平清盛のタグまとめ

平清盛」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには平清盛に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「平清盛」タグの記事(11)

  1. 怒られた話。 - きょう、花が咲いた。もしかすると、昨日かもしれないが僕にはわからない。

    怒られた話。

    前回の続きですね。つい先日めちゃくちゃ怒られた話。詳しくはちょっと端折るんだけど、ある会社にお祝いで、観葉植物を持って行った時に、土足で踏み込んではいけないところを僕は靴を履いたまま歩いてしまったわけです。すると、向こうの方が「お前は非常識や」とこう言う。非は言うまでもなく、100パーセント僕の側にあり、頭を下げて謝った。「そもそも車も、もっと歩道に寄せんかい、お前はほんまに非常識や」と続け...

  2. ジョウカイボン浄海坊 - いなかの路

    ジョウカイボン浄海坊

  3. 大坂漫遊その34番外編 - H.ABE SASAKI の日記

    大坂漫遊その34番外編

    各位昨年末に書く予定でしたが、セキュリチーに問題あるとのことでしたが解決いたしましたので番外編を書いてみます。古代の日本の政治は天皇が公家を使い実施てきたが、平家の清盛が政権奪取。しかし、京都にいてはまだ天皇の権威、権力があるため福原で政治を行った。このため京都はさびれていったのである。そして、平家一族は公家等の地位をすべて奪い”平家にあらずんば人でない”と豪語したのである。しかし、伊豆に流...

  4. 大坂漫遊その34番外編 - H.ABE SASAKI の日記

    大坂漫遊その34番外編

    各位昨年末に書く予定でしたが、セキュリチーに問題あるとのことでしたが解決いたしましたので番外編を書いてみます。古代の日本の政治は天皇が公家を使い実施てきたが、平家の清盛が政権奪取。しかし、京都にいてはまだ天皇の権威、権力があるため福原で政治を行った。このため京都はさびれていったのである。そして、平家一族は公家等の地位をすべて奪い”平家にあらずんば人でない”と豪語したのである。しかし、伊豆に流...

  5. 大坂漫遊その34番外編 - H.ABE SASAKI の日記

    大坂漫遊その34番外編

    各位昨年末に書く予定でしたが、セキュリチーに問題あるとのことでしたが解決いたしましたので番外編を書いてみます。古代の日本の政治は天皇が公家を使い実施てきたが、平家の清盛が政権奪取。しかし、京都にいてはまだ天皇の権威、権力があるため福原で政治を行った。このため京都はさびれていったのである。そして、平家一族は公家等の地位をすべて奪い”平家にあらずんば人でない”と豪語したのである。しかし、伊豆に流...

  6. 大坂漫遊その34番外編 - H.ABE SASAKI の日記

    大坂漫遊その34番外編

    各位昨年末に書く予定でしたが、セキュリチーに問題あるとのことでしたが解決いたしましたので番外編を書いてみます。古代の日本の政治は天皇が公家を使い実施てきたが、平家の清盛が政権奪取。しかし、京都にいてはまだ天皇の権威、権力があるため福原で政治を行った。このため京都はさびれていったのである。そして、平家一族は公家等の地位をすべて奪い”平家にあらずんば人でない”と豪語したのである。しかし、伊豆に流...

  7. 大坂漫遊その34番外編 - H.ABE SASAKI の日記

    大坂漫遊その34番外編

    各位昨年末に書く予定でしたが、セキュリチーに問題あるとのことでしたが解決いたしましたので番外編を書いてみます。古代の日本の政治は天皇が公家を使い実施てきたが、平家の清盛が政権奪取。しかし、京都にいてはまだ天皇の権威、権力があるため福原で政治を行った。このため京都はさびれていったのである。そして、平家一族は公家等の地位をすべて奪い”平家にあらずんば人でない”と豪語したのである。しかし、伊豆に流...

  8. 太平記を歩く。その70「慶雲寺」神戸市須磨区 - 坂の上のサインボード

    太平記を歩く。その70「慶雲寺」神戸市須磨区

    前稿の宝満寺につづいて、この時期の足利尊氏にまつわる伝承が残る寺院が神戸市内にもう1ヵ所あります。湊川の戦いの舞台からはちょっと離れているのですが、須磨区車にある慶雲寺です。 その伝承によると、湊川の戦いのとき、足利尊氏軍の軍勢の近くに一人の僧侶が現われ、その僧が尊氏めがけて飛んでくる幾本もの矢を空中で受け止めては投げ捨ててくれたといいます。そのおかげで、味方をまったく傷つかずにすみ、尊氏軍...

  9. 太平記を歩く。その31「六甲八幡神社」神戸市灘区 - 坂の上のサインボード

    太平記を歩く。その31「六甲八幡神社」神戸市灘区

    阪急六甲駅のすぐ南にある森が、六甲八幡神社です。 『太平記』によると、元弘3年(1333年)2月の「摩耶山合戦」において、摩耶山城に籠る赤松則村(円心)に対し、幕府六波羅の軍勢が「八幡林よりぞ寄たりける」とあるのですが、その「八幡林」が、ここ八幡神社の森と考えられています。 いまは街なかにありながらも、境内は広い森となっています。このあたりの住所は現在も八幡町といい、たぶん、当時はこの辺り一...

  10. ゆいまーる、なんくるないさぁ~会(第一回総会) - ♪The Sound Of Music♪

    ゆいまーる、なんくるないさぁ~会(第一回総会)

    最初で最後の記念すべき第一回総会?なので、今回のみ備忘録的にここに残しておく。手長イカのナッチポックム シーフードサラダ見てみて~、このボリューム感!めっちゃ厚い熱いチヂミ。旨うま~。ホルモンチゲ。やわらかホルモンとうろんが旨い!名前忘れちゃった…温麺で湯気が~熱熱なひやむぎ麺で、とーっても濃厚なスープ!美味しい韓国家庭料理お腹いっぱい!幸せなり~。おバカ&マジ・トークが繰り広げられた備忘録...

  11. ドラマあれこれ - ♪The Sound Of Music♪

    ドラマあれこれ

    NHK名古屋制作、スペシャルドラマ心の糸。 お友達の知人がこのドラマに関わったと聞き、好きな松雪も出演しているので観た。ろう者である母(松雪康子)と二人暮らしの高3の息子(神木隆之介)。母の期待を一身に受け、ピアニストになる夢があるのだが…ある日、ろう者の女の子(谷村美月)と出会い、そこから過去を含めた親子の関係、母とピアノからの自立…というストーリー。 龍居由佳里脚本なので得意とする分野...

総件数:11 件

似ているタグ