山歩きのタグまとめ

山歩き」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには山歩きに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「山歩き」タグの記事(392)

  1. 神楽尾へ・・ - Panta * Ray

    神楽尾へ・・

    今年の元旦から一度も 上ってない「神楽尾城址」・・それでも来年の元旦も初日の出は見たいで・・頑張ってひとりで てくてく 歩いてみる・・さすがに超久しぶりの山歩き・・息が 切れるでも上ってみれば・・絶景かな(笑)今日は午前中はイイお天気・・無事 上れた事に感謝♡でも・・私より年上だと思われる オジさまに「お先です」・・と 言われてサッサと 追い越された(笑)もう少し体力 つけねば・・(;一_一)

  2. 赤林山・855m・・4 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    赤林山・855m・・4

    矢巾町の赤林山・855mは疲れる山歩きである。9合目、山頂直下。もう少し~。見えて来た~。ついに、赤林山・855mの山頂。2時間強、登り続けてやっと到着、休憩無しで。山頂標識。残念ながら、三角点の無い山である。林だらけで眺望はない。登頂記念写真。下山開始。写真を撮りながら下山。所要時間、4時間強のToughな里山歩き。途中で滑って、4回転倒は情けない。左手に裂傷を負い、残念。

  3. 赤林山・855m・・3 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    赤林山・855m・・3

    晩秋~初冬の赤林山に登る。赤林山・855mは自宅から見える、存在感の大きい里山で、4年前には遭難騒ぎもあった奥深い山。大きいブナのY字バランス。何故、二股に分かれるのか??・・不明。6合目に至ると登山道は一旦平坦になる。雪が出て来た。偽peakの1回目。7合目。偽peakの2回目。登って降りての繰り返しで疲れる。偽peakの3回目。頂上らしきものが見える。8合目。9合目。ここまで来ればもう少...

  4. 赤林山・855m・・2 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    赤林山・855m・・2

    赤林山・855mに登る。登山に向かう途中の赤林山・855m。山頂??部分が見える。4合目。ここまでの、Up-Downは相当にキツイ。これからは登りになる。図根三角点。ブナの倒木。面白い形状のブナ。年季の入ったブナ。急登。5合目。急登。ブナのY字バランス~。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以下、次回に。

  5. 10月の山活・石鎚ミラクル③**石鎚の神さまは気まぐれ - きまぐれ*風音・・kanon・・

    10月の山活・石鎚ミラクル③**石鎚の神さまは気まぐれ

    石鎚・弥山山頂から瓶が森見え隠れもくもくと雲湧くところ瓶が森アチラからもきっと石鎚は雲の中に見え隠れころころと変わる山の神さまの気分

  6. 赤林山・855m・・1 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    赤林山・855m・・1

    矢巾町の里山、赤林山・855mに登る。里山ながら、奥が深く、登るのは難儀。我が家から見える、奥羽山脈の支脈で堂々とした山容の山である。赤林山・855mが見えている。登山口の矢巾温泉に向かう。矢巾温泉にある登山口。登山靴でなく、積雪を考えて長靴で登る。渡渉する。ここで滑って1回転倒。下山までに計4回も転倒、トホホ情けない。ここで90度左折、とんでもない急登になる。1合目の急登。急登。2合目。R...

  7. 10月の山活・石鎚ミラクル②**石鎚の神さまはいた - きまぐれ*風音・・kanon・・

    10月の山活・石鎚ミラクル②**石鎚の神さまはいた

    この瞬間みんな同じようなキモチだったと思う土砂降りからのスタートで登れども登れどもなかなかガスが晴れず・・夜明し峠にさしかかったあたり辺りから急激にガスがハケだして待望の青空と紅葉した山肌が姿を現した同じ場所にいたみなさんの顔もみんなみんな一緒に晴れやかにカンゲキの瞬間を迎えたのです

  8. 10月の山活・石鎚ミラクル①**まさかの土砂降りスタート! - きまぐれ*風音・・kanon・・

    10月の山活・石鎚ミラクル①**まさかの土砂降りスタート!

    10月8日体育の日「石鎚山の紅葉が見頃」というニュースをやっていたのでいざ石鎚へ。春は土小屋から歩いたので今回はロープウェイを経由する成就社から登ることにした。土小屋登山口だと我が家から3時間半かかるけど成就社だと2時間20分1時間も近いただしロープウェイの時間が限られてるので始発の8時を目指して絶好の紅葉日和を期待して少し早目に着くように5時に出発した=3

  9. 向山・280mに登る・・2 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    向山・280mに登る・・2

    向山・280mのてっぺんに達する。山頂の塔。大迫のシンボルになっている。大迫の街。早池峰山も望めた。大迫高校だね。大迫って盆地なんだ。景色を楽しんで下山した。

  10. 向山・280mに登る・・1 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    向山・280mに登る・・1

    花巻市大迫の向山・280mに登ってみた。案内板。650段の階段昇りだそうである。四阿あり。結構な急斜面。軽い気分で登り始めて~四苦八苦。後悔した・・・2つ目の四阿。更に階段~トホホ。3つ目の四阿。尾根までもう少し。山頂のPoleが見えた。息が上がったぁ。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以下、次回に。

  11. 12月登山・極楽寺山③ - 猪こっと猛進

    12月登山・極楽寺山③

    山門に着きました山門を通り抜けても階段が続きますしかも勾配がきつい立派な本堂で無事に下山できることをお願いしみんなが展望台で景色を堪能している間にこっそり御朱印を頂くフフ・・お寺を通り抜け蛇の池に行くここは蓮の花で有名な池だそうです雪がちらつくなか足をのばしてゆっくり昼食今回はカップラーメン派が増えてた気がする温かくていいなぁ~下山です往復同じルート右足をかばいながらの下りは結構大変階段を下...

  12. 今年最後の山歩きとあったか山ごはん。 - kimagure note

    今年最後の山歩きとあったか山ごはん。

    急に思いたって山に行ってきました熱海と湯河原の間・・・神奈川と静岡の間かな(笑)「岩戸山」へススキの向こうに海が見えたよわぁわぁー騒ぐ私です734mの小さな山山頂にはベンチがひとつだけ空いてました♪特等席!!さて、ここちらで山ごはん~♪♪セブンの金のビーフシチューを温めました普段使いの白山陶器のスープカップを持参大切にしているので持って行こうか迷ったけど持ってきてよかった(*^^)vガーリッ...

  13. 12月登山・極楽寺山② - 猪こっと猛進

    12月登山・極楽寺山②

    宮島が遠くに見える海沿いの山731年に聖武天皇が建立されたといわれる極楽寺がある極楽寺山(665m)を目指しますカサカサの葉っぱ道雨が降ったときには川になるという深くえぐられた道も通りました地元の人は毎日お参りに上がられている山のようで何丁目と彫られた石標が山頂まで道案内してくれますしかし、リーダーの進み方がいつになく早い足のせいもあって遅れることしばしでも今回は焦りませんもう転げたくないも...

  14. 12月登山・極楽寺山① - 猪こっと猛進

    12月登山・極楽寺山①

    なんと、なんと雪が降りました蜘蛛の巣にも雪がチラチラ雪が舞うなか右足を気にしながらいつもより慎重に歩いて来ました詳しくはまた明日とりあえず無事に帰れてよかった♪nyao

  15. 10月の山活・ムラサキのキミに会いに行く③**ムラサキに彩られた道 - きまぐれ*風音・・kanon・・

    10月の山活・ムラサキのキミに会いに行く③**ムラサキ...

    今シーズンもキミに会えた❤毎年キミを見つけるとシアワセなキブンになるあぁキミに会えて良かった

  16. 10月の山活・ムラサキのキミに会いに行く②**山に空に乾杯! - きまぐれ*風音・・kanon・・

    10月の山活・ムラサキのキミに会いに行く②**山に空に乾杯!

    触れたいなあの青いところその山のすぐその先にあるのに触れることができないなんて触れることはできないけどどんな時でも空は見ることができる嬉しい時も悲しい時も怒ってる時も布団の中で寝転んでたって窓の外を見れば空がある映画のように次々輪郭を変えながら変化する場面触れることはできないからせめて乾杯!

  17. 秋色大山色々 - Little Sneakers

    秋色大山色々

    11月最初の日曜日この日は友人が教えてくれた大山の健康の森を歩く・・と決めていた何故か?分からないけどそう決めていたのだ幸い好天に恵まれトレッキング日和いつもと違う下道を通って大山に向かう何処までどう行ったのかよく分からないまま行っているとある場所まで来ると大きな山が見える「あれは大山じゃない!」突如現れた大山にびっくり~⁉横の川にかかっていた橋を渡ると黄色く色付いたイチョウ並木が・・・ここ...

  18. 10月の山活・ムラサキのキミに会いに行く①**深入山アゲイン - きまぐれ*風音・・kanon・・

    10月の山活・ムラサキのキミに会いに行く①**深入山アゲイン

    10月3日毎年会いたい「ムラサキのキミ」を求めて再び深入山へ。8月の終わりに暑さにやされて頂上まで行かなかったケドこの日は心地いい風の吹く初秋の山を堪能できました♪***

  19. 姫神山・コワ坂コース・・3 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    姫神山・コワ坂コース・・3

    姫神山・1124mの山頂。一等三角点。山頂の奇岩。盛岡市街地方面、霞んで見えない。雲の中の岩手山。一通り、撮影後に下山する。落葉松林。下山途中に見た岩手山。ムラサキシキブ。登山口に無事に帰着した。所要時間;4時間。筋肉痛で悩まされることになった。

  20. 姫神山・コワ坂コース・・2 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    姫神山・コワ坂コース・・2

    姫神山・コワ坂コース。岩の登山道の危険地域。頂上まで300m地点。足の置き場に困るし、滑る。随分と登って来た。危険帯を越える。山頂直下。姫神山・1124m山頂。所要時間;2時間弱だった。一等三角点。山頂の岩。以前には無かった標識。山頂からの眺望。雲が多くて、残念ながら悪い。晴れれば、360度最高の景色なのだが・・・。誰もいない、山頂独占状態だった。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以...

総件数:392 件

似ているタグ