幼虫のタグまとめ

幼虫」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには幼虫に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「幼虫」タグの記事(99)

  1. 完全なサナギ化に - 自称風景写真家  日々カメラ

    完全なサナギ化に

    夕方近く、外出から帰ったら、完全にサナギ化していた。変化する様子を見たかった。足元にあるのは、脱いだ皮だろうか。EOS 6D MarkIIEF24-105 /4L IS II USM合成無し

  2. サナギになった - 自称風景写真家  日々カメラ

    サナギになった

    アオ太郎の一人が、昨日サナギになった。こいつは朝からじっとして動かなかった奴。午後からイナバウアーのようにのけぞり、かと思えば口をあふぁふ開けて苦しそうにもがき続け、死んだかと思って指で触ると、においの出る角をわずかに出して、健在を示し、時間がたってもう一度見ると、このように固まっていました。よく見ると、いつ出したのかちゃんと糸で支えている。苦しそうにもがいているとき、糸を吐いていたのだろう...

  3. 無事だった、二匹のアオ太郎 - 自称風景写真家  日々カメラ

    無事だった、二匹のアオ太郎

    昨日、姿が見えなくなって、鳥に食われたかと心配したが、今朝、二匹だけ見つけた。地面を這って、近くの乾いたところに泊まっていた。さなぎになるのだろうか。まだ4センチほどしかないが、寒くなってきたので急ぐのか。羽化できるのか。山椒の葉がなくなって、だいぶ空腹して成長不足になっていただろうに。体力が、来年の春まで持つのか。昼間探した時はいなかったから、夜暗い時間帯に移動したのだろう。彼らには彼らな...

  4. 食うか食われるか - CUBPEES

    食うか食われるか

    結構なスピードで道路を横断していた蛾の幼虫。が、しかし!その先では大きなカマキリがそれを待ち構えていた。動くものはなんでも食べてしまうというカマキリ。野生の世界は弱肉強食、果たしてこの幼虫はどうなってしまうのか!?そのままカマキリの目の前を進んでいく幼虫。そしてその運命を、固唾を呑んで見守っていると、次の瞬間!カマキリ、完全スルー。食いもせず食われもせず(笑)「今日のランチはイモムシって気分...

  5. 鳥のふんから変わったら♪ - 菜園戦士テントム

    鳥のふんから変わったら♪

    いつの間にかアボカドの葉へ移動していたお客さん。その後の突然の雨に、無事かどうかみてみると・・・ちゃんといたものの、ん? なんとなく様子がおかしいぞ !?そしてその数時間後、ふたたび様子をみてみると・・・わお!変身完了!ひと皮むけた、いい姿♪

  6. シギゾウムシの仲間の幼虫? - 写ればおっけー。コンデジで虫写真 

    シギゾウムシの仲間の幼虫?

    いろんなドングリをいれた缶(親戚の子ども用)に2頭いました。このあと土に潜って蛹化する予定の子。初めてみた。

  7. 鳥のふんかと思ったら・・・ - 菜園戦士テントム

    鳥のふんかと思ったら・・・

    我が家のガーデンにある小さな山椒の木。ん?鳥のふん!?いや、よく見ると小さなお客さん。見るたびに大きくなっていくお客さん、そしてどんどんなくなる葉・・・さて、どうしたものか・・・♪

  8. ミヤマセセリ幼虫の飼育 - 秩父の蝶

    ミヤマセセリ幼虫の飼育

    ミヤマセセリ(Erynnis montana)幼虫の飼育、瓶刺しでは、難しいと思っていたが、もう、この状態で3ヶ月近くになる。このペースで行けば越冬まで持って行けそうだ。

  9. ミヤマシジミの蛹探し - 蝶超天国

    ミヤマシジミの蛹探し

    9月23日つづき次に訪れたのはミヤマシジミの生息地です。前週大きな幼虫がいた場所で蛹を探してみました。コマツナギの根元には前蛹と蛹が根元に並んでいました。アリがいるのが前蛹で、右側が蛹、その右にも枝にこちら向きに前蛹がいます。根本は暗がりなので・・・最初は前蛹と蛹しかわかりませんでしたが懐中電灯で明るくしてよく見るべきでした。上から簡単に見つかるように思いますが・・・・上に広がる茎や葉が邪魔...

  10. セセリの蛹や幼虫探しも楽しい - 蝶超天国

    セセリの蛹や幼虫探しも楽しい

    9月23日気持ちよく晴れたので県内西部の各地を周りました。この日の狙いは、各種の蛹を探すことでした。草地の横を歩いているときイネ科の草の食痕が気になりました。見てみるとチャバネセセリの終齢幼虫が食事中でした。少し草に触れたら、食事をやめてバックで巣に戻ってしまいました。完全な巣にはなっていませんが、少しだけ糸で括られていました。この大きさになると葉を完全に丸める為の幅が足りない事もありますが...

  11. クズの葉のコミスジ幼虫 - 秩父の蝶

    クズの葉のコミスジ幼虫

    いつもの散歩道で、クズの葉にいるコミスジ(Neptis sappho)の幼虫を見つけました。クズの葉の本種は、草苅に遭うので厳しいです。

  12. キタキチョウの幼虫と蛹 - 秩父の蝶

    キタキチョウの幼虫と蛹

    先日いつもの散歩道で、キタキチョウ(Eurema mandarina)の幼虫と蛹を見つけた。いつも不思議に思うのは、このように蛹や幼虫が複数個体ついている食樹と、すべて寄生されてしまう食樹とがあることだ。この差は何だろうか?

  13. クロヒカゲ幼虫 - 秩父の蝶

    クロヒカゲ幼虫

    いつもの散歩道を歩いていると、20cmほどの枯れササにちょこんと残った青葉が目に入った、その青葉には食痕があったので、よく見ると枯れた茎に5匹ものクロヒカゲ(Lethe diana)幼虫が付いていた。クロヒカゲ幼虫が、このように集団でいるのを見たのは初めてだ。この幼虫たち、カワイイ顔をして、こちらを見ていた。

  14. イモキバガ Helcystogramma triannulellum - 写ればおっけー。コンデジで虫写真 

    イモキバガ Helcystogramma triann...

    ヤブカラシの葉を綴っていた。サツマイモ(害虫)とかヒルガオにつくらしいんだけど、ヤブカラシもいいのか?

  15. ミヤマシジミの状況確認 - 蝶超天国

    ミヤマシジミの状況確認

    9月1日つづき途中で雨が降ったので予定より遅くなってしまい・・・どうしようかと思いましたが、久しぶりにミヤマシジミの状況を確認しようと生息地に出向きました。まず探したのが幼虫ですが・・・すぐに見つかりました。大小様々な大きさの幼虫がいましたが、一番大きかったのが下の写真です。幼虫を見つけるには蟻を探すのが一番です。成虫はあまり飛んでいませんでしたが、よく見ると佇んでいる姿が見えてきます。こん...

  16. タケの葉のクロヒカゲ幼虫 - 秩父の蝶

    タケの葉のクロヒカゲ幼虫

    いつもの散歩道で、タケの葉に食痕があったので、ヒカゲチョウの幼虫がいるかと葉をひっくり返したところ、何とクロヒカゲ(Lethe diana)の幼虫でした。通常ここではクロヒカゲのメイン食草はササの葉なので、タケで見つけたのは初めてです。

  17. ルリタテハ幼虫 - 秩父の蝶

    ルリタテハ幼虫

    いつもの散歩道を歩いているとシオデに食痕が見られたので、葉っぱをひっくり返すとルリタテハ(Kaniska canace)の幼虫か付いていた。この幼虫は短日を感じ取って成長したので羽化した成虫は越冬個体になるのだろうか?

  18. イチモンジセセリの幼虫探しほか - 蝶超天国

    イチモンジセセリの幼虫探しほか

    9月1日突然大粒の雨が降ってきたり・・・晴れ間が見られたり不安定な一日でした。今回は地元の普通種狙いですが、イチモンジセセリが沢山いました。残念ながら新鮮な個体や他の種がいなかったので幼虫探しでも・・・・食痕を目当てに探すと・・・かなり大きな終齢幼虫がいました。これってイチモンジではなくチャバネセセリですよね。食事中の顔を見てみました。他にも3枚の葉を張り合わせて作った巣を広げてみると・・・...

  19. ナスの葉に - Mag's DiaryⅢ

    ナスの葉に

    今年もナスの葉にクロメンガタスズメがいた。去年は黄色型だったけれど、今年は緑色型。褐色型もいるらしい。

  20. タマゴタケやキアゲハ幼虫など - 星の小父さまフォトつづり

    タマゴタケやキアゲハ幼虫など

    昨日 ( 08/31 ) も関東は大気が不安定だとのことで、撮影もすぐに撤収できるようにと遠出は控えた。それでも、赤城山の中腹の「赤城ふれあいの森」くらいまでは足を延ばした。ここも一頃よりは生物相の多様性が失われつつあり、年々見られる生き物が減っていると実感できる。それでも、しつこく粘って何かしらは見つけねば・・・・。で撮れたのが、以下の写真たち。これらを撮り終えて、さあ帰ろうとしたら文字通...

総件数:99 件

似ているタグ