岡大海のタグまとめ

岡大海」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには岡大海に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「岡大海」タグの記事(11)

  1. ロッテへとトレードされた岡大海、涙の挨拶「ファイターズの力になれなかった」 - リーンちゃん★のブログ(^M^)

    ロッテへとトレードされた岡大海、涙の挨拶「ファイターズ...

    日本ハムよりロッテにトレードによって移籍しました岡大海が27日、札幌ドームを訪れて、日本ハムの練習スタートの前にグラウンドで選手やチームスタッフなどに退団の挨拶を行なった。「ファイターズの力になれなかった。すごく悔しい」と涙をにじませながら振り返ったようです。入団より5年の間、一緒になって戦った栗山監督については「他のチームに行ってチャンスが増えると思うので頑張ってほしい」と話し掛けられたと...

  2. WRC第8戦はじまる、岡トレード、大谷は5タコ - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    WRC第8戦はじまる、岡トレード、大谷は5タコ

    日本ハムの岡大海がトレードでロッテに移籍した。交代要員は左腕の藤岡貴裕である。ロッテは開幕当初からリードオフマンとして活躍していた荻野がオールスター前に負傷、右手第二指基節骨骨折と診断され、全治2カ月の長期離脱を余儀なくされた。そのための緊急補強で荻野にかわる選手として岡の獲得をしたという。日本ハムでは活躍できなかった岡大海、新天地での活躍を期待したいが、日本ハム戦での活躍はごめんである。W...

  3. 岡久々適時打、ラッピが4位、そして大谷4勝目 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    岡久々適時打、ラッピが4位、そして大谷4勝目

    日本ハムが同一カード3連敗を免れ、7-1で楽天に快勝した。加藤貴之、楽天・塩見の先発ではじまった試合は1回に試合の流れが決まってしまった。加藤が3人で楽天の攻撃をおさえると、日本ハムは一死後大田泰示、近藤の連打で1、3塁のチャンスをつくった。中田は凡退してしまったがレアードが先制打を放った。鶴岡四球で二死満塁、打席には久々の先発・岡大海。ここで岡はセンターオーバーの走者一掃のタイムリー2塁打...

  4. 岡、横尾が一発、パシュートで悲願達成、カーリングは初の4強 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    岡、横尾が一発、パシュートで悲願達成、カーリングは初の4強

    日本ハムのキャンプも終盤、今季は1軍のキャンプ地名護の球場が改修工事で利用ができないため、通常より練習試合を多く組んでいるようだ。昨日は韓国チームとの練習試合、1軍定着を目指す選手にとってはアピールの場でもあった。その意味で岡大海に注目した。2016年は終盤1軍に定着し、リーグ制覇に貢献した。昨年はレギュラー候補といわれながら打撃はさっぱりで今季にかける意気込みはすごいものと思われた。闘志が...

  5. インディ500開幕、日本ハムは連勝ストップ - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    インディ500開幕、日本ハムは連勝ストップ

    インディ500マイルレースがはじまった。はじまったといっても予選はまだ先の話で事前の練習走行がはじまっただけであるが、全米では年に一度のお祭りのような雰囲気である。その初日、チームを移籍して臨む佐藤琢磨は全体の10位で練習走行を終了した。初日としてはまずまずの出来のようで練習走行終了後「マシーンは期待どおり素晴らしい走りを見せてくれました。走り出した直後からパフォーマンスは落ち着いていて、安...

  6. 日本ハム3連勝、ARC全勝優勝したけれど - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    日本ハム3連勝、ARC全勝優勝したけれど

    東京ドームに今シーズン最高の4万5千人の観衆が集まったロッテ戦で日本ハムは有原が先発した。初回、2回とロッテ打線を三者凡退と完璧なスタートをきると打線もその投球に応えた。まずレアードが前日に続いて10号一番乗りで先制すると打線も四球、ヒット、バントで一死2、3塁とチャンスを拡げ、スクイズ、犠飛で3-0とリードした。しかし有原、2回までの好投がうそのような制球難で先頭打者をストレートの四球でだ...

  7. ラトバラ総合4位、岩隈は1失点の好投、日本ハム5連敗 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    ラトバラ総合4位、岩隈は1失点の好投、日本ハム5連敗

    WRC第4戦ラリー・フランス、デイ3でラトバラが魅せてくれたSS9でタイムを稼げず、総合5位にランクダウンしてしまい、同僚ハンニネンもコースアウトでリタイアしてしまった。そして最終のSS10パワーステージをむかえ、ラトラバはスタートから全開で飛ばしてくれた。アンダーステア気味のマシンを気にせずにタイムを稼いでこのパワーステージでこのラリー初めてとなるトップタイムをマークした。わずか0.1秒、...

  8. 岡2試合連発もあと一息、そしてWBCはいよいよ決勝ラウンド - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    岡2試合連発もあと一息、そしてWBCはいよいよ決勝ラウンド

    オープン戦も残り試合が一桁、日本ハムは中日との試合であった。先発は上沢、ここ数試合は結果をだしており、先発ローテーション入りが濃厚となってきている。しかしこの日は変化球の制球はよかったが、ストレートはイマイチで高めに浮く傾向があった。5回を投げ甘く入ったストレートをスタンドに運ばれてしまったが失点はその1点だけであった。評価されるのは5回、味方の好守で二死をとりながらそこから連打で2、3塁の...

  9. 侍ジャパン快勝、日本ハムは惜しい引き分け、WRC第3戦 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    侍ジャパン快勝、日本ハムは惜しい引き分け、WRC第3戦

    侍ジャパンの予選Bグループ第2戦の相手はオーストラリアである。2004年のアテネ五輪で苦杯を喫したチームがオーストラリアであり、そのときの監督がそのまま代表を率いているのもちょっと不気味である。その意味ではキューバより手強い相手かもしれない。侍ジャパンの先発は菅野であった。先攻の侍ジャパンはいきなり、連打と内野ゴロで一死2、3塁と先制のチャンスをつくったが、4、5番が凡退してしまって無得点に...

  10. 上沢復活、侍ジャパンも何とか勝利 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    上沢復活、侍ジャパンも何とか勝利

    ここまで1勝3敗と調子のあがらない日本ハムのオープン戦、先発はひじの手術からの復活を期す上沢であった。一昨年のような投球ができるかどうか観ていたがこの日の投球はなかなかなものであった。1回、エラーで出塁したランナーに二盗を許すが、続くマギー、阿部を連続三振に打ち取り見事な立ち上がりをみせると、予定の3回を1安打2奪三振無失点の好投であった。キャンプからの好調さを持続させて開幕ローテーション入...

  11. 岡に初ヒット、久光はフルセットで首位に、錦織6連敗 - 【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど)

    岡に初ヒット、久光はフルセットで首位に、錦織6連敗

    プロ野球キャンプも終盤にはいり日本ハムは宜野座に遠征、阪神との練習試合を行った。阪神の先発は藤浪、対する日本ハムは高梨とローテーションを担う投手が先発と会って、宜野座のスタンドは超満員の盛況であった。日本ハムの先発メンバーは中田翔、田中賢介などレギュラー陣は名護に残り、若手中心でのメンバーであった。そのせいか藤浪に対して1周り目は無安打5三振と手も足もでなかった。一方の高梨は2回を2安打無失...

総件数:11 件

似ているタグ