弓道のタグまとめ

弓道」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには弓道に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「弓道」タグの記事(32)

  1. 弓の稽古道場の名札、年末年始 - ブリキの箱

    弓の稽古道場の名札、年末年始

    神社の道場に自分の名札が入りました。これが一番うれしいです。少し認めてもらえた気がします。研修生は掲示板に一覧の紙が貼ってあるだけですが、正会員は木製の名札を作ってもらえます。初段なので、一番下の端っこですが、これから精進して徐々に上げていきたいと思います。道場では、年末年始、節分にかけて、行事、神事がいろいろ多いです。これからは、それらに(義務ではないですが)、積極的に参加していきます。て...

  2. 弓の稽古故障 - ブリキの箱

    弓の稽古故障

    武道、スポーツには身体の怪我や故障は付き物でしょう。弓道にも特有のものがあると思います。怪我についてはあまりないです。もしあったとしたら重大事故で大変です。へたくそなうちは、顔や腕を弦で擦ったりしますが、怪我というほどでもないです。故障については私はまだ経験値が不十分なので、さほど深刻ではないと思いますが、あるにはあります。一つは肘です。両肘です。伸ばすと関節付近が痛いですね。でも不思議と弓...

  3. 弓の稽古審査の間合い - ブリキの箱

    弓の稽古審査の間合い

    いつもの稽古で最初に行われるのは、審査の間合いでの行射です。いきなり緊張感MAXで、最初はとても緊張したものです。今でも自分の心臓の鼓動を感じつつ、丁寧に行います。実際の審査では、稽古時の何倍もプレッシャーが掛かるのですから、稽古時には自分で自分にプレッシャーを掛ける位の気構えが必要かと思います。審査で、自分が何番目になるかは、その時に寄ります。ですから稽古時に、好きな順を選ぶようなことは良...

  4. 弓の稽古審査 - ブリキの箱

    弓の稽古審査

    今日、審査を受けました。無事、初段○でした。初段(無指定)では、あまり落ちることはないという事は聞いていましたが、少々失敗もあり、発表されるまではやはり不安でした。昨日までの稽古では、詰めるだけ詰めて体が故障しないギリギリの線でやっていました。朝起きると腕が上がらなかったり、階段を下りるのが辛かったりしてました。3、4日前に風邪を引いてしまうというトラブルもありました。先生からは立射禁止令が...

  5. 弓の稽古ツルネ(アニメ)四話 - ブリキの箱

    弓の稽古ツルネ(アニメ)四話

    大前と落ちは毎稽古で会話されていたので、もちろん知っていました。二番的、中(三番的)というのは知りませんでした。でもちょっと調べてみたら、いろいろな呼称、漢字表記があるようです。四番は落ち前とか。学生さんのやってる競技の弓道の規則も、自分らの弓道とは違うんで、「そうなんだー、結構忙しいねー」とか思ってみてました。「矢渡し」まで出てくるとは、びっくりしました。長くなりそうな解説を、さらっと会話...

  6. 弓の稽古狙いの件、その後の後 - ブリキの箱

    弓の稽古狙いの件、その後の後

    この話長いですが、とりあえずこれで終わりです。「狙いの件」当初は一人の先生にご指導いただき試行錯誤していたのですが、その後、他の先生にも、狙いをチェック(後方から的付けを見て)していただいたりしました。「もっと後ろ、もっと後ろ」と、私の目には更に右側に的が満月に。あれぇ。昨日、また違う先生に意見を伺ったところ、「物見が浅かったりするとそういうことがあるかもしれない」私の物見をチェックしてもら...

  7. 弓の稽古狙いの件、その後 - ブリキの箱

    弓の稽古狙いの件、その後

    先日の狙いの件。いろいろ書きましたが、要は多分、弓手の押し、角見(つのみ)がまだまだということでしょう。目のことはきっと関係ないでしょう。少し右よりの新月で狙っても、弓手をちゃんと利かせれば、中ることもわかってきました。それでも弓の握り幅の若干右よりなんですけどね。「手の内」って、なかなか難しいんです。※左手の握り方のことです弓構えで作って、それを変えずに大三、引き分けまで行くのですが、まだ...

  8. 弓の稽古ツルネ(アニメ) - ブリキの箱

    弓の稽古ツルネ(アニメ)

    NHK(総合)で放映が始まったアニメ「ツルネ」。(今のところ)早気(はやけ)に悩む高校生が主人公の弓道物語です。私の周辺でも話題になっています。アニメを観るなんて、想像すらできなかった先生方も観られたようで、少々驚きです。実際、道場や道具、備品類、人の動作などの模写は、完璧に近いです。よく知りませんが、作者は弓道経験者、それも相当長年やられてる方なんでしょう。まだ三話で、登場人物たちの顔見せ...

  9. 弓の稽古狙いの少々ややこしい話その2 - ブリキの箱

    弓の稽古狙いの少々ややこしい話その2

    その1より続き先生にも、私の狙いが違うことの理由がわからないようでした。その時、実は私には、少々心当たりらしきことがありました。で、先生に言ったんです。「小さい頃、斜視だったんです」「今はほとんどわからないですが、幼稚園の頃の写真見るとわかるんです」で、先生も斜視だったと、その時聞きました。それも私と真逆のケースらしいです。

  10. 弓の稽古狙いの少々ややこしい話その1 - ブリキの箱

    弓の稽古狙いの少々ややこしい話その1

    初めて的前に立たせてもらった頃、先生から「弓の左側に的が見えるように狙って」と言われました。え?そうなんすか?素人は少し疑問に思っていました。というのも、和弓は、矢を弓の右側に置くので、そのまま(手の内をなしに)射つと"前"(的の右側)に矢が飛んで行ってしまいます。だったら、少し"後ろ"(的の左側)を狙った方がいいのにと思っていました。その頃の初心者は...

  11. 弓の稽古矢飛び - ブリキの箱

    弓の稽古矢飛び

    「矢飛び」は、矢が飛んでいく様を表しています。矢を射ると自分からは飛んでいく矢が筈側からよく見えます。ヒューンと直線に近い曲線を描いて飛んでいけば良いのですが、蛇のようにうねったり、斜めにあらぬ方向にそれて飛んでいったりすることもあります。先生からは時折「今のは矢飛びが良かったね」などと言われることがあります。矢飛びが良い時は、射る瞬間の感触も少しスルッというような感じで、素直に矢が抜けてい...

  12. そして介添 - お休みの日は~お散歩行こう

    そして介添

    いよいよ、矢渡しの介添をする日の前日。打ち合わせ回数は少ないですが以前破損した矢を持ち帰り自宅で扱い方の練習をしたりとやれるだけの事はやりました。とはいえや『介添』の冊子を読み直してみます。この本では、最初に第一介添について次に第二介添についての解説が載っているのですね。故に私はこの本の「前半の方」しか読んでいないわけですがふと思い立って、最後まで目を通してみました。すると巻末の方に『射手が...

  13. 弓の稽古奉仕 - ブリキの箱

    弓の稽古奉仕

    私の所属する支部は神社内にあります。弓は古(いにしえ)から神事に強く結びついています。それゆえ、神事や祭事への奉仕が年間通してあります。弓の稽古とは関係ないですが、これも武道ならではの貴重な体験だと思います。道場は矢道が野外、山の際にあるので、稽古前の落ち葉清掃や整備(イノシシなどが出て荒らす場合もあります)をする必要もあります。稽古時刻前、早めに出てきて、掃除と準備を済ませるのですが、子供...

  14. 弓の稽古錬成稽古 - ブリキの箱

    弓の稽古錬成稽古

    先日、支部の錬成稽古がありました。合宿形式(昔は交流のある道場に出向いたそうです)ではなく、市営体育館の弓道場を貸切っての丸1日の稽古でした。有段者が参加対象でしたが、例外的に初心者の私も参加させていただきました。先生の先生に来て頂いての滅多にない体験でした。錬成稽古は、心体技を鍛えるという事です。先生方、有段者の皆さんの稽古は、緊張感が高く、出来て当り前からそれ以上を目指すレベルだと思いま...

  15. 弓の稽古息合い - ブリキの箱

    弓の稽古息合い

    先日、日頃先生からいろいろ指摘されていることのチェックをしてみようと思い、自分の行射を一通り動画に撮ってみました。それをチェックすれば、いろいろと気づかされることがあるはずだ・・・だな、きっと。・・・(動画再生中)・・・注)みっともないのでお見せできませんうん、普通はいろいろあると思うのですが、私の場合まだ初心者なんで、なにがいいのか悪いのかもよくわからない。元々、自分の動画とかあまり撮らな...

  16. 弓の稽古審査見学 - ブリキの箱

    弓の稽古審査見学

    昨日は、県弓道連盟 定期審査の日でした。支部の先輩が参段審査だったので応援をかねて見学してきました。弐段を受けた人数が一番多く100名ほどで、ほとんどが高校生のようでした。なんでも、4月から始まる部活、夏合宿などを経て9月に挑戦と言う流れだとか。いや又聞きなんですが。見ている方も胃が痛くなるようなビリビリとした空気感でした。

  17. 弓の稽古乙矢を中てる - ブリキの箱

    弓の稽古乙矢を中てる

    弓の稽古では、一手(甲矢(はや)、乙矢(おとや)の2つの矢を持つ)で行射します。最初の甲矢がスパーンと中(あた)ると、気分がよく思わずニマっとしてしまうのですが、すぐに次の乙矢を射なければなりません。甲矢、乙矢両方とも、皆中(かいちゅう)すればよいですが、よくあるパターンとして、乙矢がなかなか中らないんです。動いてないんですからね、同じ様に射れば中るはずなんですが。どこかで読みましたが、学生...

  18. 弓の稽古弦切れ - ブリキの箱

    弓の稽古弦切れ

    今日の稽古前の準備中、弦をみたら、末弭(うらはず)の上関板に当たる箇所が、切れる寸前の様子でした。このまま使用して、その時に「失」の処理をやってもいいかなと思えましたが、予備を持っていたので交換しました。弦切れがどんな感じで起こるのか、まだ未経験です。会の時、起こったら少々痛いことになるんでしょうか。ギターの弦などが演奏中に切れる時は、クンッって感じで割とあっけない感じなんですが、弓だとどう...

  19. 弓の稽古的なんかいらない(かもしれない) - ブリキの箱

    弓の稽古的なんかいらない(かもしれない)

    また、よちよち歩きの初心者が、ナマイキなお題をだしてきたなwって。それも承知の上で、すみません。兎も角的、なんだったら、オーバーヘッドプロジェクタかなんかで、見えるだけでいいんじゃないかと。でもね、そうすると、万一当たったときのパーンっていう気持ちいい音しないじゃないですか。そう、そこなんです...。

  20. 弓の稽古たまには当たります - ブリキの箱

    弓の稽古たまには当たります

    正直に言いますと、弓道教室の最初の期間4ヶ月間で、的中は2,3回でした。それも教室期間の終了間際。最近はそれでも、的中の回数も増えてきて、徐々に射が安定しつつあると思います。自分は昔っからなんですが、なんか遠回りしたがる性格なんですね。近道とか、安直に結果を求める事を嫌うとか。なので、巻藁(藁を円筒形にきつく巻いたものの前で弓を引く)稽古はともかく、的前稽古になってからも、的に当てようという...

総件数:32 件

似ているタグ