庭園のタグまとめ

庭園」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには庭園に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「庭園」タグの記事(431)

  1. 毘沙門堂門跡・晩翠園(ばんすいえん) - たんぶーらんの戯言

    毘沙門堂門跡・晩翠園(ばんすいえん)

    谷川の水を引いて滝を造った江戸初期の回遊式庭園「晩翠園」。 雄大な裏文字を形どる「心字」の池に豊かな水を湛え、亀石・千鳥石を眺めながらの座禅石、しかも山裾迫る木立の枝間は暗く、さながら夜目に翠(みどり)を思わせるところから「晩翠園」と名付けられたとのこと。

  2. あてま高原リゾートのガーデン - ひだまりの庭 ~ヒネモスノタリ~

    あてま高原リゾートのガーデン

    お盆休みが終わりましたね。皆様いかがお過ごしになられたのでしょうか?さて、新潟の旅・番外編です。長岡花火の前日に宿泊した十日町にあるあてま高原リゾートホテルベルナティオのガーデンが素敵だったのでupします。正面玄関に通じる車寄せのふちどりに、センニチコウが約10mに渡って植えてありました。カラフルな草花よりもナチュラルでいい感じでした。自然と調和したリゾートホテルらしい植栽です。ガーデン入口...

  3. 涼しく鑑賞 - 金沢犀川温泉 川端の湯宿「滝亭」BLOG

    涼しく鑑賞

    まだまだ暑い日が続きそうですね~宿泊棟“離れ犀川”内にある「ラウンジさくら」から撮影しましたラウンジ内から見えるお庭ですラウンジからは、こちらのお庭と犀川をご覧いただけますクーラーの効いたラウンジ内で冷たいジュースやお水を飲みながらの庭園&犀川鑑賞!そんな優雅な時間をお客様にお楽しみいただけましたら幸いであります♪1日、ワンクリックお願いします!

  4. 新潟の旅(3日目)雲洞庵と長岡花火 - ひだまりの庭 ~ヒネモスノタリ~

    新潟の旅(3日目)雲洞庵と長岡花火

    3日目、旅のメインイベント長岡花火の日です。宿泊地のあてま高原リゾートを出発し越後湯沢に向かいます。(あてま高原はとっても素敵だったので後ほどUPすることに)待ち合わせまで時間があったの、南魚沼市にある雲洞庵へ立ち寄りました。ここは苔の美しい禅寺で、新潟を訪れるたび足を運んでいます。ワタシの好きなモミジ。地を這うようにのびる木。豪雪の重みに耐えぬいて生きるたくましさとしなやかさを感じる。↑の...

  5. 足立区の街散歩328  「葛飾区篇」 - 一場の写真 / 足立区リフォーム館・頑張る会社ブログ

    足立区の街散歩328 「葛飾区篇」

    (P)こんにちはパテオナベです。約一年前、葛飾区向島百花園散策で撮りためたものです。にほんブログ村

  6. 光明院波心庭 - たんぶーらんの戯言

    光明院波心庭

    東福寺の塔頭光明院は、1391年(明徳2)に金山明昶(きんざんみんしょう)によって開創された臨済宗東福寺派のお寺です。「二次の苔寺」とも言われるとおり「波心庭」が有名。場所も東福寺から程近く、東福寺拝観の後に是非ともお勧めの庭園です。 昭和の庭造りの名人重森三玲作の庭園です。個人的には、彼の作品の中でも一番のお気に入りです。 空間を大きく見せて、いつ訪れれても気持ちの良い庭園です。 大雨の後...

  7. いつ見ても神々しい・・・・・! - 一場の写真 / 足立区リフォーム館・頑張る会社ブログ

    いつ見ても神々しい・・・・・!

    (P)こんにちはパテオナベです。2018,07,27の続き、西新井大師風鈴祭り見学後、本堂の左側にある小さな池へ。蓮いつも神々しく美しい!鯉も・・・・白く波打つ。

  8. 東福寺塔頭・天徳院の桔梗 - たんぶーらんの戯言

    東福寺塔頭・天徳院の桔梗

    臨済宗大本山東福寺の塔頭の一つ天徳院。 豊臣家滅亡の原因となった「国家安康君臣豊楽」の銘文により取り壊された後、明治になって再建されました。 桃山時代に作庭されたとされる枯山水庭園は、昭和34年中根金作氏の指導により、一部補修され、現在に至ります。 枯山水庭園に青や白の桔梗咲くこのお寺は桔梗寺と呼ばれています。(撮影:7月8日)

  9. イングリッシュ・ローズのハンド・ローション -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    イングリッシュ・ローズのハンド・ローション

    デヴィッド・オースティンのバラ園では、義母はショップでの買い物を楽しみにしていました。ここではバラの苗木だけでなく、ガーデニング用品、書籍、ティー・ルームでも使用されているイングリッシュ・ローズ柄のオリジナル食器、またイングリッシュ・ローズの香りのオリジナル・トイレタリー用品等も販売されています。そのトイレタリーの中のハンド・ソープとハンド・ローションは、バラ園のトイレにも備え付けてあり、ウ...

  10. 薔薇天国、デヴィッド・オースティン・ローズ・ガーデン 3 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    薔薇天国、デヴィッド・オースティン・ローズ・ガーデン 3

    先にティー・ルームでクリーム・ティー、ショップで苗木の買い物を済ませ、再びバラ園に戻り、残り時間を閉園ギリギリまで鑑賞して過ごす…、この義母の提案は大正解でした。だって、あれ程多かった訪問者が、もうすっかり居ません(笑)。ほとんどバラ園独り占め状態。このバラ園で私の一番のお気に入りの、「ライオン・ガーデン」と呼ばれる宿根草との混採(ミックス・ボーダー)庭園に入ります。自分の庭も、一応バラ中心...

  11. 薔薇天国、デヴィッド・オースティン・ローズ・ガーデン 2 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    薔薇天国、デヴィッド・オースティン・ローズ・ガーデン 2

    実は前回デヴィッド・オースティン社のバラ園を訪問した際、この「ヴィクトリアン・ガーデン」を見落としてしまっていた事に、帰宅してから気付きました。他だけで十分充実していて満足しちゃった為、更に、ここは「ロング・ガーデン」の一箇所からしか通じていないので、つい入る機会を失ってしまったようです(苦笑)。なので、義母にとってはこの部分に入るのは初めて。ここは、レンガの壁で囲まれたウォルド・ガーデンで...

  12. 薔薇天国、デヴィッド・オースティン・ローズ・ガーデン 1 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    薔薇天国、デヴィッド・オースティン・ローズ・ガーデン 1

    P太と義母とのシュロプシャー小旅行で、アーツ&クラフツ尽くしの館Whightwick Manor ワイトウィック・マナーを去り、いよいよ最後で最大の目的地、バラの育種会社デヴィッド・オースティン社の私設バラ園へやって来ました。車のドアを開けた途端、濃厚なバラの香りに包まれます。それもそのはず、ショップとティー・ルーム前の花壇でさえ、このバラの数です。しかし覚悟はしていた事ですが、バラがこれだ...

  13. (金沢・丸の内)玉泉庵&ちょこっとメロンパンアイス - 松下ルミコと見る景色

    (金沢・丸の内)玉泉庵&ちょこっとメロンパンアイス

    ひがし茶屋街を後にしたワタシ達は、えびちゃんの「金沢でお抹茶をいただきたいっ」をかなえるべく玉泉丸庭園へ。玉泉院丸庭園 玉泉庵玉泉院丸庭園をながめながらお抹茶がいただけます。受付は16時までのようです。お子様連れのご家族と入れ違いに中へ。その小学生らしい男の子は、お抹茶体験がよほど気にいったのか「お菓子美味しかったね」を連発。おまけに「(玉泉庵の人が)ありがとうございましたって言ってるのにこ...

  14. アーツ&クラフツの館ワイトウィック・マナー 1 -  Der Liebling ~蚤の市フリークの雑貨手帖2冊目~

    アーツ&クラフツの館ワイトウィック・マナー 1

    シュロプシャー小旅行の二日目は、デヴィッド・オースティン社のバラ園へ行くのが最大の目的ですが、其処ではバラ苗を買う予定なので、最後に寄るのが理想的だと思い、その前にナショナルトラスト管理の「Whightwick Manor & Garden ワイトウィック・マナー&庭園」を訪ねる事にしました。バラ園の在るアルブライトン村より距離的に7、8km南東で、ほんの少しだけシュロプシャーではな...

  15. 建仁寺・潮音庭 - たんぶーらんの戯言

    建仁寺・潮音庭

    建仁寺本坊の中庭にある潮音庭は四方向から眺めれる枯山水の庭です。 今の時期でも十二分に美しいですが、紅葉彩られる晩秋のこのお庭は絶景そのものです。 向こう側に大書院の風神雷神図が見えています。

  16. 建仁寺・大雄苑 - たんぶーらんの戯言

    建仁寺・大雄苑

    大雄苑と名付けられた建仁寺・本坊の方丈の前庭。 こちらは方丈の南側。庭の向こうは法堂です。 緑苔と岩がいくつか配された枯山水の庭園ですが、大雄苑の名のとおり広々として雄大。 白砂が美しい。 こちらは方丈の西側庭園。落ち着いた雰囲気で落着けます。 ところで、方丈は、安国寺恵瓊が安芸の安国寺から移築したもので、重要文化財に指定されています。戦国時代末期に活躍し、関ケ原の戦いでは、石田光成、小西...

  17. ~風は無い?~建仁寺・○□△の庭 - たんぶーらんの戯言

    ~風は無い?~建仁寺・○□△の庭

    江戸時代の臨済宗古月派の禅僧にして、画家であった仙厓義梵の「○△ロ」の掛軸が元になっていて、禅の四大思想(地・水・火・風)のを表しいるお庭だとか。 「地・火・水のみで、どうして風が抜けているのかな」と思いつつ、このお庭を眺めていたら、爽やかな風が吹いてきました。 「そうか、そこに、吹いているから、風は表現する必要がないんだ。」

  18. 建仁寺両足院の庭・大書院前庭(半夏生の庭) - たんぶーらんの戯言

    建仁寺両足院の庭・大書院前庭(半夏生の庭)

    両足院の大書院の前に広がる池泉回遊式庭園は、京都府指定の名勝庭園で、10世・雲外東竺の元に参禅した茶道の薮内流5代・竹心紹智(1678-1745)の作庭。 特に、このお庭が一際美しくなるのが、半夏生が美しい梅雨時。 方丈方面からの眺めです。2軒の茶室が奥に見えます。左が水月亭、右が臨池亭。 次に大書院からお庭を眺めてみます。回遊式庭園ですが、私個人的には、大書院からの眺めが好みかな。 これは...

  19. 建仁寺両足院墓参道 - たんぶーらんの戯言

    建仁寺両足院墓参道

    唐門前庭から分岐して草の様式の延べ段が方丈前を横切るように続いていきます。 まさに静謐そのもの。

  20. 建仁寺両足院の庭・閼伽井庭    - たんぶーらんの戯言

    建仁寺両足院の庭・閼伽井庭  

    方丈と庫裡に囲まれた小さな中庭「閼伽井庭」。閼伽(仏膳に供える水)を汲む井戸とその水を受ける水鉢がこの庭の象徴。三尊石が中心にあり、その手前に礼拝石と水鉢と燈籠を配しています。

総件数:431 件

似ているタグ