川柳のタグまとめ

川柳」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには川柳に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「川柳」タグの記事(449)

  1. テーブルを拭き終えひとり観る録画 - どんぐりしおり

    テーブルを拭き終えひとり観る録画

    頼まれていないことはやらなくていいんだけれどついつい気になってしまうからほかのところまで手を出してしまうしんどくなって余計なことをするからだと叱られてこれだけをやってくれればいいからと言われるのが目に見えながらやっぱりついつい・・・やっと洋服の箱詰めにたどりついたのはお昼過ぎていて本当になにをやっているんだか私衣替えをしなくていいように衣装ケースの大きさに合わせて見やすくて取り出しやすいよう...

  2. 母が来る埃にふっとかける息 - どんぐりしおり

    母が来る埃にふっとかける息

    娘がずっと若いころ部屋に入ることさえ嫌がり片付けをするように言えばプイッと横を向いて知らん顔をしたりわかってる!!と怒ったりしていましたそして要領よく片付けたふりをしたりして・・・大人になったらどうなるんだろう?片付けも掃除もできないのにお嫁に行けるんだろうか?なんて本気で考えたこともありましたでも大人になるにつれ自分のこだわりのあるお部屋仕様にしたり相談があるときはかわいいクッションまで出...

  3. よみがえる胸の温もり笑い声 - どんぐりしおり

    よみがえる胸の温もり笑い声

    また今年もあの日がやってきましたなにもしてあげられなかった日なんどもなんども後悔をした日あの日から何年も沈みこんで起き上がれなくて誰かのせいにすることで平静を保っていました人の前では笑い普通に話し大丈夫を装っていたながいながい年月想い出すと胸が苦しくなりますがそれ以上にあの日より前の日々を思い出すことによってやっと後悔も薄らぎ自分にも優しくなれきっとこんな私を望んでいるんだろうなと思えるよう...

  4. 入れ替わる空気鳥居を越えてから - どんぐりしおり

    入れ替わる空気鳥居を越えてから

    鳥居の向こう側に立ったときの自分にあたる風差し込む光が心をしゃきっとさせるそこから歩き出してからなお気持ちが静かに穏やかになっていくのを感じる☆入れ替わる空気鳥居を越えてから『鳥居』後ろから来た自転車とちょっと接触したはずが反対側にとんでもなく飛ばされてお店の看板かなにかにぶつかり目から火花が出てほんの一瞬気を失って以来歩くのが怖くなってしまいましたでも先週から昨日まではよりによってもろもろ...

  5. 宮崎日日新聞(宮日文芸)川柳 -  さくら草 川柳日記 

    宮崎日日新聞(宮日文芸)川柳

    宮崎日日新聞(宮日文芸)川柳 間瀬田紋章選 ◎リサイクル昭和の技が生きている(てるはや)◎神武さん江平五差路はもってこい(福柳)◎師がついて地面も詐欺も苦笑い(貞夫)健やかな日の母と見た渡り鳥(みずほ) 2018年(平成30年)11月11日(月)宮崎日日新聞・川柳 の一部をUPしました。選者の先生の評はP21に書いてあります。残りの句も読んでね。全部で13句載ってます。ブログランキングに参加...

  6. 生きていることを知らせに陽は昇る - どんぐりしおり

    生きていることを知らせに陽は昇る

    なんで私は生きているんだろうと生きていること生きる難しさにもがいてもがいて生き続けるという一点だけを見つめてきましたそして苦しさやしんどさや辛さが少しずつ消されたり足されたりしながら形が変わり最近なんとなくやっと私が生きている意味や理由というものに気づいた気がしています多くの人の力を借りながら支えてもらいながら生きることができていて私の性格だとか考えていることだとかとっくに知られていてどれだ...

  7. 憧れはここ両親の笑い声 - どんぐりしおり

    憧れはここ両親の笑い声

    つらいときくるしいときそっと見守ってくれる顔がいつもあるそのことを忘れていても同じ場所でいつでもずっとときにはそっとおむすびを置いてくれたりときにはオヤジギャグを言ってみたりがんばれとも言わずだいじょうぶよとも言わずそんなときはただ黙って傍にいてくれるうれしいときたのしいとき一緒に笑ってくれる顔がいつもある自分以上にはしゃいで自分以上に大笑いしてそんなときは思った以上に心をぎゅーっと抱きしめ...

  8. 肩の荷がおりたさみしくなってきた - どんぐりしおり

    肩の荷がおりたさみしくなってきた

    数日前から手続きのため遠くに住む彼のところに行ってる娘用事が済んで私の通院日までには帰ってくると言ってくれてうれしいけれど帰ってきたときにはもう名字は変わっていて待っているのは引っ越しの準備ですそれにかり出されるのはぜんぜん平気でいくらでも手伝ってあげられるけど来年からのことを考えるとこっちにはいないわけで顔も頻繁に見られなくなるわけで今度はいつ帰ってくるんだろう?と待ちわびるばかりの私がい...

  9. 頬に風うれしいことが呼んでいる - どんぐりしおり

    頬に風うれしいことが呼んでいる

    よかった、よかった、という嬉しさが時間がたつにつれどんどん淋しくなっていきましたこれからは何でも独りでやらなくちゃもう甘えてないで独りで頑張らなくちゃというきもちが日を追うごとに増していきどっぷりと孤独の中につかりなにをする元気も気力もなくなっていくのを感じながら元気な人を見るといいなぁと思い笑っている人がいるとうらやましさが募り・・・ってえぇ、私のお得意の「ひとりで勝手に沈んでいたい病」に...

  10. 宮崎日日新聞(宮日文芸)川柳 -  さくら草 川柳日記 

    宮崎日日新聞(宮日文芸)川柳

    宮崎日日新聞(宮日文芸)川柳 間瀬田紋章選 ◎知らぬ間に国の連帯保証人(てるはや)◎ちっぽけな己に気付く秋遍路(のりとし)◎歯ブラシが定位置にある安堵感(宏幸)父の忌待てずに母は駈けてゆく(みずほ) 2018年(平成30年)10月22日(月)宮崎日日新聞・川柳 の一部をUPしました。選者の先生の評はP21に書いてあります。残りの句も読んでね。全部で13句載ってます。ブログランキングに参加して...

  11. 朝練のかけ声窓をノックする - どんぐりしおり

    朝練のかけ声窓をノックする

    お祭りのお囃子も夏の大空に舞う花火もクリスマスや大晦日の賑わいも何年も耳に流れてくることはなくなんとか心身を保てて見ることができていたのはテレビに映るニューイヤー駅伝のほんのさわりの部分や朝ドラの13~14分間だったりで夜はそんな余裕はないのが当然でした明るさを見いだせずにいたながいながい時間ですそれでも信じてそれでも希望を持って真っ暗な迷路を一時的にでも抜けられたときの喜びはいいようのない...

  12. 小さくても大きな夢を見て跳ねる - どんぐりしおり

    小さくても大きな夢を見て跳ねる

    体の部分的なメンテナンスをちょこっとしていただいたお宅で1,5センチほどの小さなテントウムシの手作りブローチ?をいただきました作ったのはご高齢の方だと聞きこのテントウムシは大きなビニール袋いっぱいに入っていて100個?200個?は軽くあった気がします細かい作業だし一つ一つの顔がちがってとてもかわいいテントウムシさんですこの方の楽しみやりたいことへの姿勢を見せていただいたように思います今の私は...

  13. 夕飯は今夜もひとり残り物 - どんぐりしおり

    夕飯は今夜もひとり残り物

    出窓で置物のようにひなたぼっこをしている猫や草の上でごろごろひとりで遊んでいる猫や赤ちゃんをくわえて移動中の猫やよその庭に入って叱られている猫…いろんな猫の光景を見かけますそのたびに淋しくないのかなとか気ままでよさそうだねとか私の気持ちもころころ見方が変わりますほんとうのところはわからないけれどにんげんと同じような感情を持っているんじゃないかなっておもうのです☆夕飯は今夜もひとり残り物今日は...

  14. 宮崎日日新聞(宮日文芸)川柳 -  さくら草 川柳日記 

    宮崎日日新聞(宮日文芸)川柳

    宮崎日日新聞(宮日文芸)川柳 間瀬田紋章選 ◎趣味仕事親の臨終ノックする(みずほ)◎天高くうわさを積んで秋の風(幸風)◎被災地に一群残る彼岸花(宏幸) 2018年(平成30年)10月8日(月)宮崎日日新聞・川柳 の一部をUPしました。選者の先生の評はP23に書いてあります。残りの句も読んでね。全部で13句載ってます。母が元気だった頃私の家のゴールデンピラミッドに囲まれて。ブログランキングに参...

  15. 稲刈りの汗きらきらと後継者 - どんぐりしおり

    稲刈りの汗きらきらと後継者

    そろそろ稲刈りの時期だというのに朝の10時頃になるとまだセミが鳴いていてここ数日の気温差に体が対応しきれませんでも、ため息の代わりに深い深呼吸で気持ちをしずめ今日もがんばろうとおもいます息子たちは叔父の田んぼのお手伝いをするため仕事の日程を考えているようですが叔父たちの都合とお天気と息子たちの都合が全員揃うというのは難しくてでも息子のどちらかは毎年お手伝いができています叔父も80歳になったし...

  16. 秋の風誘うカメラと独りぼち - どんぐりしおり

    秋の風誘うカメラと独りぼち

    昨夜、もう眠ろうとおもっていたとき娘からメールが来ました転出届がどうだとか今年分の医療費控除がどうだとか印鑑がどうとか車を持っていく手続きがどうとか保険証がどうとか病院探しがどうとかあれやこれや聞かれてもわかりません私が一番気になることはこれから病院をどうするか?ってことだけです検査とその結果と手術にだけは帰ってきて欲しいと願うだけです県外にお嫁に行くってなにを一番にするんだろ?(笑)ぜーん...

  17. 口コミのおいしいパンを買いに行く - どんぐりしおり

    口コミのおいしいパンを買いに行く

    出かけたいと思ったら台風が来て家から出られなくてイベントをみつけたので行ってみようかなと思えばまた台風が来ていますうーん。なかなか思うようにいかずもう1週間家から1歩もでていません冷蔵庫にある物でけっこうおかずは作れてご飯を炊くだけでじゅうぶんですなにを食べてもおいしいのでわざわざバスに乗っておいしいものを買いに行くというのもありません終活宣言をしているので(笑)あえてものを増やすというのも...

  18. ウエディングベル嬉しくてさみしくて - どんぐりしおり

    ウエディングベル嬉しくてさみしくて

    「長すぎた春」にならなくてよかったという気持ちが正直なところですこれまで何度か背中を押してきてそのたびに、それからすぐ、問題が突きつけられるというのを繰り返してきたようにおもいます本人同士の気持ちは何年も前から決まっていたので「いつか」というのをみんなで待っていました最後の手術から2か月様子を見ている最中の2か月次の検査までの2か月今回背中を押したのは落ち着くのを待っていても無駄だとおもった...

  19. 時刻むサイドボートの写真立て - どんぐりしおり

    時刻むサイドボートの写真立て

    数年ぶりに家族全員集まることができました揃わなかったのは息子たちの出張がやたらと多かったりお正月やお盆休みがなかったり友人の結婚式や末っ子のお嫁さん側の法事があったりで子供たちには子供たちの用事があるので今年もほとんど諦めていましただけどたまたま今回のお彼岸にはみんないて家族全員とこれから家族になってくれる人たちでわいわいと賑やかな夜を過ごすことができました変わらず仲の良いきょうだい3人とそ...

  20. 宮崎日日新聞(宮日文芸)川柳 -  さくら草 川柳日記 

    宮崎日日新聞(宮日文芸)川柳

    宮崎日日新聞(宮日文芸)川柳 間瀬田紋章選 ◎真実をムーンサルトでごまかすな(政憲)◎忖度の意味はそうかと稲を刈る(彦にゃん)◎句読点大きく打った彼岸花(直子)台風一過ぬれてしまった設計図(みずほ) 2018年(平成30年)9月24日(月)宮崎日日新聞・川柳 の一部をUPしました。選者の先生の評はP19に書いてあります。残りの句も読んでね。全部で13句載ってます。ブログランキングに参加してい...

総件数:449 件

似ているタグ