山暮らしのタグまとめ

山暮らし」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには山暮らしに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「山暮らし」タグの記事(56)

  1. 脱皮前のセミ - 山谷彷徨

    脱皮前のセミ

    庭の木の下をモゾモゾと何かが動いていると思ったら脱皮前のセミ。これは初めて見ました。脱皮場所を探しているのかな。

  2. 山菜の季節 - 山谷彷徨

    山菜の季節

    コロナウイルスの影響で社会では悶々とした日々が続いていますが、そんな事は自然には関係なく5月に入ってからは気温も一気に上がり、冬枯れしていた木々も芽吹いて家の周りの山もあっという間に新緑の季節へ。という事で「そろそろ採りに行くか」と日課である朝の罠の見廻りの後、山菜採りへ行ってきました。タラの芽は少し遅過ぎたぐらい。コシアブラコシアブラはまだ時期が早かったので大きめの物だけ少量を採取。アオコ...

  3. タラの芽はまだです - 山谷彷徨

    タラの芽はまだです

    近所のタラの芽スポットへ息子と偵察に行ってきました。やたらキョロキョロしているので聞くと鹿を探しているらしい笑「今日はタラの芽だよ」とフキノトウ に続きタラの木を教えるが似たようなの物も多いのでこれは中々覚えられなそうですね。肝心のタラの芽はまだまだ。やっと芽が出てきたってとこでした。ついでに新たなタラの芽スポットを探しにブラブラと散策して帰宅。山ではウグイスを筆頭に野鳥達が大合唱を繰り広げ...

  4. 自粛中の1日 - 山谷彷徨

    自粛中の1日

    息子と2人での自粛中の1日。朝食を済ませ2人で罠の見廻りへ。もし掛かっていたら2歳半の息子を連れての作業は困難を極める為、この時ばかりは「掛かってほしいけど、掛かってほしくない」と複雑な気持ちで見廻る。雨の翌朝だったので、もしかしたらと思ったが掛かっておらず帰宅。ちなみにに一昨日から罠を6箇所に増やしました。帰ってからは天気も良いので久しぶりに薪割り。自分が薪を割り、息子がそれを積んでいくと...

  5. フキノトウ はそろそろ終わり。セリ、ナズナは今が旬 - 山谷彷徨

    フキノトウ はそろそろ終わり。セリ、ナズナは今が旬

    そろそろ家の近所のフキノトウ が開き始めたので家族で散歩ついでに取り溜め。息子もしっかり手伝ってくれました。見つける能力もだいぶ高くなったみたい。宝物探しみたいで楽しいのだろう。超巨大なフキノトウ をゲット。小一時間で袋一杯の収穫でした。これで今年のフキノトウ 狩りは終了。セリ、ナズナは今が旬。春ですねー

  6. 今年は早い - 山谷彷徨

    今年は早い

    家の近所のフキノトウ ポイント。もうすでに最盛期を迎えております。これ以上開くと食べれなくなるので大量に収穫。それにしても今年は早い・・聞けば暖冬で冬眠しなかった熊なんかも結構いたそうで、滅多に熊などいない近くの山でも今年は何頭か獲れたそう。鹿なんかも山に雪が無いので里の方にはあまり下りてきてない印象です。10年後、20年後はどうなってることやら・・

  7. 初雪 - 山谷彷徨

    初雪

    昨晩からポツポツ降り出し、起きたら外は真っ白。朝から家族で雪掻き。ようやく冬の風景になりました。

  8. クリスマスには - お山の宿 みちつじ

    クリスマスには

    ho〜ho〜ho〜🎅#クリスマス #クリスマスケーキ#クグロフ#サンタクロース#薪ストーブ #薪ストーブのあるカフェ#大田口カフェ #高知県大豊町 #高知カフェ #カフェ#山暮らし #田舎暮らし

  9. 原木椎茸 - 山谷彷徨

    原木椎茸

    だいぶ前に買ったはいいものの、ついつい面倒でそのまんま庭に放置していた椎茸の菌打ち原木が2本。秋になっても出てこないので「やっぱり多少手間を掛けなきゃダメか・・」なんて思っていたら、今更1本から生えてきた。嬉しいけれど、こんなに寒くなってから生えてきて大きくなるのだろうか・・もう1本の原木には、サルノコシカケの幼菌みたいなキノコが・・やっぱり手間を惜しんじゃダメですね。原木作りからは流石にや...

  10. 小屋閉め - 山谷彷徨

    小屋閉め

    今年も無事に山の店の小屋閉めを終えた。シーズン最後の営業だった10月の三連休は紅葉の時期もあり沢山のお客さんを期待していたが、残念ながら台風19号の影響で営業出来ずに終了・・・まぁ自然の事だからこればかりはどうしようもない。それにしても今回の台風の爪痕は凄まじく、台風一過翌朝に店のある大河原峠まで車で上がったが山道は倒木や土砂崩れで荒れ果て悲惨な状態だった。道を塞いでしまった倒木なんかをチェ...

  11. 息子とジコボウを採りに - 山谷彷徨

    息子とジコボウを採りに

    ようやく今年も家の周りの山にジコボウが生え始めたので、息子と夕方に散歩ついでに採りに出掛けた。今年は不作だと言われているが、この前の台風の後から山にはやたらとキノコが出てきたような気がする。なんだかんだ寄り道しながら1時間の散策で上々の収穫。家に帰り早速下処理して、夜はキノコ汁にして頂く。たっぷりとジコボウを入れた味噌汁はキノコの出汁がしっかりと出て絶品。息子も自ら採ったキノコのせいか、仕事...

  12. 松茸のはずが栗になった話 - 山谷彷徨

    松茸のはずが栗になった話

    Sさんと酒の席で「去年まで留山(入山禁止の山)だった松茸山が、どうやら今年はフリーになってるみたいだ。」「へーそんな事あるんですか?」「今まで手入れもされて、ロープも張られてたのが今年は何もしてないんだよな。」「それならとりあえず明日行ってみましょう。」という事で道中期待に胸膨らませ目的の山に向かうと・・ロープが張られ、やっぱり留山に・・どうやら持ち主が変わっただけみたいだった・・残念。仕方...

  13. 岩魚とキノコで - 山谷彷徨

    岩魚とキノコで

    新しい店を作る事になり忙しく、最近は前みたいに山で遊べていない。9月に入ってからも好きな山釣りから足が遠のいてしまっている。そんな時、以前から釣りをしたがっていたAから連絡があり「平日仕事を休むから連れってて」ということで久しぶりに沢へ向かうことに。この日の釣果はボチボチだった。5匹釣れたがサイズがイマイチだった3匹はリリース。Aもたまたま竿を上げたら岩魚が掛かったというマグレで、なんとか1...

  14. 薪ストーブ点火 - 山谷彷徨

    薪ストーブ点火

    過ごしやすい季節も終わり、肌寒くなってきた我が家ではいよいよ薪ストーブに火入れした。確か春先まで使っていたから約半年ぶりの使用だが、使いっ放しのまんまで中の灰すら掃除していなかった・・という事は煙突も掃除してないはず・・なんだかしたような記憶もあるが・・その前の年か・・うーん、忘れた。掃除は気が向いたらすることにしよう・・今年はリフォーム業をやっている友人から、解体で出た乾いた大量の廃材を貰...

  15. カモシカと蕎麦 - 山谷彷徨

    カモシカと蕎麦

    陶芸の先生が蕎麦を打ってくれるというので、遠慮なく頂きに家族で茅野のお宅へ出掛けた。途中天気が良かったので、大河原峠を越えてすぐの「トキンの岩」に寄ることに。ここはホント簡単に絶景が味わえる場所。ちょっと岩を登れば・・・北アルプス浅間連峰大河原峠は目と鼻の先。頂上には一応、三角点や祠もある。「トキン岩」の歴史などに興味がある方は、以前このブログで記事にした「八ヶ岳挽歌」に色々と書いてあるので...

  16. キノコの季節 - 山谷彷徨

    キノコの季節

    「まだ少し早いよなぁ」と思いながら嫁さんを連れて、近くの山にキノコ狩りへ。目当ての尾根までは歩いて1時間。結構な山深さにかなり引いていた嫁さんだが、山椒の木が群生しているのを見つけてテンションが上がる。キノコよりも山野草のほうが好きらしい。山には多種多様なキノコが生えているが、まだまだ自分の知識では分からないキノコばかりなので、気になるものがあれば「キノコ図鑑」で調べてみる。図鑑には何百種も...

  17. 嬉しい梨 - 山谷彷徨

    嬉しい梨

    蓼科山荘の番頭をしているTさんに、以前自分が獲って調理した鹿肉を食べてもらう機会があり、いたく気に入ってもらえた事があった。お盆が終わり山の賑わいもひと段落着き、Tさんは短い休みで住まいのある千葉に帰るのに、土産として鹿肉が欲しいと言う。「ハタ君が獲った鹿肉が欲しいんだけど。」「いいですよ!持ってきますね。」「ちゃんと幾らか言ってね。」「いや、お金はいらないですよ。実際、売る事は出来ないです...

  18. 手持ち花火と打ち上げ花火 - 山谷彷徨

    手持ち花火と打ち上げ花火

    何か夏らしい事でもしようかと、去年買って倉庫に仕舞っておいた花火があるのを思い出して夕食後にやる事にした。息子にとっては初めての手持ち花火。確か去年はまだ捕まり立ちしか出来ずに、人がやっている花火を恐る恐る眺めていただけだった。1年でもう楽しむ事が出来るようになるとは・・よく言うけれど子供の成長は早い。ミヤマクワガタのメスも遊びに来た。一昨年までは頻繁に来ていたミヤマクワガタだが家の横のクヌ...

  19. 庭のクワガタの木も賑やかです - 山谷彷徨

    庭のクワガタの木も賑やかです

    蒸し蒸しと暑い日々が続き、標高1200mにある我が家も短い夏の最盛期を迎えている。1200mと言えども風の無い夜は寝苦しく、せめて扇風機でも買おうかと悩むぐらいだ。去年はここまで暑かったか?年々確実に気温が上昇しているのは確か。あと10年もすればクーラーが必要な時が来るかもしれない。庭のクワガタの木の虫達も最盛期を迎えているみたいだ。先日夕方に帰宅したら視認出来るだけで10匹程のクワガタが蜜...

  20. 森の中の水族館 - 山谷彷徨

    森の中の水族館

    「森の中の水族館」とも呼ばれる「山梨県立富士湧水の里水族館」へ家族でぶらっと出掛けてきました。海無し県である山梨県で初めて造られたこの水族館は、県内の川や湖などに生息する淡水魚を主に展示している小さな水族館です。「なんだ淡水魚の水族館か」と侮るなかれ。自然豊かな森の中というロケーションにあり、館内全体がまるで大きな水槽のようで観る者を飽きさせない造りになっています。鮎や鱒、山女魚、岩魚などが...

総件数:56 件

似ているタグ