岡田まりゑのタグまとめ

岡田まりゑ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには岡田まりゑに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「岡田まりゑ」タグの記事(27)

  1. 1007.小さな版画展 - 岡田まりゑblog

    1007.小さな版画展

    秋の空気になって、リトルクリスマス展の始まる季節になりました。今年の作品のテーマは「芽生え」です。様々な版画技法による作家それぞれの「芽生え」を楽しんでいただければと思います。今月より12月まで全国34箇所で展示致します。期間限定の全作品均一価格です(税込¥7.560)!*11/15~12/1山口県周南市のパレッット画廊の展示に岡田は11/30の多分14時くらいから在廊致します。お近くの方、...

  2. 1005.動かすチカラ - 岡田まりゑblog

    1005.動かすチカラ

    もともと考えるコトが好きではあります。本名の「眞理枝」は学者であった祖父が真理を追求するような人になって欲しい!という願いで付けたものなのである意味私は、祖父の願い通りの人がになっているとは思います。体調不良で躰が余り思うように動けなかったりすると、頭をたくさん働かせたくなります。それで、アレコレと思考して行くうちに過去や現在の自分の反省点ばかりが重くのしかって来たりして非常にネガティブな方...

  3. 1004.季節の変わり目なので - 岡田まりゑblog

    1004.季節の変わり目なので

    季節の変わり目などに熱を出して寝込むことが多いです。ここ数日また、喉が腫れて微熱続きの日々です。子供の頃から熱出しには慣れているので、多少の熱では普通の顔をして過ごします。版画の刷りも大きな作品でなければこなして来ました。けれど最近は、体力も落ちているので、体調不良の時に無理して版画の刷りをやっても集中力に欠けてしまい失敗が多くなるので諦めています。そして、どちらにしても(もう少し体力のあっ...

  4. 1002.  棘 - 岡田まりゑblog

    1002. 棘

    こころに刺さった棘がなかなか抜けないので、よい映画が観たいと思いUPLINKへ行きました。50ほどの心地良いシートが並ぶ小さな空間で、「顔たち ところどころ」を観る。88歳の映画監督アニエスと34歳のフォトグラファーJRのフランスの田舎町をめぐって創る作品たちのドキュメンタリー映画です。美しい街の風景と美しい人々の顔たち。日頃はポートレートなどには余り興味や意味合いを感じていない私ですが、こ...

  5. 1001. ツマラナイシツパイでイッパイな日々 - 岡田まりゑblog

    1001. ツマラナイシツパイでイッパイな日々

    いつまでたってもつまらない失敗を重ねる自分に疲れて、何だかやりきれないので近くの井の頭公園まで散歩に出掛けてみた。大きな樹木の間をぶらぶらと歩いて、名前の知らない花だとか草だとか台風で落ちてしまった木の実とか池のアメンボ、まだ鳴いている蝉や烏ではない鳥の声とか浸っているうちに「つまらない失敗」で良かったよね!と思えて来た。とりあえずはシリアスな失敗ではないのだからもう、そう思えただけで今日は...

  6. 1000.ナニカアタラシイこと - 岡田まりゑblog

    1000.ナニカアタラシイこと

    今回制作した8点の銅版のうち作品として完成しているのはまだ1点のみです。今月からやっと、一点づつ完成させてゆきます。9月に入り少し涼しくなって来たのでインクもだいぶ扱い易くなりました。深い腐蝕の版は、インクが柔らか過ぎるととても刷りずらいのです。作品によって一番適した版画用紙を選び色の組み合わせなども考え準備を整えます。次の一点は何時もとは少し違った雰囲気になると良いな!そう思い、策を色々思...

  7. 999.ウケトメル カタチ - 岡田まりゑblog

    999.ウケトメル カタチ

    先日の縄文展で購入した図録を見ながら、土器をドローイングしています。本当は会場で実物を観ながらドローイング出来たら良かったのだけれどこういったプリミティブな形状の、そして特に入れモノに私は心惹かれます。わたしの中での所謂「ウケトメル カタチ」です。(キモチや存在などを支えてウケトメル)典型的な縄文式土器はデコラティブ過ぎるので余り好みでは無いのですが、図録にある幾つかのモノはすんなりしていて...

  8. 996. 日々 - 岡田まりゑblog

    996. 日々

    アシュタンガヨガを始めてから随分と経ちますが、当たり前ではあるけれどずっと道の途中です。ヨガはストレッチなどの運動ではなく、身体の柔軟性と共に、むしろ考え方などキモチに効いてゆくものでもあります。今日も「現状維持には同じコトの繰り返しを日々していては後退するばかり!という言葉にそれは制作でも同じ!と頷きました。ナニカアタラシイことをして行かなければ朽ちてゆく!そんな風でも自覚があってのことな...

  9. 994. そんな日はアキラメルこと - 岡田まりゑblog

    994. そんな日はアキラメルこと

    台風は思っていたより早く逸れていったようです。暑さとか寒さだけでなく低い気圧が、私はとても苦手です。子供の頃より雨の日などはグッタリして動けず、学校を休みがちでした。ヨガで体調を整えて以前よりは少し元気かなぁと思えるこの頃であっても、今回の台風の影響は大きくこの二日間は重い身体とふらつく頭に悩まされ、何も出来ずにいました。それでも相変わらず、ナニカをしなけりゃ!という思いに駆られそんな風に思...

  10. 992.芽生え-ru - 岡田まりゑblog

    992.芽生え-ru

    ただ今制作中の小品8点中の2点は、毎年恒例のリトルクリスマス展用のものです。8月末が締め切りなので、この真夏の暑い時期にヘトヘトになりながら頑張るのです!今年の作品テーマは「芽生え」。私テキには何となく収まりが悪いので用言化して「芽生え-ru」としてみました。草木だけではなく人々のキモチにもそういったコトは起きるわけで、その「芽生え」の瞬間のようなものを今回は作品にしてみました。例年になく試...

  11. 991.とても暑い日なので - 岡田まりゑblog

    991.とても暑い日なので

    暑いからというだけでなく、元より私は元気いっぱい!というタイプではない。ですから、そんな風な人や体育会系ノリなどまた、「元気?」と尋ねられるのもそんなに好きではない。単なる好みのハナシなのですが。仕事上、展覧会などは割と観にゆく方ですが、キモチが低迷している昨今元気に頑張っている感が圧倒的に出ている作品は、あまり観たいと思えません。明るい作品は好きですが、「元気」と明るさはまた、違うと思いま...

  12. 990.ちょっとしたヨイコト - 岡田まりゑblog

    990.ちょっとしたヨイコト

    ここ何年も夏の暑さは尋常ではない!と感じてはいましたが、今年は更に異常な暑さになっていますね。心頭滅却すれば…などと思わずもう、この暑さには負けましたと降参してしまわないと命が危ないです。そんななかこの暑さで一つヨイコトをあげるとすれば、洗濯物がよく乾くというコトだ。家事の中では洗濯は比較的好きなのでよく乾く日々はちょっと嬉しかったりします。そのちょっとしたヨイコトを思い暑さに負けながら日々...

  13. 987. 銅版の日々 - 岡田まりゑblog

    987. 銅版の日々

    私は銅版の制作は一点づつする事はありません。製版作業には腐蝕液の準備やその他の特殊なモノを使用したり様々な過程があるので何点かまとめて行います。腐蝕時間も長いので、ある作品を腐蝕している間に他の作品の描画などを進めてゆきます。ただいま比較的小さな版ですが8点同時進行させております。1つひとつ若干、表現方法が違うのでそれぞれに合わせての腐蝕の仕方、使う技法を用いていかねばならないので油断はなり...

  14. 985.そして練る - 岡田まりゑblog

    985.そして練る

    版に下絵を描いて準備はだいぶ整ってきました。ここで焦らず「練る時間」を置きます。銅板は版面を腐蝕したりして凹部分を作って描いて行くので途中の大幅な修正は出来ません。ですから、時間をかけて描いていっても大丈夫!と思える画面を設定できなけれは作品として仕上げる事が難しくなります(私の場合)。このエスキースで本当に良いのか?決定を下す迄には冷静に見つめる時間を私は設けています。カタチやコンポジショ...

  15. 984. 旅の始まり - 岡田まりゑblog

    984. 旅の始まり

    銅板にグランド液を塗布し、次の作品への準備第一段階が終了しました。何年もエッチングで作品を創っているのに、この状態の版を眺める時本当に作品を創り上げることが出来るのだろうか⁉︎という気持ちになります。いつまで経っても初めてな気分です。それが良いのか?分かりませんが、慣れでモノゴトを進めるのは創造では無いと思うので、またこの怖さを味わえるのも一興だな!と思います。また、新たな旅が始まります。対...

  16. 983.準備して - 岡田まりゑblog

    983.準備して

    雨の日は何かの準備にも適しています。何をするにも準備は重要で面倒なモノだと思いますが、銅版画の準備は結構めんどうくさい。銅の板をカットしてり、磨いたり、また裏が腐食しないよう処理したり、角を落としたり、腐蝕止めのグランド液を作ったり…、どれも私は苦手です。余り広いとは言えない自分の部屋を製版作業用にセットするのもなかなか厄介です。(刷りはプレス機を使用するので別の場所にあるアトリエてきな場所...

  17. 982.旭川へ飛ぶ - 岡田まりゑblog

    982.旭川へ飛ぶ

    旭川へ着くとその大きさとなだらかな大地と澄んだ空気がどこかヨーロッパの田園風景のようで遠くまで来たな。。と思ったりします。土手に生えている大きな蕗のような植物はずっと前に行ったアイルランドの田舎を思い出させます。北の嵐山、ギャルリ アンヴォルさんはとてもお洒落な空間で、私の作品も白壁のギャラリーとは違った表情をしていました。思う存分、作品の持つ色合いを発揮して居心地が良さそうで良かった!そん...

  18. 981.雨降りの日は - 岡田まりゑblog

    981.雨降りの日は

    梅雨入りしましたね。もとより、低気圧がニガテで体調を崩しやすく雨降りだったりすると憂鬱になりがちです。けれど雨の日は静かに日々のシゴトをこなすには向いています。そこで、個展で作品を購入してくださった方々へのお礼カードを制作しました。お礼カードは、版画作品の刷り損じを利用することが多いです。作品の内容を余り気にかけず画面をカットしてカードの仕様にします。なるべくシロバを作ることによって空間が意...

  19. 980.3年ぶりの旭川へ - 岡田まりゑblog

    980.3年ぶりの旭川へ

    低気圧だとか、そういったコトにやられて再びグッタリしているうちに旭川の個展が近づいて来ました。北海道へ作品を送る!という何か何時もよりスペシャル感があった為梱包は更に注意深く頑張ってみました。日頃より苦手な分野、ましてや体調も今ひとつな日々でしたが、送る作品には「頑張ってね!」のキモチを込めて私も自分自身を奮い立たせてみました。何時もより少し上手く梱包出来た気もします。6/8(金)〜7/1(...

  20. 979.青空の日 - 岡田まりゑblog

    979.青空の日

    新居浜からの帰り、松山で一泊したので今回は観光してみました。とても素敵な青空の日。松山城へ登るにはもってこいの日でした。松山城は小高い城山の上にあるのでその天守を松山の人は日々眺めて暮らす。それは富士山周辺の人がいつも富士山を心の片隅に置いて暮らすのと似ているのだろうなと思います。(私が茅ヶ崎に住んでいた頃、富士山はそういう存在でした)。本当に雲ひとつない日で風も爽やかでリフトに乗って登るお...

総件数:27 件

似ているタグ