山里のタグまとめ

山里」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには山里に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「山里」タグの記事(218)

  1. 自家調達七草粥 - 月下逍遥

    自家調達七草粥

    はや七日。七草粥でございます。七つは見つからず五草です。敷地内と菜園で採取。土鍋でくつくつ、ほぼ炊けたところに刻んだ青菜投入。焼き餅と梅干しのせ。お粥の塩は最小限、です。もち米のみ買ったもの。(お餅は暮れにつきました、餅つき機で)あとは自家製。自分で言うのもなんですがこれはとっても美味しくてお気に入りです。七草なずな唐土の鳥が、、、の歌もどこかで聞いて覚えました。今はすととんすととんとか言い...

  2. 無事 - 月下逍遥

    無事

    2020年もあとわずかなんだなんだとおろおろしているうちにはや師走。今、敷地の色どりはほかには同じように南天の実、だけです。冬枯れの中の赤は殊のほか美しいです。葉っぱに抜けがらを残したこの子も旅立ってどこぞで命を繋いでいるのでしょう。歴史に残るようなことがしばらく前から怒涛のように起こっている、という印象でしたが今年はこれまた思いもよらぬ感染症、でした。それまで問題になっていたこと気がついて...

  3. 蕎麦とカフェ(町内) - 月下逍遥

    蕎麦とカフェ(町内)

    観光地でもある山里。ぼちぼち新しいお店ができていてあちこちちょっとずつ訪問です。民家を改装してあって想像するよりかなり広い店内で、メニューもいろいろありました。町内二軒目お蕎麦がたべたくなったら来ましょ。駅前のカフェ。お蕎麦やさんもこんな感じの民家を改装。この土地の家の作り方、です。おお~ぷわぷわっのパンケーキです。店内クリスマスバージョン。こういうカフェに来たのいつ以来かしら、もうわからな...

  4. 窯出し - 月下逍遥

    窯出し

    窯出しにもお邪魔しました。自分の作ったものは、自分で、、、(ありがたい)火が消えて静かになった窯を点検する窯主さん。生まれたての皆さん。圧倒されます。窯の中にもぐりこんで自分の五輪塔を取りだしてきました。どういうわけだかねじれている子もいますが、皆無事に焼き上がりました。一番小さい子はお地蔵さんみたい。部位によって縮み具合に差があるので微妙に元の形と違っています。面白いですね。土に小さい粒粒...

  5. 炎の色 - 月下逍遥

    炎の色

    お手習いで通っている古民家の家主さんは陶芸家、です。窯焚きを見に行かせてもらいました。薪くべさせてもらえる、と聞いてうきうきうきうき興味しんしん。前日から穴がまに火は入っておりつまりずっと燃え続けており、今が最高潮。で、、、どうぞ。それっ。手ぬぐいと軍手持参(テント泊でのたき火には必携)窯口の薪が半分くらいになったら残っている薪を奥に押し込み手前にぎしぎし積んでいきます。と、奥にある煙突から...

  6. 紅葉2020 - 月下逍遥

    紅葉2020

    今年の紅葉は鮮やかです。急な冷え込みが色づきを促した模様。もみじ屋敷の敷地内華やかになりました。二階のベットの上の窓。冷え込んだ日の朝、外の明るさで気がつきます。部屋の中にまで照り映える赤。色いろいろ。ヤマザクラもこんなに鮮やか。またまったく同じ色、というのは二度とないと思うのでした。同じはないのが生きているというか在るということなのかもしれません。・・・

  7. イイネ - 月下逍遥

    イイネ

    葉の色が緑から変りはじめました。山アジサイ中心から紫色が滲んできます。ああ、美しいと思います。ばらばらばらばら落ちてくるヤマサクラ。花は地味だけど紅葉は見事な発色です。この赤はどこからくるか、と毎回思ってしまいます。ところで、ページの下のほうにハートマークがあってそこをぽちっとするとイイネがつきます。エキサイトユーザーでしたらその方のサイトに飛べるのでお邪魔してブログ拝見して、こちらからもイ...

  8. コロナ下のミホミュージアム - 月下逍遥

    コロナ下のミホミュージアム

    ご近所ミホミュージアムはかなり長い間休館で、やっと秋から、所蔵品中心の展示を再開をしました。予約が必要ということでネットで時間を指定して行ってきました。こちらの所蔵品はなかなかですので企画展でなくても十分楽しめます。これが欲しいい~~~~っとなったのは茶箱一式でありました。もうほ~っとため息です。目に残ったのは書、ではなくその掛け軸の表装に使われていたかなり大きな柄の更紗でありまして、あそこ...

  9. きものにスイッチ入る(入ったのか?) - 月下逍遥

    きものにスイッチ入る(入ったのか?)

    山里の最低気温予想一℃、だそうでございます。一昨日だったかは二℃、でしたからそうは驚かないのではありますが、北海道よりやっぱり寒いわぁ。町内の古民家へお手習いへ。今年は着ていないのでここへきてきものが着たい病がむくむくと。というより箪笥から出してあげなくてはという強迫観念に近いものもあり。きもの草木染め手織紬染色Iwasakiさん帯塩瀬地名古屋チャンティンロウケツ染め橋本文子さんこの秋の色目...

  10. 五輪塔 - 月下逍遥

    五輪塔

    月に一度の手習い今回はお昼からお邪魔しました。このおうちは不思議です。他のどことも違う美しくて静かな風がいつもそよそよと吹いているような。お取り上げを。こういう食事をすすっと出せるようになりたいのです。凝ったもの豪華なものはいりません、しみじみおいしいお昼ご飯。茶事というわけではありませんのでその後墨をすって平仮名の手習い。いろは一回につきだいたい三文字で力尽きでいるのでのろのろと進んでいま...

  11. 山里・初秋 - ryuuの手習い

    山里・初秋

    location:信州下伊那郡松川町部奈comment:山並は中央アルプスちょうど雲の下あたりを天竜川が流れている広葉樹も色付き始めている秋はすぐそこにあるF2maruman rembrandt watercolours制作時間:20分 ryuuの手習いの部屋 (土曜会&金曜会)http://ameblo.jp/tatesinarizo-to/ facebookに参加しています...

  12. みつばの森のキアゲハアパート - 月下逍遥

    みつばの森のキアゲハアパート

    暑っつくて菜園の奥までは立ち入れず、少し涼しくなったので草むしりに入ったところ。。。あららら~菜園の一番奥半日陰になっている場所に繁茂する三つ葉の森にキアゲハたちが育っていました。ざっとみたところ六匹見つけましたが、探せばもっといるのかもしれません。山椒についたアゲハの幼虫はよく見かけますがこちらは初めて発見しました。敷地内にはいろんな種類のアゲハがひらりひらりとよく飛んでいて目を楽しませて...

  13. まだまだ豊作 - 月下逍遥

    まだまだ豊作

    ナスは復活してたくさん実を付け始めました。ピーマンは元気元気。ししとう万願寺長とうがらし豊作。キュウリは早々に枯れてしまい、トマトは生るのですがどうもカメムシ系がつくのかちゅっと穴のあいたところから腐ってしまい、収穫少ないので処分しつつあります。そろそろ空けたところから耕して秋の野菜たちの準備です。世間はい~っというニュースが多くて気分に悪いので少しそういうところから離れて、自分の足元を見つ...

  14. 蓮の実 - 月下逍遥

    蓮の実

    一輪咲いた蓮に実が生りました。来年はもう少し咲くかしら実はもちろん別の鉢に植えつけて数年先には蓮の咲き乱れる様子、が見られるようになればいいなあ、と思っています。お盆になりました。今日はお寺におしょうらいさんをお迎えに行きました。例年のお盆行事の始まりです。さて東京の家のおしょうらいさんはどこに行くのかしら。お位牌のある向こうの仏壇に?おもう人のいるこちらにふわふわと?それとも故郷か好きな場...

  15. あまりの暑さに - 月下逍遥

    あまりの暑さに

    暑中お見舞い申し上げます長かった梅雨が(あれを梅雨というのか、と首をかしげつつ)開けて猛署が続きます。とはいえ暦の上では明日は立秋ですからそれからはもう残暑お見舞い、となってしまいます。気候がめちゃくちゃに、と言いだしてからどのくらい経ちますでしょうか。めちゃくちゃで読めない、ことがスタンダードになった、ということなのでしょう。夏のお便りに例年のごとくどんなに暑かろうが雨が多かろうがすくっと...

  16. 夏野菜もりもり - 月下逍遥

    夏野菜もりもり

    いつもしばらく留守にすると家の内外がすごいことになっていて、しばらくは片づけに追われます。今回は草木の育つ時期にけっこう長く留守にしていたのでそれはもうあ~れ~、となっていて。ことに菜園は踏みこめないほどの森と化しており歩くところだけぐるっと家人に機械を入れてもらいそこを足掛かりに草を引いたり枝を払ったりしてやっと普通に収穫できるようになりました。長雨にもかかわらずいやだからか、今年の夏野菜...

  17. 八重?! - 月下逍遥

    八重?!

    帰宅しました。今日件の蓮の花が咲きましたが、、、えっ。。。ややや!?なんと豪華な。。。こんな花見たことあったかしら、この種どこで手に入れたのかしら。謎、です。あなたはとっても美しいけれど、やはり私は一重のあの楚々とした凛とした蓮の花がいいの、、、桃色のと白いのと欲しいの。いえいえあなたも大事にしますからすねないでね。どこぞで手に入れてまた発芽させましょう。池の手入れをして一部を蓮池に数年後に...

  18. 蓮 - 月下逍遥

    昨年種が発芽して数本ひょろひょろと茎が伸びて葉がついて。さて今年は。どんどん太い茎に去年より大きな葉もたくさん開きました。さてさて花は咲くのであろうか。毎日のように眺めていたらどうも葉、ではないものがちょろりと顔を出したのでやや、これは花芽か、と喜んだのもののどうも元気が無くだめかあ、、、と思っていたのですが。葉の向こう側で見えにくかった場所に発見。葉では無い、これは花芽であることよ!立派で...

  19. 半夏生 - 月下逍遥

    半夏生

    暦では夏至から11日目が半夏生。今年は今日7月1日、だそうです。あらまあ半年過ぎてしまいましたねぇ。何と言うべきか。。こちらは植物の半夏生。いただきもの、です。お化粧はほんのぽっちりだけなんですがこれから白くなるのかしら。つゆ草栽培種、でありましょう。東京の家の近くの空き家のフェンスから盛大にはみ出していたものを、前回ぽき、と数本持ち帰りました。根づきましたが来年また発芽してくれて咲くかはわ...

  20. 夏野菜が - 月下逍遥

    夏野菜が

    このシルエットは、、、、なぞというクイズのつもりで撮ったわけではないのですが、後の紫陽花を入れようと欲を出したら、点前まっくろになってしまいました。ナスとキュウリであります。夏野菜の収穫が始まっています。天候不順今年はなべて涼しいのでどうかなあ夏野菜、と思っていましたが、順調にみな育ってくれています。なぜか例年は実りの遅いナスが順調です。コロナのせいで連休前に苗を準備したのが良かったのでしょ...

総件数:218 件

似ているタグ