師匠のタグまとめ

師匠」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには師匠に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「師匠」タグの記事(20)

  1. イエローモンキー - 追憶のマーメイド「オリジナル」(90年代Jグラムバンド) - ピンキージャンク

    イエローモンキー - 追憶のマーメイド「オリジナル」(...

    どうせすぐ削除されるだろう。何年か前に【太陽が燃えているDemo】も削除されていたし。【追憶のマーメイド】はどちらかと言うと、認知度が相当あるシングルではない。でも俺は好きだったな~。実際発売されたシングルとアルバムバージョンでも演奏が若干違うしね。この楽曲に対しては3種類の音源を持っている事になる。もう青春っすよ、青春。きっと自分も目はギラギラしてたし、持病が何だ!仕事がどうした!と猛烈に...

  2. Motorcycle makes a man - ひととひかり

    Motorcycle makes a man

    自分に足りないこと。弟子になった経験がないこと。書物に出てくる師匠だけじゃ足りない。ずっと生きた師匠がほしかった。やっと出会えた。ぼくは果報者だ。写真のじゃなくてオートバイの師匠だけれど。DATA: Minolta CLE Ultron 2/28 Foma Fomapan400 f2.8 AE

  3. 授業 - 榊原精密

    授業

    分からないことは、わかる人に聞こう!左)学ぶ人右)直伝する人知識がある人はそれを伝える親子や先生と生徒関係もそうだね。休憩(放課)時間は太陽を浴びる。たばこ吸うコーヒー飲むリラックスは仕事のパフォーマンスを上げるでね。榊原精密株式会社愛知県豊田市井上町7丁目18番地TEL0565-45-1555http://www.spi.jp.net/

  4. Fate/Grand OrderFGOフェイトグランドオーダー師匠スカアハ英霊正装コスプレ衣装|   師匠 - 激安コスプレ衣装のオンラインショップ

    Fate/Grand OrderFGOフェイトグランド...

    『送料無料』 これはLOLITAシャツブラウス ゴスロリ レディース シャツ 長袖 ロリータ シフォン 春夏 丸首 ボートネック フリル lolita インナー トップス お茶会です!LOLITAシャツブラウス ゴスロリ レディース シャツ 長袖 ロリータ シフォン 春夏 丸首 ボートネック フリル lolita インナー トップス お茶会非常に人気の安価な販売コスプレ衣装!【美品★信頼】詳...

  5. 美味しいお茶を戴きます - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    美味しいお茶を戴きます

    ここ最近、わごいちではにわかにお抹茶ブームです。師匠が、というのが正確なのですが。私にとっては大変嬉しいことです。私とわごいちを繋いでくれた大きな一つが茶道ともいえるほど、茶道の文化に魅了されてきましたから。始めにお断りしておきますと、私は決して茶道に精通している訳でもお免状をたくさん持っている訳でもありませんし、ブランクのほうが長くて携わっていた期間はそう長くありません。一人で着物を着るこ...

  6. そこらへんの草木です - 小さな日々*

    そこらへんの草木です

    「師」と呼べる人がいる。とても嬉しいことだと思います。幸いにも、私にはその存在があり、現在も気に掛けて戴いている、本当に有り難いと思います。私に「国語」を教えてくれたのも、「日本酒」を教えてくれたのも師匠。私が教職を退いてからは、もっぱら「日本酒」のご教授かな⁈今回も、師匠行きつけのお店を予約して下さいました。草木が趣深く生けてあったので、店員さん(美人で気さく!)に「とってもステキですね」...

  7. 世渡り上手 - 花、書、音楽、旅、人、、、日常で出会う美しごとを

    世渡り上手

    休日。結局読書三昧。先日購入した「孤独感」お世話になった書道の師がよく書いていた漢詩に陶淵明のものがある。確かに晩年、ご自宅には陶淵明の全集が置かれていた。当時、その理由を知る由もなく。最近、、というかもう数年前から読んでいるが、陶淵明はいわゆる世渡り下手であって、でも貧乏であっても自分の信念を貫く生き方が好きだと思った。今、考えると師も失礼ながら決して世渡り上手な人ではなく、しかしそのこと...

  8. 【あの師匠が?】萩の町を駆け足で堪能【萩市】 - ~何でも揃う~本和堂雑多店(写真館)

    【あの師匠が?】萩の町を駆け足で堪能【萩市】

    先週、本ブログではすっかりお馴染みになった師匠からLINEがきました。そう、「深夜2時に京都に行きたいなぁ・・」と命令してくる、あの師匠からです。しかも内容が・・・、「週末の夜は開けておいてくれ」往年の浜田省吾を彷彿とさせる内容にアセアセ・・・「ど、どっか行きたいトコあるんすか?」と返信すると、「腹を空かせておけ。ふふふ」と謎のメッセージ土曜日の夜に師匠を迎えに行き、指示されるままにとある店...

  9. 戻らない落ち葉 - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    戻らない落ち葉

    「踏むんじゃない、揺れでほぐす。」「相手の体に添うように‥」「気持ち良い揺れが途切れないように。」「相手を常に思うこと。」これらの言葉は、これまでもずっと一貫して師匠が言われていた事。丹足をする上で、師匠が指導の中で、一切ぶれたことがない極意の数々。それが、頭で理解しているだけでは出来なくて、体の感覚としてもなかなか落とし込めなくて、力づくにほぐして痛い思いをさせたことはこれまで多々あったと...

  10. 活字と向き合う!! - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    活字と向き合う!!

    私は本を読む事が得意ではありません。そんなことはないと思っていました。小説だって読みますし…、けれどそれは、自分の好きな作家さんのものだけ。読む物にとても偏りがありました。師匠から渡される歴史書。司馬遼太郎さんや津本陽さんのもの。面白い…と思うより先に、苦手意識がムクムクと湧いて、根気が続かない。その裏には学生の時の「歴史が苦手」という気持ちが無い訳ではない。今回もまた、チャレンジしている『...

  11. 裸の王様 - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    裸の王様

    先日、高校の同窓会がありました。高校1年でクラスが同じだった友人たちと話していた時、そのうちの1人から、「周りの友人たちの中でズバズバはっきりとものを言うから、うん…ちょっとストップしよっかって、ハラハラしたよ。」と言われ、あの頃から自分という人間を棚に上げて、他人には言いたいように言いたい事を言っていたのか…高校生の時に、すでにそんなどうしようもない人間だったんだ‥!!!と、穴があったら入...

  12. 互いの時間 - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    互いの時間

    9月の最終日、美味しいお酒とお料理と。そして、何より一緒に「美味しいね~♪」と食べる人。いつも最終日にはみんなでご挨拶させていただくのですが、この日はお嬢さんの運動会で、施術を終えると足早に師匠は会場へと向かわれました。そして紙鳶さんと2人、お気に入りの場所へ。美味しいものを「はあ…美味しい♪」と喜びながら、常に真剣に話をしています。時にヒートアップして、険悪な空気なんじゃないかとお店の方に...

  13. バッキバキです… - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    バッキバキです…

    今朝、目を覚ますと…全身バッキバキです。筋肉痛で。筋肉痛とは、運動することにより筋繊維が傷つき起こる痛みだ、という説が有力なようです。ですから、体を今以上に使えるようにしようと思うと、必ず通る過程であると、考えられます。古く硬くなった筋繊維を運動することで壊し、新しく再生することで、今以上に柔軟に使えるようにする。良い筋肉にしようと思ったら、一度壊さないと。先日、師匠が練習を見て下さいました...

  14. 雲は流れ時は過ぎる - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    雲は流れ時は過ぎる

    昨日、ビアガーデンに行ってきましてね。あ、わごいちの屋上です。最高の気候で、空気も綺麗。これは飲まずに居れないでしょう。皆さん、ビールはおなかにガスを溜めますから駄目ですよ!!(※飲んだなら四股踏み3百丹して、ハート呼吸して、50分歩いて、ビールによって溜まった胃のガスを抜いてください。)「最高に気持ち良いねー」と、言いながらこのひと月を振り返り、この日も完成に向けて駆け足で進んでいる『丹足...

  15. オールドパーと父 - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    オールドパーと父

    オールドパー。昭和の時代に一世を風靡したウイスキー。お酒が呑めなくても名前は知っている、という人も多いのではないでしょうか。20年経った今なお人を惹きつける、かの総理大臣田中角栄も愛飲していたとのこと・・・そのことを、師匠が貸してくれた一冊の本を通して知りました。その本を読んでから師匠が、「田中角栄の人生の中でしきりにオールドパーが出てきて、晩年は一晩で瓶一本が空いたとか書いてあるからどんな...

  16. 人徳の人となってちょうだい - 音作衛門道楽日記

    人徳の人となってちょうだい

    いいだろ、この枕屏風いや、茶席の屏風かな・・・満開の桜が美しい完全な様式とも構図ともいえるが可愛い感じがして女性が好きそうな感じかな・・・勝ちまくれ春爛漫の創価かなネンバーワンってのを男性社会では求めるがオンリーワンを求めるのが文化の領域です桜は桜桃は桃百花繚乱あの人の歌もこの人の歌もそれぞれ美しいし、社会に受け入れられて役に立っているそういうことなんだが日本民族はこの桜梅桃李の考えがわかり...

  17. たまには一人・・ - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    たまには一人・・

    先ほど、千照館の稽古を終えました。このあと、いつもなら紙鳶さんとお食事に行って時間を共にし、あれやこれやと話をします。2年前までは稽古後は師匠に連れていっていただき、3人で話をするのが御約束になっていました。紙鳶さんと2人で指導員を勤めるようになってからは、3人で深めていた思考は紙鳶さんと2人に。稽古のことや門人さんの変化、ここ最近の施術のことやお互いに対して最近感じていること…などなど。だ...

  18. 明日は、天国か地獄か。 - 好きが・いっぱい貼り絵「ペーパーコラージュ作家」*浮嵯「うさ」のブログ

    明日は、天国か地獄か。

    ※上のイラスト「ほにゃら師匠」イメージです。実は、私カルチャー教室で「ウクレレの弾き語り」を受講しているのですが、明日、新年初の練習日なのです。講師は、ほにゃら師匠。ほにゃら???「ふにょらふなふな」ではありません。ふざけた名前だと言われる方もいるかも知れませんが。いたって真面目です。「ほにゃら師匠」すっごい師匠であります。スパルタであります。ちゃんとしなければ、「破門じゃぁぁぁ!!!」と雄...

  19. 山崎正和先生から・・・ - 津野千佳 アートの日記

    山崎正和先生から・・・

    今日はご縁あって、Iさんという61歳の女性から、以下のようなお話を聞きました。Iさんのご実家は、愛媛県西条市の「大鏡」というお酒の造り酒屋だったそうです。Iさんは東京の大学に行かれて、その卒業の際に、大学の先生から学生ひとりひとりに言葉を書いてもらったそうです。Iさんは、「らしく」というひらがなの3文字を先生に書いていただいて、すぐには、その意味がわからなかったと話されていました。年月が経っ...

  20. 絵から聞こえる声 - 津野千佳 アートの日記

    絵から聞こえる声

    抽象画の制作は順調に進んでいる。つい先日までのスランプの間は困った。なぜかというと、絵が私を呼ぶ声が聞こえなかったのだ。つまり、どういう時が順調かというと、製作途中の絵が私を呼ぶ声が聞こえているときである。「ここを直して」と絵が訴えかけてくる声が聞こえる時は、その声に素直にしたがって直していけばよい。そこを直したら、今度はまた、絵の違うところが「ここを直して」と訴えてくる。その作業の繰り返し...

総件数:20 件

似ているタグ