山茶花のタグまとめ

山茶花」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには山茶花に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「山茶花」タグの記事(330)

  1. 秋の景色とスマホの通信量 - ひとり言

    秋の景色とスマホの通信量

    1日毎に天気気温が変わる。今日は冷え冷え、朝からしっかり着込む。下着のWだと、着ぶくれの感じもなくていいかも。自治会有志のカフェのお仲間のご主人が亡くなられ、家族葬との事、出棺に合わせて角お送りへ。門おくりとも言われるそう。ここしばらく家族葬が続く、寂しいことなんだろうなとも思う。買い物して、⊆^U)┬ー┬~.の散歩へ。すっかり秋深し・・・被写体探しで公園内をウロウロ~~↑の写真を撮る前に、...

  2. 11月27日 「朔風払葉」の日・筆について② - 煎茶道方円流~東京東支部~

    11月27日 「朔風払葉」の日・筆について②

    今日は七十二候の59候目の「朔風払葉(北風 木の葉を払う)」という日。朔風とは、北風のことで、「木枯らし」を指します。いよいよ冷たい北風が吹き始め、木の葉をまき散らす時期になりました。日本海を渡る時に水分を含んだ北風が、山地にぶつかり、日本海側では雪の日が多くなります。そして、太平洋側では、山を越えて乾燥した風となり、「空っ風」になります。「朔」という字は、「朔日」などのように、「初め」や「...

  3. 昭和記念の秋【2】 - 写真の記憶

    昭和記念の秋【2】

  4. 山茶花の垣根 - ミセス サファイア 静けさの中で

    山茶花の垣根

    山茶花が咲く垣根があるそこを越えると義母が住む離れがある何度見たことだろう何度越えたことだろうこの頃の私は清麗とした気持ちでその垣根を越えることができる山茶花花言葉ひたむきさ困難に打ち克つ白色の山茶花花言葉愛嬌(冬の寒さの中で愛らしく咲く姿から)

  5. 晩秋の山茶花 - シンプル・ハウスワイフのRANDOM SHOT

    晩秋の山茶花

    2020年11月21日撮影by fujifilmx70@公園山茶花の花が美しい季節です。椿より軽やかなイメージ。朝の透過光で少しハイキーで撮ってみました。

  6. 紅葉の濡れる高願寺 - 写真の記憶

    紅葉の濡れる高願寺

    買い物ついでに高願寺へ寄ってきました。

  7. 庭の山茶花 - 今が一番

    庭の山茶花

    庭の山茶花が咲き始めました。竹林バックに紅葉バックに

  8. しっかり歩く冬 - あおいそら

    しっかり歩く冬

    (11月の紫陽花)土曜日は日中風が強かったのもあって宇宙ステーション「きぼう」は頭上をその形を連想できるくっきりとした光になって以前見たときよりもずっと大きくゆっくりと北の空へ真っ直ぐに進んでいったように見えました。アポロが月まで飛んでいくのが感動でそのテレビ中継を囲んだ風景を思い出します、その頃は両親も兄もいた半世紀も前の夢宇宙だったなぁと。遠くの孫と同じ「きぼう」の光を見上げる今が私にあ...

  9. 始まっています - M2_pictlog

    始まっています

    【 山茶花 *1 】OLYMPUS E-M1 Mark II TAMRON SP 90mm F2.5 MODEL 52B いつものフィールドではまだぽつりぽつり、ですが、山茶花、始まっていました。今年は公園の管理がコロナの関係もあってか行き届いていない感じで、一番のお気に入りの木もボロボロな状態なのが気になるところですが、花期も長い事ですし、例年どおり撮っていこうかと思っています。

  10. 違い - 366日の恋するカメラ

    違い

    この子は山茶花?それとも椿?花首ごと落ちていれば「椿」。花びらが落ちていれば「山茶花」。何年か前、花好きの友達からそう教わった。足元にたくさんの花びらがある。と言うことはこの子は「山茶花」。。しかし、椿や山茶花は500種類以上あり、交配に交配を重ねた結果、一概にこの論理にあてはまらない品種があるのだそうで、プロの方でも判断がつかないものもあるのだそう。「椿」でも「山茶花」でも、わぁ、綺麗~と...

  11. 赤い花と赤い実 - きずなの家創り

    赤い花と赤い実

    これも西公園に咲いていた山茶花と名前の分からない赤い実です赤い山茶花の花言葉は「謙譲」「あなたがもっとも美しい」

  12. girl talk - IL EST TROP TARD 時は過ぎゆく ... 2

    girl talk

    お喋りに夢中かわいいお嬢さんたちお花の少ないこの時期彼女たちを見かけるとほっと 心が和らぐ

  13. HANA - なんでもブログ2

    HANA

    こんにちは。本日2回目の投稿です。今週はデマ情報に振り回されています。そんなこんなで鳥さんの画像なしたまにはHANAでも雨上がりに撮りました。山茶花の花かな?

  14. 剪定日和 - 島暮らしのケセラセラ

    剪定日和

    道具はプロの植木屋さんのようにあるあとはうで次第~いつもツゲの木からま~るくカット開始…駐車場横の紅カナメも綺麗でしょう前栽を手入れする前にバリカンで切り揃えた紅カナメは伸びるのが早く夏以降も3度カットした庭にはピンクの山茶花がチラホラ咲き始め可愛い色を撮ったつもりが全てボケていた白い薔薇も秋になって一輪ずつ消えては咲き白からクリーム色に変わるのが不思議幾重にも重なり凛として立っている姿は気...

  15. 11月7日   「立冬」・「山茶始開」の日 - 煎茶道方円流~東京東支部~

    11月7日 「立冬」・「山茶始開」の日

    今日から立冬に入り、七十二候の55候目「つばき はじめて ひらく」という日。山茶(つばき)は、椿ではなく、山茶花(さざんか)の事を指しているそうです。山茶花という漢字は、「山に生え、花を咲かせる茶の木」という意味で、古来は、葉の部分をお茶として飲んでいた事に由来すると言われています。山茶花も椿も大変よく似ている花を咲かせますが、この時期に先駆けて咲くのが山茶花で、椿は「木へんに春」と書くよう...

  16. 11月6日  石田三成の忌日 ・「三杯のお茶」の話 - 煎茶道方円流~東京東支部~

    11月6日 石田三成の忌日 ・「三杯のお茶」の話

    今日は、五奉行の一人、石田三成(1560~1600年)の忌日。石田三成と言えば、関ヶ原の戦いを起こし、戦国時代の最後を彩った戦国武将。その一生については、様々な逸話が有るようですが、中でも有名なのは、三成と「主君・豊臣秀吉」、そして、「盟友・大谷吉継」とのお茶に纏わるお話です「三成の三杯のお茶」と語り継がれているのは、鷹狩りの後、喉の乾きを訴えた秀吉に、寺の小姓だった三成は、一回目は大きなお...

  17. 今年も八重咲つわぶき満開! - 気ままにデジカメ散歩

    今年も八重咲つわぶき満開!

    #それぞれクリックすると拡大サイズ開きます#まだ珍しいという八重咲つわぶきが沢山咲き、ほぼ満開です。庭の南西、雑木が大きくなる一方、お日様足りないかなー左は東庭に咲く八重咲つわぶき、右は南西、株分けして差し上げた時2ヵ所へ東花壇の中、蝶がやってきて止まってくれました。これもつわぶき、葉に黄色い斑点のあるつわぶき、頂いたつわぶき、蝶に愛されています。裏庭の山茶花、早くから咲いていますが、奥に咲...

  18. 椿ではなく山茶花なのです。違いはよくわかりませんけど。 - デザインのアトリエ絵くぼ

    椿ではなく山茶花なのです。違いはよくわかりませんけど。

    来年の卓上カレンダーの完成が遅れています。例年通り妖精は必須で、12人描き終えました。今日は1月用に、photoshopで山茶花を描きました。一部をちらっと💛今回は塗り絵ができるように一部を除いてほぼ線画になる予定です。初めて卓上カレンダーを作った2017年もそうでした。

  19. よいお天気火曜日(コウノトリ3羽遭遇) - あおいそら

    よいお天気火曜日(コウノトリ3羽遭遇)

    ついに見ることが出来ました。きのうよりも雲の多い日でしたがそれでも有難い晴れきょうで4日目。家事済ませて昼頃家を出て緑化センター経由で沼の駐車場に着くと6,7人の大きなカメラを持ったヒトたちがすぐそこにいたので急いでその場に向かうと1羽を見つけて小躍り。よくよく見るとあと2羽3羽のコウノトリでした。いちばん体のちいさいのが水の中で餌を探し大きいのが水際そしてもう一羽はずっと草むらの中で顔を出...

  20. 山茶花の頃 - hanasdiary.exblog.jp

    山茶花の頃

    山茶花___泥棒捕まえて縄をなう母がよく言ってたそんな感じではあるけれど『トリ軟骨』効いてるかも昨日お墓の前でしゃがんで用事してた時一回ギクッとなったけど日頃から筋肉を鍛えて、、、そんなひとではないのでこうなってるのかな思い返してみればひざの感触が変なことは前にもあった用心しつつすごしてるとそのうち治ってそれで忘れて、、、すぎてくこれからはその間隔が短くなっていくのかも筋肉きんにくん君は大事...

総件数:330 件

似ているタグ