彫刻のタグまとめ

彫刻」のタグがついている新着記事と人気記事をまとめました。エキサイトブログには彫刻に関連するブログ(日記、記録、写真、レビュー、噂、まとめ)がたくさん投稿されています。

「彫刻」タグの記事(310)

  1. コーパス・クリスティイエス残欠/G214 - Glicinia 古道具店

    コーパス・クリスティイエス残欠/G214

    出品したさきから、すぐに売れてしまいました。以前はこういったものは日本人に人気があったのですが、最近は欧米でも人気。これは日本へ行きます。当店の商品購入をご希望の方は非公開コメントで、またはこちらから当店、海外で事業登録しています。ご注文前にご注文方法など / 訪問販売法に基づく表記 もご覧下さい。当店の商品写真を使用したい場合は一言おかけください。EtsyFacebookpinterest...

  2. 奇想の系譜と東寺立体曼荼羅 - ヒゲレヴュー!

    奇想の系譜と東寺立体曼荼羅

    いつだか、東寺の仏像が大挙してトーハクにやってきて立体曼荼羅を構成すると聞いた。興奮した。でもいつからやるか忘れてた。3月26日からだった。写真は唯一撮影自由となっていた国宝、帝釈天。今回、最初は「奇想の系譜」を見るのが目的だった。4月7日で終わる。これだけのユニークな作品が一緒に並んでいるのは、はっきりってお得である。伊藤若冲・曾我蕭白・長沢芦雪・狩野山雪岩佐又兵衛・白隠・鈴木其一・歌川国...

  3. 一歩 - フォトな日々

    一歩

    ・・・・・・・・・・

  4. 鹿を狙う猟師と猟犬 サルベージ家具パーツ / F807 - Glicinia 古道具店

    鹿を狙う猟師と猟犬 サルベージ家具パーツ / F807

    p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; line-height: 20.0px; font: 13.0px 'Hiragino Kaku Gothic ProN'; color: #000000}span.s1 {font-kerning: none; background-color: #ffffff}span.s2 {font: ...

  5. 街角美術館安田侃制作「白いたまご」不思議な場所にありました。 - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    街角美術館安田侃制作「白いたまご」不思議な場所にありました。

    この作品は、大通公園の南に面した「小学館ビル」の入口に設置されています。 作品名「白いたまご」制作者安田侃設置場所北海道札幌市中央区大通西7丁目2-13小学館ビル入口 このビルは、オフィスとして室やフロアを貸しているようです。このピラミッドを通つて、このビルに出入りします。なんとも不思議な構造です。ビルに出入りする人たちの運気を上げる効果があるのでしょうか?札幌には安田侃の作品がたくさん...

  6. イエス磔刑像 34cm コーパスクリスティ 残欠  /G164 - Glicinia 古道具店

    イエス磔刑像 34cm コーパスクリスティ 残欠 /...

    p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; line-height: 20.0px; font: 13.0px 'Hiragino Kaku Gothic ProN'; color: #000000}span.s1 {font-kerning: none; background-color: #ffffff}span.s2 {font: ...

  7. 幼子と聖母マリア 洋銀レリーフ 33cm×44.5cm     /F913 - Glicinia 古道具店

    幼子と聖母マリア 洋銀レリーフ 33cm×44.5cm...

    p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; line-height: 20.0px; font: 13.0px 'Hiragino Kaku Gothic ProN'; color: #000000}span.s1 {font-kerning: none; background-color: #ffffff}span.s2 {font: ...

  8. ヴァンジ彫刻庭園美術館Part3 - まほろば日記

    ヴァンジ彫刻庭園美術館Part3

    ジュリア―ノ・ヴァンジの彫刻、屋内展示の続きです。個人的に、とても好きな作品ここから外の庭園に出てみます。曇っていて、冬枯れた庭ですが、私はこんな景色も嫌いではないです。花が咲き乱れる頃、また来たいなあ。彼の彫刻群を眺めていると、なぜだか、ほっとする自分がいます。あるがままの自分を受け入れていいんだよ・・・そう、穏やかに、自然に、朗らかに・・・どこからともなく、そう言われているような・・・そ...

  9. ヴァンジ彫刻庭園美術館Part2 - まほろば日記

    ヴァンジ彫刻庭園美術館Part2

    前記事の続きです。ヴァンジ彫刻庭園美術館の屋内の常設展です。※写真撮影が許可されています。美術作品を観るとき、初めて観るものでもすでに何度も観ているものでも、毎回、まっさらな気持ちになって眺めるようにしています。そして、前もって解説書などは見ないようにしています。自分の心と眼で見て、ただただなにかを感じることがとても大切だと思っています。ここの展示で伝わってくるのは、抑圧、不安感、分断、不自...

  10. pecoraの本棚『Love is a Special Way of Feeling』 - 海の古書店

    pecoraの本棚『Love is a Special...

    HANDSOUL の人気のお品に「LOVE」 のスタンプを押しただけのとてもシンプルな石があります。「LOVE STONE」。いろんな方が、誰かのために、そして自分のためにお求めになります。その際によく耳にする言葉が「改めて伝えるとなると愛は難しいから」。そうですね。愛を伝えるのは難しい。いろんな形があるから。ジョーン・ウォルシ・アングランドの『Love is a Special Way o...

  11. 看板製作 - KAKI CABINETMAKER

    看板製作

    今日は、看板の製作です。とある公園の東屋に掛けられるものです。書を板にうつし、、彫刻していきます。板は、クスノキです。独特の香りが工場に広がります。彫刻が終わったら、塗装していきます。今日はここまでLUOMUの森にて、「KAKIの家具」常設展示・販売中 facebook page

  12. 聖母像 無原罪の御宿り   /E671 - Glicinia 古道具店

    聖母像 無原罪の御宿り /E671

    p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; line-height: 20.0px; font: 13.0px 'Hiragino Kaku Gothic ProN'; color: #000000; background-color: #ffffff}span.s1 {font-kerning: none}SOLD 売約済み VENDI...

  13. 彫刻は語る。 - 「ナ」がカタカナな理由(わケ)!!

    彫刻は語る。

    お久し振りに銀座に出かけた。佐藤健次郎さんの彫刻、デッサン展に伺った。造形作家、佐藤伊智郎さんのお父様の作品展だ。数年前に他界されたそうですが、生前の作家活動、全然しりませんでした!何度か会ったことはあるのですが、いつも芸術に大らかで人当たりのよいスゲ〜自然体な方だな〜という印象でした!公共の場のモニュメントなど、どこかで見てるであろう仕事の数々に、驚いたけど、驚きゆえに、その作家活動におけ...

  14. イエス磔刑 コーパス・クリスティ  / G026 - Glicinia 古道具店

    イエス磔刑 コーパス・クリスティ / G026

    p.p1 {margin: 0.0px 0.0px 0.0px 0.0px; line-height: 20.0px; font: 13.0px 'Hiragino Kaku Gothic ProN'; color: #000000}span.s1 {font-kerning: none; background-color: #ffffff}span.s2 {font: ...

  15. ギャラリーめぐりな火曜日 - 石のコトバ

    ギャラリーめぐりな火曜日

    なんだかいろいろ落ち着かない日々ですが、どうしても見たい展覧会あり、まとめて火曜日に大阪方面にまずは池田の石橋にあるギャラリーぶらんしゅさんにて5人の彫刻展、そのうち4人はよく知っている方々にてこれはぜひとも行きたいと、グループ展といえど、それぞれ彫刻家が全力量出しあっての大作にて圧倒されました。ちょっと too much ぐらい。うち3人の作家さんがいらしていろいろお話してちょうど出会った...

  16. 本の話舟越桂著「言葉の降る森」角川書店1998年 - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    本の話舟越桂著「言葉の降る森」角川書店1998年

    著者・舟越桂は彫刻家です。制作する彫刻は、具象の木彫彩色の人物像です。どこかで何度も目にしていて、遠くを見つめる彫刻の人物は強く記憶に残っています。本は、舟越の彫刻作品、ドローイング、エッチングの写真とエッセイで構成されています。100頁に満たない本ですが、舟越の創作の秘密の一端を覗くことが出来ます。そのエッセイから、いくつかを紹介します。 「思考を超えて」彫刻制作の目的をこう述べています。...

  17. 東京そぞろ歩き:三越・日本橋本店 - 日本庭園的生活

    東京そぞろ歩き:三越・日本橋本店

    『三越・日本橋本店』の館内へ。三越本館1階中央ホールにそびえたつ「天女(あまごころ)像」。三越創立50周年記念として、昭和35年(1960)に建立されました。瑞雲に包まれた天女が花芯に降り立つ瞬間をとらえた姿です。まさに、豪華絢爛。作者は彫刻家・佐藤亥々。約10年の歳月をかけて完成された大作です。最上階から。さすがは三越、パイプオルガンの生演奏。中央ホール脇の壁には、アンモナイトの化石。探訪...

  18. 五十にして天命を知る - ヒゲレヴュー!

    五十にして天命を知る

    「子曰く、吾十有五にして学に志す、三十にして立つ、四十にして惑わず、五十にして天命を知る、六十にして耳順う、七十にして心の欲する所に従えども、矩を踰えず(私は十五才で学問を志し、三十才で学問の基礎ができて自立でき、四十才になり迷うことがなくなった。五十才には天から与えられた使命を知り、六十才で人のことばに素直に耳を傾けることができるようになり、七十才で思うままに生きても人の道から外れるような...

  19. 街角美術館国松明日香制作『海の風』思いもかけない場所に・・・ - ワイン好きの料理おたく 雑記帳

    街角美術館国松明日香制作『海の風』思いもかけない場所に・・・

    作品名海の風製作者国松明日香設置場所ホテル札幌ガーデンパレス1階エレベーターホール ある社団法人の研究会に出席するため、会場のホテル札幌ガーデンパレスに行きました。研究会会場は4階です。勿論エレベーターを使います。1階のエレベーターホールの奥に、素敵な彫刻(?)というかオブジェがありました。何度もこのホテルには来ていて、エレベーターも何度も利用していましたが、全く気が付きませんでした。作品...

  20. 新庄さんちの家の中 - ギャラリー シルクロ

    新庄さんちの家の中

    新庄うさんちにたくさんの方が遊びに来て下しました。コレクションもたのしいけれど、新庄さんのトークが合わされば何倍もなって面白い!

総件数:310 件

似ているタグ