんだけど、正体は不明。もしかして男じゃないの?って思ったことある。今ね、ふと、エア歌人?となった。中の人は、業平。喜撰法師も、中の人は業平という推理をしました。「素性が解らない」ということが、超アヤシい。現代の...

  9. 落語「三味線栗毛」びっくりしたーーーっ!!! - 憂き世忘れ

    落語「三味線栗毛」びっくりしたーーーっ!!!

    すわりションベンこそしませんが……、マジでヤバい!おなじみの「三味線栗毛」です。コレも、よく考えると、かなり不自然なタイトル。だって、最後に出て来るだけ。「三味線栗毛」をじーっ、「栗毛」=錦木と読める。*錦木は主人公の盲目のアンマさん。そういえば……「栗毛」といっても錦木さんには解らないかも。でも、失明した年齢にもよるなあ……などと考えた。それから延々と、意味を考えた。結論だけ書きます。「三...

  10. 菌ピタ君は公式キャンペーンサイトだとけっこう安い - 一瞬一瞬を大切にしようと思う伶花の日々にチューモーク

    菌ピタ君は公式キャンペーンサイトだとけっこう安い

    七五調や五七調という韻律は、詩歌の音声的な形式のことで、日本では古くから使われており、詩歌が心の中に入ってくる魔法のリズムです。七五調は優美かつ繊細で、女性的な調べを醸し出す魅力ももっています。古今和歌集にある小野小町の和歌に「思いつつ寝ればや人の見えつらむ夢と知りせば覚めざらましを」というものがあり、解釈は「あの人のことを思いながら寝たから夢に出てきたのでしょうか。夢と知っていれば目を覚ま...

  11. 花の色(岡) - 柚の森の仲間たち

    花の色(岡)

    先日家のバラが2輪、大輪の花が咲きました。細い茎に対してかなり大きく重たそう…などと思っているうちに、2週間ぐらいかけて少しずつ枯れていきました。あーあ、枯れてしまったわ…家のバラの花は2週間ぐらいしかもちませんでした。百人一首のなかの小野小町の歌がちらりと頭に浮かびます。「花の色は移りにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに…」花でも人間でも気づいたら枯れているのですね。恐ろしや~。...

  12. 「ドーン」第二章「小野小町」 - 憂き世忘れ

    「ドーン」第二章「小野小町」

    「ドーン」解読つづきです。第二章惑星と惑う人々「惑星」=わくせい=はくせい=白星=勝ち=徒=いたづらいたづら=板面=鏡(うつりにけりな「いたづら」に)「と」=気になる「惑う」=そのまま「人々」=2人=ふマン=ウーマン=女惑星と惑う人々=「鏡気になり惑う女」7あの日、国際宇宙ステーションで、君は、……「あの日」=あ下ひ日=赤い日=赤日=せきじつ=昔日「国際宇宙ステーション」=ISS=人工衛星「...

  13. 花の色は… - モルゲンロート

    花の色は…

    梅(ピンク)が終わったわが家の庭では、こんどはユキヤナギ(白)、サンシュユ(黄)が。花の色は移りにけりな…。(^o^)y(「移る」の意味が違う、なんて堅いこと言わないで。(^_-))

  14. 北斎「舟まんじゅう」は小野小町 - 憂き世忘れ

    北斎「舟まんじゅう」は小野小町

    北斎「舟まんじゅう」です。インパクトある。何がって、黒くて異様な「頭巾」。変ななびき方だし……。解説はこちら。ゾッとする雰囲気があるし、舟ですから「揺れが気になる」これを「幽霊が気になる」と考えたりもした。でも違った。あれこれ悩みましたから、結論だけ書きますね。★「帯」が変。後ろ部分がラクガキみたいに雑だし。それとココ。ウエストに巻いてない!帯変!=怯えん何におびえるのか。幽霊ではなく「浪」...

  15. わがみよにふる ながめせしまに - 熊本幸夫のブログ「退屈夜話」

    わがみよにふる ながめせしまに

    小倉百人一首歌番号=9小野小町(出典 古今集 )花の色はうつりにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに はなのいろは うつりにけりな いたづらにわがみよにふる ながめせしまに 《我流抄訳》花の盛りはすぐに過ぎるぼんやりながめているうちに《我流意訳》花を散らしに降る長雨をむなしく眺めているうちに女の盛りも移りゆき花の姿も色あせるあっというまに《内緒話》この歌が「雨に散る短い花のいのち」...

  16. 其角「夕立にひとり外みる女かな」 - 憂き世忘れ

    其角「夕立にひとり外みる女かな」

    夕立にひとり外みる女かなこれはもう、小野小町しかないわけで。簡単すぎて不安になります。もっと裏があるのでは……と思わせるのが其角。この句の気になるところは「ひとり」です。今日は、ずーっと「源氏」を解読していて、小野小町で「胡蝶」を表している歌があったのね。小町を「こちょう」。そうなると、「ひとり外」を「ひとりがい」と読むとヒトリガ(蛾)が隠れている。もともとは、蝶も蛾も区別はなかった。拙著「...

  17. ルイに呼ばれて、トランペット友だちになる - 憂き世忘れ

    ルイに呼ばれて、トランペット友だちになる

    「村上かるた」です。ルイに呼ばれて、トランペット友だちになるこれは難しかった。ぱっと見で「友だち」は「夕立」だろうなあとは思います。経験による勘です。「夕立」とくれば、村上ワールド(?)では、小野小町か其角の雨乞いでしょう。雨乞いは請雨=せいう=セーフ。そこに「ルイ」ですから、ははん、これは野球がらみだなと思う。間違いでしたね。それで時間がかかりました。私は免許持ってないし、車のこと全然知り...

  18. 花の色はうつりにけりな〜何に? - 憂き世忘れ

    花の色はうつりにけりな〜何に?

    クロスワードのカギ風なタイトルです。花の色はうつりにけりないたづらにわが身世にふるながめせしまに小野小町の有名な歌。百人一首の9番でございます。この句については、定説の解釈に異議はありません。ただし、さすが定家先生の眼鏡にかなっただけのテクニックを使っている。ポイントは「うつりにけりな」。昨日「源氏」を読んでいて、やっぱり「いたづらに」が出て来ました。式部姐さんは、こうゆうのを「板面」のこと...

総件数:18 件

似ているタグ