山と渓谷社のタグまとめ

山と渓谷社」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには山と渓谷社に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「山と渓谷社」タグの記事(5)

  1. 「ときめく薔薇図鑑」(山と渓谷社)台湾に続き中国での発行が決まりました。 - バラとハーブのある暮らし Salon de Roses

    「ときめく薔薇図鑑」(山と渓谷社)台湾に続き中国での発...

    2018年に、初版が発行されました拙著「ときめく薔薇図鑑」(山と渓谷社)ですが、おかげ様で、台湾での翻訳版に続き、中国での翻訳版の発行が決まりました。こちらは、日本国内版よりも、一回り大きく、ページ数も多くなって発行されました台湾翻訳版です。バラは時代を表しますが、明治~大正~昭和初期の日本国内に於けるバラの広がりや時代背景を映した当時のバラが描かれた着物のご紹介等、外国の方が、ご興味を持っ...

  2. 「羽生選手のように」専門誌が再出発するまで。 - まどでんきがかり。羽生結弦選手全力応援

    「羽生選手のように」専門誌が再出発するまで。

    こんな本がありました。フィギュアスケート日本男子ファンブックQuadruple(クワドラプル)2017 といいます。この本は、2016年11月17日に発売されました。「クワドラプル」の前は、「カッティングエッジ」という本を発売していました。どちらもスキージャーナルという出版社からでした。しかし、スキージャーナル社は2018年1月、経営難により倒産してしまいました。「クワドラプル」は、トップ選...

  3. 「無人島に持って行くべき一冊」 - 秀岳荘みんなのブログ!!

    「無人島に持って行くべき一冊」

    初夏・・というより夏!?を感じるような気温に自然と嬉しくなりますね^-^。例年より自宅にいる時間が長い中、本を手に取る機会が多い方もいらっしゃるかと思います。元々読書が好きな方なら何度も読み返す愛読書があったりするのではないでしょうか。そこで!白石店グッズ売り場ではこんな特別企画を行います!!↓私の「無人島に持って行くべき一冊」アピール短文大募集!シンプルに「コレ、外せないでしょ!?」と思う...

  4. 読書記録「人を襲うクマ -遭遇事例とその生態-」 - SEのための心理相談室

    読書記録「人を襲うクマ -遭遇事例とその生態-」

    読書記録羽根田治「人を襲うクマ」 抄録は以下の通り。『1970年7月、日高・カムイエクウチカウシ山で起きた悲惨なヒグマ事件を教訓にして、最近増え続けるクマの事故を検証。事故を未然に防ぐ方策に迫る。』近年に読んだ本で最も怖かった本です。これは、クマが人を襲った事件の詳細なレポートです。どんな形でも(狩猟ではなく、登山や山菜採りなどで)山に入る人は必読です。まず、とにかく、非常に怖い内容で...

  5. 山の日に、山モリ!フェスに行ってきました - ゆっけ流

    山の日に、山モリ!フェスに行ってきました

    私、気づいていませんでした。。山モリ!フェスの初日は、お盆休みの初日でもあるということに・・恐ろしい圏央道と中央道の渋滞だ~!途中のトンネルで横転した車、自分の車のぼこぼこになったパーツを拾っているおじさん。これから行楽地に向かう人々のすごい人間模様だな・・埼玉から丹沢まで移動2時間半と思った自分のおばか~~!5時40に家を出て、会場についたのが14時~~!!お目当ての9時30からの山歩きの...

総件数:5 件

似ているタグ