居酒屋・酒処・バールのタグまとめ

居酒屋・酒処・バール」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには居酒屋・酒処・バールに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「居酒屋・酒処・バール」タグの記事(47)

  1. やすきよ @玉造、飲兵衛の聖地にて。 - Kaorin@フードライターのヘベレケ日記 

    やすきよ @玉造、飲兵衛の聖地にて。

    玉造「居酒屋 やすきよ」ナイツ。念願の夜!毎度なメンツで、へべれけな夜のはじまりだ。冷えたビールで喉潤す。5分前まで近所で取材してた私にとって、いやぁー最高のハイオクガソリン。付き出しは「甘海老 紹興酒&醤油漬け」。まったりとした甘みがいいねー。「湯がいた鮑の酢味噌和え」と、のっけからいいネタ続々。飲ませるわー。なすオランダ煮、小芋煮っころがし、人参きんぴらほかおっかさんの味的、ほっとするテ...

  2. 二甲料理店 @攻めの料理×酒場。路地裏の衝撃。 - Kaorin@フードライターのヘベレケ日記 

    二甲料理店 @攻めの料理×酒場。路地裏の衝撃。

    大阪・新町。マンションや雑居ビルが立ち並ぶその隙間に、店はある。この路地ぃな感じ、めっちゃそそられるんですけど。4/27open「二甲料理店」 (NIKOH RYORITEN) 西洋料理をベースとしたアテとサケを楽しめるカジュアルな料理店だ。新町の大御所に連れられ初訪問。「トラットリア パッパ」松本喜宏シェフ。ワイン/フードジャーナリスト・寺下光彦さん。おふたりには、公私ともにお世話になっ...

  3. DAIGAKU @下町酒場、新スタイル。 - Kaorin@フードライターのヘベレケ日記 

    DAIGAKU @下町酒場、新スタイル。

    商店街から、人ひとり通るのやっとな細路地を入りゆき大阪・野田の地獄谷に潜入。昭和の名残を感じるこの路地裏。私的には、浪速のスパッカ・ナポリやなぁ。目的地はココ。「DAIGAKU」かつて「ル・ヌー・パピヨン」を営んでいた名ソムリエ・関本大学さんが開いた酒場だ。2019年10月open赤い階段をあがった2階に、その店はある。階段横にはルイ・ジュリアンの空ボトル、そそられるわ。コップワインてのが嬉...

  4. マンジャ エ ベーヴィ!! (MANGIA E BEVI!!) - Kaorin@フードライターのヘベレケ日記 

    マンジャ エ ベーヴィ!! (MANGIA E BEV...

    素晴らしかった!「Sting」大阪公演!68歳にして、このシェイプアップされた肉体美。力強くも透き通った歌声、そして独特のベースプレイに超感動。目ぇ合ったし(笑)って誰もがそう感じることでしょうwwwコンサートの後は音楽関係Yさんと、ロックな新聞記者Oさんと本町「マンジャ エ ベーヴィ!!」でプチ打ち上げ。南イタリア・プーリア州の郷土味を楽しませてくれる「ラ ピニャータ」の2号店。やっとおじ...

  5. Winestand Perche @立ち飲みで気軽にナチュールを - Kaorin@フードライターのヘベレケ日記 

    Winestand Perche @立ち飲みで気軽にナ...

    天満橋の北エリア(大川を渡った北側)が最近アツい。ナチュールな名イタリアン、ナチュールとお好み焼きの店、東天満には奇才シェフのフレンチがあったり立ち飲み酒場、レコード&ワインショップ、日本酒な店etc…。何なら近所に住みたいくらい、この街の店と人に、私は惹きつけられている。2019年9月にオープンした「Winestand Perche」もそのうちの一軒。「スタンド」って言葉も、立ち飲み好きの...

  6. BAGDAD Theater&Pub @Portlandの名物パブ - Kaorin@フードライターのヘベレケ日記 

    BAGDAD Theater&Pub @Por...

    もう少しだけ、ポートランドの美味ネタに付き合ってくださいねwといいながら、カナダから。クラフトビールな店「Imperial Bottle Shop Taproom」を出て、住宅街をぶらぶら歩けば、至るところに公園が。家を出ればすぐに緑豊かなスペースがあって皆それぞれが気持ちいい夏を楽しんでいる。田舎もんのワタシには、心地よすぎる夕暮れどき。一息ついた後は、レトロなPub「McMenamin...

  7. Imperial Bottle Shop & Taproom @ディビジョン通りでアペ時間 - Kaorin@フードライターのヘベレケ日記 

    Imperial Bottle Shop & ...

    続・ポートランド 食&旅日記。ダウンタウンを離れ、Division St.(ディヴィジョン・ストリート)へ。Divisionといえばサードウェーブコーヒーで名を馳せる「Stumptown Coffee」のお膝元。とにかく、コーヒーショップが多いしワインな店から、ベイク・ショップまで、行くべき店が多すぎる。ヴィンテージストア「Village Merchants」なんて、時間忘れてしまうくらいオ...

  8. あたらよ @東横堀川の風をあつめて - Kaorin@フードライターのヘベレケ日記 

    あたらよ @東横堀川の風をあつめて

    大阪・博労町。東横堀川エリアの、いま最もアツいスポット。立ち呑み&ビストロ「あたらよ」で毎度なメンツと特別な夜。メンバーは、帝王切開ができるギタリストOセンセとGREAT RACEのランナーが本業のドクターKちゃんセンセとロックな餡子社長。店奥のテーブル席。東横堀川からの夜風を感じながらビストロの味とナチュラルなワインを楽しむことができる。っとその前に、立ち呑みスタイルのカウンターにてアペな...

  9. 串かつ 次郎吉 @俊徳道のローカル名酒場 - Kaorin@フードライターのヘベレケ日記 

    串かつ 次郎吉 @俊徳道のローカル名酒場

    東大阪・俊徳道。目指すは住宅街のなかにある名酒場「串かつ 次郎吉」地域に根ざした渋系酒場。オープンまもない時間ながら、カウンター席はご常連でほぼ満席だった(驚)レモン酎ハイでクールダウン。●くじら尾の身尾の付け根付近の肉。ぶ厚っ!どこまでも香り高く、口中の温度ですっと溶けた。●牛たたき美しいロゼ色した身はウチヒラ。こちらもしっかり厚みありながら、しっと〜り繊細。噛むほどに赤身の清々しい風味が...

  10. Blanc 〜ブラン〜 @心に沁みるナチュールな夜。 - Kaorin@フードライターのヘベレケ日記 

    Blanc 〜ブラン〜 @心に沁みるナチュールな夜。

    おいしい週末。東京からの客人たちと16時から飲み続けていた終着の地は、やはりコチラ。「Blanc 〜ブラン〜 」@大阪・京橋立ち飲みカウンターを併設したビストロ。店主の幹さんこと、宮本幹子さんに会いに、しかもナチュールなワイン、モードだったので幹さんおすすめのあれやこれやを目当てに♪乾杯!は「Cardinali Calanchi」をボトルで。伊エミリア・ロマーニャ州のオレンジワイン。うだる暑...

  11. あたらよ @居心地がいい、立ち呑み&ビストロ - Kaorin@フードライターのヘベレケ日記 

    あたらよ @居心地がいい、立ち呑み&ビストロ

    あたらよ【可惜夜】:〘名〙明けるのが惜しいくらい素晴らしい夜万葉集でも謳われている大和言葉。風雅な趣ある、素敵な名前だ。大阪・博労町。2019年4月open。昼からナチュールな酒を楽しめるスタンド酒場。店奥には、東横堀川を眺めながらビストロの味を楽しめるテーブル席も。Ricoさん、おめでとうございます☆駆けつけ一杯はシャンパーニュ。カラッカラの喉に身体に、すーっと染み入る。このバター、サラリ...

  12. 大阪ディープツアー⑴ @淡路屋直売所 - Kaorin@フードライターのヘベレケ日記 

    大阪ディープツアー⑴ @淡路屋直売所

    待ちに待ったこの日がやってきた。「大阪ディープツアー」という名のもと、東西&ハワイからキーパーソンたちが集結。メンバー情報はFBのタグ付けにて。もうお会いしたかった人たちばかりで、高ぶる気持ちをおさえつつまず1軒目は、浪速のレジェンド級・名酒場生野区・田島にある「淡路屋直売所」へ。私が初めて、この店の暖簾をくぐったのは堺筋本町にある名ビストロ「ル・ヌー・パピヨン」オーナーソムリエ・関本大学さ...

  13. 本町ハシゴ酒@ ニューサンカク→マルルエウルル - Kaorin@フードライターのヘベレケ日記 

    本町ハシゴ酒@ ニューサンカク→マルルエウルル

    夜のお店ロケ終了後、帰りゃいいのに、街が私を呼んでいる。ってことで福島区から本町までウォーキング。「スタンド ニューサンカク」先日、1周年を迎えたケンケンのお店。おめでとうございます!オープン1年とは思えぬ、オーラ漂う名酒場。いつもお世話になってマス。●赤生(トマトビール)いつも1杯目はトマトビール。2杯飲んでも、ビール1杯分やからなぁ。おっと、隣には毎度なふたり(笑)不意打ちバンザイな夜。...

  14. びんちょう焼き 八炭 @北新地 - Kaorin@フードライターのヘベレケ日記 

    びんちょう焼き 八炭 @北新地

    この日は昼から夜まで北新地。「BON DA BON(ボン ダ ボン)」の多田さんが「ル シュクレクール」にやってくる!てことでおじゃましたら、それはそれはもう夢のようなひととき。17ヶ月と24ヶ月熟成の、魅惑的なペルシュウ2種を思う存分、堪能し、バゲットやクロワッサンとの妙味を愉しみおかげでチョコ田こと横田くんセレクトのナチュラルなワインも進み進み、夕方には出来上がっておりました(笑)多田さ...

  15. Sabor a mi -サボラミ- @昼酒万歳☆ - Kaorin@フードライターのヘベレケ日記 

    Sabor a mi -サボラミ- @昼酒万歳☆

    休日の昼酒に、まず立ち寄りたい一軒が「Sabor a mi -サボラミ-」@大阪・京町堀「ランチにビールやワイン」、ではないんだよなー。「好みの酒と場を求め昼間から飲みに行く」というアクションがすこぶる好きなのだ。そこに、気の利いたアテがあれば完璧。そして夜に響かない程度、飲む。ここも重要なんだけど、そう上手くはいかない(笑)クレマン・ダルザスで乾杯!「Rietsch Cremant d&#...

  16. すえひろ @帰国後、和の愉悦。 - Kaorin@フードライターのヘベレケ日記 

    すえひろ @帰国後、和の愉悦。

    帰国後、初めての和食はなんだかいつも「すえひろ」のような気がする。この日は、音楽関係の友人たちとの飲み。美味しいネタと、洋楽ロックな話題に花が咲く。付き出し「ホタテ酢味噌」。ホタテの旨みに続くキュッとした甘酸っぱさと、白味噌のやらこい甘みに癒される。カウンターにずらり並んだ大鉢料理を覗きながらどれにしようか嬉しい悩み。「枝豆」はコク深き味わいだし「アジ南蛮」は、骨まで愛して〜な柔らかさ。身に...

  17. 和洋酒菜 ひで @夏味堪能。 - Kaorin@フードライターのヘベレケ日記 

    和洋酒菜 ひで @夏味堪能。

    心斎橋、路地裏に佇む名店「和洋酒菜 ひで」。できれば毎月おじゃましたいんだけれど予約難しき名店ゆえ、この日も他力本願で。Kさんありがとうございます☆冷えたビールで喉を潤し●釜揚げしらす、京都の山椒、錦胡麻ふわふわのしらすは優しい塩味のなかに甘みがある。ほのかに利かせた山椒、錦胡麻の香ばしさが飲みのピッチを早めるわ。●明石の伝助穴子ブリッと舌の上で跳ね、ほろり崩れゆく繊細さ。風味がすこぶるいい...

  18. 肴・和洋酒 マツケン @マツケン食堂の新展開☆ - Kaorin@フードライターのヘベレケ日記 

    肴・和洋酒 マツケン @マツケン食堂の新展開☆

    2018年5月8日(火)にグランドオープンする「肴・和洋酒 マツケン」へ行ってきました@野田阪神北新地の喧騒から離れた新店舗は、野田阪神の駅から徒歩数分。高架下すぐ、暮らしのにおいが漂う、長屋が密集する一角に店はある。マッチャンこと松本賢司さん、マダム・ジュンさんおめでとうございます☆プレオープン初日にふらりとおじゃま。3/28に幕を下ろした北新地「マツケン食堂」の新展開は「ワイン、日本酒に...

  19. 串かつ 一口 @尾道昭和の香りと、三代目の新風と。 - Kaorin@フードライターのヘベレケ日記 

    串かつ 一口 @尾道昭和の香りと、三代目の新風と。

    尾道「ビズー」を後にし、目指すはあの名店。外はまだ明るい。小躍りしたくなるくらい嬉しい。なぜなら、まだたっぷり飲む時間はあるのだから。(笑)旧き良き繁華街をてくてく歩けばスナック、スナック、お好み焼き、またもやスナックの文字。昭和エレジー。尾道ならではのこの空気感、好きやわ〜。そして到着した「串かつ 一口」開店前。席を確保したいお客さんで待機所は賑わっている。基本的に予約不可。待っていた客が...

  20. 尾道 BISOU(ビズー) @ナチュラルなワインとボーダレスな料理と - Kaorin@フードライターのヘベレケ日記 

    尾道 BISOU(ビズー) @ナチュラルなワインとボー...

    尾道旅情。ローカル線の車窓から。尾道大橋と向島が、視界に飛び込んできただけで、もうワクワク感が高まる高まる。大好きな港町・尾道へやってきた。あれこれ用事を済ませずっとおじゃましたいと思ってた「BISOU(ビズー)」へ。常連ドラさんと合流し、昼酒的至福時間。梁むき出しの店内。棚にずらり並んだワインボトルを眺めてるだけでニヤニヤしてしまう。だって、タイプの子たちが多いんだもの。陽光差し込む店内は...

総件数:47 件

似ているタグ