幼虫のタグまとめ

幼虫」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには幼虫に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「幼虫」タグの記事(46)

  1. テングチョウ3化目幼虫 - 秩父の蝶

    テングチョウ3化目幼虫

    自宅大型ケージ内ではあるがテングチョウ(Libythea lepita)の3化目幼虫が見られました。野外でも3化の可能性は十分あると思う。

  2. ミスジチョウ初齢幼虫の行動 - 秩父の蝶

    ミスジチョウ初齢幼虫の行動

    いつもの散歩道で、先週確認したミスジチョウ(Neptis philyra)の卵が孵化したか確認したところ、無事孵化していました。ただ、不思議に思ったのは、幼虫サイズに比べ、食痕が異常に大きいことです。どうも、摂食したわけでなく、身を隠すために切り取ったように思います。

  3. お持ち帰りしたかったもの2つ - 花散歩写真 in Vancouver

    お持ち帰りしたかったもの2つ

    大きくなったらどんな子になるんだろう~。の その1その2は、ウジャウジャいます。ご注意ください。何万匹といます。誇張ではありません。動画はこちら。クリックしてください。これが8月初めには、ぜ~~んぶカエルになる・・・。えらいこっちゃ。

  4. コミスジの幼虫 - 秩父の蝶

    コミスジの幼虫

    いつもの散歩道で、コミスジ(Neptis sappho)の幼虫がクズの葉から見つかりました。今年は多いような気がします。

  5. いつの間に??幼虫と蛹がいっぱい - 身近な自然の観察日記 ~丹沢大山周辺を中心に~

    いつの間に??幼虫と蛹がいっぱい

    庭に放置中の菜の花(小松菜です)ふっと見たら、何かの幼虫さんが5、6匹います。いつのまに??どうやらモンシロチョウではないかと。。写真にも写っていますが、アブラムシさんが大量についていて、それがどうなるか、面白がって駆除せずに見てはいたのですが、いつの間にか、緑色のが増殖。葉ではなくまだ緑色の種を袋ごと食べています。蛹になっているのもいます。さて、どうなりますか。。実は下の子が足の骨にひびが...

  6. テングチョウ2化目の幼虫 - 秩父の蝶

    テングチョウ2化目の幼虫

    休眠実験中のテングチョウ(Libythea lepita)ですが、知らない間に交尾、産卵したようで、既に3齢と思われる幼虫が付いていました。びっくり。

  7. 畑のいきもの - 身近な自然の観察日記 ~丹沢大山周辺を中心に~

    畑のいきもの

    ジャガイモの葉っぱにいました、テントウムシの幼虫さんかな。見つけたのは、二匹ほど。でも、自然栽培で、昆虫も基本仲良しでいきたいので、そのままにしておきます。地主さんの畑をお借りしていますが、他の方も借りています。で、たくさん、モンシロチョウやら何やら、キャベツあたりに卵を産んでいるようです。かなりの数が飛んでいました。土に栄養がたくさんあって、栄養豊富な所で育つとキャベツは固くなり、モンシロ...

  8. 庭のアゲハ幼虫(2018年5月24日) - みき♂の虫撮り友人帖

    庭のアゲハ幼虫(2018年5月24日)

    ゼフィルス類の写真はその後も撮っているけれど、整理が追いつかないので先にその他の写真を載せておく。写真1は拙宅の庭のスダチに発生したアゲハの幼虫。この数日前にアゲハがヒラヒラ舞っているのを見ているので、おそらくその日に産み付けていったのだろう。計ると約7ミリ。この日は幼虫2個体を確認。▼写真1 アゲハの幼虫 その1(ノートリミング、2018年4月29日、東京都)※OLYMPUS OM-D E...

  9. ヒオドシチョウ幼虫への寄生 - 秩父の蝶

    ヒオドシチョウ幼虫への寄生

    実験用に飼育していたヒオドシチョウ(Nymphalis xanthomelas)幼虫ですが、幾つかが寄生されていたようで、糸に絡まるように、じっとしていました。特に不思議に思ったのは写真の様に糸で体を固定されていたことです。一体だれが吐糸したのでしょうか?寄生者にコントロールされ自分で吐糸したのでしょうか?不思議です。初めてみました。

  10. エダナナフシの幼虫 Phraortes elongatus - 写ればおっけー。コンデジで虫写真 

    エダナナフシの幼虫 Phraortes elongatus

    久々に虫見散歩しました

  11. 風吹く日には群馬の森で - 星の小父さまフォトつづり

    風吹く日には群馬の森で

    昨日 ( 05/19 ) は、朝のうちは夜からの雨が残っていて、天気予報で「晴れ時々曇り」とか言っているのが信じがたかった。それでもいつものように生活しているうちに晴れてきて、最近の天気予報は当たるものだ、とか今更ながら感心したり。せっかく晴れてくれたから、という訳でもないけれど、撮影に出る。行った先は、風が強くなってきたので、こんな時のための群馬の森。風はますます強くなり、撮影にもかなり邪...

  12. クモマツマキチョウの産卵行動 - 蝶超天国

    クモマツマキチョウの産卵行動

    5月12日 この日もクモマツマキチョウが見たくて山に行ってきました。気温が高いからか飛び続ける♂を追いかけるだけで止まってくれません。やっとワンチャンスはスミレ吸蜜でした。ハタザオの成長は少し遅れているように思いましたが・・・この日は♀も発生していいて、産卵行動が見られました。立て続けに産卵行動が見られました。花の周りをグルグル回って産卵位置を確認している様子です。お尻を曲げて完全に産卵して...

  13. イシガケチョウは超特急 - おらんくの自然満喫

    イシガケチョウは超特急

    イシガケチョウの幼虫を発見したが4月26日 今年の4月は暖かい日が続いています。半月ほど前から畑にコンニャクの雄花がニョキッ!と出ています。例年よりも早いように感じます。ただし、コンニャクの花は酷い悪臭ですので、遠目に見る方がベストですね。傍らの蕗の葉でもクロセセリが日光浴をしては、せわしなく飛び回っています。石垣から伸びているイヌビワ(クタビ・イタブ)に何気なく眼をやると、食痕がありました...

  14. オレンジを追いかけて - 蝶超天国

    オレンジを追いかけて

    5月6日 GW最終日、久しぶりに地元から離れアルプスへ行ってきました。今回の狙いは少し早いですが・・・各地で発生情報があるクモマツマキチョウです。最盛期には早い時間から飛びますが、朝は少し雲で日差しが遮られていたこともありこの日の飛び出しは遅く撮影できたのは11時過ぎでした。時々強い風が吹き日差しが遮られると・・・草地に落ちる様に静止します。撮影機会は少なく、クモマツマキを追いかける体力も限...

  15. アカタテハ幼虫&テングチョウ幼虫、ほか(2018年5月13日) - みき♂の虫撮り友人帖

    アカタテハ幼虫&テングチョウ幼虫、ほか(2018年5月...

    巷ではゼフィルスも発生したと聞く。やや焦りを感じるが、4月下旬以降に撮った幼虫類がたまっているので掲載しておきたい。写真1、2はミドリヒョウモンの幼虫。これは終齢幼虫かな。林道のミツバウツギでアオバセセリを撮った帰りに見つけた。ミドリヒョウモンは珍しい蝶ではないけれど、このあたりでよく見かける蝶でもない。スミレ類はたくさんあるので熱心に探せば幼虫は見つかるのだろう。▼写真1 ミドリヒョウモン...

  16. アカタテハ幼虫がシェルター作製 - 秩父の蝶

    アカタテハ幼虫がシェルター作製

    いつもの散歩道で、カラムシの葉上に無防備に乗っている幼虫を見つけました。アカタテハ(Vanessa indica)の幼虫のようです。よく見るとシェルターを作っているようで、90分後再度訪れてみるとシェルターは見事に完成していました

  17. 二日続けての碓氷湖で - 星の小父さまフォトつづり

    二日続けての碓氷湖で

    昨日 ( 05/11 ) は性懲りもなくまた碓氷湖に行ってみた。前日が寒すぎて早々に退散してきたものだから、少しは天気も良くなったことだし、リベンジになるかな?ってことで。不思議なもので、二日続けていくと、同じ場所で時刻もほぼ一緒なのに、出てくれる虫さんが違うのだった。一昨日大サービスしてくれたデーニッツさんは、全く見られない。代わりに同定に困る新顔さんが登場して、撮影後の検索が大変。手持ち...

  18. 4月の蛾たち(2018年5月9日) - みき♂の虫撮り友人帖

    4月の蛾たち(2018年5月9日)

    時期はずれになる前に4月に撮った蛾を載せておきたい。とは言えたいしたものは撮れていない。今年もイボタガやエゾヨツメなどの大物蛾は撮れなかった(涙)。写真1はキバラモクメキリガ。丘陵方面に遠征したときに撮った。冬の間に見かけると翅が巻いてあるような感じになっているのでだいぶ印象が異なる。▼写真1 キバラモクメキリガ(2018年4月3日、東京郊外)※OLYMPUS OM-D E-M1 Mark ...

  19. ヒオドシチョウ幼虫 - 秩父の蝶

    ヒオドシチョウ幼虫

    いつもの散歩道近くで見つけたヒオドシチョウ(Nymphalis xanthomelas)の幼虫ですが、今日覗いてみたら、一斉に眠に入っていました。一斉に眠に入り、一斉に脱皮するので、この時期、食樹の枝では、集団で幼虫が病死したような不気味な黒い脱皮殻が見られます。

  20. カブトムシの幼虫さん、むくむく^^ - 多次元を生きる、進化のプロセス

    カブトムシの幼虫さん、むくむく^^

    たくさんいますよ~^^カブトムシの幼虫さん達。下の子のお友達から頂いた子達です。(毎年、おばあちゃんが、畑に埋まっている幼虫さん達を大量に送ってくれるそう。で、すべて育てるのは大変なので、あげると言われ、もらってきたという経緯)ケース内がかなりフンで汚れていたので、昆虫マットを入れ替えまして、その時に一時避難中の様子が↑の写真。大きなケースに戻したら、あっという間に潜っていきました。素早い。...

1 - 20 / 総件数:46 件

似ているタグ