庭園のタグまとめ

庭園」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには庭園に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「庭園」タグの記事(332)

  1. 京都女子一人旅・天授庵 - 月の旅人~美月ココの徒然日記~

    京都女子一人旅・天授庵

    南禅寺境内にある天授庵。こちらは楽しみにしていた庭園です。小さい中にギュッと可愛さと詰め込んだような庭園でした。では、どうぞ、ご覧ください!o(^-^)o今は青葉紅葉ですが、秋だったら真っ赤だったことでしょう。いつか紅葉の季節に来たいものです。↓これ、良くないですが?(笑)おじさまが気持ちの良い時間を過ごされていました。時間が止まっているみたい。床モミジにはなってないけど。(笑)見てみたいで...

  2. 玄宮楽々園2 - ライナスの電気毛布

    玄宮楽々園2

    楽々園については書いたので、今回は玄宮園について。1. 彦根城天守を見上げる景色が素敵2. 立派な石組3. 変化に富む4. その他

  3. モンスーンの庭から - Blue Lotus

    モンスーンの庭から

    今日は花材調達、枝ものの部と大作の枠組み作り。蒸し暑くて時々黒い雲が見え隠れしたので、ドシャ~~っと雨が降るかもと心配していましたが、なんとか作業が終わるまで降らずにもちこたえました。いつも枝ものを切らせてもらう友人のファームハウスに行ったら、「何してるんだ?」って孔雀が様子を伺いに。笑庭をウロウロしていて、夕方になると屋根の上でミャーミャー泣いています。動物園より近くで孔雀が見られる!なん...

  4. 彦根城と玄宮園 - ライナスの電気毛布

    彦根城と玄宮園

    8月10日、滋賀県の彦根城と玄宮園に行ってきました。ちなみにどちらも工事中…

  5. 2019年デヴィッド・オースティン・ローズ・ガーデン 2 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    2019年デヴィッド・オースティン・ローズ・ガーデン 2

    P太と義母と三人で訪れている、シュロプシャー小旅行の最後の目的地、イングリッシュ・ローズで有名なデヴィッド・オースティン(DA)社の直営バラ園。宿根草との混裁庭園「ライオン・ガーデン」と、蔓バラの「パーゴラ・ガーデン」の後は、「ルネッサンス・ガーデン」に入ります。ここは、低い柘植の生垣で仕切られたノット・ガーデンのフォーマル・ガーデンで、川のような縦長の池と、「loggia ロッギア」と呼ば...

  6. 2019年デヴィッド・オースティン・ローズ・ガーデン 1 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    2019年デヴィッド・オースティン・ローズ・ガーデン 1

    今年のシュロプシャー小旅行の最後の目的地も、イングリッシュ・ローズで有名なデヴィッド・オースティン(DA)社の直営バラ園でした。何故ここを毎回最後に訪れるかと言うと、高速道路のインターに近い便利な立地にある為と、バラ苗を買うのも予定に入れているからです。今回訪れて、P太、義母、私の三人共真っ先に感じたのは「何だか凄く混んでいる!!」と言う事でした。駐車場は予備まで満杯。P太は空きを探す為に、...

  7. 夏緑 - Blue Planet Cafe  青い地球を散歩する

    夏緑

    夏の緑は陽に対応しているのか緑が濃い風が通り抜ける室内から外を眺めます静寂が保たれている場所を知る機会があり訪れました心穏やかなひと時に感謝

  8. ザ・ガーデン・オリエンタル・オーサカ(旧大阪市公館) - たんぶーらんの戯言

    ザ・ガーデン・オリエンタル・オーサカ(旧大阪市公館)

    最寄駅はJR東西線の大阪城北詰駅、旧藤田邸に隣接するステーキレストラン、結婚式場ですが、もともとは、大阪市公館として、大阪市の迎賓館として、1959年に建設されたもの。 良い意味で、大阪らしくない都会のオアシス的空間です。 約4,000坪もある広大な敷地には日本庭園があり、東庭の茶室「二水亭」の両側にはせせらぎが流れていて、居心地良し。 建物は白亜のタイルを貼ってあり、清潔な印象を与える外観...

  9. 足立区の散歩 402 - 一場の写真 / 足立区リフォーム館・頑張る会社ブログ

    足立区の散歩 402

    (P)こんにちはパテオナベです。足立区中央図書館へ立寄りました。しばらくぶりの何と無くの訪問です。内部の写真は禁止建物中央がエントランスです。その屋根です。街・建物ランキング

  10. 木組みの家の城下町ラドロウ 2 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    木組みの家の城下町ラドロウ 2

    中世の面影を色濃く残す城下町Ludlow ラドロウの「St. Lawrence’s Church セイント・ローレンス教会」を出ると、東側に教会付属の小さな庭園が設けられていました。2012年の女王の戴冠60周年を記念して企画され、昨年オープンしたばかりの新しい庭園です。造営に時間が掛かったのは、考古学的に貴重な土地である事と、市民の手作業でコツコツと、教会脇の狭い通路を通って、大量の土砂を...

  11. 足立区郷土博物館で開催中の日本画「すごい絵」。 - 一場の写真 / 足立区リフォーム館・頑張る会社ブログ

    足立区郷土博物館で開催中の日本画「すごい絵」。

    (P)こんにちはパテオナベです。2019.07.25蒸し暑い一日を迎え、思い立って足立区郷土博物館へ行ってきました。巨匠の日本画「すごい絵」昨日から開催されて。川合玉堂<吹雪>.他:横山大観、平山郁夫、上村松園、撮影禁止でチラシよりのご紹介です。街・建物ランキング

  12. 2019GW中国四国の旅(11) - 庭園の宿石亭到着&お庭編 - Pockieのホテル宿フェチお気楽日記III

    2019GW中国四国の旅(11) - 庭園の宿石亭到着...

    2019年GWの旅、鞆の浦から向かったのは、宮島近くのお宿「石亭」です。GWには毎年伺っていて、ここにたどり着くまでの行程を検討するのがGWの旅の計画、というほどですね。毎年アップしていますので、けっこう重なりますが違った角度の写真などでなるべく違った雰囲気で紹介を。車での到着、この落ち着いた入口と玄関を見るとほっとします。敷地はお庭が大きいのですが、わずか1②室の宿ですから、小ぢんまりな雰...

  13. 「HIBIYA AKARI TERRACE」の一期一会 - 雲母(KIRA)の舟に乗って

    「HIBIYA AKARI TERRACE」の一期一会

    都会のオアシスに真夏の夜の夢が現れた。【キャンペーン】2019年夏!私の花火写真&お気に入りの夏ショット!

  14. 知と癒しの庭 - のんびり街さんぽ

    知と癒しの庭

    御茶ノ水駅近く東京医科歯科大学ビルと、病棟ビルの谷間8階に広い庭園がありました。「知と癒しの庭」あいにくの天気で、人はいませんでしたが晴れたら、ゆったりとくつろげそうなステキな庭園~

  15. 足立区六町ミュージアム夏の企画展は犬と猫。 - 一場の写真 / 足立区リフォーム館・頑張る会社ブログ

    足立区六町ミュージアム夏の企画展は犬と猫。

    (P)こんにちはパテオナベです。2019.07.20足立区六町ミュージアムの夏の企画展へ立寄りました。犬と猫店展示フロアーから中庭へ街・建物ランキング

  16. 足立区西新井大師風鈴祭り後の散策。 - 一場の写真 / 足立区リフォーム館・頑張る会社ブログ

    足立区西新井大師風鈴祭り後の散策。

    (P)こんにちはパテオナベです。2019.07.17続きの足立区西新井大師風鈴祭り後、境内散策。心和むピンクが輝くそう観えます。街・建物ランキング

  17. 働き者アリウム - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    働き者アリウム

    初夏のシシングハースト城庭園を尋ねて、改めて認識したのがアリウムの威力!春の球根植物としては、水仙やチューリップ、ヒヤシンス等よりずっと遅く、丁度バラの季節に合わせて開花します。そして、すっくとした背の高さと、独特な花の形が目を引きます。尚且つ、決して主張し過ぎる事もなく、他のイングリッシュ・ガーデンの代表的な植物に、違和感なく適度に馴染みます。ここでアリウムと呼んでいるのは、細かい花がこん...

  18. ハスの花が咲いています - 子猫の迷い道Ⅱ

    ハスの花が咲いています

    ・ハス・ハスの花が咲いたと聞くことが多くなりました。私も先月昭和記念公園でハスの花をたくさん写していましたので、あまり遅くならないうちにアップしなくちゃと気がせいていました。この場所のハスは東京大学が保有していたものを分散保存する為、譲り受けたハスです。開花時になるとさざなみ広場で期間展示されています。全部鉢植えです。今回は品種名は省略させていただきます。

  19. 初夏のシシングハースト城庭園 3 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    初夏のシシングハースト城庭園 3

    イギリスの庭園を代表する一つSissinghurst Castle Garden シシングハースト城庭園の、特に人気の高いホワイト・ガーデンにやって来ました。ここは、母屋を潜るとすぐ左手(北東)にありますが、何故かいつも右手から半時計周りに見て回る為、一番最後近くに訪れる事が多いのです。その名の通り、白い花の植物ばかりが集められた庭です。この庭に憧れて真似る人は、イギリスは勿論日本にも、いや...

  20. 初夏のシシングハースト城庭園 2 - Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖3冊目~

    初夏のシシングハースト城庭園 2

    イングリッシュ・ガーデンの代表的な色彩は、白やピンクに赤(クリムゾン)や青紫が加わった色と言われています。これは、イギリスの庭が基本的にバラを中心に考えらて来た為、古来のバラの (つまりオールド・ローズの)花色が白~ピンク~赤だけだったので、其処に映える宿根草の青紫とクリーム色が加わり、それが英国式庭園の典型的な色彩になったようです。ここシシングハースト城庭園のバラ園は、正にそんな色合いなの...

総件数:332 件

似ているタグ