山野草のタグまとめ

山野草」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには山野草に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「山野草」タグの記事(4029)

  1. 春花を尋ねて - 老猿の山日記

    春花を尋ねて

    総領町の節分草も吉舎町のユキワリイチゲももう公開終了した様です。じゃあ何処へ・・・為重の福寿草?帝釈のケスハマソウ?ちょっと遠いな~~う~ん津波のホソバナコバイモと戸河内のアズマイチゲにで逢いに行こうか!ちょっと寄り道西風新都こころの梅園まだまだ見頃でした。津波の梅も満開これぞ梅の花いい香り咲いてたよホソバナコバイモ丁度見頃でしたね。ひーちゃんもしっかり撮ったかな~?アズマイチゲは未だお寝ん...

  2. 自然教育園の植物と、カワセミ、ダイサギ - 子猫の迷い道Ⅱ

    自然教育園の植物と、カワセミ、ダイサギ

    自然教育園での写真がまだありました。・モクレイシ・小さな花で雌雄異株です。雌雄異株ということは帰宅後、調べていてわかりました。前もって分かっていれば、両方の花があるか、ちゃんと確認してきたと思います。雄しべが目立つのが雄花、雌しべが目立つのが雌花で、花弁は、雌花が小さいそうです。写してきたのは「オバナ」ばかりでした。ツルレイシ(ゴウヤ)のような 赤い種子が生るので、モクレイシという名前が付き...

  3. 山野草~舌ランセラピアスリングア - 園芸のいのうえ屋

    山野草~舌ランセラピアスリングア

    近年では舌蘭とは呼ばないのか?カピタータやタンオーキッドとは異なる色合いであるセラピアスリングア暑さ、寒さにとても強くよく増えます※陰作りするとひょろひょろになってしまいます早速、虫に穴をあけられてました・・・

  4. セリバオーレン - kogomiの気ままな一コマ

    セリバオーレン

    先日行って、一週間経ったなんと、セリバオーレンが一面に咲いてたあの時はまだ早かったのだと去年の満開が先日に行ったより前の日だったから、少ないと思ってた今頃咲いてるかなぁのある花を探してここまで来ました以前より広がってたよ。誰も入らいのでしょうねえ自然のままに咲いてます先日沢山撮って遊んだの少しだけ遊んで~~飛んでるよう~~可愛いですこの辺りで捜索開始・・・見つからないなぁまだ咲いたないのかな...

  5. 自然教育園の花色々と、カワセミ - 子猫の迷い道Ⅱ

    自然教育園の花色々と、カワセミ

    自然教育園を含む白金台地は、洪積世(20~50万年前)海食によって作られました。園内から縄文中期(紀元前約2500年)の土器や貝塚が発見されていることから、この時代には人々が住んでいたと考えられます。江戸時代になると、増上寺の管理下に入りましたが、寛文4年(1664)には、徳川光圀の兄にあたる高松藩主松平讃岐守頼重の下屋敷となり、園内にある物語の松やおろちの松などの老木は、当時の庭園の名残で...

  6. 17年春の自然(16)…薹の立ったフキ - ふぉっしるもしてみむとてするなり

    17年春の自然(16)…薹の立ったフキ

    この数日、関西も急速に春めいてきた。春花をいっぱい撮影し、アップできるシーズンがやってきたのだ。通勤時間20分あまりだった前任校の時は、冬~春の時期、峠道のさまざまな植物を撮影することができた。時間的余裕だけでなく、太陽もそれなりに昇っていて、光線状態もよくなっていたのだろう。しかし、通勤時間が35~45分かかる現任校に変わってからは、撮影条件も悪くなっていて苦労した。やっと、日の出の時刻も...

  7. オオミスミソウ2017(その1) - 時鳥庵晴耕雨読

    オオミスミソウ2017(その1)

    庵主の春一番の関心事はオオミスミソウの花だ。通常「雪割草(ユキワリソウ)」と呼ばれるのだが、同じ名前で呼ばれる他の草花もあるので、ここではオオミスミソウと呼ぶ。主に日本海側(特に新潟県でよく栽培されている)に自生するのだが、園芸植物として注目を集めている。変異が多く、花が美しいからだろう。今では八重咲きなどいろんな咲き方や、いろんな色が知られているが、庵主の好みは最も基本的な一重咲き(標準花...

  8. 絶滅危惧~オチフジご検討宜しくお願い致します。 - 園芸のいのうえ屋

    絶滅危惧~オチフジご検討宜しくお願い致します。

    オチフジ入荷しました7.5cmポット×7鉢のみです配送中の砂こぼれが心配ですが、伸びてくると梱包が難しくなります・・・ご不要の場合はスルーしてください

  9. 絶滅危惧~ナルトオウギ - 園芸のいのうえ屋

    絶滅危惧~ナルトオウギ

    ひょんな事から知りましたナルトオウギ正直、知りませんでしたマメ科ということで聞き流していた感じですが・・・調べてみるととても良い花です絶滅危惧になっているので、大事に増やしていこうと思います貴重な増殖方法も教えていただいたので大切に管理させていただきます※黄花サバノオという植物を探しております栽培されておられる方、ご連絡宜しくお願い致します。

  10. 自然教育園のユキワリイチゲと、途中の公園の花 - 子猫の迷い道Ⅱ

    自然教育園のユキワリイチゲと、途中の公園の花

    ・ユキワリイチゲ・青色のユキワリイチゲを見たかったので、港区白金台の「国立科学博物館付属自然教育園」に行ってきました。あまり咲いていなかったので、近くでは写せなかったのですが、見られたのでまずまず良かったです。自然教育園は、大都市「東京」の中心部にあって今なお豊かな自然が残る、都会の中のオアシスともいえる貴重な森林緑地です。常時300人の入園定員を設けているせいかどうかわかりませんが、いつ行...

  11. 足元の春≪散歩道の草花たち≫ - そよ風のつぶやき

    足元の春≪散歩道の草花たち≫

    冬枯れで淋しかった散歩道地面の下で肩を寄せ合い眠っていた草花たちが、目覚めてきました。 昨日より今日、今日より明日!日ごとに緑が濃くなり、小さな花を咲かせ、野辺を彩ります。 彼女たちの春の明かりは、私の心にも柔らかな光を灯してくれます。 (1)タンポポ(蒲公英)花言葉は、思わせぶり (2)ホトケノザ(仏の座)花言葉は、輝く心 (3)ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)(4)花言葉は、快活(5)...

  12. 斑入りヤマシャクヤク~きら星キラ星 - 園芸のいのうえ屋

    斑入りヤマシャクヤク~きら星キラ星

    数年前にヤマシャクヤク゛きら星゛2鉢仕入れ、1鉢は売れ残りのまま3年経過・・・※2年続きの青葉でかなり残念でしたが今年の展開はなかなか良いです青葉続きで放置していたおかげで3芽になりました3番芽の展開次第で価格決定いたします※原種実生です

  13. 山野草販売~ご検討宜しくお願い致します - 園芸のいのうえ屋

    山野草販売~ご検討宜しくお願い致します

    3/15、時点ですチゴユリの展開待ちですが芽の確認できています・斑入ヒガンバナ(広島県産)・斑入日本サクラソウ(白花)・八重チゴユリ(風神)・赤花チゴユリ(益子紅)・白髪の誉・タケシマユリ※桃マユハケオモト斑入チゴユリ・・・?です

  14. 桜草 - ひだまり●●●陽のあたる場所みつけました

    桜草

    花盛り白・赤欲しいナ~

  15. 春を呼んでいる①**薄紫のキミ - きまぐれ*風音・・kanon・・

    春を呼んでいる①**薄紫のキミ

    大地からかわいい声で春を呼んでいる*ユキワリイチゲ*春の精たちの宴のはじまりです♪

  16. セツブンソウ - 源爺の写真館

    セツブンソウ

    今回、セツブンソウ撮影には3回行きました。が、4番公開地は公開期間中にベストの状態とはならなかったようです。自然が相手なので仕方ないのですが・・・

  17. ミニアイリスと、綺麗だったウメ - 子猫の迷い道Ⅱ

    ミニアイリスと、綺麗だったウメ

    ・ミニアイリス・ハーモニー・散歩コースで見ていたミニアイリスが、武蔵丘陵森林公園でも綺麗に咲いていました。下の一枚はいつもの散歩コースで咲いていた花です。こちらもたくさん咲いていました。・ミニアイリス・ダンフォルディア・黄色い花もありました。・シクラメン・コウム・トルコのアンカラ原産の寒さに強い野生種のシクラメンです。数を増やしていました。「一般的な」シクラメンに比べると、葉も花もとても小さ...

  18. テラニュウム~苔 - 園芸のいのうえ屋

    テラニュウム~苔

    続き記事になりますが、展示会ブースの一角に興味を引くコーナー近年流行り?のテラニュウムなかなかよく出来ていますご購入されたい方はご連絡願いますと言いたいところですが、配送困難です

  19. 山野草展示会~春蘭・クリスマスローズ・雪割草 - 園芸のいのうえ屋

    山野草展示会~春蘭・クリスマスローズ・雪割草

    大盛況ではありませんでしたが、今年一番初めの展示会でした当方の山野草部門では、ユキワリ草がメインNHK趣味の園芸で取り上げられていた影響もあり、初日でほぼ完売!展示品も数点お買い求めいただきました春蘭コーナーは、やはり不人気⤵クリスマスローズの即売苗もオール¥1000の激安!でしたが今年の動きは、大変悪く・・・似たような色ばかり、売れ残っていました⤵●次回、春の山野草展示会は4/21~開催に...

  20. キバナセツブンソウと、ユキワリソウ - 子猫の迷い道Ⅱ

    キバナセツブンソウと、ユキワリソウ

    武蔵丘陵森林公園では「早春の草花展」でした。早春の草花展は植物園のサンルームで春を先取りして、たくさんの種類が咲き誇っていました。屋外でも次々と花が咲いてきました。また、バックヤードの椿園を、期間限定で公開しています。希少な古典江戸ツバキをはじめ、500品種以上の椿コレクションを持つ、武蔵丘陵森林公園では、2カ所の椿園がありますが、今回はその期間限定の椿園を見る目的で出かけてきました。椿はた...

総件数:4029 件

似ているタグ