庭園のタグまとめ

庭園」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには庭園に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「庭園」タグの記事(46)

  1. イングリッシュ・ローズのハンド・ローション -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    イングリッシュ・ローズのハンド・ローション

    デヴィッド・オースティンのバラ園では、義母はショップでの買い物を楽しみにしていました。ここではバラの苗木だけでなく、ガーデニング用品、書籍、ティー・ルームでも使用されているイングリッシュ・ローズ柄のオリジナル食器、またイングリッシュ・ローズの香りのオリジナル・トイレタリー用品等も販売されています。そのトイレタリーの中のハンド・ソープとハンド・ローションは、バラ園のトイレにも備え付けてあり、ウ...

  2. 和歌山城西之丸庭園(紅葉渓庭園) - レトロな建物を訪ねて

    和歌山城西之丸庭園(紅葉渓庭園)

    和歌山城北西隅にある西之丸庭園は江戸時代初期に紀州藩初代藩主の徳川頼宣が西之丸に隠居所の御殿と同時期に築いた池泉回遊式庭園です。 通称は紅葉渓庭園(もみじだにていえん)とよばれ、その名の通り庭園内には紅葉が多く植えられています。虎伏山麓の斜面に湧水を引いた池と小さな滝があり、和歌山城の内堀の一部をもう一つの池として庭園に取り込んでいます。内堀の畔に池亭「鳶魚閣(えんぎょかく)」を配して景観を...

  3. (金沢・丸の内)玉泉庵&ちょこっとメロンパンアイス - 松下ルミコと見る景色

    (金沢・丸の内)玉泉庵&ちょこっとメロンパンアイス

    ひがし茶屋街を後にしたワタシ達は、えびちゃんの「金沢でお抹茶をいただきたいっ」をかなえるべく玉泉丸庭園へ。玉泉院丸庭園 玉泉庵玉泉院丸庭園をながめながらお抹茶がいただけます。受付は16時までのようです。お子様連れのご家族と入れ違いに中へ。その小学生らしい男の子は、お抹茶体験がよほど気にいったのか「お菓子美味しかったね」を連発。おまけに「(玉泉庵の人が)ありがとうございましたって言ってるのにこ...

  4. 大山崎山荘 ・・  - Panta * Ray

    大山崎山荘 ・・ 

    アサヒビール 大山崎山荘 美術館 ・・ ウィリアム・モーリス展 を 見に 行って来た 行ったのは 7月 4日 (豪雨の前)です 館内は 撮影禁止 ・・ でも この庭が すごく イイ感じだった      < おまけ > 大山崎にある「レストラン・タガミ」で パスタランチ ・・  ...

  5. 薔薇天国、デヴィッド・オースティン・ローズ・ガーデン 3 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    薔薇天国、デヴィッド・オースティン・ローズ・ガーデン 3

    先にティー・ルームでクリーム・ティー、ショップで苗木の買い物を済ませ、再びバラ園に戻り、残り時間を閉園ギリギリまで鑑賞して過ごす…、この義母の提案は大正解でした。だって、あれ程多かった訪問者が、もうすっかり居ません(笑)。ほとんどバラ園独り占め状態。このバラ園で私の一番のお気に入りの、「ライオン・ガーデン」と呼ばれる宿根草との混採(ミックス・ボーダー)庭園に入ります。自分の庭も、一応バラ中心...

  6. 薔薇天国、デヴィッド・オースティン・ローズ・ガーデン 2 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    薔薇天国、デヴィッド・オースティン・ローズ・ガーデン 2

    実は前回デヴィッド・オースティン社のバラ園を訪問した際、この「ヴィクトリアン・ガーデン」を見落としてしまっていた事に、帰宅してから気付きました。他だけで十分充実していて満足しちゃった為、更に、ここは「ロング・ガーデン」の一箇所からしか通じていないので、つい入る機会を失ってしまったようです(苦笑)。なので、義母にとってはこの部分に入るのは初めて。ここは、レンガの壁で囲まれたウォルド・ガーデンで...

  7. 薔薇天国、デヴィッド・オースティン・ローズ・ガーデン 1 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    薔薇天国、デヴィッド・オースティン・ローズ・ガーデン 1

    P太と義母とのシュロプシャー小旅行で、アーツ&クラフツ尽くしの館Whightwick Manor ワイトウィック・マナーを去り、いよいよ最後で最大の目的地、バラの育種会社デヴィッド・オースティン社の私設バラ園へやって来ました。車のドアを開けた途端、濃厚なバラの香りに包まれます。それもそのはず、ショップとティー・ルーム前の花壇でさえ、このバラの数です。しかし覚悟はしていた事ですが、バラがこれだ...

  8. アーツ&クラフツの館ワイトウィック・マナー 1 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    アーツ&クラフツの館ワイトウィック・マナー 1

    シュロプシャー小旅行の二日目は、デヴィッド・オースティン社のバラ園へ行くのが最大の目的ですが、其処ではバラ苗を買う予定なので、最後に寄るのが理想的だと思い、その前にナショナルトラスト管理の「Whightwick Manor & Garden ワイトウィック・マナー&庭園」を訪ねる事にしました。バラ園の在るアルブライトン村より距離的に7、8km南東で、ほんの少しだけシュロプシャーではなくウルヴ...

  9. 建仁寺・潮音庭 - たんぶーらんの戯言

    建仁寺・潮音庭

    建仁寺本坊の中庭にある潮音庭は四方向から眺めれる枯山水の庭です。 今の時期でも十二分に美しいですが、紅葉彩られる晩秋のこのお庭は絶景そのものです。 向こう側に大書院の風神雷神図が見えています。

  10. 建仁寺・大雄苑 - たんぶーらんの戯言

    建仁寺・大雄苑

    大雄苑と名付けられた建仁寺・本坊の方丈の前庭。 こちらは方丈の南側。庭の向こうは法堂です。 緑苔と岩がいくつか配された枯山水の庭園ですが、大雄苑の名のとおり広々として雄大。 白砂が美しい。 こちらは方丈の西側庭園。落ち着いた雰囲気で落着けます。 ところで、方丈は、安国寺恵瓊が安芸の安国寺から移築したもので、重要文化財に指定されています。戦国時代末期に活躍し、関ケ原の戦いでは、石田光成、小西...

  11. ~風は無い?~建仁寺・○□△の庭 - たんぶーらんの戯言

    ~風は無い?~建仁寺・○□△の庭

     江戸時代の臨済宗古月派の禅僧にして、画家であった仙厓義梵の「○△ロ」の掛軸が元になっていて、禅の四大思想(地・水・火・風)のを表しいるお庭だとか。 「地・火・水のみで、どうして風が抜けているのかな」と思いつつ、このお庭を眺めていたら、爽やかな風が吹いてきました。 「そうか、そこに、吹いているから、風は表現する必要がないんだ。」

  12. 鶴ヶ城公園 茶室「麟閣」 - レトロな建物を訪ねて

    鶴ヶ城公園 茶室「麟閣」

    鶴ヶ城公園の南端にある茶室「麟閣(りんかく)」は千利休の子、少庵が建てたといわれています。利休が豊臣秀吉に切腹を命ぜられたのち、少庵は、当時の会津領主の蒲生氏郷(がもううじさと)によって、会津に招かれ、保護されました。氏郷が、ここに茶室を建てて茶道振興を図ったことにより、千家茶道の命脈はつながれたわけです。少庵はのちに許され京都に戻り、千家茶道を再興。表千家、裏千家、武者小路千家と受け継がれ...

  13. 建仁寺両足院の庭・大書院前庭(半夏生の庭) - たんぶーらんの戯言

    建仁寺両足院の庭・大書院前庭(半夏生の庭)

    両足院の大書院の前に広がる池泉回遊式庭園は、京都府指定の名勝庭園で、10世・雲外東竺の元に参禅した茶道の薮内流5代・竹心紹智(1678-1745)の作庭。 特に、このお庭が一際美しくなるのが、半夏生が美しい梅雨時。 方丈方面からの眺めです。2軒の茶室が奥に見えます。左が水月亭、右が臨池亭。 次に大書院からお庭を眺めてみます。回遊式庭園ですが、私個人的には、大書院からの眺めが好みかな。 これは...

  14. 建仁寺両足院 墓参道 - たんぶーらんの戯言

    建仁寺両足院 墓参道

    唐門前庭から分岐して草の様式の延べ段が方丈前を横切るように続いていきます。 まさに静謐そのもの。

  15. 建仁寺両足院の庭・閼伽井庭    - たんぶーらんの戯言

    建仁寺両足院の庭・閼伽井庭  

    方丈と庫裡に囲まれた小さな中庭「閼伽井庭」。閼伽(仏膳に供える水)を汲む井戸とその水を受ける水鉢がこの庭の象徴。三尊石が中心にあり、その手前に礼拝石と水鉢と燈籠を配しています。

  16. 建仁寺両足院の庭・唐門前庭 - たんぶーらんの戯言

    建仁寺両足院の庭・唐門前庭

    現在は、年2回の特別公開などでは、毘沙門天堂がある北側から境内に入るようになっていて、その入口には土産物っぽいものもあって少々がっかりするのですが、以前は、今より南側の高麗門(大門)から入っていました。 そこでおめにかかることができたのが、きりりと引き締まる、唐門前庭でした。 いかにも禅寺らしい美しさの中にも厳しさが感じられるお庭。凜とした気持ちにしてくれます。 立砂もあります。 両足院とい...

  17. このページについて - kimuchiの庭園見てある記

    このページについて

    このブログは、植物好きによる、日本庭園の訪問記がメインです。京都・関西が多めです。その他、旅行の記録や、花の話、山の話なども綴っています。情報は掲載当時のものです。変更になっている場合がありますので、ご了承ください。★経歴幼少期から、植物図鑑を片手に、外を飛び回る子供でした。学生時代には、種からパンジーなどを育て、近所のおばちゃんたちと、植物談義をしていました。(その頃からおばちゃんが大好き...

  18. 小雨に濡れるレンガタイルの外壁。。 - 一場の写真 / 足立区リフォーム館・頑張る会社ブログ

    小雨に濡れるレンガタイルの外壁。。

    (P)こんにちは  パテオナベです。2018,06,10池袋の立教大学の校舎撮影に小雨降る中行ってきました。  校舎  伝統ある赤レンガ校舎。。  *リフォーム事例集にほんブログ村リフォーム(水まわり)ランキング   校内の行届いた庭園  小雨に映える緑が美しい!  *パテオ建設ホームページ → 「足立区リフォーム館」↓ポチット応援クリックいただければ幸いです。にほんブログ村にほんブログ村リ...

  19. 好古園 -  one's  heart

    好古園

    姫路城の見学の後は隣の庭園へ「好古園」は姫路藩主の居館や武家屋敷があった場所です。大小9つの庭園群からなる日本庭園です。にほんブログ村

  20. 初夏のナイマンズ 2 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    初夏のナイマンズ 2

    花の写真を撮りに、ナショナルトラストの「Nymans ナイマンズ」に来ています。お屋敷正面玄関前の花壇は、宿根草花壇になっていました。普通欧米の古いお屋敷の手前には、フォーマル・ガーデンが定番ですが、ここのは全体的に色合いも渋く、殊更野趣溢れる雰囲気。しかしここは、お屋敷と言っても半廃墟ですから、お行儀の良過ぎる庭よりも、返ってこんな自然な庭の方が似合っているかも知れません。例えばアストラン...

1 - 20 / 総件数:46 件

似ているタグ