幼生期観察のタグまとめ

幼生期観察」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには幼生期観察に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「幼生期観察」タグの記事(7)

  1. オオミスジの飼育メモ:3齢まで - 探蝶逍遥記

    オオミスジの飼育メモ:3齢まで

     現在ミスジチョウと並行して、オオミスジのフルステージ飼育を試みています。8月上旬の長野遠征で栽培用モモの葉から採卵しました(クリックでジャンプ)お持ち帰りした卵は、8月7日に孵化。初齢幼虫です。+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++EM12-Z60(上段のみ自動深度合成+トリミング),ISO=上段64/下段200,F5.6-1/50、外部ストロボ,撮影月日:8月8日...

  2. ミスジチョウの飼育メモ:2~4齢まで(8月上旬~9月上旬) - 探蝶逍遥記

    ミスジチョウの飼育メモ:2~4齢まで(8月上旬~9月上旬)

     8月の信州遠征時にミスジチョウの幼虫を発見した記事(クリックでジャンプ)をアップしました。その際見出した2齢幼虫1頭を採幼し、飼育中ですので、4齢到達時点までの飼育状況をレポートしておきます。 先ずは2齢幼虫。+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++EM12-Z60(上段のみ自動深度合成+トリミング),ISO=上段64/下段200,F5.6-1/50、外部ストロボ,撮...

  3. アオバセセリの幼虫観察:その3(8月下旬) - 探蝶逍遥記

    アオバセセリの幼虫観察:その3(8月下旬)

     拙宅近くのポイントで、首題幼虫の動向を継続観察しております。前回の観察は7月下旬。この間、酷暑で出かける元気も湧かず、38日振りの訪問となりました。先ずは前回も経過観察した4枚のアワブキ葉の様子。前回(左)と今回(右)を比較画像で示します。+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++EM12-Z60(トリミング),ISO=200,F5.6-1/50,外部ストロボ、撮影時刻...

  4. ミスジチョウの産卵と若齢幼虫(8月上旬) - 探蝶逍遥記

    ミスジチョウの産卵と若齢幼虫(8月上旬)

     ムモンアカ撮影ポイントは渓流近くにあり、そんな環境もあってか、生き残りのミスジチョウ♀の産卵行動を観察できました。+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++D500-34VR(トリミング),ISO=640,F8-1/250,-0.7EV、外部ストロボ、撮影時刻:10時29分29秒 ミスジチョウ産卵シーンは過去に撮影済ですが、いつも込み入った場所に産むので困ります。この絵...

  5. アオバセセリの幼虫探索:その2(7月下旬) - 探蝶逍遥記

    アオバセセリの幼虫探索:その2(7月下旬)

     前回、アワブキで見出した首題幼虫を再度調査しました。3齢幼虫が付いていたアワブキの葉全体の経時変化を示します。+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++EM12-Z60(トリミング) 前回の観察初日から6日が経過しております。幼虫巣(矢印A)が付いていた葉は#1で、他に#2-4の合計4枚の葉がありました。左右画像を見比べてみると、#2,4の葉は食痕含め変化がありませんが...

  6. アオバセセリの幼虫探索(7月中旬) - 探蝶逍遥記

    アオバセセリの幼虫探索(7月中旬)

     海の日を含む三連休は渋滞を避けて、近場でお散歩観察。やって来たのは拙宅から車で30分ほどのアオバセセリポイント。ここは毎年ゴールデンウイーク頃、セセリよりカメラマンの個体数が遥かに上回るので、敬遠して滅多に足を運びません。今年は何と4月上旬に第1化が発生していて、管理人が訪れた4月下旬は既に発生末期でした。と言うことは・・・・、果たしてこのポイントでは第2化は何時発生するのだろう~と疑問に...

  7. コチャバネセセリ幼虫の巣(6月下旬) - 探蝶逍遥記

    コチャバネセセリ幼虫の巣(6月下旬)

    オオチャバネセセリの第1化撮影目的で、横浜市内の里山へ出撃。しかし、それらしき個体を2回目撃するも撮影には至らずガッカリです。ここは林床にアザマネザサがビッシリと覆われていて、幼虫探索に方針変更。すぐに怪しげな巣を発見。+++画像はクリックで拡大されます(モニター環境に依存)+++EM12-Z60, ISO=200、F5-1/200、外部ストロボ、撮影時刻:10時25分 巣の外観や食痕から、...

1 - 7 / 総件数:7 件

似ているタグ