建築物のタグまとめ

建築物」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには建築物に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「建築物」タグの記事(122)

  1. お屋敷スナップ (´艸`*) - のーんびり hachisu 日記

    お屋敷スナップ (´艸`*)

    タグのつけ方が分からなくなりました…(;^ω^)って、まあどうでもよく、テキトーでいいや。あははは~。要するに、昨日のお屋敷のあちこちをパシャパシャしたものをアップしたいだけのことなのでありますよ(´艸`*)ここです。ここ、ここ!ねっ、いい感じでしょ?って、鉄錆色のものが入ってると、よけい植物が引き立つように思える感覚っておかしいですよね (´艸`*)裏庭には、白樺が…。壁の色とうまくコーデ...

  2. 赤丸日和 - ひつじ雲日記

    赤丸日和

    長野県・軽井沢町、追分宿にて先日、幼なじみと食事へ。昔のこと、今のこと、積もる話で盛り上がる。宴たけなわの頃、突然、彼が貯金通帳を差し出した。「ちょっと、見てみて」ん?どちらかというと、お金持ちに分類される人だから、貯金残額の自慢?いや、でも「イヤな奴」ではないから、なんだろうか。記帳欄をめくると、全国各地の郵便局の局印が、ずらりと並ぶ。旅先で、郵便局に立ち寄り貯金して「旅行貯金」の報告であ...

  3. 桜舞う天井寺。 - Precious*恋するカメラ

    桜舞う天井寺。

    小樽の桜の名所へ出かけてきました。歴史の浅い北海道の中でも趣のあるお寺や、しっかりした桜に思わずおぉ~と声が出ました。明日から16℃くらいと気温がさがるようです。体調に気を付けながらすごしましょうね~。***FUJIFUILM X-T1 FUJINON35mmF1.4R / 小樽市

  4. 諸橋近代美術館 - キルトとステッチ時々にゃんこ

    諸橋近代美術館

    日中線のしだれ桜を見た日、喜多方から裏磐梯をドライブした時、この建物を見て娘の希望で入ってみました。裏磐梯の五色沼の近くにある諸橋近代美術館です。郡山のスポーツ用品店ゼビオの創立者、諸橋延蔵氏のコレクションを基に1999年設立され、主にスペインのサルバドール・ダリの彫刻や絵画を400点も所蔵する美術館です。ダリの名前は聞いたことがありましたが、歪んだ時計の彫刻くらいしか知らなかったので、ダリ...

  5. エクサンプロヴァンスTGV駅について(La gare d’Aix-TGV) - おフランスの魅力

    エクサンプロヴァンスTGV駅について(La gare ...

    南仏Aix-en-Provence(エクサンプロヴァンス)には中心部から随分と離れた場所にあるTGV駅と中心部あるCentre駅があります。TGV駅は2001年に開業し、駅周辺には何もありませんが、駅の外観のデザイン性の高さ、駅構内の機能的な作り、遠くにサント・ヴィクトワール山(Le mont Sainte-Victoire)を眺めることができ非常に魅力的です。明るい時間帯にご利用される場合...

  6. 九州#48:大宰府天満宮。 - Precious*恋するカメラ

    九州#48:大宰府天満宮。

    九州旅2日目は、大宰府から。ここへ来るのは2度目。前回はケガのあとでここにこれらことが嬉しくて号泣しました。今回は笑顔満点で(*^-^*)学問の神様。こちらの牛さんの頭を気持ちをこめてなでなでして御祈願。夫に絵馬をプレゼント。願いをこめて。明日から稚内に戻ります。いよいよお引越しです。しばらくの間、予約投稿で。***OLYMPUS OM-D E-M5 12-50mmF3.5-6.3 / 20...

  7. 花見の山の、実業家 - ひつじ雲日記

    花見の山の、実業家

    東京都・北区、飛鳥山公園・渋沢資料館にて王子・飛鳥山は、花見の名所。徳川吉宗の肝いりで造園された、いわば江戸時代のレジャー施設。当時、江戸の花見といえば、上野。しかし、手狭だったことから、飛鳥山に桜を植えたという。日本橋から飛鳥山は9km程度、歩いて2時間強。現代人の感覚だと遠いが、江戸庶民としては、千鳥足でも帰れる距離だったのだろう。明治維新を経て、21世紀の今も飛鳥山は、桜の名所だ。公園...

  8. 福岡城跡公園(舞鶴公園)。 - Precious*恋するカメラ

    福岡城跡公園(舞鶴公園)。

    先週から桜に会いに九州に行ってきました。桜前線、真っ盛り!(*^-^*)が、しかしカメラ忘れて夫のカメラをちょいちょい借りて(''ω'')かなり落ち込みました…。慣れないカメラだから、いつもと写真の雰囲気が違うwでも、借りれて助かりました。ありがとうございます。跡地といっても、お社が残っているんですねぇ。カッコイイ。桜も菜の花も、チューリップも咲いてい...

  9. 2019年観桜祭:京都府庁旧本館 - お休みの日は~お散歩行こう

    2019年観桜祭:京都府庁旧本館

    2019.3.30午前中に用事があって京都へ出向き午後からはお花見だ!と四条大宮から北上。3月末から4月にかけては旧京都府庁で毎年【観桜祭】が催されます。中庭にある何種類かの桜の内いつもタイミングが合わずまともに咲いている姿を見たことがない「容保(かたもり)桜」を今年こそ。SugarToothさんで「明日のおやつ」を仕入れた後東へ向きを変えてさくさく歩く。今年は3月23日から始まっている京都...

  10. 旧八幡郵便局 - お休みの日は~お散歩行こう

    旧八幡郵便局

    駅へ戻る道中にて見覚えのある建物があるな、と思ったら前回近江八幡に来た時には閉まっていて入れなかった【旧八幡郵便局】でした。よく見ると建物の端の方に、ちゃんと十二月(赤紙)が飾られておりましてこの洋風建物からかなり浮いております。アーチ型玄関でこぼこの壁大きな格子窓が特徴的なこの建物ヴォーリズが大正10年(1921年)に増改築を手掛けたもので「旧郵便局」であって現在は郵便局としては使われてい...

  11. 町家の日:錺屋 - お休みの日は~お散歩行こう

    町家の日:錺屋

    3月8日が鯖(サバ)の日になっているのはスーパーに流れる歌(「サバババーン」というらしい)で気づいていましたが京都では3月8日、「町家の日」でもあるそうです。町家?3月8日→March&八(マーチや)理由がちょっと強引な気もする【町家の日】が日本記念日協会に認定されたのは2016年だそうで奇しくもサバの日(こちらは2015年認定)とほぼ同じ頃。京都市内の町家ではいくつかイベントをしているとこ...

  12. 海から、スカイツリーへ - ひつじ雲日記

    海から、スカイツリーへ

    東京都・江東区、亀戸天神にて学問の神様、菅原道真公を祀る、天満宮。各地にあるが、東京の天満宮としては、やはり亀戸天神が、一番有名ではないだろうか。東京にかれこれ数十年暮らしているが、訪れたのは初めて。成績優秀で、祈願する必要が全くなかった。と言うのは嘘だが。信心深くないので、合格祈願でお参り、という発想がなかっただけだ。今回、訪れたのは、梅の名所と聞いたから。なるほど、境内には、様々な梅が咲...

  13. 紅白梅、スカイツリー添え - ひつじ雲日記

    紅白梅、スカイツリー添え

    東京都、墨田区にて隅田川沿いの、墨田公園。二月の声を聞くと、梅がほころぶ。折角なので、スカイツリーを添えて、紅白揃えて写真を撮ってみた。東京の、というよりも江戸の治水工事は、ダイナミックだ。東京湾に注いでいた利根川に水路(赤堀川)を掘り、千葉の銚子に流した、利根川の東遷。暴れ川の荒川も、水路を造り、西側の入間川に流し込む。よくもまあ、400年も前に、このような大規模な工事をしたものだ。治水と...

  14. ネコは寺になつく - ひつじ雲日記

    ネコは寺になつく

    埼玉県、川口市にて個人的な感想、でしかないが。お寺や神社には、ネコが似合う。もっとも、奈良時代、ネズミから経典を守るために、中国からネコを連れてきたというから、あながち的外れでも無い。「イヌは人になつき、ネコは家になつく」などとも言う。元来、社会性動物の犬は、人間との関わり合いで生きる。主従関係がハッキリして、人間社会に溶け込む。ネコは、おそらく縄張りの意識が強いのだろう。より肉食動物らしく...

  15. 個人醫院 - こんなものを見た2

    個人醫院

    2019年1月4日1階の、西日が射し込んでいる所は診療室でしょうか。中を覗いてみたいです。2019年1月4日

  16. 晴耕雨読から、晴園雨読へ - ひつじ雲日記

    晴耕雨読から、晴園雨読へ

    東京都・世田谷区、蘆花恒春園にて世田谷の環八通り沿い。戦前の文豪、徳冨蘆花の邸宅を整備した、蘆花恒春園がある。駅の名前で馴染みの、通称「芦花公園」のほうが、通りがよいかもしれない。蘆花は後年、世田谷に移り住んだという。蘆花の紹介文には「晴耕雨読」のフレーズが、必ずといってよいほど使われる。今の世田谷からは想像出来ないが、確かに昔の航空写真を見ると、田畑の広がる郊外であった。昔、といっても、田...

  17. 未明の月夜の、事件簿 - ひつじ雲日記

    未明の月夜の、事件簿

    東京都、北区にて夜中、深夜、未明。夜、大抵の人が寝静まった頃に起きた事件で、正確な時間が判らない時、この三つを使い分けるそうな。夜中は、午後11時台〜午前2時時台くらい。深夜は、午前0時台~午前2時台くらい。未明は、午前2時台~午前4時台くらい。時間がオーバーラップしているが、季節や推定時刻の幅で言い回しが変わるのだろう。写真でも撮りに行こうと考えていた、とある日。この日は、妙に早く目覚めて...

  18. ドビュッシーの日本庭園 - ひつじ雲日記

    ドビュッシーの日本庭園

    東京都・杉並区、大田黒公園にて杉並の、幹線道路から少し離れた場所は、静寂な住宅地だ。ここ、大田黒公園は、大田黒元雄さんの元屋敷跡。明治時代、裕福な家庭に生まれ、ヨーロッパに渡航。現地で音楽の造詣を深め、日本に紹介した。特にドビュッシーを日本に紹介した事で、有名だ。クラシックといっても、ドビュッシーやラヴェルは、大田黒さんが1912年に渡航した時は、現役。歴史の教科書的には、第一次世界大戦の2...

  19. 植木の里の、古刹 - ひつじ雲日記

    植木の里の、古刹

    富雙山 金剛寺植木の名所の境内は静寂な時が流れる季節を移ろう木々が冬の日射しに微睡む埼玉県・川口市、金剛寺にて川口、というと、「キューポラのある街」を思い浮かべるだろう。吉永小百合の映画で有名になったこの街は、昔から鋳物産業が盛んだった。市内にはそれらの工場と、移転してしまった跡地に建てられた高層マンションが立ち並ぶ。そして、荒川を渡れば、東京。だから、工業都市、ベッドタウンのイメージが強い...

  20. 北防波堤でウクレレを奏でる。 - Precious*恋するカメラ

    北防波堤でウクレレを奏でる。

    −4℃の最北端でウクレレを弾く。こんなあほなことしているの私くらいな~( *´艸`)指がかじかんで、すぐく感覚がなくなった…。ここは北防波堤。以前は鉄道の駅だったみたいです。柱の間から見える塔が、100年記念塔です。稚内を一望できるところ。この北防波堤の中は、あちこちに数字やマークがチョークで書き記されています。結構傷んでいるので、その数字みたい。真ん中あたりは補修なしで、クラックがたくさん...

総件数:122 件

似ているタグ