山本哲也のタグまとめ

山本哲也」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには山本哲也に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「山本哲也」タグの記事(16)

  1. 山本哲也さんの小皿でお茶を - うつわ楓店主たより

    山本哲也さんの小皿でお茶を

    滋賀県でお仕事をされている山本哲也さんのお皿のご案内です。山本さんのうつわはお料理やさんでお使いいただく事も多いのですが、普段使いのお皿でガシガシとお料理を楽しんで下さい。高台がちょっと高めの角皿です立ち上がりもありカッコイイうつわです銀化綾花角皿150x150xh45ミリ(角の一番高い部分)4400円写真右側は水で濡らした時の色ですおやつのぬか漬け色が映えます鈴木美雲さんの湯のみと鈴木美雲...

  2. 山本哲也うつわ展最終日になりました - うつわ楓店主たより

    山本哲也うつわ展最終日になりました

    山本哲也うつわ展5回目の個展の最終日になりました。先の状況がわからないこんな時に、足をお運び頂きまして有難うございました。今朝は肌寒く、強めの暖房にしてドアは開けたままで営業しています。雨上がりで始まった最終日の窓際ですこちらは昨夜の一品春を知らせしてくれる竹の子はやっぱり食べたくなります円形でない真ん中だけ深くなっている鉢便利です。収納も場所を取りません。径185x140高さ60ミリ528...

  3. 山本哲也うつわ展4日目sabi-台皿 - うつわ楓店主たより

    山本哲也うつわ展4日目sabi-台皿

    no27 9寸台皿はひっくり返すとソースを使うお料理にも使えます見込みの部分がフラットなのでお盆のようにも使えます径220xh35ミリ15400円下の大きなリバーシブルの台皿no33 sabi-リバーシブルプレート径355xh30ミリ49500円-山本哲也さんの個展は23日(月)までです(最終日の23日は17:00で終了致します)

  4. 山本哲也うつわ展3日目です - うつわ楓店主たより

    山本哲也うつわ展3日目です

    個展の搬入日には蕾ばかりだったソメイヨシノが満開になって目を楽しませてくれています。滋賀県大津市で制作されている山本哲也さんの個展3日目の夕方になりました。長皿は山本さんの人気のうつわの一つです安定が良く、カタツキもない使い勝手の良い長板皿は高さが1センチほどあることで盛り付けたお料理やお菓子がより美しく見えますおにぎりも良し、前菜など三種類盛り付けても良し、ワクワクできるお皿です蓋碗蓋付き...

  5. 山本哲也うつわ展明日からです (3/18~23) - うつわ楓店主たより

    山本哲也うつわ展明日からです (3/18~23)

    山本哲也うつわ展ご案内会期:3月18日(水)~23日(月)時間:12:0〜19:00(最終日の23日は17:00まで)会期中無休(24日・25日はお休みです)作家在廊日:18日(水)写真:栗原かほり プロフィール1969年京都に生まれる1994年京都清水焼団地(アートきよみず)にて作家活動始める1996~98年京都精華大学陶芸専攻にて助手2000年大津市比叡平に築窯2005年京都嵯...

  6. 山本哲也さんのうつわが届きました - うつわ楓店主たより

    山本哲也さんのうつわが届きました

    今日から店の営業が始まりました。今回は少し長めの冬休みになってしまいました。山本哲也さんからうつわが届きました。度々作っていただいている面取カッブと平鉢の二種類です。ご案内します。鉄釉白泥彩面取カップ口径95ミリ高さ85ミリ5500円(税込)内側の鉄釉が液体を入れるとゆらゆら輝きます。大振りなカップ、熱も伝わりにくいので、熱めのコーヒーも、ロックのウイスキーにもどうぞお使いください。鉄釉白泥...

  7. 山本哲也さんというギタリスト。 - 線路マニアでアコースティックなギタリスト竹内いちろ@三重/四日市

    山本哲也さんというギタリスト。

    まだ会わぬ山本哲也さんが弾く伊藤賢一さんの曲。伊藤さんから話を聞かされて「えー、あの時の青年なのか」と。山本さんとは15年ほど前、泊まりの講師研修で同室になりあれこれ語り明かした記憶があります。伊藤さんと彼のつながりには縁を感じます。当時何を話したかは憶えてないし、年の頃も何も知らないし、今はまだ知らない尽くしだけど、この音から察するにおそらくは我が道を追究されているギター弾きという印象。こ...

  8. 山本哲也さんの鉢 - うつわ楓店主たより

    山本哲也さんの鉢

    滋賀県で制作されている山本哲也さんのうつわです。スタイリッシュでお料理映えするうつわを作られる山本さんから今回届いたのは鉢と面取りカッブです。外側は白泥色内側は光沢のある金属が不思議な色を放っているようなうつわです。口径235x高さ65ミリ6480円内側は黒や紺色など複雑な色が溶け合っています。度々リピートでお願いしている白泥彩面取りカップですサイズも大きくて、大胆な面取りがかっこいいカップ...

  9. 山本哲也さん、山田隆太郎さんのうつわが並びました - うつわ楓店主たより

    山本哲也さん、山田隆太郎さんのうつわが並びました

    午後からはお天気が回復してきました。常設展示に戻りました。新しく届いたうつわをご案内します山本哲也さん滋賀県で制作されています今回は金属のような風合いのうつわsabiのシリーズをお願いしました。上からsabi-5寸台皿150x20ミリ4320円sabi-7寸台皿215x25ミリ7560円sabi-9寸台皿268x30ミリ15120円インテリアとして花器やアクセサリーを置く台に、チョコレートや...

  10. 大江憲一さんのうつわ - うつわ楓店主たより

    大江憲一さんのうつわ

    岐阜県の大江憲一さんから届きました。凌ぎと面取りのお醤油さし今回は黒だけになります6480円こちらの八角長皿は香港のお店で使って頂きますため、店頭にはないのですが、ご注文をお受けできます。255x190ミリ4860円ミモザ色に惹かれています。リム深皿260x35ミリ6480円スープ蓮華桜拭き漆仕上げ河内伯秋3990円底面にもしっかりと釉薬がかけられています鮭のムニエルいぶりがっこのタルタルソ...

  11. 掛花入れ山本哲也 - うつわ楓店主たより

    掛花入れ山本哲也

    滋賀県の山本哲也さんの掛花入れが届きました。長さ、質感、色の雰囲気ももちろんですが、壁と少し空間が空いて浮いたように見えるのもカッコいい花入です。長さ510ミリ径40ミリ21600円香港に旅立つうつわも一緒に届きました。新たにオープンするレストランでお使い頂きます。常設展示は12日までです。個展の予定はHPからご覧になれます。

  12. 山本哲也展5日目です - うつわ楓店主たより

    山本哲也展5日目です

    山本哲也展いよいよ明日が最終日になりました。秋の色、秋の味が似合ううつわが沢山並んでいます鉄釉の複雑で深い色合いの鉢ぐいのみ勢揃いぐいのみと片口のセットです蓋が銀彩のぐいのみになりますお酒が注がれたら美しさが際立ちます!!銀彩注器と茶杯マグカップ口当たりの良い軽めに仕上げたマグですこちらの三種類のお皿はapero.さんでお使い頂く事になりました。楓のすぐ近くにあるWINE BAR TABL...

  13. 山本哲也展2日目 - うつわ楓店主たより

    山本哲也展2日目

    秋の装いの店内です。ドーナッツみたいな花入それぞれの球に個別に水が入るので、植物を入れる物だけにお水を注ぎます。枝物と花、草と実ものなど組み合わせが楽しい花器です。白泥彩花入れ19440円sabi花入れ19440円絞り出し急須と杯を台皿にのせて急須と同じ使い方をします。急須の形と違うので、収納にも場所を取りません。茶葉の出し入れも簡単です。急須の中に杯が収まるので野外に持って行くのも便利です...

  14. 山本哲也展明日からです9月19日~24日 - うつわ楓店主たより

    山本哲也展明日からです9月19日~24日

    山本哲也展のご案内会期:9月19日(水)~24日(月)時間:12:00~19:00(最終日は17:00まで)山本さん在廊日:19日(水)DM撮影:栗原かほりプロフィール1969年京都に生まれる1994年京都精華大学美術学部陶芸専攻卒業 京都清水焼団地(アートきよみず)にて作家活動始める1996~98 京都精華大学陶芸専攻にて助手2008年京都嵯峨芸術大学...

  15. 山本哲也さんのうつわが並びました - うつわ楓店主たより

    山本哲也さんのうつわが並びました

    滋賀県大津市に工房のある山本哲也さんの作品が届きました。お料理も得意、もちろん食べる事も大好きな山本さんの作るうつわは、何でもないお料理にぴりりとアクセントを効かせてくれるように思っています。灰釉彩楕円鉢165x145xh60ミリ4860円果物用のデザート小鉢、お刺身など幅広く使える楕円鉢です白金彩碗口径115xh70ミリ冷たいスープに、カフェオレやたっぷりのお茶にも4860円sabi-輪花...

  16. 上野剛児さんのプレート - うつわ楓店主たより

    上野剛児さんのプレート

    昨年上野剛児さんにお願いしていた8寸プレートが出来上がりました。土も工夫をされ丈夫になったそうです。薪窯でじっくりと焼かれたプレートの表側は自然釉がたっぷりとかかって貝がらの跡が楽しい模様に裏側は焼き締めの美味しそうな表情です。両面どちら側も使えるお皿です。川崎市生田のVariante さんでジビエようのお皿としてお使い頂きます。サイズも厚みも同じですが、1枚ずつ違う表情は薪焼成ならではのも...

総件数:16 件

似ているタグ