帆船のタグまとめ

帆船」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには帆船に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「帆船」タグの記事(81)

  1. 船尾旗 せんびき - Mother Sky

    船尾旗 せんびき

    太平洋の白鳥と呼ばれている東京湾を北上する帆船日本丸の船尾旗を撮った

  2. しばらくお休みします - しらこばとWeblog

    しばらくお休みします

    しばらく(1週間ほど)、記事掲載をお休みいたします。いまどきの危なっかしい旅でもなく、また、入院でもありませんので、他事ながらご休心ください。なお、タブレットのiPadは持参しますので、みなさまの記事は拝読させていただきます。今朝は、体がだるくなり、平熱よりも+0.5℃高くなりました。午前中は横になりながら、コロナ感染も一瞬、頭をかすめましたが、よく考えると、たぶん、昨日のインフルエンザ接種...

  3. 帆船日本丸帰港 - カメラと会いに行く

    帆船日本丸帰港

    この投稿に掲載されている写真につきまして、無断での使用などはおやめくださいませm(*_ _)m2020年の夏の訓練航海(正式名称あると思うんですが・・・(^_^;))を終えた帆船日本丸が東京港へ帰港しました。今回はその様子をお伝えします!

  4. 小型ですが帆船ですね。 - 平凡な日々の中で

    小型ですが帆船ですね。

    大阪南港で撮影した帆船です。10年前にデジタルカメラで写しました。写真データが残っていれば何年たっても写真としてみられますデジタルってすごいと思いました。

  5. 帆船海王丸、横浜港新港ふ頭より出航! - 四季彩の部屋Ⅱ

    帆船海王丸、横浜港新港ふ頭より出航!

    (1)本日(2020.7.22)の午後2時、帆船海王丸が横浜港新港ふ頭より出航しました。天気予報は☔マークのオンパレードでしたが、いい意味で外れてくれました。私が現地入りしたときは、出港準備で忙しそうにしていました。

  6. 横浜赤レンガ倉庫前からぷかりさん橋までお散歩♪ - 四季彩の部屋Ⅱ

    横浜赤レンガ倉庫前からぷかりさん橋までお散歩♪

    (1)横浜港ピア赤レンガでシーバスを下船した私はとぼとぼと歩いてぷかりさん橋を目指すことにしました。丁度乗ってきたシーバスが横浜駅東口方面へ去っていく姿が目に入りました。前回来た時に発せした飛鳥Ⅱの火災ですが、もうその跡は綺麗に修復されていました。ドック入りしなくても済んだようですね。

  7. 『ホーンブロワー』の映像をGAOで鑑賞 - わたらせ

    『ホーンブロワー』の映像をGAOで鑑賞

    帆船が活躍した時代に主人公ホーンブロワーという青年が海軍に入隊し海軍士官候補生から活躍し、ついには提督まで上り詰める小説をセシルコット・フォレスターが小説にした。英国でテレビドラマ化され、GAOで放送されたのを何年前だったが一度観させて頂いた。GAOで再放送されていたのを、2日前知り、あわてて一挙に再視聴した。前回と同様にそれ以上に楽しみました。文庫で一年に一冊づつ発売されたのを全巻読みワク...

  8. DEPARTURE - duke days

    DEPARTURE

    和歌山県串本市橋杭岩で出航に遭遇しました。海王丸かな?オガミ岩がゆく船の航海を祈っています。写真をクリックすると大きいサイズでご覧になれます。

  9. 帆船海王丸名古屋港寄港 - 緑区周辺そぞろ歩き

    帆船海王丸名古屋港寄港

    帆船「海王丸」が名古屋港にやってきました。海王丸は、独立行政法人 海技教育機構が保有する練習船で、船員養成などを行うための船です。日本丸と並ぶ日本を代表する大型帆船で、名古屋港には1年ぶりの寄港となります。一般開放では、実習生たちが船内を案内してくれました。たいへん興味深かったのですが、一つだけ残念だったのは、帆をはった優美な姿を見ることができなかったことです。理由を聞いてみたところ、以前実...

  10. 観光丸 - まずは広島空港より宜しくです。

    観光丸

    元々ハウステンボスに居た観光丸です。前日入りした為帆を降ろしてのシーンを見たかったのですが。。。その代わりこの帆船に乗る事が出来ました。帆船のマスト付近に登ったりする事もで来てかなり良い記憶に残っています。船の事はあまり詳しくありませんが帆船と言う種類は判ります。こう言った商用的に動いている帆船があれば海の世界も楽しいのですが諸事情が良く判らない為どうなのでしょうか?良く見る大型客船も味があ...

  11. 帆船祭り - 写酒楽々の目線

    帆船祭り

    以前から一度は行ってみたいと思っていた長崎港の帆船祭り。念願が叶いやっと行くことが出来ました。(画像クリックで拡大します)まずは日本を代表する帆船、日本丸一番見たかったセイルドリル(操帆訓練)がいよいよ始まります。ロシアの帆船パラダでは舳先で女性の船員さんが準備に取り掛かります。この女性結構階級が上みたいで、この後男性乗組員に盛んに指示をしていました。船長でしょうか、マイクを片手に指示が飛び...

  12. 無人島に生きる十六人 - foggyな読書

    無人島に生きる十六人

    著者は須川邦彦という人。彼が商船学校時代に恩師の中川倉吉という人から聞いた話を本にまとめて、昭和23年に刊行。平成15年、新潮社が文庫化した。明治31年(1898年)暮れ、スクーナー・龍睡丸は漁業調査のために出航する。ところが太平洋上で座礁してしまう。命からがら無人島にたどり着いた船長中川氏と乗組員、総勢16名のサバイバルの記録である。ジュール・ヴェルヌの「十五少年漂流記」を読んでるような気...

  13. 海の貴婦人・帆船「海王丸」 - 四季彩の部屋Ⅱ

    海の貴婦人・帆船「海王丸」

    (1)昨年の暮れに東京港10号地その1多目的ふ頭に停泊中の帆船「海王丸」を見に行って来ました。お天気も良くて、海の貴婦人は誇り高く輝いて見えました。この東京港10号地その1多目的ふ頭というのは公園の一部になっていて、誰でも立ち入ることが出来ます。通常、港湾施設、特に岸壁は関係者以外は立ち入り禁止となっていますが、ここだけは他とは違います。地方の港ではよくある光景が、東京で見ることが出来るのは...

  14. 【重要文化財】日本丸(神奈川県 横浜市) - 近代文化遺産見学案内所

    【重要文化財】日本丸(神奈川県 横浜市)

    to page lastサイトマップ>神奈川県 近代文化遺産>日本丸「日本丸」(にっぽんまる)という名前の船はいくつか存在しますが、これは昭和5年(1930年)に建造された民間船員養成用の練習帆船です。主に文部省の航海訓練所に所属し、11,500人もの実習生を育ててきましたが、昭和59年(1984年)にその役割を2代目日本丸に引き継ぎ、それ以降は横浜・みなとみらいの旧横浜船渠第一号ドックに...

  15. 帆船大海原をゆく!! - Glass in

    帆船大海原をゆく!!

    皆さま!お元気ですか?<時と光を追いかける>ステンドグラス工房グラスインの小林まゆみです。このブログでは生徒さん達の日々の作品をお届けしています。HomePageWebShopど迫力の帆船ですよ〜!!インスタ映えするステンドグラスです(笑)世界中からイイネ!がいっぱいつきました。笹路さん頑張りましたね!!大きなピースのカットは先生がお手伝いしましたが米粒みたいに小さなピースのテープ巻きを眼鏡...

  16. 帆船 - 心のままに

    帆船

  17. 尾道に - ぷりぷりeveryday

    尾道に

    帆船がやってきた尾道水道に映えるサンセットまるで どこか おしゃれな港街の デートスポットみたい…海風が涼しくて心地いい仕事帰りのきまぐれ散歩でした

  18. 憩いの場・館山湾 - 夏丸シルバーひとりごち

    憩いの場・館山湾

    夏の朝の館山湾は気持ちが良い。穏やかな海面に帆船が在泊していれば尚更である。別名”鏡ヶ浦”という。廻船や帆船時代から船舶が憩うのに適した湾だ。今もそれは変わらない。三方を天然の防波堤に囲まれた比較的大きな水域。錨泊や出入りのしやすい湾。しかも海底は錨掻きの良い砂質底。大小の船舶のためにあるような海だ。戦前は大艦隊がごそっと停泊したという。隣接するようにして海軍航空隊基地があった。水上機や飛行...

  19. 太平洋の白鳥・帆船「日本丸」 - 四季彩の部屋Ⅱ

    太平洋の白鳥・帆船「日本丸」

    (1)昨日は帆船「海王丸」の姿をお届けしましたが、今日は帆船「日本丸」の姿をお届けします。今日の午前10時30分に東京港晴海ふ頭HJ岸壁を離れた日本丸は、ドック入りのため根岸までの回航となりました。昨日、その情報をキャッチしたため、予定を変更してリンボーブリッジへと向かった私でした。

  20. 海の貴婦人・帆船「海王丸」 - 四季彩の部屋Ⅱ

    海の貴婦人・帆船「海王丸」

    (1)先日、長い航海訓練から戻ってきた帆船の海王丸を見に行って来ました。「海の貴婦人」とも呼ばれ、帆を張った姿は比類なき美しさを誇ります。この時は、東京港10号地その1多目的ふ頭に着岸しましたので、かなり近寄ることもできました。

総件数:81 件

似ているタグ