年金受給選択申出書のタグまとめ

年金受給選択申出書」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには年金受給選択申出書に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「年金受給選択申出書」タグの記事(16)

  1. 年金アドバイスv(∩.∩)v 645(65歳時の年金受給選択申出書と年金請求書(ハガキ)) - 松浦貴広のねんきんブログ

    年金アドバイスv(∩.∩)v 645(65歳時の年金受...

    ◇65歳時の年金受給選択申出書と年金請求書(ハガキ)特別支給の老齢厚生年金の受給権者(選択停止を含む)の65歳時には、年金請求書(ハガキタイプ)が送られてきます。(σ´・ω・)もし、障害基礎年金の受給権もあるときは、65歳時に年金受給選択申出書を提出し、障害基礎年金と老齢厚生年金の併給が可能です。障害基礎年金と老齢厚生年金の併給を希望するときは、年金受給選択申出書の⑤の欄は、「イ」(障害基礎...

  2. 年金アドバイスv(∩.∩)v 644(セットで行う機会が多い手続き) - 松浦貴広のねんきんブログ

    年金アドバイスv(∩.∩)v 644(セットで行う機会...

    ◇セットで行う機会が多い手続き請求する年金の種類によっては、複数の手続きを同時に行うことがあります。ヾ(。・ω・。) ・遺族厚生年金の請求と未支給年金の請求…年金の受給者が死亡した場合で遺族厚生年金を受けることができる場合は、遺族厚生年金の請求と未支給年金の請求を同時に行います。・65歳時の年金請求書(ハガキ)と年金受給選択申出書…障害基礎年金等の受給者が65歳になり、障害基礎年金+老齢厚生...

  3. ねんきんFAQ併給調整(選択)編26 - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんFAQ併給調整(選択)編26

    <Q1>遺族年金か自分の年金か選べるんじゃないのですか?(65歳)<A1>65歳以上だと、まず自身の老齢基礎年金と老齢厚生年金が支給され、遺族厚生年金は老齢厚生年金との差額が支給されます。65歳未満だと遺族厚生年金か特別支給の老齢厚生年金の選択になります。<Q2>障害基礎年金を受給していますが、65歳時に手続きが必要ですか?<A2>老齢厚生年金の受給権があるときは、年金受給選択申出書により、...

  4. ねんきんFAQ併給調整(選択)編25 - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんFAQ併給調整(選択)編25

    <Q1>雇用保険をもらうと年金は停止になりますか?(65歳)<A1>65歳までの間で、雇用保険の基本手当を受給している場合は、特別支給の老齢厚生年金は停止になります。65歳以降はその調整はありません。<Q2>遺族厚生年金と障害基礎年金はどちらが多くもらえますか?<A2>今回はほぼ額が同じ80万前後ですが、障害基礎年金を選択だと、別途、年金生活者支援給付金を受けることができます。<Q3>障害者...

  5. 年金アドバイスv(∩.∩)v 597(65歳以降の併給を見越しての遺族厚生年金の請求) - 松浦貴広のねんきんブログ

    年金アドバイスv(∩.∩)v 597(65歳以降の併給...

    ◇65歳以降の併給を見越しての遺族厚生年金の請求障害基礎年金の受給者に遺族厚生年金の受給権が発生したときは、65歳まではどちらか一方を選択することになります。( ☌ω☌)明らかに障害基礎年金の方が多い場合でも、遺族厚生年金の請求をしておいた方がよいケースがあります。例えば、Aさん、50歳、障害基礎年金(780,100円)を受給中。配偶者死亡により、年30万円の遺族厚生年金の受給権が発生。加入...

  6. ねんきんFAQ併給調整(選択)編23 - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんFAQ併給調整(選択)編23

    <Q1>今は障害者特例にて受給していますが、65歳以降は、手続きをして少し増えると聞いていました。<A1>はい。65歳以降は、老齢厚生年金+障害基礎年金を併給することができます。医師の診断書とともに年金受給選択申出書を提出します。<Q2>夫の遺族厚生年金を選ぶことができますか?(66歳)<A2>65歳以降は、老齢厚生年金との差額が遺族厚生年金として自動的に支払われることになります。<Q3>繰...

  7. 年金アドバイスv(∩.∩)v 549(旧法の障害年金との選択) - 松浦貴広のねんきんブログ

    年金アドバイスv(∩.∩)v 549(旧法の障害年金と...

    ◇旧法の障害年金との選択旧厚年法の障害年金(年金コード0330)と他の年金(老齢厚生年金など)はどちらかを選択する必要があります。(′ – ′)年金受給選択申出書にて、年金を選択しますが、税金を考慮したり、雇用保険の基本手当の受給中や在職による停止などを含めて、選択することができます。一方、旧国民年金法の障害年金と老齢厚生年金や遺族厚生年金などは、65歳以降ならば併給することが可能です。

  8. ねんきんFAQ併給調整(選択)編21 - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんFAQ併給調整(選択)編21

    <Q1-1>障害者特例をもらっていましたが、65歳以降はどうなりますか?<A1-1>一番多いのは、障害基礎年金+老齢厚生年金の組み合わせです。<Q1-2>障害基礎年金と老齢厚生年金をもらいたいのですが、手続きは?<A1-2>障害基礎年金が停止になっていたため、医師からの診断書が必要です。年金受給選択申出書と年金請求書(ハガキ)の提出も必要です。<Q2>さかのぼって障害者特例の請求をしたいです...

  9. ねんきんnews2018年4月号(個人番号(マイナンバー)を利用した年金の手続き) - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんnews2018年4月号(個人番号(マイナンバ...

    ●個人番号(マイナンバー)を利用した年金の手続き今まで基礎年金番号により年金の手続き等を行っていたものが、平成30年3月5日より、個人番号による年金の手続き等が可能となっています。主なものとしては、特別支給の老齢厚生年金、老齢基礎年金、障害基礎年金、障害厚生年金、遺族基礎年金、遺族厚生年金、各種再交付申請書、氏名変更届、年金受給選択申出書、未支給年金請求書などの際に個人番号の記載にて手続き可...

  10. 年金アドバイスv(∩.∩)v 493(65歳時の選択申出書) - 松浦貴広のねんきんブログ

    年金アドバイスv(∩.∩)v 493(65歳時の選択申出書)

    ◇65歳時の選択申出書複数の年金の受給権があるときに、65歳以降に年金受給選択申出書を提出することにより、併給することが可能な場合があります。φ(-ω- )その年金受給選択申出書について、必要なケースと不要なケースに分けてみると…〇必要な場合・障害基礎年金と老齢厚生年金を選択するとき・障害基礎年金と老齢厚生年金と遺族厚生年金の一部を選択するとき・特別支給の老齢厚生年金を受けていて、障害厚生年...

  11. 年金アドバイスv(∩.∩)v 472(遺族厚生年金の受給権者と期間短縮) - 松浦貴広のねんきんブログ

    年金アドバイスv(∩.∩)v 472(遺族厚生年金の受...

    ◇遺族厚生年金の受給権者と期間短縮遺族厚生年金の受給権者が、期間短縮により老齢基礎年金や老齢厚生年金の受給権が発生したときは、遺族厚生年金の受給権の発生時期によって、受ける年金を選択できる場合があります。選択可能なのは、平成19年3月31日以前に65歳以上(昭和17年4月1日以前生まれ)であり、かつ、すでに遺族厚生年金の受給権がある場合です。その場合は、①老齢基礎年金+老齢厚生年金、②老齢基...

  12. ちょっとお得な年金情報 受給者編その85(障害基礎年金受給者の老齢厚生年金の繰下げ受給) - 松浦貴広のねんきんブログ

    ちょっとお得な年金情報 受給者編その85(障害基礎年金...

    ゛障害基礎年金受給者の老齢厚生年金の繰下げ受給”障害基礎年金と老齢厚生年金は65歳以降に選択により併給が可能です。また、その場合、老齢厚生年金については、繰下げにより増額して受給することが可能です。繰下げ希望の場合は、65歳時の年金請求書(ハガキ)で、「老齢厚生年金のみ繰下げ希望」に丸を付け、その後66歳以降に繰下げ受給の手続きと年金受給選択申出書にて老齢厚生年金と障害基礎年金の選択の申出を...

  13. ねんきんFAQ併給調整(選択)編19 - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんFAQ併給調整(選択)編19

    <Q1>失業保険をもらっているときは障害基礎年金を選んで、もらい終えたら特例にできますか?<A1>はい、年金受給選択申出書により選択替えを行ってください<Q2>70歳で退職します…遺族年金との関係は?<A2>老齢厚生年金は増えますが、その分遺族厚生年金が減るため、結果、トータルの額は同じです…<Q3>寡婦年金をもらうので特別支給の老齢厚生年金は遅くしたいんです・・<A3>特別支給の老齢厚生年...

  14. 障害年金の手続・仕組みなど第123回(遡っての障害者特例の請求) - 松浦貴広のねんきんブログ

    障害年金の手続・仕組みなど第123回(遡っての障害者特...

    ◆遡っての障害者特例の請求障害年金の受給権者については、特別支給の老齢厚生年金の障害者特例を遡って受給することが可能です。(平成26年5月分以降)障害者特例により、特別支給の老齢厚生年金について、報酬比例部分+定額部分(+加給年金額)を受給することができますが、障害等級の3級以上の障害の状態があり、かつ、厚生年金保険の被保険者でないことなどが要件としてありますなお、障害者特例による特別支給の...

  15. ねんきんFAQ併給調整(選択)編18 - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんFAQ併給調整(選択)編18

    <Q1>夫が亡くなったら私の年金とどちらかを選ぶんでしょ?<A1>はい、65歳までは選択となりますが、65歳以降は老齢基礎年金+老齢厚生年金+遺族厚生年金といった形で併給になります(ただし、遺族厚生年金は老齢厚生年金を引いた差額が支給となる)<Q2>基金へ尋ねたところ、障害厚生年金+障害基礎年金をもらっても基金は変わらずにもらえるそうです…(今までは老齢厚生年金+老齢基礎年金を選択)<A2>...

  16. 年金アドバイスv(∩.∩)v 431(年金の選択の際の注意点) - 松浦貴広のねんきんブログ

    年金アドバイスv(∩.∩)v 431(年金の選択の際の...

    ◇年金の選択の際の注意点複数の種類の年金の受給権があるときは、年金受給選択申出書により選択をすることが可能ですが、選択する年金によって影響する項目があります。(ω・ )ゝ ・企業年金…基金代行部分、基金独自給付、代行返上後の企業年金など、企業年金への影響を考慮して選択する・特例年金…旧三共済(JR、JT、NTT)の存続組合から支給される特例年金への影響を考慮して選択する・加給年金額…配偶者が...

総件数:16 件

似ているタグ