平原王墓のタグまとめ

平原王墓」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには平原王墓に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「平原王墓」タグの記事(3)

  1. 伊勢神宮の八咫鏡、天皇家の祭祀は伊都国から始まった - 地図を楽しむ・古代史の謎

    伊勢神宮の八咫鏡、天皇家の祭祀は伊都国から始まった

    伊勢神宮の八咫鏡、天皇家の祭祀は伊都国から古墳への鏡の大量副葬の風習は、北部九州から始まりました。伊勢神宮のご神体=八咫鏡も北部九州が発祥の地です。伊勢神宮のご神体の八咫鏡を直接見ることはできません。原田大六は「八咫鏡と同型だ」と言った福岡県糸島市の平原王墓(1号墳)を発掘した原田大六は「1号墳から出土した大型内向花文鏡(内向花文八葉鏡)を其の文様と大きさから八咫鏡と同型ではないか」という説...

  2. 三角縁神獣鏡は甕棺からは出土しない - 地図を楽しむ・古代史の謎

    三角縁神獣鏡は甕棺からは出土しない

    国産鏡だった・弥生後期の平原王墓出土の国宝の鏡国産鏡という平原王墓の鏡ですが、三角縁神獣鏡はありません。前漢鏡は甕棺からしか出土しないと聞きました。平原王墓は方形周溝墓です。弥生後期にはこれだけの鏡を生産できるようになっていたのです。ですが、古墳時代になると三角縁神獣鏡が出土します。しかし、古墳からは三角縁神獣鏡が出土する原口古墳は甕棺墓の上に築造された全長80mの前方後円墳です。主体部は粘...

  3. 青銅鏡の製作技術は北部九州から拡散した - 地図を楽しむ・古代史の謎

    青銅鏡の製作技術は北部九州から拡散した

    青銅鏡は紀元前に国産品があった!!もう数年前の新聞記事です。春日市で多鈕細文鏡の鋳型が見つかりました。紀元前に銅を熔かし鏡を作ることができたのです。大きな甕棺を製作していた人たちですから、決して無理ではなかったでしょう。その技術は進んでいったようで、糸島の平原弥生王墓の大型鏡も国産品ということです。40面の鏡のうちの内向花文鏡は、直系46.5cm重さは8kgです。これほどの技術は何処へ行った...

総件数:3 件

似ているタグ