延岡のタグまとめ

延岡」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには延岡に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「延岡」タグの記事(17)

  1. 神霊の学者石塚直太郎氏について⑨ - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    神霊の学者石塚直太郎氏について⑨

    これは、石塚氏が「天皇御陵の発見者」として延岡駅を出立し、鳴子に向かう時の写真だ。「天孫御陵発見始末」に「任務を果たして」と題して掲載される。大正12年12月5日石塚直太朗50歳、石塚澄江子33歳、石塚愛子8歳とある。今回、「天孫御陵発見始末」をもとに、宮崎県の神代三山陵探索に係る確認を進めてきたところだ。散策人としては新たな見え方を得たことになる。というのは、散策人が学校でお習いした歴史学...

  2. 神霊の学者石塚直太郎氏について⑧ - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    神霊の学者石塚直太郎氏について⑧

    前回まで石塚氏との関りから、宮崎県の神代三山陵探索に係る確認を進めてきた。しかし、実際には、その宮城県側の探索の前に、鹿児島県側の探索があるようだ。「みやざきの神話と伝承101」で、そのあたりの概要を確認する。http://www.pref.miyazaki.lg.jp/contents/org/chiiki/seikatu/miyazaki101/shinwa_densho/index.h...

  3. 神霊の学者石塚直太郎氏について⑦ - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    神霊の学者石塚直太郎氏について⑦

    前回は、「天孫御陵発見始末」の「予が神代史跡調査に従ふに至った経路」の項で、石塚氏が村上氏に出会った経緯や、請われて延岡に出向くことになった経緯を確認した。今回は、「鳥居龍蔵と日向」で「村上某が皇神二神の墳墓とした」とする古墳は「天孫御陵発見始末」ではどのように紹介されていたかを確認する。先に「神霊の学者石塚直太郎氏について②」で整理したどの古墳をどの皇孫の御陵とみているかということの再確認...

  4. 神霊の学者石塚直太郎氏について⑥ - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    神霊の学者石塚直太郎氏について⑥

    今回は、「天孫御陵発見始末」で「鳥居龍蔵と日向」で確認できた事がどのように記されるかを確認する。「鳥居龍蔵と日向」で、「日向延岡の神代聖跡顕彰事業の推進役の中心人物とされる村上某氏」というのは、「天孫御陵発見始末」では村上兄一氏とされる方なのだろうと思う。同誌の「予が神代史跡調査に従ふに至った経路」の項で、石塚氏がこの村上氏に出会った経緯や、請われて延岡に出向いた経緯を確認する。まずは、この...

  5. 神霊の学者石塚直太郎氏について⑤ - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    神霊の学者石塚直太郎氏について⑤

    「鳥居龍蔵と日向」では、宮崎県知事や地方人士が、鳥居龍蔵氏に日向調査を依頼するようになる背景を次のように解説する。「当時、西都原台地には、天孫瓊々杵命とその紀木花咲耶姫の御陵と伝えられる男狭穂・女狭穂の二大古墳を筆頭に、前方後円墳30数基を含む、いわゆる西都原古墳群の存在が知られており、この地一帯が神代日向の歴史を秘めた神代日向の歴史を秘めた最有力候補と見なされていた。しかし、明治7年(18...

  6. 神霊の学者石塚直太郎氏について④ - 風の人:シンの独り言(大人の総合学習的な生活の試み)

    神霊の学者石塚直太郎氏について④

    氏の「研究家として天皇御陵の発見者」という情報とかかわりで、「天孫御陵発見始末」を確認している。その中心が「延岡圖書館に於ける史跡調査報告演述の要旨 」の項なのだが、そこに新たに「鳥居博士の報告書」の項がたてられている。そこでは、博士の発掘調査の成果を自説と結びつけているのに、この調査では日向神代史の実証はできないのだと批判をしている。今回は、逆にその考古学者鳥居龍蔵氏の視点からこの情報を確...

  7. 延岡散策・・・ - 日本の心(団塊の世代)

    延岡散策・・・

    平成30年11月18日(日)の午後、延岡城跡に行き、その後、アチコチ歩いて、延岡繁華街を散策しました。 大瀬川で釣りをしている人がいて、橋の上から見ていると、ひっきりなしに、どんどん釣っていました。釣るのも楽しいでしょうが、見ている方も、結構、楽しかったです。 川から見る城山、風情があって、いいですね。(佐伯の城山、30分近く掛かりますが、いいですよ) 飲食店、結構、多いですね。まだ、ちょっ...

  8. お大師さん - ツル日記 鶴味噌醸造(株)宮崎営業所

    お大師さん

    こんにちは。ツルみそ子です。九州三大春祭りのひとつ、今山大師祭が本日より開催されています!明日から開催の、のぼりざる物産展にツルみそも出店いたします♪福岡は柳川から選りすぐりのお味噌の商品を持って行きますので、ぜひ!お越しください♪今山神社参道でお待ちしております

  9. 今山八幡宮(7)(宮崎延岡)。 - 青い海と空を追いかけて。

    今山八幡宮(7)(宮崎延岡)。

    宮崎延岡の今山八幡宮。山門へ続く橋の袂に、逆さになっている狛犬がいます。なぜ、逆さになっているのでしょうか。ぼちぼち調べていってみたいと思います。2017冬撮影@宮崎延岡。EOS KISS X3これで今回の今山神社シリーズはおしまいです。

  10. 今山八幡宮(5)(宮崎延岡)。 - 青い海と空を追いかけて。

    今山八幡宮(5)(宮崎延岡)。

    宮崎延岡にある今山八幡宮。東側の参道を上ったので、帰りは、正面側の参道をくだります。「元禄5年」と書いてあるように見えます。元禄5年とすれば、1692年とのことですので、325年前・・・相当に古いものですね。どんな人々の生活を見てきたのでしょうか・・・。2017冬撮影@宮崎延岡。EOS KISS X3

  11. 今山八幡宮(3)(宮崎延岡)。 - 青い海と空を追いかけて。

    今山八幡宮(3)(宮崎延岡)。

    宮崎延岡の今山八幡宮。写真は7枚。後半は、ユニークな表情をした狛犬をご覧いただけます。最初は本殿。ビビッドな赤色と古い狛犬の対照が目を引きます。1狛犬が上段と下段と言っていいのでしょうか・・・並んでいます。このような並び方をしているのは珍しいような気がいたします。阿形。2吽形。3上段の阿形。4下段の阿形。ユニークな表情をされていますね。5上段の吽形。6下段の吽形。こちらは凛々しい。72017...

  12. 今山八幡宮(2)(宮崎延岡)。 - 青い海と空を追いかけて。

    今山八幡宮(2)(宮崎延岡)。

    宮崎延岡の今山八幡宮。今山八幡宮は、717年(奈良時代)に創建され、延岡地域では一番古い神社とされているようです。長い階段を上っていきます。写真は3枚。1途中には、明治40年(1907年)。日露戦争の頃で好景気に沸いていた時代でしょうか。この苔具合が歴史を感じさせます。2明治41年(1904年)奉納。32017冬撮影@宮崎延岡。EOS KISS X3

  13. 宮崎延岡遠征(2)。 - 青い海と空を追いかけて。

    宮崎延岡遠征(2)。

    おはようございます。今朝は一段と冷えましたね。ところで、写真は、五ヶ瀬川@延岡。静かな流れで水面に雲が写ってきれい。やはり上流とは違いますね。上流の蘇陽(そよう)の記事をご覧いただける方はこの下記タイトルをクリックしてください。別ウインドウが開きます。蘇陽協(熊本)。2017冬撮影@宮崎延岡。Android※上流の大地を削るような様子の記事をご覧いただける方は下記のタイトルをクリックしてくだ...

  14. 宮崎延岡遠征(5)(貨物スイッチャー001)。 - 青い海と空を追いかけて。

    宮崎延岡遠征(5)(貨物スイッチャー001)。

    延岡駅の貨物。スイッチャー001機。なかなかに渋さを感じる。2017冬撮影@宮崎延岡。EOS KISS X3

  15. 宮崎延岡遠征(3)。 - 青い海と空を追いかけて。

    宮崎延岡遠征(3)。

    チキン南蛮。直ちゃん@延岡。延岡には何度か来てるけど機会を作れず。ついに・・・うまかった~♪2017冬撮影@宮崎延岡。Android

  16. 宮崎延岡遠征(1)。 - 青い海と空を追いかけて。

    宮崎延岡遠征(1)。

    以前、都城の営業所にいた時に一緒に仕事していた若手に嬉しい出来事があったとのこと。こじんまりしたお祝いの宴にお誘いいただいたので、急遽、延岡遠征の運びに。今回は宴メインなので、バスを利用。高千穂までは、海外からの旅行者でいっぱいでした。夜は鍋に、そして、やはり芋焼酎の霧島♪1号店は満席だったのでバースタイルのこちらへ。延岡といえば、ひでじビール。延岡で飲めるひでじの生ビールは最高♪。最後に、...

  17. 多忙・・・ - 日本の心(団塊の世代)

    多忙・・・

    上天草病院退職後、後片付けや引っ越しなどで、ずっと、暇なし状態が続いています。自宅のゴミを捨てるのに、市役所から2回、来てもらい、ゴミをゴソッと捨てました。ゴミを運ぶ専門の業者さんからも来てもらって、4往復もして、処分してもらいました。リサイクルの業者さんからも、来てもらいました(本が1000冊近くありましたが)。又、気になっていた下水道の工事も完了しました。 家も、昭和57年に建てた関係で...

総件数:17 件

似ているタグ