山谷のタグまとめ

山谷」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには山谷に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「山谷」タグの記事(208)

  1. 水沢峠の朝 - Ryu Aida's Photo

    水沢峠の朝

    4日目の朝、水沢峠から出発するこの日は気温が高く、暑くなりそう

  2. 鎌尾根 - Ryu Aida's Photo

    鎌尾根

    御在所岳から武平峠まで下り鎌ヶ岳へ登る鎌ヶ岳から反対側に下ると今度は鎌尾根この何段にも登ったり下ったりを繰り返す鎌尾根は急斜面、クサリ場が多く、気を抜けない

  3. 御在所岳で一服 - Ryu Aida's Photo

    御在所岳で一服

    昼前に御在所岳に到着天気がいいのでたくさんの観光客が歩いている久しぶりにレストランで食事ゆっくりしたあと、鎌ヶ岳に向かう登山道の脇にもアカヤシオ

  4. 赤八汐(アカヤシオ)の森 - Ryu Aida's Photo

    赤八汐(アカヤシオ)の森

    鈴鹿の赤八汐は丁度見頃だった国見岳の少し北にある青岳は赤八汐に覆われる

  5. 筆竜胆(フデリンドウ)と大亀の木(オオカメノキ) - Ryu Aida's Photo

    筆竜胆(フデリンドウ)と大亀の木(オオカメノキ)

    鈴鹿山脈は南北に走っており、水晶岳はほぼ真ん中このあたりまで来ると筆竜胆を見かけるようになる筆竜胆大亀の木

  6. くずれた尾根 - Ryu Aida's Photo

    くずれた尾根

    三日目、羽鳥峰を出発し金山を過ぎると三重県側が大きく崩れた直ぐ横を通る滋賀県側は崩れがないため、恐怖感なく縁まで近付いて眺めることができる

  7. トレラン - Ryu Aida's Photo

    トレラン

    八風峠から釈迦ヶ岳へ向かう途中、トレイル・ランナーに抜かされたトレランは若者に人気があり、普通の登山だと15時間かかり1泊2日になってしまうようなルートも半分の時間で走り抜ける

  8. 八風峠 - Ryu Aida's Photo

    八風峠

    11時過ぎ、三池岳を越え八風峠に着く頃には天気はすっかりよくなった八風峠は麓から登っても2時間、登山者しか来ないようなところだが、誰かが手入れをしているのだろう、建っている鳥居は鮮やかな朱色だった先を見るとまた登り、縦走はこうした登りと下りの繰り返しである

  9. 竜ヶ岳から南を展望 - Ryu Aida's Photo

    竜ヶ岳から南を展望

    セキオノコバを出発して1時間竜ヶ岳に着いた頃から日が射し始める竜ヶ岳から南を展望

  10. セキオノコバ - Ryu Aida's Photo

    セキオノコバ

    治田峠を過ぎて竜ヶ岳までの尾根歩きは狭いところが多いが、静ヶ岳の近くは広くセキオノコバと呼ばれている二日目はそこから歩き出したが朝のうちは霧にけむっていたセキオノコバ付近の池

  11. 金襴草(キランソウ) - Ryu Aida's Photo

    金襴草(キランソウ)

    咲いていたのは藤原岳から治田峠へ向かう途中この後も鈴鹿の稜線上でたびたび見かけた

  12. 雨にけむる藤原岳 - Ryu Aida's Photo

    雨にけむる藤原岳

    藤原岳山頂は草木もなく雨の日は殺風景藤原岳を過ぎると治田峠までどんどん標高が下がり、芽吹いた木々が増える治田峠付近から藤原岳を振り返ると雨に濡れた若葉が美しい

  13. 馬杉苔(ウマスギゴケ) - Ryu Aida's Photo

    馬杉苔(ウマスギゴケ)

    御池岳~藤原岳にかけては石灰岩地帯で湿気が多く苔がたくさん生えている

  14. 雲が切れた - Ryu Aida's Photo

    雲が切れた

    藤原岳への稜線を歩いていると一時小雨が止んだ雲が切れ、麓の平地が見え隠れする

  15. 片栗(カタクリ)と山延胡索(ヤマエンゴサク) - Ryu Aida's Photo

    片栗(カタクリ)と山延胡索(ヤマエンゴサク)

    御池岳から藤原岳へは稜線歩き登山道の脇には咲きかけの片栗と山延胡索片栗山延胡索

  16. まずは御池岳 - Ryu Aida's Photo

    まずは御池岳

    コグルミ谷を登りきり稜線に着いたら御池岳に向かう御池岳の斜面にはぎっしり小梅蕙草(コバイケイソウ)

  17. 一人静(ヒトリシズカ)と二輪草(ニリンソウ) - Ryu Aida's Photo

    一人静(ヒトリシズカ)と二輪草(ニリンソウ)

    コグルミ谷で咲いていた一人静と二輪草白い花は晴天より小雨くらいのほうが瑞々しくきれい一人静二輪草

  18. 出発は小雨 - Ryu Aida's Photo

    出発は小雨

    鈴鹿山脈縦走1日目、朝7時にコグルミ谷出合から登山を開始したこの日は生憎の小雨、山には霧が立ち、藤や山桜も霞んでいる

  19. 大瀞 - Ryu Aida's Photo

    大瀞

    コシアブラがないならそのまま春の山を楽しもうということで愛知川まで歩き、沢沿いを散策愛知川 大瀞

  20. 田虫葉(タムシバ) - Ryu Aida's Photo

    田虫葉(タムシバ)

    季節の味を味わおうとコシアブラを求めて山に入った寒い日が多かったせいか例年より遅く、芽は出ていなかったその代わり、いたるところで田虫葉が咲いていた

総件数:208 件

似ているタグ