山鉾のタグまとめ

山鉾」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには山鉾に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「山鉾」タグの記事(27)

  1. 前祭と後祭の間の、祇園祭2020 - y's 通信 ~季節を彩る風物詩~

    前祭と後祭の間の、祇園祭2020

    今年の祇園祭は山鉾巡行も神輿渡御も中止。普通に7月17日を過ごしたが、後祭を迎える前にやはり気になり上洛。あやしげな空模様の、八幡祇園四条駅で地上に出る。空が明るくなっていて、気分もアガル!壱銭洋食の店先が視界に入り、二度見!駒形提灯!!!そばの壱銭大明神にもお詣り鍵善の粋なしつらえ原了郭の神輿も拝む。豊田愛山堂は渋い系いづ重のショーウィンドウに山鉾ミニチュアが並ぶ。まずはお詣り赤い幟が力強...

  2. 本来なら「祇園祭」真っ最中なのですが…静かな京の夏。 - 京都の骨董&ギャラリー「幾一里のブログ」

    本来なら「祇園祭」真っ最中なのですが…静かな京の夏。

    ・今年の京の夏は静かです。コロナ禍で祇園祭も大幅に縮小。鉾建てや巡行が中止され、神事のみ挙行という事態に。本来なら、今日16日は前祭りの宵山、明日は巡行でした。小生もカメラとともに鉾町をうろうろしているところでした。寂しい気はしますが、来年に期待しましょう。とにかく一日も早いコロナの終息を願うものです。・ところで、例年の如く、祇園祭の「厄除けちまき」を授与してまいりました。今年は山鉾ではなく...

  3. 祇園祭 - あんてぃーくかのん。(古道具・骨董)

    祇園祭

    今年中止になってしまったもの甲子園、祇園祭夏の甲子園は毎年の楽しみだった。子どもらに異常なまでに感情移入し一喜一憂、泣き笑いの夏でありました。完全に私ならグレます。でも何かのテレビで桑田くんが言ってました。「泣きたいだけ泣いてください。でもそのあとは前を向いてください。つらい現実のあとも人生は続いていきます。中止という事実と向き合って、そのあと自分がどう過ごすのかをしっかり考えて生きてくださ...

  4. 祇園祭 後祭 宵々々山 - y's 通信 ~季節を彩る風物詩~

    祇園祭 後祭 宵々々山

    後祭曳き初めの翌日は宵々々山(←未だに言い慣れない)です。暮れ始めの鉾町が見たくて、少し時間遅めに上洛。阪急烏丸駅を降りて地下通路で東へ向かうと、大丸さんのショーウィンドウに山鉾のミニチュアが並んでいた。なんと山鉾が動いてます!巡幸中!ちょっと回転寿司みたい。店が閉まらないうちに、麩嘉錦店へ。リベンジのかき氷「笹露」。あきらめきれなくて/笑。店先のベンチでいただきました。笹の香りを抽出して作...

  5. 祇園祭 後祭 曳き初め - y's 通信 ~季節を彩る風物詩~

    祇園祭 後祭 曳き初め

    朝晩めっきり過ごしやすい気温になりました。夜にはチロチロと虫の声。季節の移り変わりを感じる、夏の終わり。祇園祭の後半、後祭です。曳き初めにやってきました。大船鉾大金幣が船首を飾る。後姿も華やか!2014年の巡行復帰時には白木のままだった高欄は、2年がかりで朱塗り事業を進め、昨年は鉾両舷の「跳(はね)高欄」、今年は「艫(とも)高欄」の朱塗りが完成。着々とかつての鉾の姿に近づいている。ちなみに、...

  6. 祇園祭 前祭 山鉾巡行 - y's 通信 ~季節を彩る風物詩~

    祇園祭 前祭 山鉾巡行

    祇園祭創祀1150年、そして令和最初の山鉾巡行の日となりました。四条烏丸の交差点で地上へ。最初に目に入ったのは(ビニールがかけられた)蟷螂山。さすが山一番。早くもこんな前に位置取り。向こうに見えるのは函谷鉾。前掛はベルギー製のゴブラン織。インターナショナルで、華やか。目を引きます!チラッと見える見送は弘法大師筆による作品の写し。ちょっと他の山鉾にはない雰囲気がカッコイイ。それ以上に、車方のこ...

  7. 祇園祭 前祭 宵々山 - y's 通信 ~季節を彩る風物詩~

    祇園祭 前祭 宵々山

    曳き初めから1日おいて、また京都入り。風情ある宵の頃の山鉾町を見たいところやけど、比較的まだ人出が少ない朝からゆっくり山鉾を見て歩いた。まず向かったのは、井戸開きした「御手洗井」。清めます。ごったがえす前に、長刀鉾へ。既に、粽を求める列が長くなってたけど。青空に大長刀が伸びる。朝日を浴びて美しさが増す。白から赤の本衣装に変わった網隠しもチェック。孟宗山夏降る雪が松に積もる。占出山日本三景の宮...

  8. 祇園祭 前祭 曳き初め - y's 通信 ~季節を彩る風物詩~

    祇園祭 前祭 曳き初め

    梅雨明けと同時に還幸祭も終わってしまったけど、UPはまだまだこれから。個人的な今年の祇園祭始めは、この曳き初めから。阪急烏丸駅を下車。地下で直結している「京都経済センター」を抜ける。1階から外に出ると、目の前に函谷鉾が現れる!やっぱりえぇなぁ、やっぱりすごいなぁ、祇園祭。心づもりしてなかったので、いきなりの対面に興奮! 1年ぶりのこの感覚、忘れてた。帰る頃には、暮れ始めの街に雅な明りが灯って...

  9. 祇園祭いま・むかし・・・山鉾のある街並み今昔。 - 京都の骨董&ギャラリー「幾一里のブログ」

    祇園祭いま・むかし・・・山鉾のある街並み今昔。

    ・日本三大祭の一つ祇園祭も山鉾巡行が終わり、一段落。毎年、元気を与えてくれます。でも、よくぞ1150年も続いてきたことでしょう。山鉾町の皆さんのご努力に頭が下がります。そして近年の酷暑は運営に多大の負担がかかっているのではないでしょうか。・天候もそうですが、時の移り変わりは山鉾を取り囲む京都の町並みや風景にも変化をきたしています。我が家にある写真集「幕末・維新彩色の京都」(京都新聞出版センタ...

  10. 京の暑い日 - シセンのカナタ

    京の暑い日

    京都は祇園です。□やっぱ暑い、画にはなる、でもカメラ持った人でいっぱいです久しぶりの京都でした。撮影はオリンパスOM-D+12-50ズーム

  11. 祇園祭 後祭 宵々山 - y's 通信 ~季節を彩る風物詩~

    祇園祭 後祭 宵々山

    ハリキッテ朝から出動したくなるとこやけど今年は文字通り「宵」のくちから山鉾町を見るべく午後から上洛。駅から地上に出て、ん?なんか違う・・・この間まで掛けられていた南座のイラスト付きのシートが外されてます!営業再開に向けて着々と。前祭と比べると後祭は山鉾の数が少ないので見てまわるのもなんとなく気持ちに余裕を感じながらゆったり四条通を西へ。京人形 田中彌ミニチュア飾りも前祭から後祭バージョンへチ...

  12. 祇園祭 後祭 曳き初め - y's 通信 ~季節を彩る風物詩~

    祇園祭 後祭 曳き初め

    山鉾町へ向けて昼間の四条通を西へ。既に前祭の熱狂がウソのように街は落ち着いていてあぁもうすぐ祇園祭終わるんやなぁと、じんわり込み上げてくる。閉ざされた長刀鉾の会所放下鉾もすっかりいつもの日常風景こんなん見てたら、早くも祇園祭ロス。「あとまつり」という言葉の響きに引っ張られてしまうのもあるなぁ。でも、御旅所のこの風景を見れば、そんなネガティヴな意識も吹っ飛びました!後祭の曳き初めハシゴに向かい...

  13. 2018祇園祭後祭巡行 - 京都ときどき沖縄ところにより気まぐれ

    2018祇園祭後祭巡行

    物凄く悩んで行ってきました祇園祭後祭前祭と比べて混雑も少なく見やすいのですがやっぱり暑くて・・・同じ場所で山鉾を待つ気力なくうろうろしながら途中休憩を挟みました(休憩先は後ほど^^)舞妓さんは拝見する限り一筋の汗もなくその秘訣教えて欲しいです休憩後四条通御旅所前まで移動トリの大船鉾に間に合いました大きくて新しい鉾ですねとても素晴らしかったです暑い中皆さまのおかげで祇園祭が催行されていますそし...

  14. 祇園祭 前祭 宵々山 - y's 通信 ~季節を彩る風物詩~

    祇園祭 前祭 宵々山

    この日も京阪電車で上洛。京橋駅のこの風景、撮らずにはいられない。祇園四条駅から西へ。四条麩屋町に斎竹も建ちました!先日は大船鉾の龍頭が飾られていた大丸のショーウィンドウ。近づいてみると、なんか違う!大船鉾龍頭が復元されるときに参考にされた、瀧尾神社の龍彫刻に替わってました。こちらのほうが目がパッチリ。この時期のみ開放される井戸「御手洗井」。オフィス街にたたずむこの風情に、毎年感動します。ここ...

  15. 祇園祭 前祭 曳き初め - y's 通信 ~季節を彩る風物詩~

    祇園祭 前祭 曳き初め

    いよいよ後祭の準備が始まり、ちょっと日が経ってしまったけど先週のお話を。☆山鉾町では前祭の鉾建て・山建てが始まると釘を一本も使わない「縄絡み」で木組みが組み上げられ山鉾は懸装品で絢爛豪華に飾られる。その山鉾の、本番前の試験曳き「曳き初め」を観てきた。今年は、放下鉾・船鉾・岩戸山の日に。誰でも鉾を曳くことができる、オープンな雰囲気が楽しげで毎年とても楽しみにしている。まずは、四条新町を上がった...

  16. 祇園祭2018 - 京都ときどき沖縄ところにより気まぐれ

    祇園祭2018

    夕方18時頃から参戦?した祇園祭の宵々々山暮れゆく街並みと山鉾がとても素敵でしたもうでもすっごく暑い!覚悟していてもやっぱり暑かったです(ーー;)でもご一緒して下さったぽとすさんのおかげであちこち行くことが出来ましたよぽとすさん有難う♪山鉾巡行の先頭生稚児さんが乗る長刀鉾久し振りに近くまで行きましたやっぱり凄いなぁあの中もきっと暑いはず素晴らしいお囃子でしたさて今日は前祭の山鉾巡行この3日間...

  17. 「祭りを飾るものたち-祇園祭 Gion-matsuri-」 - ほぼ京都人の密やかな眺め Excite Blog版

    「祭りを飾るものたち-祇園祭 Gion-matsuri-」

    1360京都は祇園祭の季節です。38度の気温の中、市内へ山鉾の飾りを撮りに出かけました。まずは綾傘鉾。「飛天の図」弁天さんでしょうか。1361船鉾(ふなほこ)の飛龍に麒麟。1362これも船鉾の飛龍に鳳凰。1363今年も出会えました。芦刈山のライオン。(山口華楊原画の段通「凝視」(1986))1364芦刈山の胴掛け「豊公獅嚙鳥獣文様(1990)」なかなか面白いです。1365空に傘は、太子山。1...

  18. 今夜は - 京都ときどき沖縄ところにより気まぐれ

    今夜は

    宵々々山あぢぃ!(≧_≦;)※スマホ更新です

  19. 祇園祭 後祭 宵々山 - y's 通信 ~季節を彩る風物詩~

    祇園祭 後祭 宵々山

    2017年の祇園祭前祭の曳き初めから始まって、山鉾巡行・神幸祭が終わり、そして後祭とくると先が見えてきて少しさびしくなってくる頃。1年に7月が2回あったらいいのに。この日もよく晴れました●大船鉾曳き初めでは付いてなかった「艫(とも)」、しっかり存在アピール。粋な青海波。会所には、よく似た2つの龍頭右 : 昨年作られた龍頭左 : モデルとなった瀧尾神社の龍の頭(九山新太郎作)●南観音山このあ...

  20. 祇園祭 後祭 曳き初め - y's 通信 ~季節を彩る風物詩~

    祇園祭 後祭 曳き初め

    昨日で後祭山鉾巡行も、還幸祭も、無事終了したけど、もう少しお付き合いの程。神幸祭の雨を区切りに梅雨も明け、神様も無事おいでになりました。3基が並ぶ、堂々たる四条御旅所。協賛のそうそうたる顔ぶれの豪華さも見逃せない。前祭に続き、後祭の曳き初めも見てきました。 この日は、大船鉾・南観音山・北観音山の3基。全て新町通にあります。そして、同じ時刻に始まるのです!灼熱の曳き初めハシゴになりました。まず...

総件数:27 件

似ているタグ