山口周のタグまとめ

山口周」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには山口周に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「山口周」タグの記事(6)

  1. 『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』山口周著 - ふつうの生活 ふつうのパラダイス♪

    『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?』山口周著

    よそのブログを読んで面白そうだったので、読んでみました。最初このタイトルを見た時、ああ、そうだよねと思いました。企業のデザイナーがどんなに美しくて素晴らしいデザインの製品を作っても、それを生産ラインに乗せる許可を出す上司に美的センスがなければ、却下されてしまう可能性がある。センスのない人間が重要な役職についている企業では、美しい商品はできない。たとえば、日産の車とか。最近のマクドナルドの店内...

  2. VUCAな時代の仕事の在り方 - Cooper's Chronicle

    VUCAな時代の仕事の在り方

    『ニュータイプの時代 新時代を生き抜く24の思考・行動様式』(山口周/ダイヤモンド社、2019)☆☆☆☆☆「20世紀的優秀さ」は終わりを迎える。今すぐ思考・行動をアップデートせよ!近年、社会構造の変化やテクノロジーの進化に伴い、個人や企業は、新しい考え方や成功モデルへの書き換えを求められている。資本主義社会で、これまで長いこと評価されてきた能力や資質は、今や飽和状態となり、急速に凡庸なものへ...

  3. オッサンとして劣化しないために - Cooper's Chronicle

    オッサンとして劣化しないために

    『劣化するオッサン社会の処方箋なぜ一流は三流に牛耳られるのか』(山口周/光文社新書、2018)☆☆☆☆★年長者が尊重され、大事にされる社会やコミュニティであればこそ、若者も中年もまた、将来は社会やコミュニティが尊重し、大事にしてくれると感じ、安心して働いて税金を収めていたのではないでしょうか。 私たちの社会システムは、基本的にすべてこのような、年長者ほど能力も見識も高く、であるがゆえに地位も...

  4. 人は意味を食べる - 六本木ヒルズ48階から見た空

    人は意味を食べる

    金曜:スイム1.5km土曜:ラン 20km日曜:ラン 35km 金曜夜、打合せが終わってから虎ノ門ヒルズ100人会議サミットへ。港区社協イベントで知り合った方に誘われて初めて100人会議に出席。思いのほか楽しい夜になりました。大規模なオフ会の「様なもの」で、各地域ごとに横のつながりを持つ「参加意識」だったり、「ネットワーキング」の場だったりするようで楽しかった。今後は始まった千代田区とか新宿...

  5. 親友の日経新聞記事 - 六本木ヒルズ48階から見た空

    親友の日経新聞記事

    月曜オフ今日はスイム1.5km、夜に伴走予定@駒沢公園with ジローさん。たぶんインターミッテントを12本だろう。 今朝、日経新聞読んでいてふき出した。日経朝刊6面に、親友山口周君のインタビュー記事が載っているじゃないか。30年来の親友だが、独特の切り口はKO高校の時からずっと同じ。役に立たないことでお金を稼ぐ方向にシフトする必要がある人は意味を食べて生きる存在だ既存のシステムを壊すのでは...

  6. 『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?―経営における「アート」と「サイエンス」』 山口 周 著 - 芸術鑑賞ざんまい

    『世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか?―経営に...

    世界のエリートはなぜ「美意識」を鍛えるのか? 経営における「アート」と「サイエンス」 (光文社新書)山口 周/光文社undefined著者は、大学院で美学美術史学を専攻後、大手企業で働き、人材育成や経営のコンサルタントを行っているらしい。現代の社会や企業の状況に照らして読むと、うなずける部分が多い。・現代では、「人の承認欲求や自己実現欲求を刺激するような感性や美意識が重要」。→「すてきな私」...

総件数:6 件

似ているタグ