岡田まりゑのタグまとめ

岡田まりゑ」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには岡田まりゑに関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「岡田まりゑ」タグの記事(47)

  1. 1029.ナイトタイムパイプオルガンコンサート - 岡田まりゑblog

    1029.ナイトタイムパイプオルガンコンサート

    東京芸術劇場のナイトタイムパイプオルガンコンサートへ通って1年になります。世界最大のパイプオルガンによる演奏をリーズナブルな価格で聴くことの出来る機会なので、開催毎に行くようになりました。今回はバロックタイプのオルガンではバッハ、モダンタイプではヴェルヌなどの曲が演奏されました。ライティングで変化するオルガン自体の表情と共に夜の静かな時間に響くパイプオルガンの音色は、何時も浄化の空間となりま...

  2. 1028.形象の庭展 - 岡田まりゑblog

    1028.形象の庭展

    1.2月は寒さで体調を崩すことが多いので個展などは避けています。けれどグループ展はお誘いがあれば頑張って参加しようと思っています。2月の展覧会のお知らせです。2/18(月)〜3/2(土) 銀座 うしお画廊にて「形象の庭」展 11:30〜19:30 日休 最終日17時まで中央区銀座7-11-6 イソノビル3F 03-3571-177...

  3. 1027.節分会 - 岡田まりゑblog

    1027.節分会

    だいぶ過ぎてしまいましたが、2月3日に、今年も家の近くの武蔵野八幡宮の節分会へ行きました。年々人が増えていて、今年は早くから並んでいた人も居たようなので豆をGETするのは一段と難しい感じでした。投げられる豆はやはり一向に受け取れず。けれど当たるのも厄祓いの様で良いかなと。手渡しで頂いた福豆を食べて、今年の健康を祈りました。季節の行事は毎日を健やかに過ごす為の指針になりますね。なるべく疎かにし...

  4. 1026. 国立能楽堂1月定例公演 - 岡田まりゑblog

    1026. 国立能楽堂1月定例公演

    国立能楽堂の一月定例公演に行ってきました。今回は、狂言「ぬけから」、能「夜討曽我」です。私はコミカルで愉しめる狂言の方が好きですが、今回の「夜討曽我」はストーリーが判りやすく、能と言うより狂言の要素に近かつたので面白かったです。何時もながら衣装のデザインの斬新さ!には驚かされます。鼓や笛の空と繋がるような突き抜けた音色は他のどの楽器にも無い独特のものだなぁと心打たれます。ROCKも好きですが...

  5. 1025.寒い日々に - 岡田まりゑblog

    1025.寒い日々に

    寒いのは苦手です。とはいえ最近は昔の冬よりもずつと暖かいとは思います。それでも冬は一段と外出からは遠のく日々です。そんな日々は制作には都合が良い。それで、久しぶりにガラス絵を手掛けています。ここ数年、ガラス絵にはニガテ意識があって、暫くは描くのをやめていました。普通のペインティングとは違って一番表に見える部分から描かなければならないガラス絵は、ある意味版画の構想と似ていますが、素材の扱いが上...

  6. 1024. 発見! - 岡田まりゑblog

    1024. 発見!

    先日の大きな満月の夜に私としてはビックリな発見をしました。スペシャルだと言う月を見るべく部屋から夜空を眺めていたのですが、遠くにオレンジ色に輝く塔が見えるのを見つけました。まさか東京タワー!確かに11階建のマンションの屋上からは東の方向に東京タワーが小さく見えていたのは知っていました。けれど、私の所は3階。そんな位置から見えていたなんて!20年以上ここに暮らしていますが気がつきませんでした。...

  7. 1023.ニューイヤー・バレエ - 岡田まりゑblog

    1023.ニューイヤー・バレエ

    新国立劇場へニューイヤー・バレエを観に行きました。異なるタイプの3つつの新春にふさわしい楽しめるプログラム!☆レ・シルフィード☆火の鳥☆ペトルーシュカ私はやはりクラシカルな美しい群舞の「レ・シルフィード」が一番好きでした。馴染みのあるショパンの曲での表現です。肉体の重さを感じない「空気の精」たちの踊りが夢のよう。「ペトルーシュカ」も様々な色合いの衣装が美しく調和して見事少しコワイけれど楽しい...

  8. 1022. 島根県立美術館 - 岡田まりゑblog

    1022. 島根県立美術館

    先日の松江滞在では島根県立美術館へも行ってみました。美術館は宍道湖沿いに建てられていて大きなガラス窓が解放的でヒカリ溢れる造りです。ヒカリ溢れる....それは私にとって空が大きく見えるトコロで澄んだ気が流れているという感じなのたなと思いました。常設展示の「奈良原一高」の作品も素晴らしかった。その人物たちや風景の匂いも感じられるフカイチカラを持った写真たちが美術館の持つ明るさと対比して際立って...

  9. 1021.一番 - 岡田まりゑblog

    1021.一番

    思いがけず松江に行くことになったので、今年の初詣は出雲大社へ。青空が美しい穏やかな日となりました。大きな〆縄が見事!大国主の尊の伝説による兎のオブジェが参道の彼方此方に。御神籤は「一番」でした。「失せ物戻る」とあり、近頃何処かで無くした自信などもきっと戻って来るのだろうな!と 嬉しく思ったり。その後、兎の近くで四つ葉のクローバーも見つけたので今年は良い年になると確信しました⁈奈良と同じような...

  10. 1020. あたらしい日々 - 岡田まりゑblog

    1020. あたらしい日々

    明けましておめでとうございます。2019年の日々が穏やかでキラキラと輝きますよう!今年も たまに 何となく 私の日々のナニカを書いてゆこうと思っています。そんな他愛もないブログですが、どうぞよろしくお願い致します。

  11. 1019.  大晦日に - 岡田まりゑblog

    1019. 大晦日に

    大晦日です。長い間、全力で走る様なエネルギーの出し方でシゴトをして来た私にとって、歳の重なりでそういった自分の使い方が出来なくなったのは辛い日々となりました。出し切って倒れこむ!というのはある種気持ちのいいものであったし、その瞬間自分のコトを許せる気がしてスッキリと過ごしたと思います。制作のことだけでなく日々の些細なヤルべきことたちも最近はなかなかやり終える事が出来なくなって年末ともなると、...

  12. 1018.クリスマスイヴ - 岡田まりゑblog

    1018.クリスマスイヴ

    暖冬で年の瀬を感じずらいとはいえ、年末は「今年中に片付けたいコト」で何かと気忙しいです。そんな中、友が急に手術をすることになったりで更に落ち着かない日々を過ごしていました。それでもクリスマスイヴには品川教会の礼拝へ参加する事が出来ました。昔は毎週通っていた礼拝も、今では年に一度くらいしか行かなくなりあまり良い信徒とは言えません。品川教会は昔、私が通っていた教会と同じ系列なので賛美歌など馴染み...

  13. 1017. ボナール - 岡田まりゑblog

    1017. ボナール

    やっと冬らしく木枯らしが吹いたり身に染みる寒さとなりました。クリスマスイルミネーションも映える冬の空気です。だんだんと年末感も優ってきました。季節感が感じられ良いけれど、寒いのはとても苦手です。そんな中、珍しくメジャーな展覧会へ行きました。国立新美術館で開催中のボナール展。一応自分もアーティストの端くれであるので、こうした余りにもメジャーな、そして印象派の画家であるボナールが好きだ!とは余り...

  14. 1016.21人のアーティストによるカード作品展 - 岡田まりゑblog

    1016.21人のアーティストによるカード作品展

    この時期はクリスマスのプレゼントに!という趣旨の展覧会ご多いことと思います。国立のwatermark arts&crafs で開催の「ノエルの贈り物展」もその1つ。今年で5回目となります。ずっと参加させて頂いていますが他の作家さん達の手仕事クオリティの高さに何時も関心刺せられます。毎年私なりに頑張って制作するのですが、何時も「何かが足りないなぁ」と凹みます。けれど、そんな私の作品にも岡田まり...

  15. 1014.妹と - 岡田まりゑblog

    1014.妹と

    3週間滞在していた妹(ロンドン在住)が帰って行きました。妹と私はまるで違うタイプの生き物だ。スポーツ万能で生命力に溢れ社交的で細かなことは気にしない彼女とは、多分姉妹でなければ関わる事は無いだろうと思います。けれど様々な事情で、離れて育ったり私が親代りだったりした関係上、姉妹というよりも何か特別な想いが私にはあります。そして、もう長い間ロンドンで暮らす彼女は、すっかりイギリス人な感覚で、ファ...

  16. 1012.  迷路 - 岡田まりゑblog

    1012. 迷路

    ここしばらくいや、2、3年ずっと?迷路に入ったままぐるぐると歩き回って出られず…というような日々で、あっ、少し出口が見えて来た!と思って向かった先はまた別の迷路の入り口だった!まあ、作品を制作する日々というのは、その様なものでもあるので納得はしていますが、幾つになっても苦しくはあります。私の思う「美しいモノ」を追求するには苦悩の日々だけでは表現出来ない。自分自身が喜んだり楽しんで元気でなくて...

  17. 1011.リトルクリスマス展ぞくぞく - 岡田まりゑblog

    1011.リトルクリスマス展ぞくぞく

    11月中旬から下旬にかけて11画廊でリトルクリスマス展開催されます。web上ではわかりきれない版画の魅力に触れに是非お近くのギャラリーまでお運び頂ければと思います。尚、11月30日(金)14時頃より、岡田は山口県周南市のパレッット画廊に在廊予定です。当日は、今回の作品「キモチ」の銅版をお持ちして実際の原盤に触れて頂こうと思っています。原盤をご紹介することは稀なことなので、この機会にご覧いただ...

  18. 1010.クラウドファンディング - 岡田まりゑblog

    1010.クラウドファンディング

    12月に吉祥寺にuplinkが出来るので、とても楽しみにしています。それに先駆けてオープンの為のクラウドファンディングを募集していたので協力してみました。映画館のオープンの為のものなので設定金額が割と大きかったし、最初のうちは余り動きが無かったので成立するか?心配でした。9月から10月末までwebで動向を見守ってゆくうちに、映画館自体がとても身近に感じられ出来ました。かつて「住みたい街no1...

  19. 1009.麻布十番の小さな版画展 - 岡田まりゑblog

    1009.麻布十番の小さな版画展

    今年のリトルクリスマス作品は苦労した甲斐あって各地のDMに使って頂けて とても嬉しいです。なので、メインで使って頂いているDMをアップしてみようと思います。もうすぐ始まる麻布十番のAzabujuban ギャラリー案内状ではリーフレットの表紙に使って頂きました❣️10/31〜11/5 11:00〜18:00 (最終日16時まで)港区麻布十番1-7-2 エスポワール麻布102tel:03-541...

  20. 1008. 芽生え-ru - 岡田まりゑblog

    1008. 芽生え-ru

    今年もリトルクリスマス展、既に始まっております。作品を受け取った画廊の方から「丁寧なお仕事」という嬉しいお言葉を頂きました。版画のエディション刷りは、とても手間のかかる人によっては面倒な作業です。最近では版画であってもエディションを取ることには拘らない版創りをしている作家も多くいます。版を使用した作品という意味では、別にエディションに拘らずとも素晴らしいモノは素晴らしい!と私も思っています。...

総件数:47 件

似ているタグ