弟子のタグまとめ

弟子」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには弟子に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「弟子」タグの記事(15)

  1. 授業 - 榊原精密

    授業

    分からないことは、わかる人に聞こう!左)学ぶ人右)直伝する人知識がある人はそれを伝える親子や先生と生徒関係もそうだね。休憩(放課)時間は太陽を浴びる。たばこ吸うコーヒー飲むリラックスは仕事のパフォーマンスを上げるでね。榊原精密株式会社愛知県豊田市井上町7丁目18番地TEL0565-45-1555http://www.spi.jp.net/

  2. ”弟子”は、唯一の作品購入者 - José Ishiguroの前衛芸術

    ”弟子”は、唯一の作品購入者

    日本における芸術分野の弟子というのは、特殊な存在です。José Ishiguroの母(画家であり工芸作家)にも、お弟子さんが何人もいました。お弟子さんたちは、師匠である先生の作品を、必ず購入します。自分が教えてもらっている師匠の作品を、家に飾りたいと思うのです。たくさん買ってくれるお弟子さんもいます。師匠にとりましては、お弟子さんは、良いお客様なのです。逆に申しますと、『お弟子さんぐらいしか...

  3. とても面白い - ダイダロスカニス・ミノール

    とても面白い

    奇跡そのものに組んだけどイエス様が群衆にほぼ一日を教えるわけだけど半日だよねほとんど1日だけどどういう内容を教えた学校では書いてないの所が次の音で子たちとの会話が細かく書かれてもどうしてかっていうとどういう弟子訓練をしたかを教えるためですよ。そこで奇跡に行きましょう。2番目奇跡がどういう風に起こったのかまずイエスと弟子たちの大和から見てみましょう。ささっき言ったようにイエスは一日中群衆に教え...

  4. 弟子訓練 - ベライト サギッタ

    弟子訓練

    非常に重要な箇所に私たちは今日来ております。そしてイエス様の興味は弟子訓練です。でし訓練によります。いつも私たちが使っている at ロバートソンの潮位表では今日は二つのセクションを取り上げています。 Section 72と73です。 Section 72が5000人を養った奇跡聖書箇所が丸子6-30から40 マタイ14-13から21ルカ9-10から17ヨハネ6-1から十三ほらよっつもあるでし...

  5. 活字と向き合う!! - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    活字と向き合う!!

    私は本を読む事が得意ではありません。そんなことはないと思っていました。小説だって読みますし…、けれどそれは、自分の好きな作家さんのものだけ。読む物にとても偏りがありました。師匠から渡される歴史書。司馬遼太郎さんや津本陽さんのもの。面白い…と思うより先に、苦手意識がムクムクと湧いて、根気が続かない。その裏には学生の時の「歴史が苦手」という気持ちが無い訳ではない。今回もまた、チャレンジしている『...

  6. ズズズー…とすすりながら - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    ズズズー…とすすりながら

    何のために生まれてきたのか、何故この命を授かったのか、と考えてしまったり・・・誰のために生まれてきたのか、と自分の命を肯定したくなったり・・・したことありませんか?こんな幸福な瞬間をもらうのは、ふとした時。今の自分が抱く想いを、未来を、話せる時間がある。まとまらない自分の中にある想いを出せる。この日、理事会のお鍋のときにいただいた具材を、鰹と昆布の出汁をきかせたベースに投入し、グツグツ煮込む...

  7. 裸の王様 - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    裸の王様

    先日、高校の同窓会がありました。高校1年でクラスが同じだった友人たちと話していた時、そのうちの1人から、「周りの友人たちの中でズバズバはっきりとものを言うから、うん…ちょっとストップしよっかって、ハラハラしたよ。」と言われ、あの頃から自分という人間を棚に上げて、他人には言いたいように言いたい事を言っていたのか…高校生の時に、すでにそんなどうしようもない人間だったんだ‥!!!と、穴があったら入...

  8. 互いの時間 - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    互いの時間

    9月の最終日、美味しいお酒とお料理と。そして、何より一緒に「美味しいね~♪」と食べる人。いつも最終日にはみんなでご挨拶させていただくのですが、この日はお嬢さんの運動会で、施術を終えると足早に師匠は会場へと向かわれました。そして紙鳶さんと2人、お気に入りの場所へ。美味しいものを「はあ…美味しい♪」と喜びながら、常に真剣に話をしています。時にヒートアップして、険悪な空気なんじゃないかとお店の方に...

  9. 毘沙門さまとの出会い  師弟 - 毘沙門天 ティティティア

    毘沙門さまとの出会い 師弟

    18日の滝修行の午後は柴燈護摩の練習をしました今年は、まだ2回目でまだまだ手順を覚えてはいません今年初めての人もおられるし、また役が変わったりもあります私が識衆引っ張っていかなくてはならないのですが、当の本人がまだ師僧に怒られっぱなしの状態です昨年はお祭りの翌日に目眩がして起き上がれませんでした今回は練習の翌日はふらふらで、一日中だらだらそういえば私は、運動オンチで子供の頃から病弱の人でした...

  10. 自由な毎日 - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    自由な毎日

    お仕事上がりの昼下がり。山盛りのお素麺で、「お疲れ様でした」。"ここまでやったからまた明日"私たちの仕事は、時間や日にちで区切れるものではありません。定時が来たから終わり、では無いんです。常に毎日の中で勝負。フフ…。その為の備えなんて、いつも何時でもできています。・・・と、格好よく言いたいけれど。今はまだ起こる出来事の一つ一つに、あっぷあっぷしつつも有難いという思いを持つ...

  11. いざ!九州は大分へ - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    いざ!九州は大分へ

    今年のわごいち夏の慰安旅行は、大分県へ連れていっていただきました。この大分県、わごいちで訪れるのは2回目。去年の春に研修旅行で来た以来です。たっぷりと遊ばせていただいた今回の旅行。一度利用してから快適で私たちお気に入りのフェリーでの旅。また、旅行のレポートもアップしていきますよ。弟子入りして丸10年。そんな辺りの心境も交えたレポートをお伝えする予定です。池田参尽wago-ichi◆excit...

  12. 破邪顕正せざる者は仏弟子でない(涅槃経) - 仏教フリーク

    破邪顕正せざる者は仏弟子でない(涅槃経)

    僧にして、法を壊つ者あるを視ながら、これを黙視し、更に呵責駆遣せざる者は、この僧は、これ仏法中の怨なり。若し、よく駆遣呵責せば、これ我が真仏弟子なり。(涅槃経)呵責駆遣とは誤りを打ち破る事。破邪すること。あなたは仏法壊して、何をやっているんだ、ということです。やっつけるということです。これは仏法を壊す、法を曲げる事が大変な重い罪である、ということです。これを謗法罪といいます。昔、韓国で橋がお...

  13. 親鸞聖人のお歌弟子一人も持たず - 仏教フリーク

    親鸞聖人のお歌弟子一人も持たず

    親鸞聖人関東におられた頃「御同朋はいや増して」真実の仏法求める人、それに御の字が付いている。これは親鸞の力によって聞かれるようになったということでなく阿弥陀仏のお力で押し出されたというこ。ですから私達が誰かに仏法お伝えしたという、私の力で仏法伝えたと思うのは全くの間違い。全て阿弥陀仏の念力で押し出された方、それで御がつく。真実の仏法聞く人、求める人、獲得する人は増して、大変多くの人が親鸞聖人...

  14. たまには一人・・ - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    たまには一人・・

    先ほど、千照館の稽古を終えました。このあと、いつもなら紙鳶さんとお食事に行って時間を共にし、あれやこれやと話をします。2年前までは稽古後は師匠に連れていっていただき、3人で話をするのが御約束になっていました。紙鳶さんと2人で指導員を勤めるようになってからは、3人で深めていた思考は紙鳶さんと2人に。稽古のことや門人さんの変化、ここ最近の施術のことやお互いに対して最近感じていること…などなど。だ...

  15. 今月の花・2月 - 紙鳶流 おなか想いのたいたいレシピ

    今月の花・2月

    今わごいちに大輪の花が咲いています。“ダリア”と“こでまり”。真ん中に大きなダリアが開き、その周りを可愛く跳び跳ねるこでまり。節分の朝に、わごいちに入るとすぐに目を引かれ、わあー!と声が出てしまいました。「この日に間に合わせたくて…」と紙鳶さん。そして、「う~ん。やっぱりダリアの位置が少し高いな…。入れ直そうかなー。う~ん…」とのこと。これこれ。きました、きました。これが紙鳶さん。こういう時...

総件数:15 件

似ているタグ