建築士会のタグまとめ

建築士会」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには建築士会に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「建築士会」タグの記事(36)

  1. 朝日村役場の見学会 - 安曇野建築日誌

    朝日村役場の見学会

    長野県建築士会の「朝日村役場新庁舎」建学会に参加しました。人口4,600人の村に建つ、木造2階建ての庁舎です。地域材への思いが深く、木材は構造材も仕上材も全て村内産でまかなったということです。県内最古だったという昭和11年築の旧庁舎からの移転とのことで、地元の木材をふんだんに使って温もりのある庁舎は、まさに100年の計、この先も永く村民に親しまれることでしょう。近所まで来たので、久しぶりに『...

  2. 建築士会全国大会さいたま大会 - ジュンメ食堂

    建築士会全国大会さいたま大会

    建築士会の全国大会が昨日、無事終了しました。地元埼玉県での開催でスタッフとして3年前から準備した大会。ホッとしたというのが本当のところです。また、思いもよらず身に余る賞もいただき、更に思い出深き大会となりました。感謝の一言に尽きます。非常に沢山の全国の建築士の方々と、話ができたのも大きな収穫です。大会での喜びを糧に、良い建築を創るべく精進していきたいと思います。

  3. 降幡廣信の国際デザイン賞報告会 - 安曇野建築日誌

    降幡廣信の国際デザイン賞報告会

    昨夜は、長野県建築士会安曇野支部の講習会で、国際的なデザイン賞であるA' DESIGN AWARD & COMPETITIONを受賞された降幡廣信さんから、イタリアで行われた授賞式の様子や賞の概要、受賞作の『料理宿やまざき』の解説などをお聞きしました。建築分野での他の受賞作が、まるでデザイン賞を狙ってデザインしたがごとくの形をしている中で、古民家を移築再生した『料理宿やまざき』は、...

  4. 積木ワークショップの準備 - 安曇野建築日誌

    積木ワークショップの準備

    本日、松本市の才教学園で市民タイムス主催の積木ワークショップが開催され、安曇野市の耕地林務部と建築士会安曇野支部がワークショップの運営に出張っています。そろそろ始まったころでしょうか。フタを開けてみないと分からない、親子200名を超えそうな参加者とのことで、毎回条件の違うプログラムに挑み、経験値を高めています。昨日は積木の運搬と会場の準備に午後半日。ごめんなさい、私は今日は参加できないので、...

  5. ツミキノチカラ_関ブロ - 安曇野建築日誌

    ツミキノチカラ_関ブロ

    先週栃木で開催された建築士会の関東甲信越ブロック会(関ブロ)で、先の青年女性建築士の集いで長野県代表となった中村滋宏君の発表が最優秀!をいただき、昨夜はその報告会が行われました。(写真ありません、)松枯れと積木と地域材利用を結びつけた取組にはストーリーがあり、まとめ方もうまくて分かりやすく、発表の態度も堂々として聴く人に伝わる、とてもよい発表になっています。発表の様子を、安曇野支部の青年委員...

  6. 関ブロ制覇! - 安曇野 設計事務所の家つくり

    関ブロ制覇!

    3月に長野県代表として選出された、建築士会安曇野支部の地域実践活動ツミキノチカラこの度、栃木県で行われた関東甲信越建築士会ブロック会栃木大会で最優秀賞を頂きました。安曇野支部としては10年振りの関ブロ参加。そして長野県としては6連覇!様々な期待とプレッシャーを背負って、発表者の中村滋宏さんを中心に造り上げた内容を持って、次は全国大会へ!

  7. 関ブロ栃木大会 - 代々暮らす家づくり

    関ブロ栃木大会

    6月15日に栃木市で行われた関東甲信越建築士会ブロック会青年建築士協議会、通称「関ブロ」の第一分科会において、長野県代表として地域実践活動発表を行った安曇野支部の「ツミキノチカラ」が最優秀賞を受賞いたしました。長野県としては6年連続の最優秀賞となりました。現在深刻な被害が拡大している里山の松枯れ被害。その被害にあった松枯れ材で制作した積木を使ったワークショップを通して松枯れ被害をによる里山の...

  8. 空き家相談 - 安曇野 設計事務所の家つくり

    空き家相談

    今年度、安曇野市では2ヶ月に1度の割合で『空家相談会』と題して、空き家に関する管理・売買、賃貸等の利活用、調査点検、リフォーム、解体、相続や権利関係などなどの空家に関する悩みや相談を開催しました。建築士会安曇野支部では市からの委託を受けて、その相談に協力して参りました。機会が有り、私はこの所、立て続けに相談員として出席しています。そこでは普段の建築の分野の話より、相続や不動産、管理、解体の内...

  9. 支部研修旅行 '18春 - 安曇野 設計事務所の家つくり

    支部研修旅行 '18春

    春恒例の支部研修旅行に参加しました。今回は、静岡~神奈川方面。『秋野不矩美術館』:藤森照信『資生堂アートハウス』:谷口吉生『このはなアリーナ』:内藤廣『アサヒビール神奈川工場』:安藤忠雄その中でたっぷり時間を取ったのは、アサヒビールでの製造工程を案内付での見学。普段美味しく飲んでいるビールの出来るまでを工場内に入って詳しく説明を聞き、最後には出来たての樽生ビールの試飲(しかも3種類)させて頂...

  10. 『ツミキノチカラ』10年振りの・・・ - 安曇野 設計事務所の家つくり

    『ツミキノチカラ』10年振りの・・・

    先月末、『第30回長野県青年女性建築士の集い』が安曇野市豊科公民館で開催されました。地元開催の今回、私の所属する建築士会安曇野支部では1年半で実に7回も行った積木ワークショップの活動の内容とそれを通じて伝えて行きたい想いを『ツミキノチカラ』というタイトルで、発表者の中村滋宏さんが熱く表現してくれました。発表の準備も長い時間を掛けて支部の若手を中心に、更には歴代青年委員長の協力も得て造り上げた...

  11. 地域材利用を考えるシンポジウムと青年女性建築士の集いのお知らせ - 安曇野建築日誌

    地域材利用を考えるシンポジウムと青年女性建築士の集いの...

    安曇野市の豊科公民館ホールで開催された地域材利用を考えるシンポジウムを聴講しました。初めに岐阜県森林組合連合会でシステム販売を手掛ける岩木克也さんの基調講演。システム販売とは、原木をベニヤ工場などの木材加工業者へ直に安定的に供給するシステムのこと、のようです。背景にある木材流通業界の仕組みなどを分かりやすく聞くことができました。続いてのリレートークで、地域材にかかわる方々の取組が紹介されまし...

  12. 2万個の積木 - 安曇野建築日誌

    2万個の積木

    堀金総合体育館で開催中の安曇野市の環境フェア2017で、建築士会安曇野支部の青年女性委員会を主体に講師陣を編成して、積木ワークショップを行いました。安曇野市には前日新たに積木1万個が入荷して、合計2万個に!46名の参加者を迎えての積木は未知の世界、若干制御不能になりながらも、なんとか乗り切れたでしょうか。そして撤収に2時間、よい疲労感が残りました。建築士会のお手伝いの皆さん、たいへんご苦労様...

  13. 子午環- 盛岡・旧石井県令邸  「ヒカリアレト」展vol.1 - 旧石井県令邸へようこそ!    旧石井県令邸公式blog

    子午環- 盛岡・旧石井県令邸 「ヒカリアレト」展vol.1

    galleryCamellia原田さんのfacebookの投稿を、ここにシェアさせていただきます。盛岡にて開催の秋の展覧会についてお知らせします。昨年の秋に企画をスタートさせましたが、本格始動は最近で怒涛の1ヶ月を走り、ここまで来るのに、たくさんの方のお力添えと応援をいただきました。心より、心より、感謝申し上げます。ご迷惑をおかけした方、嫌な想いをさせてしまった方もいらっしゃいますが、絶対に...

  14. 向平真由美個展ー記憶を辿る旅をー - 旧石井県令邸へようこそ!    旧石井県令邸公式blog

    向平真由美個展ー記憶を辿る旅をー

    向平真由美個展ー記憶を辿る旅をー 開催中2017年8月18日~26日開室時間:11:00~18:00 (最終日16:00まで)作家在廊予定 18、19、20、25、26午後旧石井県令邸〒020-0875 岩手県盛岡市清水町7-51 交通アクセス(1)JR盛岡駅からタクシーで10分(2)JR盛岡駅からバスで15分(盛岡駅前バス乗場12番線水道橋行下の橋町下車徒歩5分)駐車場有り

  15. ブライダル撮影 - 旧石井県令邸へようこそ!    旧石井県令邸公式blog

    ブライダル撮影

    6月の緑の光の中、とても花嫁さん綺麗でした。ご結婚おめでとうございます!

  16. 長野県建築士会通常総会 - 安曇野建築日誌

    長野県建築士会通常総会

    先週末の27日は長野県建築士会の通常総会でした。合わせて、第13回長野県建築文化賞の表彰式が行われ、賞状と記念品をいただきました。今回は受賞作品が冊子にまとめられていて、総会資料と一緒に配布されていて、より楽しめました。一般部門優秀賞、安曇野市庁舎実例集安曇野市庁舎住宅部門奨励賞、松原すきっぷ実例集松原すきっぷこちらから総評をご覧いただけます。建築士会のホームページ

  17. 紺スタ - 旧石井県令邸へようこそ!    旧石井県令邸公式blog

    紺スタ

    美術工芸作品展 開催中極彩色週間 at 県令邸 盛岡細川幸子 加藤祐子 加藤隆2017年4月29日(土)ー5月7日(日)11時ー18時 (最終日15時まで)⭐︎紺スタ初参加🌱

  18. 九ブロ建築士研究集会「建築士の集い」沖縄大会inやんばるその15 - ai建築アトリエ ~Others~

    九ブロ建築士研究集会「建築士の集い」沖縄大会inやんば...

    最終日。朝から、エキスカーション、題して「やんばるの自然と文化財を巡るコース」。エキスカーションには申し込みしませんでしたが、レンタカーで一緒に行動しているメンバーの一人が申し込みしたので、そのバスの後ろをレンタカーで追走。「やんばる」とは、山原・・・、亜熱帯の植物が生い茂る鬱蒼とした山や森のことだそうです。沖縄本島の北部地方、名護市以北あたりのことを指すそうです。まずは「大浦マングローブ」...

  19. 九ブロ建築士研究集会「建築士の集い」沖縄大会inやんばるその14 - ai建築アトリエ ~Others~

    九ブロ建築士研究集会「建築士の集い」沖縄大会inやんば...

    第2分科会終了、名護市庁舎から横断歩道を渡って、全体会の会場である名護市民会館に戻ってきました。再度、全体会があり、全てのスケジュール終了!!その後、会場の中庭で懇親会。地元名護市の地域芸能などを披露してくださいました。山羊汁とか、豚とか、ビールとか、地元の美味しいものをたくさんご用意してくださり、活気に包まれた(酔っ払いだらけの)会場でした。この日のために、2年も前から、準備してこられた沖...

  20. 九ブロ建築士研究集会「建築士の集い」沖縄大会inやんばるその13 - ai建築アトリエ ~Others~

    九ブロ建築士研究集会「建築士の集い」沖縄大会inやんば...

    徒歩で移動。「名護市庁舎1981年象設計集団+アトリエ・モビル日本建築学会賞受賞」。時間が押して、ゆっくり観ることは叶いませんでした。ただ、敷地内を通過して、向かいの名護市民会館に戻るだけ・・・・って感じ。歩きながら数枚撮りましたが・・・・。気候、風土、文化、生活様式、材料などなど、地域性を形にする建築を、日本各地で作り続ける象設計集団ならでは・・・・の建築です。学生の頃に、建築雑誌を見なが...

総件数:36 件

似ているタグ