山歩きのタグまとめ

山歩き」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには山歩きに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「山歩き」タグの記事(113)

  1. 久しぶりの東鳳翩山 - 無線日和

    久しぶりの東鳳翩山

    猛暑もひと段落、日中もエアコンを使わなくても済みそうなので、昼食を終えてから久しぶりに東鳳翩山へ~。とはいえ山歩きは夏休みだったので、暑さ試しと足慣らしを兼ねて最短コースの地蔵峠からです。林が開けると山頂が現れます。峠の標識には40分とありますが30分あれば上がれます。日陰ではアブがまとわりついてくる。そういえば、スーパーボランティア尾畠さんのリュックには。アブ・ハチスプレーが見えていました...

  2. 火山の土砂崩れ - 老猿の山日記

    火山の土砂崩れ

    下3枚は8月2日の状況。此処から崩壊場所を降下して、全体像を調べた。場所・地形図はyamap.co.jp/mypage/486228の本日の記事を参照ください。幅は数十m、長さは250mあり、終点部は傾斜が緩くなる直前の狭い谷に倒木や土砂が折り重なり集積・堆積し満杯の砂防堰堤の様になって止まっている。其処から70m程下に砂防堰堤があるが、この上の堆積土砂が崩れると直ぐに満杯になりそうです。又...

  3. 南八ヶ岳縦走(3日目:赤岳鉱泉~南沢ホテイラン群生地) - 歩のち登、ときどき走。

    南八ヶ岳縦走(3日目:赤岳鉱泉~南沢ホテイラン群生地)

    長野県 八ヶ岳・赤岳鉱泉(2220m)~美濃戸(1720m)2017年6月10日(土)曇のち雨南八ヶ岳の縦走を終え、一晩ゆっくり休んでみんな元気復活♪今日は美濃戸まで下って帰るだけ。天気も下り坂だし、長居は無用だネ!ただ一ヵ所、立ち寄ってみたいところがある。この時期に咲く絶滅危惧種・ホテイランの群生地!もう花期は終わりらしいけれど、まだ見られるという。荷造りをして赤岳鉱泉を後にし、シロバナノ...

  4. 美しき稜線へ③**余韻を風に託して - きまぐれ*風音・・kanon・・

    美しき稜線へ③**余韻を風に託して

    剣山の花、といえば 天涯の花・キレンゲショウマばっちり開花する時期になかなか行けないので 今だ しっかり咲いたキレンゲショウマを生で見たことがないのです群生地じゃなくても 少しづつなら 何か所かで見ることができるこの日も しっかり「ツボミ」ちっちゃくガッツポーズして うなだれてました*** 美しき稜線とお別れして 登ってきたときと同じ道を帰る花たちとの再会を喜びながらとにもかくにも ヒメレン...

  5. 美しき稜線へ②**天上の道 - きまぐれ*風音・・kanon・・

    美しき稜線へ②**天上の道

    笹原の美しき山・次郎笈(ジロウギュウ)いつも剣山から眺めていたジロウさん♪決して体力とスタミナが充分あるとは言えないへなちょこのワタシは剣山からの激坂を下って 次郎笈への坂を登りかえす自信がなくって次は単体でジロウさんに登ろう!と ずっと思っていて 前回は天候が悪く剣もろともまっちろで 何も見えない状態だったので 剣で断念!今回やっと「天上の稜線」を歩くという 念願が叶いそれはそれは優美な姿...

  6. 美しき稜線へ①**剣山山系・ジロウギュウへ - きまぐれ*風音・・kanon・・

    美しき稜線へ①**剣山山系・ジロウギュウへ

    ●6月Diary●6月の山歩き もぅ ほぼ2か月前の話になっちゃいますねぇこの1か月半は 良きも悲しくも予想外の出来事が多発して良しも悪しも予定が狂いっぱなしで タイミングも合わず 珍しく山が遠のいていて 山不足に陥っていますが 思えば この状況のために 例年より1か月以上も早く今シーズンの山歩きをスタートし6月までは ワタシにしてはハイペースで ほぼ週一ペースで山に行っていたのかなと、思っ...

  7. レイク・ディストリクトをもうちょっと。(花の巻) - 紅茶国C村の日々

    レイク・ディストリクトをもうちょっと。(花の巻)

    遠いカンブリア(県)で過ごしたホリデー。ひんやりしっとりした森の空気が甘くて(!?)おいしかった。ローラさんちのお花畑(から)からもしかして、これ、お、し、ろ、い、ば、な?これ、子供の時、うちの庭に咲いてた。名前❓とにかく、濃い青色の紫陽花をみれば、レンズを向けずにはいられない。あと、動物の巻と、ブリッジの巻(ブリッジをする人々の)を見てもらいたいんです。

  8. 岩木山・1625m、登山 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    岩木山・1625m、登山

    趣味の山歩き、今年は冬から体調不良が続き、出来ていない。そんな中、やっとのことで岩木山に出掛けてみた。盛岡の自宅からは遠い。東北自動車道とアップルロードを経由して、岩木山スカイラインで、8合目まで2時間45分必要。岩木山・8合目本来ならば、岩木山神社や嶽温泉の登山口から登るのが筋だが、体調不良で、8合目からで精一杯。リフトで9合目まで~。本当に、安易な方法ですな、~本意ではないけれど。いざ、...

  9. 山城目指して - 猪こっと猛進

    山城目指して

    竹田城と並んで「天空の城」と呼ばれている備中松山城天守閣のある山城としても有名です天守閣目指していざ出発所々に城主のお言葉がでは、ゆっくり参ろうぞ久しぶりの山道暑さですぐにへばりそうでしたが20分から30分の歩きで到着大河ドラマ「真田丸」のオープニングに登場した城壁がお出迎えですちょっとお顔に見えたりして^^この石を一つ一つ運んでは積み重ねたのかと思うと感動してしまいますここから見る雲海はど...

  10. 6月の道後山④**2週間後、またね♪ - きまぐれ*風音・・kanon・・

    6月の道後山④**2週間後、またね♪

    珈琲タイムは、岩桶山で♪*** 薄ら大山に、乾杯!ピーク時には ダイセンキスミレのお花畑が拝見できる岩桶山山頂時期的に もぅとっくに終わってるだろうから 万が一残り花があればキセキだろうなぁなんて思ってたけど、、やっぱり終わってたわぁん昨日か一昨日かまでは咲いてたらしき萎んだダイセンキスミレの花のそばでサンチョ貸し切りで珈琲タイム行こう行こうと思いながら 結構なやぶ漕ぎが待ってるらしくなかな...

  11. 6月の道後山③**山頂特等席にて - きまぐれ*風音・・kanon・・

    6月の道後山③**山頂特等席にて

    平日、月曜日の道後山は 心細いくらいに人少な。山頂ランチタイムも さっきまでいらしたグループが ワタシと入れ替わりに下って行かれたので 静かな静かなランチタイムとなった*** サンチョから ちょっと反れた大池を見下ろせるお気に入りの場所で。前日の晩ごはんのおこわの残りと ちょこちょこっとおかずを詰めたおべんとうとスープでもぐもぐタイム♪「前の晩の残り物」って なんか好きなんです❤おひとりさま...

  12. 大山遠征登山 (その2) - 老猿の山日記

    大山遠征登山 (その2)

    26日は3時に目が覚めた。未だ暗くて晴れているのかどうか?カップラーメンとコーヒーだけの朝飯、すぐさまテントを撤収し文殊堂登山口へ・・・登山口4:40発~三ノ沢で道を見失い30分程のタイムロスして槍ヶ峰7:55(休憩30分)8:25~剣ヶ峰8:46(休憩33分)9:19分~象ヶ鼻10:04(ユートピア散策26分)10:30~駒鳥山小屋~鳥越峠~文殊越~文殊堂15:00ゴール距離的には10㎞程...

  13. 大山遠征登山 (その1) - 老猿の山日記

    大山遠征登山 (その1)

    25・26日に大山登山に25日は相方をショートステイに預けて、休暇村奥大山に着いたのがお昼過ぎ。この日は烏ヶ山に登る予定だったが、烏は雲の中だし、時間も時間、付近の疑宝珠山・湿原・象山を散策した。湿原に真っ直ぐ伸びたオカトラノオみたいなこの花は?ミズチドリでもないし???・・・・沼トラノオだそうです。pu-no-mama 有難う!ヤマジノホトトギス今が盛りのリョウブの花オオカメノキの実が可愛...

  14. 天空のお花畑 伊吹山へ - 風にのって・・・

    天空のお花畑 伊吹山へ

                         天空のお花畑 伊吹山 へ                                        すっかり整備された山道を歩く 両サイドに咲く 多くの山野草 を見ながら                      真っ青に澄み切った、伊吹山 山上へ                       山上からは琵琶湖を眺め                ...

  15. 6月の道後山②**裏切らない花の3百名山 - きまぐれ*風音・・kanon・・

    6月の道後山②**裏切らない花の3百名山

    岩桶山の巻き道から道後山へ続く登山道はアカモノ イワカガミ 咲き乱れる花の道もうピークを過ぎてるだろうけど・・ いや まだまだ咲いているはず春の終わりの花の見どころ アカモノ&イワカガミロードに期待して道後山への稜線を歩いて行きました*** 岩桶山を仰ぐ(帰りに登りかえします)巻き道から猫山を振り返る白い花からは想像しがたい青い実をつけるほわっほわのサワフタギ息が長いね、ヒメハギは背を高く伸...

  16. 6月の道後山①~晩春と初夏のはざま - きまぐれ*風音・・kanon・・

    6月の道後山①~晩春と初夏のはざま

    ●6月の足あと●6月初めの山は まだ どこかしら春に名残りを惜しむかのようで少し汗ばむ程度の気候は まだ穏やかで爽やかな山頂の風と陽射しを楽しむことができた*** 夏を感じるビビットカラーになり始めた6月の道後山見慣れぬアイテムが登場していましたアキグミの華をするるっと横に見ながら木立のトンネルくぐって行きます乙女なタニウツギ、花盛り蕾をたくさんつけたナナカマド歩き心地のいい道後の道吾妻山と...

  17. 大地の芸術祭2018 - 小宮山建築通信

    大地の芸術祭2018

    ~ 建築家とアーティストによる四畳半の宇宙 ~↑コレ、おもしろそう♪・・『 大地の芸術祭2018 』3年に一度のお楽しみ♪ 2018.07.29(日)~09.17(月) 鑑賞パスポート前売は明日まで・・・山間いで芸術の旅を!_________________________________________お問い合わせは こちら から。 電話やメール、FAXでもOK☆棚板一枚のリフォームから、...

  18. 雲ノ平・黒部五郎岳④(富山県) - au bon gout/journal

    雲ノ平・黒部五郎岳④(富山県)

    最終日は折立へ下山のみ。薬師岳往復を考えないわけではなかったですが、今回はパス。心配した足も大丈夫で、今まで悩まされてきた頭痛もなく元気に下山できました。頭痛は高山病ではなくて熱中症だったのかも。とにかく水分と塩分補給を心がけたのが良かったのかな。真ん中に見える平たい部分、雲ノ平から右のこんもり部分、祖父岳そしてその右後のワリモ岳と鷲羽岳。くるりと時計回りに周回したコースが一望できたのも嬉し...

  19. 雲ノ平・黒部五郎岳③(富山県) - au bon gout/journal

    雲ノ平・黒部五郎岳③(富山県)

    3日目は黒部五郎岳へカールコースを選択。巨石が転がってダイナミックな景観♪雪解け水が流れ高山植物の中を通り抜けるといよいよゴロゴロ石の黒部五郎岳。山頂は360度の眺望。歩いてきた道、カールを見おろして。毎日のお昼ゴハンは小屋でお弁当をお願いしました。お弁当=お握りのイメージでしたが最近は凝っていてびっくりです。ありがたいですね。【雲ノ平・黒部五郎岳】(43キロ)1日目 折立~薬師沢小屋(11...

  20. 雲ノ平・黒部五郎岳②(富山県) - au bon gout/journal

    雲ノ平・黒部五郎岳②(富山県)

    2日目は雲ノ平を目指します。急登を登りきると高原のような庭園が広がって。北アルプス最後の楽園と言われる秘境。そして祖父岳からワリモ岳、鷲羽岳へ。素晴らしい稜線歩きです!三俣山荘で宿泊予定でしたが少しでも先に進んでおきたくて黒部五郎小舎まで歩きました。【雲ノ平・黒部五郎岳】(43キロ)1日目 折立~薬師沢小屋(11.5キロ)2日目 薬師沢小屋~雲ノ平~鷲羽岳~黒部五郎小舎(14キロ)3日目 黒...

1 - 20 / 総件数:113 件

似ているタグ