山歩きのタグまとめ

山歩き」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには山歩きに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「山歩き」タグの記事(500)

  1. 諏訪沢森・317m~冬山直登・・2 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    諏訪沢森・317m~冬山直登・・2

    花巻市大迫町の諏訪沢森・317m。冬山直登のPart2.諏訪沢森・317m。急登を登る。偽Peak。山頂部分が透けて見える。また、偽peak。尾根筋。何と、雪が消えた!!少雪の今季とは言え、これには吃驚。動物、多分狸の糞。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以下、次回に。

  2. スノーシュートレッキング - きのこ・花・イワナ遊悠学

    スノーシュートレッキング

  3. 諏訪沢森・317m~冬山直登・・1 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    諏訪沢森・317m~冬山直登・・1

    花巻市大迫町の、諏訪沢森・317mの冬山直登に挑戦。国道396号線から見た、諏訪沢森・317m。近付いた。適当に駐車。直登を目指す。林道??部分に入る。共同墓地あり。髙い部分に向かって進む。雪が少ないねぇ、今季は。急斜面に取り付く.・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以下、次回に。

  4. 鞍掛山・897m~冬山撤退・・3 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    鞍掛山・897m~冬山撤退・・3

    今回の鞍掛山の冬山登山は、雪が深くて、スノーシュー無しでは登れず、途中撤退。分岐まで戻った。太陽が出て来た。登山口まで到達。宮沢賢治さんの詩碑「くらかけの雪」。無事に駐車場に帰着。再挑戦を誓い、帰宅の途に。

  5. 鞍掛山・897m~冬山撤退・・2 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    鞍掛山・897m~冬山撤退・・2

    滝沢市の鞍掛山・897mの冬山歩き。Vol2.雪が深くて、途中で撤退の一部始終。ガスって来た。分岐に到達。頂上まで2km地点。ここまでは踏み跡があり、それを辿って来たが~。急登が始まる。踏み跡が消えた。雪が深い。吹雪いて、踏み跡が消えてししまったのだろう。雪が深い。スノーシューを持って来なかった。反省する。ラッセルしてみるが、苦労する。山行を断念する決断をした。残念ではあるが・・・。引き返す...

  6. 鞍掛山・897m~冬山撤退・・1 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    鞍掛山・897m~冬山撤退・・1

    滝沢市の、冬の鞍掛山・897mに挑戦。相の沢の登山口に駐車。1番乗りみたい~。登山口。アイゼンを装着して出発。小雪状態。北に向かって歩く。黙々と歩く。ガスって来たよ。~暫く進んで、雪が深くて撤退することになるのだが、それは、次回以降に。

  7. 快晴の火の山で運用 - 無線日和

    快晴の火の山で運用

    さて、標高303メートルの火の山山頂へ到着しました。山頂からは、椹野川河口から瀬戸内海へとつながる絶景が広がっています。周防大橋ときららドーム。ズーム~。西には相原山、御伊勢山、雨乞山などが連なってます。御伊勢山の向うには遠く下関の山々などなど~。ズームで遠く関門橋(中)方面~。新山口駅方面~。ズームで先日の↓荒滝山がひょっこりのぞいています。また茶色い秋吉台の草原↓も見えます。新山口駅周辺...

  8. 雪入山(茨城県土浦) - au bon gout/journal

    雪入山(茨城県土浦)

    三連休は雪が降ったこともあって出掛けられなかったので今日は近場のお山、雪入山へ。低山だけれどコースがいろいろあって寄り道回り道の山歩きです。先週、上手く使いこなせなかったロブスターも、今日は風がなくて干し芋、こんがり焼けて美味しい!冬は落葉しているので眺めも良いです♪藪道を進んだりもあって探検気分の山行でした。山桜が咲く頃が楽しみです!ヤマレコは後ほど

  9. スノーシュートレッキング - きのこ・花・イワナ遊悠学

    スノーシュートレッキング

  10. 火の山をのぼる - 無線日和

    火の山をのぼる

    三連休初日は雨、最終日の予報もイマイチで、日曜日しかない!と火の山へ。山口市の県セミナーパーク駐車場から亀山を左に見ながら、右の火の山へ向う。山へ入ると緩やかで日本庭園のような登山道~、右田ヶ岳塚原コースを彷彿させます。登るにつれて次第に小さくなるセミナーパーク(左)、瀬戸内海(右)も見えてきます。瀬戸内海の竹島(中)、そそり立つのは隣りの亀山(右)~。なかなか当たらない天気予報が久しぶりに...

  11. スノーーシュートレッキング - きのこ・花・イワナ遊悠学

    スノーーシュートレッキング

  12. 堂ヶ沢山・364m~冬山直登・・4 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    堂ヶ沢山・364m~冬山直登・・4

    堂ヶ沢山の山頂に達する。part4.堂ヶ沢山の冬山歩きは今回で3回目である。登頂記念写真。三等三角点。山頂。山頂標識。山頂。一通り、写真撮影して下山開始。元の踏み跡を辿る。笹薮じゃぁ。笹藪が煩い。急斜面を下る。何の実??麓まで下りて来た。花巻温泉・ホテル千秋閣。駐車場に戻る。以上、堂ヶ沢山の冬山歩きは終了。

  13. 連休最終日も結局金剛山 - 難病(後縦靭帯骨化症)と共に生きていくのか?

    連休最終日も結局金剛山

    山歩きで遠征するかどうか悩んでましたが空模様が微妙なんで近場で金剛山か岩湧山に絞りましたが結局は金剛山へ

  14. 堂ヶ沢山・364m~冬山直登・・3 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    堂ヶ沢山・364m~冬山直登・・3

    花巻市湯本の里山である、堂ヶ沢山・364mの冬山直登~part3.晴れて良かったぁ。赤テープあり。笹薮を漕ぐ。堂ヶ沢山・364mの山頂。山頂標識。登頂記念写真。山頂。山頂。面白い湾曲の木。平地を僅かに望めた。三等三角点を発見した。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・以下、次回に。

  15. 2月登山・毛無山② - 猪こっと猛進

    2月登山・毛無山②

    さて頂上です空が曇ってたのが残念でしたが真っ白にお化粧した木々がなんて素敵なこといつもは記念写真など撮らない面々も今回は嬉々として「はい、チーズ♪」(古い?)^^;念願の頂上でのカップ麺も体験し温かいスープの嬉しいこと♪生姜湯も頂き充電完了!さて下山です転げないように用心しながら歩きます左の人は、おしりスキーで下りてます進んで滑って下りる人あり滑りたくないのに滑ってしまう人ありそんな人を見て...

  16. 堂ヶ沢山・364m~冬山直登・・2 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    堂ヶ沢山・364m~冬山直登・・2

    花巻市の堂ヶ沢山のpart2です。前回の写真、ピン呆けがあるようで失礼。堂ヶ沢山・364mの南面を直登です。病気の瘤のあるアカマツ。急斜面を直登。朝日が見えた!!高浜虚子の句?字が達筆過ぎて、無学の小生には読めない。笹薮が濃くなる。掻き分けるのが大変です。日射しを浴びていい気持ち。気温は-5℃。人工物を発見。ここからは、比較的平坦で歩き易い。笹薮は相変わらずだけれど、傾斜が緩い。赤テープを発...

  17. 堂ヶ沢山・364m~冬山直登・・1 - 日頃の思いと生理学・病理学的考察

    堂ヶ沢山・364m~冬山直登・・1

    花巻市湯本の花巻温泉から、近くの堂ヶ沢山・364mに冬山の直登に挑戦。2月某日、盛岡の自宅をAM6;00に出発。県道13号線を南下して、花巻市を目指す。花巻市湯本の堂ヶ沢山・364m。花巻温泉の駐車場に愛車を置く。歩き始める。ホテル千秋閣が見える。夜が明けて来た。登山開始。堂ヶ沢山の南面を直登。結構な笹薮である。やはり、今季の雪は少ない。例年の半分くらいか。ただ、気温は低い。-10℃だもの。...

  18. 2月登山・毛無山① - 猪こっと猛進

    2月登山・毛無山①

    今年初の山歩き講座雪の毛無山へスタートは県民の森到着するまでは雪をあまり見ませんでしたが着いてみるとこんな感じスノーシューの履き方すでに忘れてた^^;ワクワク感いっぱいで歩き始めます時々雪がちらつきますが楽しく歩けました道なき道をみんなてんでに頂上目指して上へ上へと登ります頂上まであと少しつづくnyao

  19. 3連休中日金剛山いっちゃえ~ - 難病(後縦靭帯骨化症)と共に生きていくのか?

    3連休中日金剛山いっちゃえ~

    3連休ですが昨日のコンディショニング水泳で連休中のボランティアは終了ですな、もんで山、行っちゃえ~

  20. 小野山(茨城県土浦) - au bon gout/journal

    小野山(茨城県土浦)

    山歩きしているママ友と再会、おしゃべりしながら歩きましょうって一緒に小町山へ!登山口のちびタヌキちゃん。今日は沢コースだったので大タヌキのタンタンにもご挨拶♪道標のネーミングにもユーモアがあって沢の水車やお休み処のテーブルも手作り感があってほのぼの、地元愛を感じる楽しいコースです。ロースターなるものを買ったので初めての“焼きおにぎり”に挑戦♪お山歩きに少しずつ遊ぶこともプラスして。Insta...

総件数:500 件

似ているタグ