川淵浩二のタグまとめ

川淵浩二」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには川淵浩二に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「川淵浩二」タグの記事(25)

  1. やっと - warble22ya

    やっと

    オンラインショップにアップしました。いつだったかな?地味×滋味で投稿したのは→★先月末だ!もうそんなに?!経ってたのか。。四角はお求めいただきました。ありがとうございました。一回り小さい四角もあるのですが、、店頭でご覧いただけます。地味に更新しております。21日月曜日は敬老の日。先日母から催促の電話がありました。こんな時は積極的に老人気どりです。普段は老人扱いすると嫌がるくせに(笑)十分老人...

  2. 秋桜 - warble22ya

    秋桜

    まだまだ残暑厳しい大阪ですけど、昨日近くのお花屋さんで秋桜を1本買いました。川淵浩二さんから小さな花入れが色々とどいているので、そっと生けたいなと思って。お花屋さんで、そっと生ける感じ、というところが難しいのだけど。お庭に季節の花があるといいですよね。1本にいくつかの蕾がついていたのを、短く切って挿して帰ったら、今朝ちょっと開きかけ。嬉しい。咲いてくれるかな?一つだけ咲いてたのと、もうひとつ...

  3. 地味×滋味 - warble22ya

    地味×滋味

    昨日?一昨日?(いつの事だったかすぐ忘れちゃう)インスタ★でうまいことゆーてもらったから使わせてもらいます。地味×滋味。先日の山田さんの器につづいて、ザ・焼きもん!な器がお好きなあなたへ。滋味深いお料理が似合いそうな器が届いています。川淵浩二さんの粉引き。貫入仕立てにしてみたそうですよ。個人的には大好きです。ふわっと色づいた桜色に細かな貫入。上品。裏はワイルド。華やかにイタリアンも良さそうで...

  4. 日々坦々と - warble22ya

    日々坦々と

    定休日明け。そろそろ閉店時間。かなりのんびりな一日。コロナウィルスの影響か??いや、いつものんびりやもんな。何処へ行っても、どうですか?ときかれるが、正直わからない。あるような、ないような。のんびりには違いない。昨日は一日家に籠って確定申告の準備。準備ですよ、まだね。本来なら締め切り日の15日を過ぎてからのスタート。。。やっと領収書やらの整理が出来たとこ。(まだそんなとこ)これから電卓叩いて...

  5. 川淵浩二さんの折々に使いたい器 - warble22ya

    川淵浩二さんの折々に使いたい器

    花入れ。川淵さんの花入れは、ぐっと渋めのものばかり。そっと一輪挿すと、たちまちお互いが引き立て合います。写真ではわかりにくいですが、深い紺が出ていたり、艶があったり、なかったり、様々な表情のある花入れです。ほか、小さめのもの、どしっと黒がかっこいい窯変花入れも並んでいますよ。川淵浩二 一輪挿し(高さ13.5cm):6000円こちらも表情豊かな一枚。桜吹雪のように見えるのは私だけかしら。太めリ...

  6. 休日の朝 - warble22ya

    休日の朝

    いつもより少し遅めの時間にがっつり。少し時間がずれる分、休日は2.5食みたいな感じになることが多い。うちは電気が暗めなので写真を撮れるのは朝のみ。という訳で、22日からの企画展でお披露目してくださる、林工亘さんのトレーの全貌をと思いまして、上から失礼いたしま~す。前回の日用愛用品展でとても好評でした木のトレー★22家用に定番とは樹種を変えて提案してくださいました。サイズもほんの少~し大きく、...

  7. 一点もの - warble22ya

    一点もの

    やっと少し秋らしく?なってきたかな。夜は肌寒いくらいです。嬉しいけど。白い棚の上もグッと秋らしくしてみました。なんちゃらフォックス、フォックスなんちゃら?言うてました。お花屋さんで花の名前聞くけど、全然覚えられません。じゃ聞くなよ~です(笑)色がきれいだなと思ったのと、葉が折れているのもいいなと思って。そのまま挿しました。10/22からのグループ展にも参加してくださいます川淵浩二さんの作品。...

  8. お弁当箱に入る前に - warble22ya

    お弁当箱に入る前に

    新玉ねぎと人参と三つ葉。空堀商店街のこんぶ土居さんの昆布粉振って、少~~し醤油とかつおぶし。なんで人参いれたかなぁ~邪魔しとったな~人参。少しでも食材多い方がえーかな思って、まとめて食べたれ!みたいな感じやったんよね。醤油はもうちょっと入れといたらよかった。お弁当じゃなかったらポン酢。でも、器が美味しそうに見せてくれてますけどね(笑)川淵浩二 粉引き中鉢(径18cm×高さ4.5cm):280...

  9. 滋味深 - warble22ya

    滋味深

    じみしん。と呼んでみよう。奇をてらわないものほど滋味深い。22家の地味渋チームの器たち、“滋味深”揃いです。川淵浩二さんの粉引きの中鉢。焼き加減でふんわり現れる桜色、この季節になると桜と重ねてみてしまいます。先日大阪でも開花宣言されてましたね。嬉しいことに、この日からパタと目が痒くなくなりました。くしゃみの回数も劇的に減少。お客様とお話してたら、ひのきの花粉の症状は違うそうな。鼻水パタパタ垂...

  10. お家ごはん - warble22ya

    お家ごはん

    至って普通のお家ごはん。基本、地味である。所謂、副菜のポジションのおかずが好き。私にとっては副菜が主菜みたいな感じ。写真は今朝のごはんと、お弁当用と(これ以外にもあるけど)割と同じものが昼にも、夜にもあっても平気。お味噌汁は必ず同じになるしね。蕪は夜も食べなくては(笑)納豆デビューして案外半年くらいになるのかなぁ。(続いてる!)最初は小粒からスタートしたけど、たまたま妹が来た時に補充してくれ...

  11. 角いの色々 - warble22ya

    角いの色々

    集めてみました。この時期、秋刀魚用に細長~いのを求める方が増えるような気がします。細長~いお皿、ちょこちょこ盛にもいいですよね。漬物好きとしては何種類も並べて欲しい所です。新米美味しいから、お漬物だけでもご馳走です。自分で漬ければいいのでしょうけど、漬けだすと、ひとりなので強制漬物になってきちゃってね。どんどん話がそれそうなので強制終了。角いお皿、サイズいろいろございます。(って見えないよね...

  12. 窯変茶碗 - warble22ya

    窯変茶碗

    岐阜県下呂市で作陶されている川淵浩二さんの作品。粉引の作品★とはガラリと変わって渋い組。窯の中で炎を纏い、何かが起こって生まれる。(何が??)窯がシースルーだといいのに(笑)変化の過程を見てみたい。ワクワクが止まらないんだろうな。↑軽い書き方ですみませんが。若ーい頃、陶芸教室に通ってたことがあって、焼きあがるのがすごく楽しみだった。思ったように上がる時もあれば、どれ??私の?みたいな感じで全...

  13. ぐいのみいろいろ - warble22ya

    ぐいのみいろいろ

    お酒が飲めたら今日はどれにしようか選ぶのも楽しいんでしょうね。お店のように籠に入れたりして。飲めなくてもついつい買っちゃう小さな器。豆鉢使いもできますしね。白釉が砂糖菓子のようで、かじると甘そうだと思ってしまうのは私だけでしょうか。。甘くないので、かじらないでね。川淵浩二 ぐいのみ:3500円+税窯変ぐいのみは4000~6000円+税、刷毛目は3500円+税、黒釉もございます。お問い合わせは...

  14. 窯変花器 - warble22ya

    窯変花器

    昨日の小春日和のような器とは全く違います。同じ作り手さんとは思えないですよね?でもどこか柔らかな印象もあります。線がおおらかといいましょうか。窯の中で炎を纏い何とも言えぬ表情が生まれました。いくつか届いておりますが、同じものはふたつと無いので、是非とも!実物を手に取ってご覧いただきたい!花が少なくなる季節ですが、草木でも受け止めてくれるはず。そっと一輪挿してみてください。川淵浩二 窯変花入れ...

  15. 小春日和のような - warble22ya

    小春日和のような

    やさしい粉引ですね。秋ですけど春のような器だなと思って。時節柄(ちょっと早いけど)小春日和のような器ってことにしときます。昔、本の装丁買いをよくしてた頃があり、野中柊の小春日和という本を買ったことがある。これ以前も書いたかもだけど、小春と日和という双子の姉妹の話。で、内容はもうきれいに忘れてしまいました(笑)ただ、小春日和という言葉を目にする度この本のことを思い出します。言葉の響きもなんか好...

  16. 見方を変えれば - warble22ya

    見方を変えれば

    歳を重ねるごとにシミだってできるよね。そりゃあ~無い方がいいに決まってるけど、それも現実。歳には勝てぬ。でも、シミがあっても、しわしわでも素敵な人はいっぱいいる。シミがどーした?!くらいの気持ちでいきたいね。それもチャームポイントだよ。

  17. 今年はまだ2尾 - warble22ya

    今年はまだ2尾

    さんま。脇山さんと一緒にサラリーマン居酒屋で食べたのと、実家で食べたの。実家で食べたのは小ぶりだったな。さんま。美味しいですよね。今年のサンマ漁は去年より不漁とのこと、とくに大きい物は少ないようです。土井善晴さんは、この時期毎晩さんまの塩焼きでもいいといっていました。旬のさんまはいいですね。結局、自分がさんまを食べるために作った長板皿ということかも。と、川淵さんからのメールに綴られていました...

  18. 川淵浩二さんの中皿 - warble22ya

    川淵浩二さんの中皿

    これ絶対活躍度高めのはず。少し縁が上がってくれてると、わっさと盛るサラダや、ちょっと汁気のあるおかずも安心。何かと使えます。6寸弱くらい(17.5cm~18cm、個体差あります)で高さは3.5cmくらいです。刷毛目の入れ方が好きだなぁ。ピンクとグレーの色合いも。川淵浩二 中皿:2500円+税通販などのお問い合わせはこちらへ→★warble22yaインスタ→★今日のおじさんブログ→★

  19. 川淵浩二さんから - warble22ya

    川淵浩二さんから

    窯変花入れや、ぐいのみ、長板皿、7寸皿、使いやすそうな中皿が届いています。今日はとても暑い一日でしたね。明日は少しは秋らしいお天気になるでしょうか。秋刀魚にもよさそうな長い板皿は不思議な質感。写真はまだ撮れていませんが、追々、順々にご案内していきたいと思います。川淵浩二 窯変花入れ(高さ16.4cm)sold out通販などのお問い合わせはこちらへ→★warble22yaインスタ→★今日のお...

  20. 白黒2トーンボウル - warble22ya

    白黒2トーンボウル

    白黒2トーンのものを見るとパンダを思い出すのは私だけ?丸いし、なんか思い出す。パンダの赤ちゃん大きくなってるのかな?(あれ、どこでしたっけ?)さて、今日も秋~♪を感じられる爽やかなお天気。ちょっとどっか出かけたくなります。店番ですけどね。皆様よければ谷六へおでかけくださいませ~。只今常設展示でお待ちしておりますよ。写真は川淵浩二さんのボウル。もうあったかいシチューとか食べたいですわよ、すでに...

総件数:25 件

似ているタグ