川内原発のタグまとめ

川内原発」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには川内原発に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「川内原発」タグの記事(6)

  1. 川内原発2号機停止テロ対策遅れ2例目/  東京新聞 - 瀬戸の風

    川内原発2号機停止テロ対策遅れ2例目/ 東京新聞

    【要約】5月20日、川内原発2号機は原子炉を停止した。テロ発生などに対処する「特定重大事故対処設備」の建設が間に合わないため。東京新聞20年5月21日■九電停止後は定期点検に入り、緊急制御室など特重設備の完成を目指す。発電再開は2021年1月26日の予定。停止のため燃料費は約250億円増える見通し。・・コロナで電力の需要は減っている。参照1それに加えて、九電は原発電気優先で太陽光発電をカット...

  2. 鹿児島県川内原発ちかくで地震二回 - 広島瀬戸内新聞ニュース(社主:さとうしゅういち)

    鹿児島県川内原発ちかくで地震二回

    日奈久断層帯八代海区間?鹿児島県川内原発付近。http://www.jma.go.jp/jp/quake/20191226105745495-26195403.html各地の震度に関する情報令和元年12月26日19時57分気象庁発表26日19時54分ころ、地震がありました。震源地は、鹿児島県薩摩地方(北緯32.1度、東経130.1度)で、震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は...

  3. 九州・鬼界カルデラ噴火、日本人全滅の可能性!いつ起きてもおかしくない【川内原発】桜島・鬼界カルデラの噴火!西日本で縄文初期の文明が断絶!その確率、阪神淡路大震災の5倍! - 日々物語エキサイト

    九州・鬼界カルデラ噴火、日本人全滅の可能性!いつ起きて...

    九州・鬼界カルデラ噴火、日本人全滅の可能性!いつ起きてもおかしくない【川内原発】桜島・鬼界カルデラの噴火!西日本で縄文初期の文明が断絶!その確率、阪神淡路大震災の5倍!火砕流は九州全域を襲う!火山灰は本州全域… いつ起きてもおかしくない「大噴火」川内原発の桜島・鬼界カルデラの噴火/西日本で縄文初期の文明が断絶!川内原発、小規模な火山噴火でも「全電源喪失リスク」予知不可能/藤井敏嗣教授/九...

  4. 川内巡る訴訟 福岡地裁 煙に巻くでも大噴火めったにないからOK/東京新聞 - 瀬戸の風

    川内巡る訴訟 福岡地裁 煙に巻くでも大噴火めったにない...

    ちょい遅れだが、重要な情報源。【要約】司法がまた「ダメ」を出した。「巨大噴火はめったに起きない」というウルトラCで認めた。東京新聞19年6月19日■火山ガイド原発の安全な運用に影響を及ぼす可能性が「十分に小さい」と判断出来ないければ、立地を認めない内容だ。■争点この火山ガイドの妥当性が争点。■倉沢守春福岡地裁裁判長「火山活動の可能性を正確に評価するための知見が確立していない。火山ガイドの定め...

  5. 川内原発許可取り消さず審査基準「不合理ではない」福岡地裁/東京新聞 - 瀬戸の風

    川内原発許可取り消さず審査基準「不合理ではない」福岡地...

    ちょい遅れだが、重要な情報源。【要約】九電川内原発1,2号機が新規制基準に適合するとした原子力規制委員会の判断は、火山リスクの検討が不十分だとして、設置許可の取り消しを求めた訴訟で、福岡地裁は請求を取り下げた。東京新聞19年6月18日■倉沢守春裁判長「原子力関連法令は、予知が不可能で、発生の可能性が極めて低い破局的噴火の影響を考慮することまで求めておらず、火山ガイドは不合理とは言えない」■除...

  6. 九電から寄付の教授ら再任仙台原発 鹿児島県の専門委/東京新聞 - 瀬戸の風

    九電から寄付の教授ら再任仙台原発 鹿児島県の専門委/東京新聞

    ちょい遅れだが、重要な情報源。【要約】12月19日九電は川内原発の安全性などを検証する専門委員会のメンバー12人を全員再任し、うち大学教授2人が九電などから受託研究費用や寄付として2015〜18年度に計約2億5700万円を受け取っていたと発表した。2人は宮町宏樹鹿児島大大学院教授(地震学・火山物理学)守田幸路九大大学院教授(原子炉熱流動・安全工学)東京新聞18年12月20日・・申告書にしれっ...

総件数:6 件

似ているタグ