座禅のタグまとめ

座禅」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには座禅に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「座禅」タグの記事(19)

  1. こんな感じ?座禅をやってみる - ちょっと田舎暮らしCalifornia

    こんな感じ?座禅をやってみる

    何かの本を読んでたら「未練が腐れると執着になる」とあった最近はニュースなどでも身勝手な執着から悲惨な事件があとを断たない失くした物への執着は自分でどんどん暗い穴を掘ってるようなものだ頭では分かっているんだけどね年齢のせいかコロナで長々こもってるせいか昔のあれこれやペブルの事など未練がましく考えていてハッと我に帰ることがあるで、そろそろペブルの想いは手放す事にしたミナミが出てった時も2週間メソ...

  2. 2394 五月雨の爆心地の座禅 - 紀本直美の俳句ブログ

    2394 五月雨の爆心地の座禅

    平和記念公園にただずっと座ったことがあります。「五月雨の爆心地の座禅直美」(さみだれのばくしんちのざぜん)〔季語:五月雨(夏)〕

  3. 今日、瞑想に関するテレビを見られました。「こころの時代」です - 人生振り返ってのつれづれ思考

    今日、瞑想に関するテレビを見られました。「こころの時代」です

    瞑想に関する番組を見たい見たいと思っていました。やっと見られました。それは、今日、土曜日のEテレの「こころの時代」です。日本の瞑想は、いつもは座禅中心です。曹洞宗と臨済宗。それと、調心調息も日本の瞑想では中心に行われていると思います。今日は、日本人がタイで、お坊様をしていて、そこで教えている瞑想ということで、目も開けたままで、手を動かしながら、今ここを体験し、あるがままを体験し、そこに動く心...

  4. 「いやなら、読まなければいい」。いやいや、これが難しい - 人生振り返ってのつれづれ思考

    「いやなら、読まなければいい」。いやいや、これが難しい

    いやなら読まなければいい。確かにその通りだ。でも、これが難しい。目に入ってしまうと、どうしても、反応してしまう。目に入ってしまうと、どうしても反応してしまうということから解放されれば、どんなに楽だろうと思う。でも、やはり目に入ると、それは私には無理だ。ここが、すごい分かれ目。座禅の世界は、ここに向かって、修行しているのだろうか。座禅の世界は、非常に淡々としている。あんなに淡々と生きられるのだ...

  5. 私はやはりNHKのEテレが好きらしい。特に、「こころの時代」 - 人生振り返ってのつれづれ思考

    私はやはりNHKのEテレが好きらしい。特に、「こころの時代」

    この前は、座禅のシリーズものの2回目だった。臨済宗の岐阜県にある有名なお寺の一番偉い人が話している。この前のことをかいつまんで言うと、人生は最後まで修行だということらしい。そして、修行とは、同じことを繰り返し繰り返し、毎日行うことらしい。なるほどと、感心しながら聞いていた。この人は、お坊さんだから、毎日お寺で、座禅を組み、スケジュールがびっしりと決まっているらしい。そして、作法もきちんと決ま...

  6. 座禅体験東福寺勝林寺 - 追分日乗

    座禅体験東福寺勝林寺

    平成最後の日、京都で座禅体験をしてみました。東南にある臨済宗京都五山第四位の東福寺の塔頭、毘沙門堂勝林寺で受けました。この寺は写仏や写経、ヨガ、精進料理など多彩な体験メニューを常時提供しており、ネットでも申し込みができるのでお勧めです。http://shourin-ji.org/座禅体験は、1000円で、一時間のうちに15分の座禅を二回行います。このようなお座敷で、背中を打つ警策も体験できま...

  7. 端午の節句 新緑の坐禅会 - MOTTAINAIクラフトあまた 京都たより

    端午の節句 新緑の坐禅会

    端午の節句、建仁寺 両足院、坐禅の会。眩しすぎて目が開けないほど鮮やかな新緑の朝。建仁寺の境内は、朝も早くから外国人観光客でいっぱいでした。坐禅の会も縁に坐りきれないほどの参加者です。GWを京都で過ごし、朝の坐禅を体験してみようという方が多くなりました。ちょっとした流行です。庭を眺めて坐禅できるお寺は少ないらしく、旅のリピーターも多いよう。そんなことで、常連の会員さんもずいぶん入れ替わりまし...

  8. 「京都国際写真祭KYOTOGRAPHIE」と建仁寺花盛り - MOTTAINAIクラフトあまた 京都たより

    「京都国際写真祭KYOTOGRAPHIE」と建仁寺花盛り

    暑くもなし、寒くもない、良い気候の朝の坐禅会。鳥たちの囀りを耳に、自分の心身にも耳を傾ける、集中できた時間でした。私の頭、かーなり固くなってました。笑旅行途中で体験をする人がいらっしゃいましたね。勝手がわからなくて迷っている人もあり。旅先で坐禅会、しかも京都で。というと興味を持たれるみたい。何時もは第一日曜日。今朝はイレギュラーの第三週目の坐禅会なので、去年とは違うもろもろがありました。建仁...

  9. 瞑想と坐禅 - Walking Shoes

    瞑想と坐禅

    <瞑想と坐禅>最近、瞑想と坐禅を比べて論じる人が増えている。これらは別物なので、比べようもないと思うけど、似ているところもあるで、比べたくなるのも仕方がない、、、瞑想については、87年から、30年以上、ほぼ毎日やっているので、まあ、少しは何か、言えることはあるかもしれない。でも、坐禅は、一向に上手にならないので、なんとも言えない。坐禅断食会に参加するようになって、10年以上は経っている。二泊...

  10. お寺で婚活?寺コン - ソフトイーエックス開催!交流会ブログ

    お寺で婚活?寺コン

    皆さんは、婚活というとホテルのレストランや飲み屋さんで行われる婚活を思い浮かべる方がほとんどではないでしょうか。ここ数年、多彩な婚活が増えている中で、一風変わったユニークな婚活イベントも出てきています。今回ソフトイーエックスでは、ユニークな婚活イベントの中でも、一際異彩を放っている寺コンについてご紹介していきましょう。寺コンは、その名の通りお寺で行う婚活イベントです。開催される会場のお寺に協...

  11. 京都 夏の暁天講座 2018 - MOTTAINAIクラフトあまた 京都たより

    京都 夏の暁天講座 2018

    京都の夏の風物詩、寺院にて著名人やご住職を招いて開かれる早朝の公開講座。暁天講座、うら盆法話ともよばれます。ほとんどは予約なし、無料で拝聴でき、終了後にお粥やパンなど戴き、お庭なども拝観させてもらえます。建仁寺では毎年7月2週目の週末3日間ですが、今年は集中豪雨のため、初日が中止となりました。話題の「嫌われる勇気」の著者、アドラー研究で有名な哲学者岸見一郎氏の予定だったので、楽しみにしていま...

  12. 禅の種まきアメリカ人禅僧の禅的日々再UP - エキサイトブログおちおち眠っていられない

    禅の種まきアメリカ人禅僧の禅的日々再UP

    右が2015年12月にアメリカで出版された英語版のもの。左が2017年8月に出版した日本語訳版。表紙のデザイン、タイトル、中の装丁など、すべてパソコン上でデザインした上で、出版社に依頼した。著者のワインコフ彰顕師は、アイオワ州デコラにある龍門寺住職。龍門寺は広大な敷地に建っている素晴らしいお寺です。ワインコフ師は、アメリカの中西部地域の禅の開拓を行った片桐大忍老師の最後の弟子。大忍老師は、1...

  13. 花冷え座禅の会 - MOTTAINAIクラフトあまた 京都たより

    花冷え座禅の会

    今月の建仁寺塔頭 両足院の座禅の会は第二日曜日でした。第二は本堂で行われる予約なしの座禅の会の日と重なります。冬に逆戻りしたかのような花冷えの早朝ですが、結構賑やかです。無人のところ、すかさずいちまい。昨日は特別な法要も法堂で執り行われていましたので、なおのこと。建仁寺も花まつり。お釈迦さまの誕生日をお祝いします。涅槃入りされて長い年月、欠かさず、忘れずに誕生日をお祝いされる尊い方ですね。「...

  14. 心静かに『書・コトハジメ』 - MOTTAINAIクラフトあまた 京都たより

    心静かに『書・コトハジメ』

    昨日はあまたの会番外編『書・コトハジメ』日中暑いなかお集まり頂きました。外の暑さを忘れて、少しでも心静かに過ごして頂けたら良いですね。墨の香りは、ふ〜っと落ち着きます。この日はニューカマーにお越し頂きました。でも、昔からのお客さま。銘酒会やカダナさんの手仕事のおはなし会に参加して頂いてます。「あ、お久しぶりですね〜」と、書のメンバーさんでも顔馴染みの方がいらっしゃって、初めてでもすぐ場の雰囲...

  15. 今また、座禅について、いろいろ考えている - 人生振り返ってのつれづれ思考

    今また、座禅について、いろいろ考えている

    仏教で、座禅が今、流行っているのは、日本だけだろう。マインドフルネス。そして、臨済宗、曹洞宗。今では、英語で、座禅のことは、「Zen」として、通じるらしい。私は、一時、京都で住んでいた。そのとき、石庭にも行ったことがある。銀閣寺は、なかなかきれいだった。なぜか、私は座禅に興味を持っていた。でも、本格的に、座禅を組んだことはない。勝手に座禅を組んだことはある。そのときは、座禅の基本的注意点も知...

  16. この年になって初めて分かってきた、年寄りは病気になって当たり前と思っていた、ことについて。 - 人生振り返ってのつれづれ思考

    この年になって初めて分かってきた、年寄りは病気になって...

    いやいや、そうではないと。そう思いたい。確かに、体力は落ち、色々病気にかかってきた。特に成人病には。しかし、考えてみたい。年寄りは、年に応じて人生に関して、達観するはずだと思ってきた。確かにそのような年寄りもいる。そして、全くそうではない年寄りももいる。しかし、若い人間で達観している人を見たことはない。だから、私が年を取って、達観の方向に向かうことができるのかどうかに関してを問われているのだ...

  17. 【住まいと人のシアワセの関係】 - 性能とデザイン いい家大研究

    【住まいと人のシアワセの関係】

    きのう早朝、ついに「サピエンス全史」を読了して、西田正規先生の「人類史の中の定住革命」読了以来の、人類史思考を再認識し、自分の性向の中に再確認しております。今回の読後感では、人間の「意識」についての歴史的考察がたいへん「科学的」に追究されていて、納得できた次第。そのなかでも、物質的には相当に「豊かさ」に満ちている現生人類にとって、生きるシアワセということにまで、歴史家として論及している驚き。...

  18. 新緑の京都GWも終わり - MOTTAINAIクラフトあまた 京都たより

    新緑の京都GWも終わり

    暦は立夏となりました。クラフトあまたにて『木俣薫 陶展』晴天に恵まれたGW、観光客の方も含め、たくさんご覧頂きました。無事に終了しました。ご来店頂きました皆さま、誠に有難うございました。今週から木工 川上嘉彦さんの展示会が始まります。『鳥つれづれ 木々さいさい展』12日(金)〜25日(木)まで。会期中無休。元インダストリアルデザイナーの川上さん。若いころから日本の原風景を探す旅にでて、素敵な...

  19. 座禅を組むこと - TRIZコンサルの「発明」的日常閑話

    座禅を組むこと

    ブログの更新が滞っていてすいません(汗)Facebookでは更新しているので、よかったらフォローしていただけるか、友人申請をしていただけると幸いです。さて、FBでポストすると、その時の思考やヒントなどの検索が思いのほかやりにくいことに気付いたので、改めてノートを活用してみることにしました。今回はその内容を転記しますね^^; 先日、ファーストドラゴンのマスターである「仲村竜一」さんのセミナーを...

総件数:19 件

似ているタグ