尾瀬のタグまとめ

尾瀬」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには尾瀬に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「尾瀬」タグの記事(205)

  1. 初秋の池塘 - 小さな森の写真館 (a small forest story)

    初秋の池塘

    夏から秋へと移ろう池塘は、ほのかに秋色に変わり始めていました。

  2. スギナモ揺れる水面 - 小さな森の写真館 (a small forest story)

    スギナモ揺れる水面

    川を覆い尽くすようなスギナモの群落が川の流れに揺れていました。

  3. 密集 - 小さな森の写真館 (a small forest story)

    密集

    池塘に浮かぶヒツジグサ、夏から秋へと色変わりする葉色なかで可愛い花を咲かせていました。

  4. 雲の舞 - 小さな森の写真館 (a small forest story)

    雲の舞

    東の空の雲が日の出とともに動き輝き始める姿は、まるで大空に繰り広げられた雲の舞のようでした。

  5. 初秋の尾瀬を巡って その16 ~ 道の駅 尾瀬かたしな - 「趣味はウォーキングでは無い」

    初秋の尾瀬を巡って その16 ~ 道の駅 尾瀬かたしな

    『道の駅尾瀬かたしな』は、沼田市と栃木県日光市を結ぶ国道120号線沿い、片品村の中心地となる片品村役場の北側に位置し、尾瀬国立公園の稜線をはじめ、片品の里山風景を目の当たりにすることができる場所にあります。片品村は、尾瀬国立公園や日光国立公園を擁し、自然の宝庫です。また、標高の高さと冷涼な気候のおかげで、トマトやトウモロコシ、まいたけ、レタス、大根、豆類など、とても味の良い野菜を収穫すること...

  6. 薄明りの湿原 - 小さな森の写真館 (a small forest story)

    薄明りの湿原

    何層もの雲に覆われた空が白み始めて、アルパイン・ウエットランドの新しい朝が始まろうとしていました。

  7. 初秋の尾瀬を巡って その14 ~ 鳩待峠から道の駅 尾瀬かたしなへ - 「趣味はウォーキングでは無い」

    初秋の尾瀬を巡って その14 ~ 鳩待峠から道の駅 尾...

    登山も無事終了鳩待峠へ戻りました左膝を傷めるというアクシデントがありましたが、ペースを落として慎重に歩く事で問題無く登山出来ました勿論、万全のコンディションで挑むのが理想ですが、なんとかなるものですとは言え、さすがに疲れました鳩待峠休憩所で何か飲んで食べて休憩な気分その前にバス時間の確認を時間にもよりますが、一本乗り過ごしたらえらく待たされる可能性ありますからねなんともうすぐ出発だそうなwあ...

  8. 薄明りの木道 - 小さな森の写真館 (a small forest story)

    薄明りの木道

    夜明けの薄明りの中で、夢の続きを追いかけるように何処までも木道が続いていました。

  9. 初秋の尾瀬を巡って その13 ~ 小至仏山、鳩待峠 - 「趣味はウォーキングでは無い」

    初秋の尾瀬を巡って その13 ~ 小至仏山、鳩待峠

    岩岩の稜線風が強くて景色を楽しむ雰囲気じゃないなあ小至仏山山頂山頂は岩岩狭く風の通り道のようで全く持って休憩向きじゃないですねただ眺望は至仏山の山頂より狭い分見通しが良いので景色は良いです少し進むと道がとたんに綺麗に木道と木の階段のコンビネーション歩きやすいと言いたいところですが、膝を傷めた私なのでちょっと工夫が必要でした階段は横向きで1段ずつカニ歩き、木道は左足を伸ばしたまま超大股で歩きま...

  10. 初秋の尾瀬を巡って その12 ~ 至仏山山頂 - 「趣味はウォーキングでは無い」

    初秋の尾瀬を巡って その12 ~ 至仏山山頂

    左膝をイタメテ思うようにペースが上がりませんが、前を歩く方々はかなりのマイペースで10人近く抜くことになるとは思わなかった私を抜いたのはめっちゃ健脚な若い男性一人でした尾瀬ヶ原では見かけなかった花尾瀬は高山植物の宝庫ですねハイシーズンじゃなくとも様々な植生を見ることが出来ますまだまだ登るなあ見晴らしが良いおかげでルートに先を歩く人がくっきり見えるので、元気なときはパワーになり、疲れてるときは...

  11. 胡麻菜の花咲く頃 - 小さな森の写真館 (a small forest story)

    胡麻菜の花咲く頃

    夏の終わり、静かな沼のほとりでは胡麻菜の白い花が咲いていました。

  12. 初秋の尾瀬を巡って その11 ~ 至仏山 - 「趣味はウォーキングでは無い」

    初秋の尾瀬を巡って その11 ~ 至仏山

    2日目の朝です前日までの天気予報ではこの日は雨今のところまだ降ってませんぎりぎりまで寝て、6時から朝食です朝のおかずも野菜に魚、海苔、卵と十分な内容夜と同じでご飯はセルフサービスながらおかわり自由冷凍フルーツしっかりとエネルギー補充食堂は広く50人ぐらいは余裕で対応可能この日は10人ぐらいでしたチェックアウトは8時まだ1時間以上ありますゆっくりと出発の準備実は前日、アヤメ平へ向かう途中の木道...

  13. 初秋の尾瀬を巡って その10 ~ 尾瀬ロッジでのひととき - 「趣味はウォーキングでは無い」

    初秋の尾瀬を巡って その10 ~ 尾瀬ロッジでのひととき

    宿にチェックイン記入後、宿の説明尾瀬ロッジ内の設備の説明食事時間、消灯時間尾瀬の山小屋利用者は登山客も居ます山の頂上でご来光を見たい人も居たりするので、日の出遥か前にチェックアウトする人も珍しくないですなので、全てのスケジュールが早めチェックアウトは8時食事も夕食が17時から、朝食は6時からこの日は宿泊者数も少なく、一人一部屋でした約3畳半ぐらいの部屋まあ寝るだけですから何もありません布団も...

  14. 初秋の尾瀬を巡って その9 ~ 尾瀬ヶ原、尾瀬ロッジ - 「趣味はウォーキングでは無い」

    初秋の尾瀬を巡って その9 ~ 尾瀬ヶ原、尾瀬ロッジ

    水中から花が咲いてる素敵な花だなー調べてみたヒツジグサと言うらしいヒツジグサ地下茎から茎を伸ばし、水面に葉と花を1つ浮かべる。花の大きさは3cmから4cm、萼片が4枚、花弁が10枚ほどの白い花を咲かせる。花期は6月から11月。未の刻(午後2時)頃に花を咲かせることから、ヒツジグサと名付けられたといわれる。ただし、実際は朝から夕方まで花を咲かせる。ほーここ、人全然いないけど休憩出来るスペースあ...

  15. 静かな沼畔 - 小さな森の写真館 (a small forest story)

    静かな沼畔

    静かな沼のほとりで一休み、穏やかな景色に時を忘れました。

  16. 初秋の尾瀬を巡って その8 ~ 東電小屋 - 「趣味はウォーキングでは無い」

    初秋の尾瀬を巡って その8 ~ 東電小屋

    このベンチがある場所は分岐点でもあります真っ直ぐ進むとさっきピザを食べた見晴へなので右の東電小屋方面へ尾瀬ヶ原を横断するルートは2つ見晴から竜宮小屋を経由して山ノ鼻を目指す南側ルート、こちらを通る人が圧倒的に多いもうひとつが今歩いてる北側のルートです最終的に北側ルートが徐々に南下していき南側ルートと合流しますメインストリートになるのは南側なので、こちらは更に静かなトレッキングを楽しめます望遠...

  17. 初秋の尾瀬を巡って その7 ~ 三条ノ滝 - 「趣味はウォーキングでは無い」

    初秋の尾瀬を巡って その7 ~ 三条ノ滝

    時間はまだあると判断北の奥地にある三条ノ滝を見に行きます温泉小屋人が来ないからなのか施設は休みでしたうんうん三条ノ滝まで1.8km全然近いね元湯山荘ここは開いてるけどお出かけしてるのか人は居なかったここで分岐右は段吉新道をと追って御池へ向かうルート御池は以前、燧ヶ岳登山の起点として一度行ってますなので、左ルートで三条ノ滝へ直行しますさて分岐を過ぎた途端いきなり鎖今までにない、細く歩きにくく強...

  18. ほんのりと秋色 - 小さな森の写真館 (a small forest story)

    ほんのりと秋色

    沼の周辺の湿原は、ほんのりと秋色に変わり始めていました。

  19. 初秋の尾瀬を巡って その6 ~ 見晴、尾瀬ヶ原 - 「趣味はウォーキングでは無い」

    初秋の尾瀬を巡って その6 ~ 見晴、尾瀬ヶ原

    さすが尾瀬最大の集落、見晴ちょっとした田舎の街ですよまじで私の幼少期に育った帯広市広野町を思い出します勿論、広野町は木造はありませんでしたが建物の間隔、木々、草花のあり方昔は、こんなシンプルな景色が普通でしたよねってか見晴って山小屋が6軒あるんだけど、どの山小屋もカフェぽいのあるんだねこの、ひげくま喫茶さんはピザは無いけど、メニューの種類だけならこっちの方が多い同じ商品だと価格はお店同士揃え...

  20. 渓流の響き - 小さな森の写真館 (a small forest story)

    渓流の響き

    ブナの森は水を貯える森、たくさんの渓流が森を下っていました。

総件数:205 件

似ているタグ