島根県石見地区のタグまとめ

島根県石見地区」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには島根県石見地区に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「島根県石見地区」タグの記事(9)

  1. 今福線の遺構2 - 近代建築Watch

    今福線の遺構2

    島根の鉄道遺産前回に引き続いて広浜鉄道今福線の遺構を紹介します。5連アーチから程なく、軌道跡は今福第三トンネルを抜けて南へ進みます。この今福第三トンネルは建設当時の姿をほぼ保った状態で残されています。トンネルを抜け、県道を渡った場所に同様のトンネルが掘られています。この今福第四トンネルの先には小さな川を渡る4連のアーチ橋が架けられています。川を渡る4連アーチ橋。蛇行する江の川沿いに敷かれた三...

  2. 今福線の遺構1 - 近代建築Watch

    今福線の遺構1

    島根の鉄道遺産浜田駅から一駅手前、下府駅付近から県道を南東へ進んで行くと、道中の傍らに古びたコンクリート構造物やトンネル跡が点々と残されています。これらはかつて浜田と広島県を結ぶ路線として計画、起工された広浜鉄道今福線の施設跡で、工事途中で中止となった遺構が現在もその姿を留めています明治41年の山陰本線米子~安来間の開業に始まる島根県の鉄道は昭和3年に飯浦~須佐の開通で山陰本線の県内区間が全...

  3. 旧美又信用購買販売組合 - 近代建築Watch

    旧美又信用購買販売組合

    島根県浜田市の近代建築その2有福温泉から県道を南へ、山あいの集落の中心に目を惹く洋風建築が残されています。現在は民間企業の施設として使われているこの建物は昭和12年に信用購買販売組合の事務所として建てられました。木造2階建て下見板貼り、折れ屋根風の切妻造り、中央に三角破風を立上げます。玄関両脇の飾り壁の上端はアーチを描き、軒周りはドイツ壁、両脇の妻面はハーフティンバー風に仕上げる凝った造りで...

  4. 旧有福小学校 - 近代建築Watch

    旧有福小学校

    島根県浜田市の近代建築その1国道9号線から有福温泉へ向かう県道の途中に古い学校建築が残されています。平成27年に廃校となったこの有福小学校には大正期から昭和初期にかけて建てられた建物が現存しています。校門を入って左手に建つ昭和11年築の鉄筋コンクリート造の講堂。ギリシア神殿風の石柱を構える玄関周りが特徴的な重厚な建物です。柱上部には柱頭飾りを乗せます。木造とRC造の違いはありますが、大きな切...

  5. 旧波積小学校講堂 - 近代建築Watch

    旧波積小学校講堂

    島根県江津市の近代建築その5江津市の東部、本郷地区の中心部にかつて小学校の講堂として使われていた建物が残されています。現在は地域の交流施設として使われているこの建物は昭和9年に建てられました。木造平屋切妻造下見板貼り。正面中央に三角破風を掲げた入口を構えます。日の入る南面に大きな窓を並べた学校建築ならではの意匠。中央の入口。三角破風は掻き落とし風のモルタル塗り、中心部に円形の紋(校章?)を刻...

  6. 旧都野津町役場(都野津会館) - 近代建築Watch

    旧都野津町役場(都野津会館)

    島根県江津市の近代建築その3山陰本線江津駅から西へ一駅、都野津の中心部から程なくの場所にかつての役場建物が残されています。この建物は旧都野津町役場として昭和12年に建てられました。鉄筋モルタル2階建て。スクラッチタイルを貼った壁面には縦長窓が並び、軒まで貫いた玄関両脇の付柱の上に三角破風を構えます。和瓦を葺いた寄棟屋根、軒下の漆喰風の白壁、寺社を思わせる三角破風等、和洋を折衷した意匠で纏めら...

  7. 旧江津町役場 - 近代建築Watch

    旧江津町役場

    島根県江津市の近代建築その2江津市中心部の南方、江の川の左岸に大正期に建てられた旧町役場が残されています。この建物は大正15年に江津町役場本庁舎として建てられました。隣接する神社の参道脇に建つ鉄筋コンクリート2階建て、寄棟造。正面側は中央、左、右それぞれに段状の三角パラペットを立ち上げ、垂直方向に付柱を添えます。柱間には縦長窓を廻らせ、壁面の要所をレリーフで飾るモダンな意匠。当時流行したアー...

  8. 旧矢上銀行江津支店 - 近代建築Watch

    旧矢上銀行江津支店

    島根県江津市の近代建築その1前回紹介した山陰本線郷川橋梁の西詰に昭和初期に建てられた古い銀行店舗が残されています。現在は商業施設として使われているこの建物は旧矢上銀行江津支店として昭和4年に建てられました。河岸の堤防と江の川橋の角地に建つ木造2階建て。モルタルの壁面と化粧タイルでコンクリート建物風に仕上げています。アーチ型の窓枠、軒蛇腹やパラペット、壁面を飾るレリーフ、アールを描くコーナー等...

  9. 山陰本線郷川橋梁 - 近代建築Watch

    山陰本線郷川橋梁

    島根の鉄道遺産海岸線に沿って進む山陰本線は江津市の中心部で江の川下流の広い川幅を渡ります。5連のトラスを連ねるこの郷川橋梁は大正9年に架けられました。明治45年に京都~出雲今市間が結ばれた山陰本線はその後も東への延伸を続け、大正9年には浅利~ 都野津間が開通し石見江津駅が開業します。この延伸区間最大の工事となったのが川幅500メートルに及ぶ江の川の渡河で、山陰本線としては兵庫県の旧餘部橋梁と...

総件数:9 件

似ているタグ