年金請求書兼加給金勧奨状のタグまとめ

年金請求書兼加給金勧奨状」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには年金請求書兼加給金勧奨状に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「年金請求書兼加給金勧奨状」タグの記事(4)

  1. 年金アドバイスv(∩.∩)v 519(加給年金額の支給開始時の手続き(65歳時)) - 松浦貴広のねんきんブログ

    年金アドバイスv(∩.∩)v 519(加給年金額の支給...

    ◇加給年金額の支給開始時の手続き(65歳時)65歳になると、要件を満たすことにより、老齢厚生年金に配偶者加給年金額が加算されます。(o’ω’o)ノその手続きに関しては、65歳の誕生月に送付されてくる「年金請求書兼加給金勧奨状」(ハガキ)の提出にて行います。本人の氏名や配偶者の氏名等を記入し提出を行うことによって、加給年金額が加算開始となります。

  2. ねんきんFAQ加給年金・振替加算額編26 - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんFAQ加給年金・振替加算額編26

    <Q1>最近入籍しましたが、加給年金はもらえますか?(68歳)<A1>加給年金の開始年齢の65歳までに、その対象者がいる必要があります。生計維持の開始が68歳の場合は対象外になります。<Q2>65歳から配偶者加給年金額をもらえると思うんですが、何か手続きが必要ですか?(64歳)<A2>誕生月にハガキ(年金請求書兼加給金勧奨状)が送られてきたら、お二人の氏名等を書いて提出をお願いします。<Q3...

  3. ねんきんFAQ加給年金・振替加算額編25 - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんFAQ加給年金・振替加算額編25

    <Q1>配偶者加給年金額の加算は65歳でしょ?62歳の時点で書類(戸籍など)が必要?<A1>最初に書類(戸籍謄本、世帯全員の住民票、配偶者の所得証明書など)を提出しておけば、65歳時は案内(年金請求書兼加給金勧奨状)が送られてきます。<Q2>妻は239月までのほうがいいですか?<A2>年上の夫の厚生年金保険が240月以上あるときは、妻へ振替加算が加算されます。妻の厚生年金保険が240月以上あ...

  4. ねんきんFAQ加給年金・振替加算額編22 - 松浦貴広のねんきんブログ

    ねんきんFAQ加給年金・振替加算額編22

    <Q1>書類(生計維持関係現況届)を出しましたが、どのくらいもらえるんですか?(昭和22年5月生まれ)<A1>振替加算としては年に98,692円です。振替加算の額は生年月日によって決まっています。<Q2>テレビで申請しないともらえない、と・・(配偶者加給年金額)<A2>60歳の裁定請求時に戸籍謄本、世帯全員の住民票、奥様の所得証明書等を提出されている場合は、65歳時に年金請求書兼加給金勧奨状...

総件数:4 件

似ているタグ