幾一里のタグまとめ

幾一里」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには幾一里に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「幾一里」タグの記事(24)

  1. 幾一里の「ブログ年賀状」/ 2021年(令和3年) - 京都の骨董&ギャラリー「幾一里のブログ」

    幾一里の「ブログ年賀状」/ 2021年(令和3年)

    新年おめでとうございます「春風や牛に引かれて善光寺」小林一茶あたたかでのんびりした情景が浮かびます世の中いろいろな風が吹いていますでもしっかりと一歩一歩祈!日々是好日2021年(令和3年)丑年元旦京都壬生の町家ギャラリー幾一里▲長野・善光寺さんの牛土鈴(現代)本年もどうぞよろしくお願いいたします。皆々様の益々のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

  2. 幾一里は只今臨時休業中。しばらくの間ご容赦ください。 - 京都の骨董&ギャラリー「幾一里のブログ」

    幾一里は只今臨時休業中。しばらくの間ご容赦ください。

    ・残念ですがコロナが一向に収まりそうにありません。一人一人ができることを懸命に実践することが大事な時です。健康第一、お互いに頑張ってまいりましょう。・幾一里は4月10日より臨時休業させて頂いております。しばらくの間の辛抱と思っています。開店のタイミング等は、本ブログにてお知らせいたします。ご用の向きはご一報頂ければ幸いです。(℡075-811-8454)・下の写真は幾一里の小屋根に鎮座してい...

  3. 幾一里の新しいPRカードができました!。 - 京都の骨董&ギャラリー「幾一里のブログ」

    幾一里の新しいPRカードができました!。

    #♭~ちょうちょうちょうちょう菜の葉にとまれ菜の葉にあいたら桜にとまれ桜の花の花から花へとまれよ遊べ遊べよとまれ童謡・唱歌「ちょうちょう(蝶々)」より・今まさにこの歌の季節。でもコロナ禍で晴れ晴れとした気持ちになりません。残念なことですが、ここはじっと我慢のしどころ、やるべきことをやってまいりましょう。明るく元気に・・・。・幾一里の新しい宣伝用のPRカードができました。はがきサイズの大きさで...

  4. 幾一里のごあんあい4月/休業日、企画展のご案内、交通アクセス等々。 - 京都の骨董&ギャラリー「幾一里のブログ」

    幾一里のごあんあい4月/休業日、企画展のご案内、交通ア...

    京都壬生の町家ギャラリー幾一里のブログへようこそ[卯月(うづき)四月]長閑さや早き月日を忘れたる炭太祇メモしつゝ早や四月よとひとりごと星野立子春宵の此一刻を惜むべし高浜虚子そんな四月がやってまいりました。「でも」という一言が今年はついてまいります。「でも」とは、コロナウイルス禍のこと。とにかく気をつけましょう。一人一人がやるべきことをやってまいりましょう。ここは我慢、忍耐の一里塚。必ずや普通...

  5. 幾一里・本日開店。本年もどうぞよろしく。 - 京都の骨董&ギャラリー「幾一里のブログ」

    幾一里・本日開店。本年もどうぞよろしく。

    ・幾一里は、本日1月11日新年のスタートを切りました。本年も倍旧のお引き立てを賜りますようよろしくお願い申し上げます。今日は鏡開き、拙宅は供餅でお雑煮を頂戴しました。・店の床の間には古来より漁師の晴れ着として珍重されてきた民俗衣装「万祝(まいわい)」を飾りました。万祝は江戸時代から漁師の間で広まったようで、房総半島の漁村が始まりと言われています。・大漁祝いの引出物が起源のようで、船主や網元が...

  6. 幾一里の「ブログ年賀状」2020年(令和二年) - 京都の骨董&ギャラリー「幾一里のブログ」

    幾一里の「ブログ年賀状」2020年(令和二年)

    新年おめでとうございます今年の干支は一番の子の年鼠による天井裏の運動会はごめんですが古事記では鼠が大国主命を助けていますだから福の神大黒天(大国主命)の使者は鼠縁起の良い無事の一年でありますように2020年(令和二年)子年元旦京都壬生の町家ギャラリー幾一里▼米食いねずみ(加賀の郷土玩具昭和40年代に金沢で求める)

  7. ご来店御礼。「座辺の骨董展2019」終わりました。 - 京都の骨董&ギャラリー「幾一里のブログ」

    ご来店御礼。「座辺の骨董展2019」終わりました。

    ・11月23日からスタートしました幾一里・恒例「座辺の骨董展」は、本日(12月1日)無事に終了させて頂きました。連日多くの皆様にご来店頂き、心より厚く御礼申し上げます。・懐かしい方、お馴染みの方、ご遠方の方、初めての方・・良き出会いがたくさんございました。また来年も、と思いを新たにしているところでございます。この度はほんとうに有り難うございました。今後ともよろしくお引き立てのほど切にお願い申...

  8. 紅葉をご覧に、幾一里へぜひ。「座辺の骨董展」開催中。(12月1日まで) - 京都の骨董&ギャラリー「幾一里のブログ」

    紅葉をご覧に、幾一里へぜひ。「座辺の骨董展」開催中。(...

    ・幾一里では恒例の「座辺の骨董展」を23日(土)から開催中です。大勢のお客様にお出で頂き、ほんとうに嬉しく存じています。会期は12月1日(日)まで、無休で頑張ります。ぜひお出かけください。お待ち申し上げています。・店内には秋の草花も少々活け、骨董だけではなく、お花も楽しんで頂きたく思っています。お花は京都・北区の「みたて」さんにお世話になりました。

  9. 開催中「内田鋼一作品展」/暮らしのうつわからアートまで。(会期終了) - 京都の骨董&ギャラリー「幾一里のブログ」

    開催中「内田鋼一作品展」/暮らしのうつわからアートまで...

    ・幾一里では、4月13日(土)から21日(日)まで、久々4年ぶりに陶芸家・内田鋼一さんの個展を開催中。テーマは「暮らしのうつわからアートまで」。・内田さんは、作陶活動のかたわら美術館活動にも余念がありません。工房のある三重県四日市の「萬古アーカイブデザインミュージアム」は、2015年に自ら開設れたものです。あっという間に地元四日市の人気スポットに。・今展では、茶器、酒器、壺をはじめとする陶芸...

  10. 幾一里の「ブログ年賀状」2019(平成31年) - 京都の骨董&ギャラリー「幾一里のブログ」

    幾一里の「ブログ年賀状」2019(平成31年)

    新年おめでとうございます無財の七施(仏教)の一つ「和顔施」古来よりお多福のお顔はその代表世の中いろいろあって大変ですが和顔愛語の一年でありたいものです本年もどうぞよろしく2019年(平成31年)亥年元旦京都壬生の町家ギャラリー幾一里いくいちり▲写真はお多福の張子面。近所の壬生寺さんで昔授与されていたものです。「無財の七施」眼施(がんせ)和顔施(わがんせ)言辞施(ごんじせ)身施(しんせ)心施(...

  11. ご来場有り難うございました「座辺の骨董展2018」 - 京都の骨董&ギャラリー「幾一里のブログ」

    ご来場有り難うございました「座辺の骨董展2018」

    ・11月17日から9日間、幾一里にて開催させて頂きました恒例「座辺の骨董展」。お蔭様で本日(25日)閉幕。お馴染みの方、久し振りの方、懐かしい方、遠方からの方、初めての方・・・等々、多くのお客様との出会いがございました。ほんとうに有り難うございました。・愉しい日々でございました。また来年の秋も開催したいと心に誓っております。明日からまた愉しきものを求めて頑張ります。今後ともご支援、ご鞭撻のほ...

  12. 「座辺の骨董展2018」の花、華・・・ご紹介。(会期終了) - 京都の骨董&ギャラリー「幾一里のブログ」

    「座辺の骨董展2018」の花、華・・・ご紹介。(会期終了)

    ・只今開催中の「座辺の骨董展」で名実共に花を添えているのが、「花屋みたて(京都市北区)」さんに活けて頂いたお花の数々です。いつも骨董展や作家さんの個展の際には腕をふるって頂いています。骨董そのものもさることながら、併せてお花も愉しんで頂きたく思っています。ぜひご来場のほどを。会期は11月25日(日)までです。▼味のある時代竹籠に・・・フユイチゴ、ノジギク、キッショウソウ▼店の床の間▼床の間に...

  13. 「座辺の骨董展2018」はじまりました。(会期終了) - 京都の骨董&ギャラリー「幾一里のブログ」

    「座辺の骨董展2018」はじまりました。(会期終了)

    ・既にご案内の通り、幾一里恒例「座辺の骨董展」は、本日(11月17日)よりスタート。会期は11月25日まで、どうぞ京都壬生の幾一里へお越しください。古民藝から仏教美術まで、多彩な品揃えでお待ち申し上げています。紅葉の美を愛でながら、骨董の美も併せてお愉しみください。▼こちらまで手を合わせたくなる可愛くも凛とした民間信仰の仏様。フォルムが五輪塔のように見えませんか。早速お客様のところへ嫁ぎまし...

  14. 「座辺の骨董展2018」出品情報/木彫神像五体(会期終了) - 京都の骨董&ギャラリー「幾一里のブログ」

    「座辺の骨董展2018」出品情報/木彫神像五体(会期終了)

    ・幾一里恒例の「座辺の骨董展」も今週末17日(土)から始まります。既報の通りDMには木彫神像五体を大きくとりあげました。もう少し様子を分かりやすくということで五体並んだ写真をご覧ください。・本神像は平安から鎌倉初期のものではないかと推察しています。大きさは高さが18.5~20.2㎝。比較的小さな神像です。それこそ村の鎮守さんにあったものではないでしょうか。欠損はあるものの時代の品格と歴史を経...

  15. 幾一里・恒例「座辺の骨董展」を開催・・・。11月17日~25日まで。(会期終了) - 京都の骨董&ギャラリー「幾一里のブログ」

    幾一里・恒例「座辺の骨董展」を開催・・・。11月17日...

    ・幾一里恒例「座辺の骨董展」の時期がやって来ました。会期は11月17日(土)から25日(日)の9日間。秋たけなわの紅葉の美しい頃、京都散策のおついでにぜひ幾一里へおでかけください。お待ち申し上げています。・今年も幾一里好みのものを集めました。木と鉄と土と布と紙と・・・古民藝から仏教美術まで、多彩な品揃えとなります。乞うご期待。・本企画展の案内DMご入用の方は幾一里へご連絡ください。郵送させて...

  16. ご来場感謝。「杉田明彦漆工展」終了。 - 京都の骨董&ギャラリー「幾一里のブログ」

    ご来場感謝。「杉田明彦漆工展」終了。

    ・10月6日から開催の「杉田明彦漆工展」も14日盛況裡に終了させて頂きました。ご来場頂きましたお客様に心より厚く御礼申し上げます。ほんとうに有り難うございました。・次回の企画展は、秋恒例の「座辺の骨董展」です。11月17日から25日の会期。こちらは骨董店にて開催いたします。あらためてご案内させて頂きます。どうぞよろしくお願い申し上げます。▼「杉田明彦漆工展」会場の幾一里のアトリエ。

  17. 蟹と牛の小絵馬/水無月6月・2018幾一里カレンダーより。 - 京都の骨董&ギャラリー「幾一里のブログ」

    蟹と牛の小絵馬/水無月6月・2018幾一里カレンダーより。

    ・今年のカレンダーも六枚目となりました。速過ぎると思うのは小生だけでしょうか。・水無月六月、梅雨の時期であり、田植えの時期でもあります。この時期の雨の量が今夏の水の供給量にも影響。六月は人間の営みの中で大変重要な位置を占めているのです。・カレンダーには季節感のある「蟹」と田植えに大いに貢献した「牛」を登場させました。どちらも奈良興福寺境内にある南円堂のものだと思われる小絵馬で、明治~大正頃の...

  18. 七福神の護符/皐月5月・2018幾一里カレンダーより。 - 京都の骨董&ギャラリー「幾一里のブログ」

    七福神の護符/皐月5月・2018幾一里カレンダーより。

    ・今年のカレンダーも5枚目となりました。薫風5月到来。お家の軒先に小さな鯉のぼりを掲げておられるところもあり心が和みます。・幾一里のカレンダー紹介№5は「七福神の護符(木版摺)」です。江戸時代はありそうな古作です。でも、よく見ると七福神ではなく六福神では?。そうなんです。上部の左角におられた神様を損じています。発行社や地方はどちらのものか分かりませんが、七福神の表情やデザイン感覚は優れものだ...

  19. 幾一里の初詣・・。願照寺さんの掲示板も。 - 京都の骨董&ギャラリー「幾一里のブログ」

    幾一里の初詣・・。願照寺さんの掲示板も。

    ・京都の元日は運良く晴天、でも冷え冷えする一日でした。例年のように初詣へ。先ずは町内のお地蔵さんに参拝。次に近くの壬生寺さんへ。ご本尊は平安時代の木彫地蔵菩薩立像(重文)。心をこめて一年の無事を祈りました。・さて次は、壬生寺さんのお隣の元祇園椥神社へ。そして、河原町荒神口の清荒神さんへ。こちらは火の守護神、火の用心のお札を頂戴し、帰宅後台所に貼りました。帰宅途中、富小路二条下ルの願照寺さんへ...

  20. 幾一里のブログ年賀状2018(平成30年) - 京都の骨董&ギャラリー「幾一里のブログ」

    幾一里のブログ年賀状2018(平成30年)

    新年おめでとうございます「犬の子やかくれんぼする門の松」「江戸衆や庵の犬にも御年玉」暮らしに根差した軽妙洒脱な一茶の俳句世の流れにただ流されず足が地に着く健康な一年でありますように2018年(平成30年)戌年元旦本年もどうぞよろしくお願い申し上げます京都壬生の町家ギャラリー幾一里いくいちり▼愛らしい犬の大阪練人形「明治後期作」(写真・KOTO DESIGN、幾一里オリジナルカレンダー2018...

総件数:24 件

似ているタグ